« 2022年6月 | トップページ | 2022年8月 »

2022年7月

2022年7月31日 (日)

心とは 解放されて リラックス

Img_2259

 月に1~2回、私はディーラーであるアウディー高前支店に行くことにしてるので今日の午前中に行きました。そして、担当の営業マンとホイールについて話しました。また、この車を購入して今日で丸2年経ちました。

 平素一人で生活していることから、新入社員と思われる平成生まれの若い女性スタッフがコーヒーを入れてくださったので、どうしたことか、私の心は自然と解放され、あれこれ話すのも楽しいものです。「若くて夢があっていいですね。」とお伝えしました。

 また、若い男性スタッフさんともしばらく話ができ、埼玉出身とのことで、群馬のよい所を私に尋ねられたので、ロープウェイで登れる谷川岳の天神平や、白根山は大自然が素晴らしいことや、群馬はどこに行っても温泉があることを伝えましたら喜んでいました。

Dear my friends who like driving
 I go to my dealer Audi Takamae branch office once or twice a month, so I went there at ten o'clock today. Then, I talked with the salesman in charge of me about the wheel.

 Since I usually spend at my home alone, therefore a young lady staff born in the Heisei era(1989~2019), who seems to be a new employee, made coffee for me. For some reason, my heart is naturally freed, and it's fun to talk about this and that. I told her, "You are nice to be so young and unmatched beauty and have dreams in the near future."

 In addition, I was able to talk with a young man staff for a while, and he asked me about Gumma's splendid resort because he was from Saitama. So I recommended him to go to Tenjindaira on Mt. Tanigawa, which can be climbed by ropeway, and active volcano Mt. Shirane which is the great nature. When I told that there are many spas everywhere in Gumma. He was delighted to hear that.
  
※For the Japanese people上の英文をネイティヴの発音で聴くには、英文をドラッグして、コピーし、左サイドの「英文をネイティヴの発音で聴く」に貼り付けてください。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。
  

| | コメント (0)

びっくり草 突如芽が出て 花が咲く

296855067_5167530176703340_7046930380728

 早くも今日で7月が終わります。旧暦(太陰太陽暦で)で今日は7月3日ですから西の空に夕方三日月が出ます。日本で見ると右下が輝いても、フェイスブック友人セラーのニュージーランドで見ると左下が輝き、インドで見ると下が光るので地球が球体であることが分かります。

 ところで、世の中には不思議な植物があるものです。葉を触ると萎んでしまう「おじぎ草」や、夜になると葉が閉じる「ねむの木」、そして蕾が同じ南の方向を向く「モクレン」などです。

 人間が忘れていた今の時季に突如50㎝ほどの茎が伸びてきてピンクの花が咲き、私を驚かせてます。半世紀以上前に亡父が植えた球根からです。亡父は「びっくり草」と言ってました。

 写真の花は、他の植物と同様に春に芽を出し、6月には葉がいっぱいになりましたが、いつの間にか葉が枯れてなくなり、地上からすっかり姿を消してました。それが突如として茎が伸びてきて、ご覧の花が咲き出します。びっくり草の正式名は夏水仙です。

Dear my friends who like to surprise
 Today is the end of July already. At the same time, today is the 3rd day of July according to the lunisolar calendar. Therefore a crescent moon will appear in the western sky in the evening. When we look at it in Japan, the bottom right will shine, but if we look at it in New Zealand where my Facebook friend Ms. Sarah lives, the bottom left will shine, and if we look at it in India, the bottom will shine, so we can know that our planet is a sphere.

 By the way, there are strange plants in the world. There are “Mimosa” whose leaves wither when we touch, “Silk tree” whose leaves close at night, and “Magnolia” whose buds face the same south direction.

 Not change the subject, but in this season, when humans have forgotten, the stems of about 50 cm suddenly appear from the ground and pink flowers bloom, which surprises me. My late father planted the bulbs more than half a century ago. He said, "Bikkuriso" that means surprising grass.

 The flowers in the photo sprouted in the spring like other plants, and at June the leaves were withered before I know. Then, the stem suddenly grows and the flower you see blooms. The official name of Bikkuriso is summer narcissus.

