« 今の時季 新緑の中で 健康増進 | トップページ | 今もなお 母の言葉が 生きている »

2022年5月23日 (月)

オリエンタルゴールドも 私の身長も 隔世遺伝か 

Img_3375
 
 ブログに掲載してる花はすべて私の庭で咲いてるものです。その結果、毎日、水遣りや剪定、肥料などで世話し、観察していると不思議なことに気づきます。
 
 その一つはオリエンタルゴールドや牡丹の「根元から生えてくる子供は親と異なる葉と花になります。」
 
 これは「先祖返り」あるいは「隔世遺伝」というものかもしれません。「突然変異」ではなさそうです。写真のオリエンタルゴールドは人為的に行なったシャクヤクと牡丹の交配種ですが、ご覧の通り、親の根元に生えた背の高い子供の花の色は、ピンクで一重です。きれいな親よりちょっと見劣りがします。
 
 果たして、来年、子供は親のように八重で黄色になるでしょうか。観察を続けます。たくさんある牡丹の子供でも同様の現象が起こってます。
 
 実は私の母は身長が低かったですが、私は背が高いです。母の祖父(江戸時代生まれ)が背が高かったと伝えられることから、私自身も「隔世遺伝」かもしれません。
  
Dear my friends who are researching atavism and mutation
 All of the photos of flower on bloging are in bloom in my garden. As a result, while taking care of plants and observing through watering, pruning, fertilizer, etc. every day, I find it strange phenomenon.
 
 One of them is Oriental Gold and Shakuyaku Peony. Their "children growing from the root have different leaves and flowers from their parents."
 
 This may be called "atavism". It doesn't seem to be a "mutation", I guess. The oriental gold in the photo is an artificial hybrid between Shakuyau peony and Botan peony, but as you can see in the photo, the flower color of the tall child that grows at the base of the parent is pink and single petal. It looks a little inferior to her marvelous parents.
 
 Will the children turn yellow next year like a parent? I will continue observing it. The same phenomenon occurs in many botan peony's children.
 
 Actually, my mother was short, but I am tall. It is said that my mother's grandfather who was born in Edo period was tall, so it may be correct that my high stature is by atavism.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

|

« 今の時季 新緑の中で 健康増進 | トップページ | 今もなお 母の言葉が 生きている »

世代交代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今の時季 新緑の中で 健康増進 | トップページ | 今もなお 母の言葉が 生きている »