« 周囲を見て できることから 始めたい | トップページ | 今の時季 深夜の真南 サソリの尾  »

2022年6月 5日 (日)

ブログ・コメンテイターの文章が上毛新聞に載る

Att_0000017

 このブログに度々コメントされる通称「時計屋の隣さん」の文章が、本日の群馬県・上毛新聞の読者投稿欄「ひろば」に掲載されました。誠におめでとうございます。

 つきましては、県外の多くの皆様にも彼の文章をご紹介いたします。

タイトル「見上げる泰山木の花」

 お寺の境内で高さ10mほどの大きく枝を張った木を見かけた。葉はビワの葉より一回り大きく、葉の間の所々に20、30センチほどの白いものが見えた。一見、鳥のように見えたが、よく見ると、白い花が飛び飛びに咲いていた。住職に尋ね、泰山木(たいさんぼく)と知った。その威容に圧倒された。寺の境内ということもあり、天上のハスの花のように見えた。雄大な樹形と堂々とした純白の花をしばし、眺めた。

 家に帰り調べると、「ふくいくとした香りを放つ」とあった。花がまだ少ないせいか、香りは届いてこなかった。「泰山木」と漢字表記なので中国からの外来種と思ったら、米国南部が原産だった。

 「泰山木」という名前は、花や木が大きく立派なことから、中国の名山「泰山」になぞらえたとされる。花を大きな盞(さかずき)に見立て「大盞木」という漢字を当てた植物学者の牧野富太郎も、なかなかいかしている。梅雨時にも花を咲かせる泰山木の花。白さが一段と引き立つ中で、降り注ぐ花の香りも楽しみたい。

|

« 周囲を見て できることから 始めたい | トップページ | 今の時季 深夜の真南 サソリの尾  »

上毛新聞「ひろば」に掲載」カテゴリの記事

コメント

 早速、拙文をご紹介いただき恭悦至極に存じます。泰山木の花の香りは、高い所に花があるため、なかなか、難しい面もあるようです。レモンにも似た爽やかな甘い香りがするそうです。天国の香りをかきに日帰りで行ってこようと思います。一泊すると、大変のことになります。

投稿: 時計屋の隣り | 2022年6月 5日 (日) 15時34分

時計屋の隣りさんへ・・・こんばんは!
 今日は日曜日でしたので、暫くぶりに高前バイパスにあるアウディーの会社に車のことを訊くついでに、時間があったので、待合室にあった上毛新聞を読み、いつもながら「ひろば」を見たところ、貴殿の名前が目に入り、会社の人に投稿文をコピーしてもらいました。
 それが11時半ごろで、帰宅後、すぐパソコンに向かい、取り掛かりました。暫く掲載がなかったので、もしかしたらと思ったらあり私も嬉しかったです。
 別件ですが、明日は雨模様の予報です。もし、そうなったら明後日になるでしょう。

投稿: カッキー | 2022年6月 5日 (日) 19時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 周囲を見て できることから 始めたい | トップページ | 今の時季 深夜の真南 サソリの尾  »