« 花弁が こんなに大きな 花はない | トップページ | シャクナゲの 土壌の作り 研究中 »

2022年4月 3日 (日)

待ちに待った シャクナゲ開花 燃えるよう

Img_3129
 
 私の庭のメインエベントであるシャクナゲが咲き始めました。これから5月まで咲くでしょう。本来、山の植物であるシャクナゲを「平地で育てるのは難しい」ことです。
 
 現在9種類のシャクナゲを咲かせ続けてます。このうち貴重な日本シャクナゲは2種で、植木屋さんで探しても殆ど見当たりません。日本シャクナゲの特徴は葉の裏が黄土色です。
 
 シャクナゲを育てるコツは半日影であり、真夏の直射日光を嫌います。また、根が固まり比較的小さく、そこへ他の樹木の根が侵入してくると栄養を吸い取られます。これを防ぐため私は大きな植木鉢で育ててます。発育が順調か否かは葉の状態で分かります。
 
 一方、土壌に関しては水はけのよいものです。シャクナゲの土に関しては山砂など私の生涯研究のテーマです。
 
Dear my friend abroad who likes rhododendron
 The rhododendron which is the main flower in my garden, has begun to bloom. It will bloom until May. Originally, it is "really difficult to grow rhododendron on flat ground" because of the mountain plant.
 
 Currently, there are 9 kinds of rhododendrons in the garden. Of these, there are two precious Japanese rhododendrons. Even if we look for them at a gardener, we can hardly find them. The characteristic of Japanese rhododendron is that the back of the leave is ocher.
 
 The key to raising rhododendrons is half-shade, and she hates direct sunlight in midsummer. In addition, the roots are solidified and relatively small, so that the roots of other trees invade there, her nutrients are absorbed. To prevent this, I grow in a large flowerpot. I can judge the condition by her leaves.
 
 On the other hand, the soil is well drained. Regarding the soil of rhododendron, it is the theme of my lifelong research such as mountain sand.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
  

|

« 花弁が こんなに大きな 花はない | トップページ | シャクナゲの 土壌の作り 研究中 »

西洋シャクナゲ大輪」カテゴリの記事

コメント

  石楠花や 澎湃として 轟けり
 花の豪華な気品のある美しさはもとより、
 市松模様の蕾がかわいい。

投稿: 時計屋の隣り | 2022年4月 4日 (月) 07時51分

時計屋の隣りさんへ・・・おはようございます。
 外で春を満喫しようと計画してたところ、今日はあいにくの雨模様でがっかりですが、物事は表裏一体で、逆の恩恵もあります。
 雨は植物にとって、これから新緑が芽吹くための栄養源になったり、成長するため恵みの雨となる一面があります。
 もちろん、私たち人類にとっても、ウクライナ国民の置かれてる現況で分かる通り、侵攻が原因で新鮮な飲み水不足となり、困窮状態にあります。雨がなければ生物は死滅します。
 晴耕雨読とはよく言ったもので、今日は室内で多少、知的生活を送りたいと考えてます。
 

投稿: カッキー | 2022年4月 4日 (月) 09時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花弁が こんなに大きな 花はない | トップページ | シャクナゲの 土壌の作り 研究中 »