« 模様替え 思い立ったら 吉日だ!  | トップページ | 拙文が 長寿会報に 掲載される »

2022年5月10日 (火)

今日から 愛鳥週間 思い出数々

Img_3323
 
  初夏になったり、冬に逆戻りしたり、今の季節は人の心のように安心と不安が行き交います。庭ではツツジなど春の花が終わり、ユリなど初夏の花の季節になりました。
 
 今日から愛鳥週間です。小学生から半世紀以上に亘り飼育してたレース鳩への思い出は尽きません。夜暗いうちに鳩を籠に詰め、愛車「いすゞ117クーペ」で高速道に乗り、遠く栃木県、新潟県そして福島県まで行き、誰もいない大自然の高台から一人で放鳩訓練したこと。
 
 結果的に、北海道の余市から、長万部から、そして羽幌から帰還した鳩が優勝したり、また、日本最北の地・稚内から帰還した鳩が入賞し、「頑張ることの大切さを愛鳩から教わり」涙したこともあります。
 
 高校に勤務してたので、体育祭、全校マラソン大会の開会式で選手宣誓直後にたくさんの鳩を放したことは、すでに50代60代になってる当時の生徒さんの心に今でも残っているかもしれません。
 
 そのほか、1羽の愛鳩が日本海を渡り、北京上空を飛び、万里の長城を超え、内モンゴルで発見されたことを現地からの手紙で知り、その鳩に私は一人で会いに行ったことです。この鳩の名は「中日友好号」です。そのため事前に明けても暮れても、中国語に励んだことが懐かしいです。
 
 中でも、私の人生の金字塔は、イギリスが世界に発行してるレース鳩月刊誌「ピクトリアル」の表紙を3回も飾ったことで、この写真は今でも、玄関に飾っています。
 
Dear friends abroad who love peace
 Early summer and late winter are repeating in this season. This is like a human's heart with repeating peace of mind and anxiety alternately. Spring flowers such as azaleas are over and early summer flower is blooming such as lilies in the garden.
 
 It's Bird Week from today in our nation. I have endless memories of racing pigeons that have been bred for more than half a century since my elementary school age. In the dark at night, I packed the pigeons in baskets, and carried them on Isuzu 117 Coupe through the highway, went far to Tochigi, Niigata and Fukushima prefectures, and trained to release the pigeons alone on an empty hill in the wilderness. 
 
 As a result, the pigeon that returned from Yoichi, Hokkaido, Oshamambe, and Haboro won the championship, and the pigeon that returned from Wakkanai where is the northernmost place of Japan, won a prize. "The pigeons taught me that the importance of doing my best" and I once cried.
 
 Since I was working in high school, the fact that I released a lot of pigeons immediately after the athlete's oath at the opening ceremony of the athletic festival and the whole school marathon, may still remain in their hearts of the students who are in their 50s and 60s now.
 
 In addition, I have received a letter from the province of Inner Mongolia that one of my pigeons crossed the Sea of ​​Japan, flew over Beijing, crossed beyond the Great Wall of China, and was found in Inner Mongolia at Chinin, and I went to meet my pigeon alone. The name of this pigeon is "China-Japan Friendship Bird. Therefore, I studied hard the language of Chinese everyday day in, day out in advance.
 
 Above all, the monumental figure of my life was that I was appeared on the cover of monthly racing pigeon magazine "Pictorial" published by the United Kingdom to the world three times. This photo is still displayed at the entrance.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
   

|

« 模様替え 思い立ったら 吉日だ!  | トップページ | 拙文が 長寿会報に 掲載される »

人間の喜びとは」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 模様替え 思い立ったら 吉日だ!  | トップページ | 拙文が 長寿会報に 掲載される »