« 磨きをかける練習です。 | トップページ | 漂う香り その名も夢路 咲き誇り »

2022年4月16日 (土)

年齢に 関係ないのは 希望です。

Img_3182
【クリック拡大してください。臨場感が出ます。】
 
 今日4月16日は亡き母の誕生日です。もう33回忌です。私は6人兄弟の末っ子として生まれました。しかし、昔なので栄養不足で、実は母からお乳が出なかったらしく、姉が高崎の女学校の帰りに私に粉ミルクを買ってきてくれたとのことです。
 
 しかし、却ってそれが功を奏し、小さかった母から生まれた私は、ミルクにはカルシュームが豊富なため背が高くなりました。「災い転じて福となる」の典型かもしれません。結果的に私の二人の娘も背が高くなりました。
 
 その母がすごく好きだったのが花でした。母の年齢に達した私はその血統が蘇ったのでしょう。今では、庭は次から次へと花盛りで、多くの人が見に来られます。
 
 人間とは「思うようにいかないときが多いものです。」でも、諦めず知恵を絞って今後の人生に希望を持ち続けたいものです。何事も「今からでも遅くない」という生き方が大切に思います。
 
Dear my friend who loves mother and hope
 Today April 16th is the birthday of my late mother. It's already 33rd anniversary of her death. I was born as the youngest of six siblings. However, since it was during World war Ⅱ, my mother was undernourished, so that it seems that she didn't produce milk, so my sister bought me powdered milk on her way home from a girls' school in Takasaki.
 
 However, on the contrary, it worked well, and I was born from a small mother, but I became taller because milk is rich in calcium. It is a typical example of "turning misfortune into a blessing." As a result, my two daughters also became taller.
 
 By the way, my mother really liked flowers. When I reached the age of my mother, that pedigree would have revived. Nowadays, the garden is in full blossom one after another, and many people come to see it.
 
 Human is "there are many times when things don't go as expected", but we should continue to have hope for our future life by focusing on our wisdom without giving up. I think it's important to have a way of life that "it's not too late".
 
英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

|

« 磨きをかける練習です。 | トップページ | 漂う香り その名も夢路 咲き誇り »

情熱」カテゴリの記事

コメント

 人生は思うようにいかないことばかり、いや、多い。それなら思うようにいかないという前提で希望と勇気をもって生きればいい。うまくいかなくても、何かしら得るものがあり、落ち込みにくくなります。一つでも成功すれば、その時は、狂喜乱舞。
 いつ降りかかってくるかもしれない困難、逆境にも、自立的に立ち直り、しなやかに強く生き抜く力(Resilience)を身につけたいものです。
  
 

投稿: 時計屋の隣り | 2022年4月16日 (土) 08時34分

時計屋の隣りさんへ・・・こんにちは!
 台風一号が太平洋を北上してることから、倉賀野も一日中、かなりの強風です。
 先程、先日植え替えた鹿児島という品種名の大きな紅梅の木の葉が少し萎れいることに気づき、すぐに、水をたっぷり与え、不必要な枝を剪定しました。
 強風だと葉から水分が蒸発し逃げるのでしょう。慌てて、水を与えました。
 私としては2日間ぐらい天候が雨模様だったので水遣りは不要かと思いました。しかし、植え替え後は丁寧に観察しなければなりません。
 ところで、仰せの通り、いつ降りかかってくるかもしれない困難、逆境にも、自立的に立ち直り、しなやかに強く生き抜く力(Resilience)を身につけたいものですね。私は体力知力には、しっかりした朝食が大切だと考えてます。

投稿: カッキー | 2022年4月16日 (土) 16時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 磨きをかける練習です。 | トップページ | 漂う香り その名も夢路 咲き誇り »