« 植え替えて 息吹に燃える 赤い梅 | トップページ | 咲きました 色とりどりの チューリップ »

2022年4月 8日 (金)

中身濃い Presidentに 感銘す

Img_3164
 
 4月より、私は毎月第2・第4金曜日に送られてくるプレジデントを教材にして愛読し、改めて、生活を取り巻く物事の本質に開眼しようと思ってます。この冊子は日々の生活を如何にして本物に導き、実践、考えさせるもので、毎回、各界からの著名な人たちの考えを紹介してます。特徴は、内容が豊かであり、それは各分野に網羅し、幅の広さがあります。
 
 私が今まで読んでいた天声人語の目的は英文に接するためでしたが、最近、その内容に疑問を持つようになりました。それは政府の考えを批判する文章がかなり目立ち、読んでいてこれが日本を代表する新聞かと感じてます。もしかして新聞社内で天人と称される個人が書いてるからかもしれません。
 
 これに対し、プレジデントは幅広いその道の専門家の文章で成り立ち、私たちが生きるための大きな指針になる記事に満ちてます。今後、私はこの冊子を残された人生の教科書として熟読し、新たな考え方、新たな生き方を求め、日々の実践にプラスになるよう取り組みたいです。
 
 実は1ヶ月前、アウディー・ディーラーで、このプレジデントを読み、その内容の濃さに感銘し、即座に、自ら講読することに決断しました。
 
Dear my friends
 Since the beginning of April, I read the "president" sent on the 2nd and 4th Friday of every month as a teaching material, and I will reopen my eyes on the essence of things that surround my life. This booklet guides daily life to the real thing, puts it into practice, and makes me think deeply, and every time It introduces the thoughts of prominent people from various fields. The feature is rich in content which covers each field and is wide-ranging.
 
 The purpose of "Tensei Jingo" which I had read so far, was to read English, but recently I have come to question its content. The sentences that criticize the government's ideas are quite conspicuous recently, and I feel that "Is this Asahi newspaper that represents Japan?" This is probably because it is written by an individual called a heavenly person in the company of newspaper.
 
 On the other hand, the president consists of a wide range written by experts on the wide ranges of field, and there are many articles that serve as a great guideline for us to live. In the future, I would like to read this booklet carefully during the remaining life and work on new ways of thinking and practice every day.
 
 Actually, a month ago, I read this president at the Audi dealer in Takasaki-city, was impressed by the depth of the content, and immediately decided to subscribe myself.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

|

« 植え替えて 息吹に燃える 赤い梅 | トップページ | 咲きました 色とりどりの チューリップ »

人生100年時代を生きる」カテゴリの記事

コメント

    中学英単語を学び直す
 中学校で覚える英単語の数は1200語だそうだ。先日、中学英単語のひとつ「body」を学び直す機会があった。
 「body」には、「体、身体」の他に「死体、遺体の意味もあることを知ったのは、ブチャの悲劇を伝える衛星写真の説明であった。

投稿: JB | 2022年4月 8日 (金) 17時25分

JBさんへ・・・こんばんは!
 毎号、テーマがあるらしいです。今回はたまたま英語の学び方で、次回は何になるか分かりません。しかし、各界のオーソリティーが執筆する故、本質を極めた人による文章はなかなかためになります。
 月に2回来る頻度もタイミングが良く、次号が楽しみなります。
 それでは、おやすみなさい。
 

投稿: カッキー | 2022年4月 8日 (金) 21時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 植え替えて 息吹に燃える 赤い梅 | トップページ | 咲きました 色とりどりの チューリップ »