« 筋肉こそ 生活基盤 増やしたい  | トップページ | 朝起きて 西南見ると 荒船山 »

2022年6月12日 (日)

引くよりも 読み物として 辞書使う

Img_3447
【画像をクリックし、拡大すると見事さに驚くでしょう。】
 
 写真は庭先に咲いてるダリアの一種「マジョーレ」です。8cmほどの直径で大きく、ご覧の通りの色彩を放ち、誠に豪華です。蕾が多いので、梅雨から夏にかけて楽しませてくれそうです。
 
 ところで、私はいい年をして、辞書を引かない日はありません。日本語では国語辞典を7割、漢和辞典を3割くらいです。
 
 一方、英語では英和辞典を3割、和英辞典を7割くらいの頻度で引きます。前述の如く、私たちは辞書を引くと言いますが、辞書ほど読んで有益なことはありません。それは今まで知らなかったことを正しく教えてくれるからです。言葉とは無限であり、辞書はいわば知識の宝庫です。
 
 特に、有益なのは「このことを英語で何というか」という壮大な目標のために読む「和英辞典」です。これは単語や熟語であったり、短文であったりします。ですから、辞書は引くという考えより、辞書は生涯の読み物として机上にいつも置いておきます。
 
Dear my friends who like reading dictionaries
 The photo is a kind of dahlia named "Majore" blooming in the garden now. With a diameter of about 8 cm, it is large and gives off the colors as you see, and is truly gorgeous. Since there are many buds, it seems to entertain me with blooming from the rainy season to summer.
 
 By the way, in spite of being old enough, I ought to know better. There are no days that I never consult a dictionary. As for Japanese, the frequency is 70% for Japanese dictionary and 30% for Kan-Wa dictionary that means Chinese characters.

On the other hand, as for English, the frequency of English-Japanese dictionaries is about 30% and Japanese-English dictionaries is about 70%. As I mentioned previously, we say we look up a dictionary, but there's no better usefulness to read a dictionary. It teaches me exactly what I didn't know before. Words are endless, so to speak, dictionary is a treasure trove of knowledge.
 
 Particularly useful for me is the "Japanese-English dictionary" that is read for the grand goal of "What is this in English?" This can be words, idioms, or short sentences. So, rather than looking up a dictionary, I always keep it on my desk as a lifelong reading material.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

|

« 筋肉こそ 生活基盤 増やしたい  | トップページ | 朝起きて 西南見ると 荒船山 »

辞書の使い方」カテゴリの記事

コメント

辞書をめくると、ふと、思うことがあります。
国際連合の英訳は、「United」 Nations」ですが、「国際」と言う意味が反映されていません。直訳すれば「連合国」「United Nations」の「国際連合」は「誤訳」だと思ったりします。。
 United States of Americaは、言わずと知れた、アメリカ合衆国。「アメリカ合州国」は誤りと書いてある辞書(「明鏡国語辞典」)もあります。「州」が集まった国ではなく、「衆」は多数という意味で、多数の国が集合した国が「合衆国」。アメリカ連邦共和国の方が分かりやすい。

投稿: ナツツバキ | 2022年6月12日 (日) 07時12分

ナツツバキさんへ・・・おはようございます。
 今朝はというより、午前2時に目が覚めてしまい、パソコンに向かいました。
 夜中の集中は2時間くらい、あっという間に経過し、4時になり、NHKラジオを聞きつつ、また寝て、6時半からのラジオ体操に参加してきました。
 私たちは子供の時からアメリカ合衆国と聞き慣れ、それが当たり前になってます。今は亡き我国の先人が苦労して考えた訳なのでしょう。国によっては連邦になってますね。

投稿: カッキー | 2022年6月12日 (日) 08時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 筋肉こそ 生活基盤 増やしたい  | トップページ | 朝起きて 西南見ると 荒船山 »