« 五角形 蕾の世界に 感銘す! | トップページ | 白と黄の 似たもの同士 寄り添い咲く »

2022年4月21日 (木)

穀雨では 「乙女座」方向を 進む地球  

Photo_20220421074601
 
 毎日、太陽が東から出て、西に沈むのは地球が「反時計回り」に自転しているからです。一方、地球は自転しつつ公転してます。
 
 このとき、地球は常に左に太陽を見ながら、右に黄道十二星座を眺めつつ、やはり「反時計回り」に公転しています。この公転軌道一周の長さは「太陽地球間の距離約1億5千万㎞×2×πですから、実に 約9億4千万㎞になります。私たちはこの距離を一年かけて周遊してます。
 
 この距離を二十四節季で割ると前回の「清明」から昨日の「穀雨」まで、地球は約3千9百万㎞も宇宙空間を移動しました。
 
 「穀雨」の現在、地球が公転してる進行方向に対して右に見える黄道十二星座は「乙女座」です。ですから、午前0時に真南より幾分か西寄りに「乙女座」が見えてます。この星座には一等星「スピカ」があるのですぐ分かります。「スピカ」は珍しくほぼ黄道上で輝いてます。
 
 私たちは平素から、カレンダーで二十四節気を知ったら、午前0時に南に輝く黄道十二星座を見て、現在、自分は宇宙空間のどこを漂ってるか認識したいものです。
 
Dear my beloved earthlings
 Every day, the sun rises in the east and sets in the west because the earth rotates "counterclockwise". On the other hand, while rotating, the earth is revolving without intermission.
 
 At this time, the earth is revolving "counterclockwise" while always looking at the sun on the left and the zodiac constellations on the right. The length of this revolution orbit is calculated by "Between the sun and the earth is about 150 million km x 2 x π", so it is actually about 940 million km. We will go around this distance over a year.
 
 If this distance is divided by the 24th season, the earth has traveled about 39 million km from the previous "Seimei" to yesterday's "Kokuu" that means grain and rain".
 
 Currently, one of the 12 constellations of the zodiac that can be seen to the right direction is "Virgo". Therefore, at midnight, we can see "Virgo" slightly west of the due south. This constellation has the first-class star named "Spica", so you will be able to fine out it easily. "Spica" is rare and shines almost on the ecliptic.
 
 We would like to see the twelve constellations of the zodiac shining to the south at midnight when we know the twenty-four solar terms on the calendar, and to recognize where we earthlings are currently floating in outer space.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

|

« 五角形 蕾の世界に 感銘す! | トップページ | 白と黄の 似たもの同士 寄り添い咲く »

二十四節気」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 五角形 蕾の世界に 感銘す! | トップページ | 白と黄の 似たもの同士 寄り添い咲く »