« シャクナゲの 土壌の作り 研究中 | トップページ | 現在の 地球の位置を 考える »

2022年4月 4日 (月)

本来の 七夕今年は 8月4日 

Img_3134
 
 今年は珍しことが起こってます。それは1月と4月と5月の日にちが旧暦の日にちと一致してます。もちろん月名は旧暦が1ヶ月遅いです。
 
 ですから、昨日の4月3日は旧暦では3月3日なので「旧ひな祭」です。昔の日本では「桃の節句」と言ったようですが、ご覧の通り、確かに旧暦は季節に合致し、桃が咲き、この日は毎年必ず「大安」と決まってます。
 
 昨日、撮影した庭の写真では「源平枝垂れ桃」が満開で、その他、チューリップ、水仙、君子蘭、アマリリスが咲き誇ってます。
 
 今月のように、旧暦と太陽暦の日にちが一致すると3日は三日月、15日は満月です。長い期間、日本で使われてきた旧暦は自然界と合致し、とても趣が感じられます。
 
 その顕著な例は旧暦7月7日の七夕です。現行歴で今年は8月4日です。この晩に月は7日目になって南西の空で船の形になり、1年に一回、織姫星と彦星がこの船に乗り天の川で出会います。
 
Dear friend who likes natural attraction
 Unusual phenomenon is happened this year. Dates of January, April and May coincide with the lunar calendar's dates. Of course, the lunar calendar is one month later than the solar calendar.
 
 Therefore, April 3rd yesterday is March 3rd in the lunar calendar, so it is the "Old Doll's Festival" for girls. In ancient Japan, it was said to be "Momonosekku" that means seasonal festival of peach, so that as you can see, the lunar calendar certainly matches the season, the flower of peach blooms. and this day is always "Daian" that means a lucky day every year.
 
 The photo of the garden was taken yesterday. "Bicolored weeping peach" is in full bloom, together with tulips, narcissi , Kaffir lilies and amaryllis.
 
 If the dates of the lunar calendar and the solar calendar match like this month, the 3rd of the month will be the crescent moon, the 15th will be the full moon. The lunar calendar which has been used in Japan for a long time, matches the natural world and is very tasteful.
 
 A prominent example is Tanabata on July 7th of the lunar calendar. On the 7th day of this evening, the moon's shape becomes a ship in the southwestern sky, and once a year, Orihime (Vega) and Hikoboshi (Altair) meet on this ship in the Milky Way. In the current calendar, August 4th is Vega festival day this year.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

|

« シャクナゲの 土壌の作り 研究中 | トップページ | 現在の 地球の位置を 考える »

旧暦」カテゴリの記事

コメント

 今月は月を見て日次(ひなみ)を知る貴重な機会ですね。旧暦生活を体験できそうですね。旧暦と新暦が肩が寄り添うランデブーですね。

投稿: バイオリズム | 2022年4月 4日 (月) 15時08分

バイオリズムさんへ・・・夕方になって西の空が明るくなり、明日の天気が回復することが分かります。
 雨は私たちの生命維持に必要不可欠ですが、今後しばらくは温暖な春らしい気候を望みたいです。
 明日は庭の敷石が未だ完成してないので、私自身で修復します。
 というのは、ドクダミが蔓延してしまい、すでにその98%は抜いたので、暫くは大丈夫でしょう。
 しかし、敵も生命力の強さにおいては然るものですから、目を光らせますが、少しはその存在を認めてやりたいです。花は白くてきれいです。
 今度は筋肉を傷めぬよう気をつけ、玄関への小道の完成を目指します。

投稿: カッキー | 2022年4月 4日 (月) 16時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シャクナゲの 土壌の作り 研究中 | トップページ | 現在の 地球の位置を 考える »