※For the Japanese people上の英文をネイティヴの発音で聴くには、英文をドラッグして、コピーし、左サイドの「英文をネイティヴの発音で聴く」に貼り付けてください。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。

 

| | コメント (2)

2022年7月30日 (土)

本来の 七夕の日は 今年は8月4日

Img_3590

 もうすぐ本来の七夕の日が近づいてます。その日は明治5年まで使われてた旧暦(太陰太陽暦)の7月7日で、現代の暦で今年は8月4日の夕方です。

 七夕の「七」の意味は月の満ち欠けが七日目ということであり、この月が午後九時頃、西南の空へ移動すると小舟の形になるからです。

 天候も回復し、午後10時には七夕の星を含む「夏の大三角」がすでに日本列島の南東から頭上へ来てます。

 因みに白鳥座のデネブは稚内市の真上を通過し、こと座のベガ【織姫星】は秋田市の真上を通過し、わし座のアルタイル【彦星】はフィリピン上空を通過します。

 もうすぐ来る8月4日は織姫星と彦星が月の小舟に乗って天の川で出会います。

Dear my friends who are interested in Vega festival
 The original Tanabata day that means Vega festival is approaching soon. That day is July 7 in the Lunisolar calendar that was used until the 5th year of the Meiji era that is 1872 in Japan, and this year is the evening of August 4 in the solar calendar.

  The meaning of "seven" in Tanabata is that the phases of the moon are the seventh day, and when this month moves to the southwestern sky around 9 pm, it becomes the shape of a small boat.

  Recently, the weather has recovered, and at 10 pm, the "Summer Triangle" including the stars of Vega festival has already come overhead from the southeast of the Japanese archipelago.

  By the way, Deneb in Cygnus passes directly above Wakkanai City, Vega [Orihimeboshi] in Lyra passes directly above Akita City, and Altair [Hikoboshi] in Aquila passes over the Philippines.

  On August 4th, which is coming soon, Orihimeboshi and Hikoboshi will meet in the Milky Way on a small boat on the moon of the phase 7th.
 
※For the Japanese people上の英文をネイティヴの発音で聴くには、英文をドラッグして、コピーし、左サイドの「英文をネイティヴの発音で聴く」に貼り付けてください。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。

 

| | コメント (0)

久しぶり 榛名湖一周 ウォーキング

Img_3588

Dear my foreign friends who like nature 
 I am sorry that I won't translate today's post into English, because it's too long sentences, but the contents are about my experience of walking around Lake Haruna in Gumma prefecture, which is about 6 kilometers long. It took one hour and a half. In the evening, the draft beer at my favorite tavern was delicious. I realized again that the foundation of life is good health. I appreciate you!

Img_3582
 
 前日の夕立と打って変わり、昨日の朝、群馬県は珍しく快晴に恵まれ、私の心は、かねてより計画中のカルデラ湖・榛名湖一周ウォーキングを決意しました。
 青い愛車で倉賀野から高前バイパス~前橋インターから久しぶりに関越自動車道を走破、車は水を得た魚の如く、エンジン音を上げ、10分で渋川インターに到着、一路・伊香保温泉から蛇行したヤセオネ峠を経て、標高1084mの榛名湖へ。
 湖を見た途端、こんな広い榛名湖を本当に一人で一周できるのかの迷いの起こらぬうちに、午前11時に半時計周りですぐに歩き始めました。
 可能な限り、湖畔に近い歩道を歩き、湖の中で釣りをしてる人も見え、休みなくてくてく前進の継続です。
 ウォーキング中、気にしたことはピッチは速過ぎず、しかし、歩幅をほんの少し広げ、姿勢は遠方を見ることにし、これで正しい姿になると考えました。
 約40分も歩くと、出発地点であった対岸が小さく見え、本当に一周完歩できるかの不安も脳裏に過りつつ、その気持ちを打ち消すように前進を続けました。
 それにしても、下界は猛暑であるのに榛名湖は歩いていても殆ど汗を掻きません。しかも、歩道の殆どが大きな樹木に覆われ、木漏れ日の中を歩きます。やはり、下界より10℃は低いです。
 時々、若き日は榛名湖一周マラソンを走った体験を思い出しつつ、弱気にならないよう工夫し、途中、湖の景色や古代から変わらぬ榛名富士、勇壮な烏帽子岳の姿を堪能し、出発地点が見えてきたとき、時刻は12時半になってました。一周1時間30分です。
 この晩は高崎の馴染みの小料理屋「バク」へ行き、生ビールの美味しかったこと、この上ありませんでした。そして、生命の基盤は健康であることを再認識しました。

| | コメント (2)

2022年7月29日 (金)

高齢化 人間らしく 生きるには

Img_3571_20220729054501

 2021年の総務省の推計によると、日本の65歳以上の高齢者は3640万人と過去最多を更新し、男性が1583万人、女性が2057万人と、女性が474万人多いです。

 一方、総人口は前年より51万人減少し、総人口に占める高齢者の割合は過去最高の29.1%です。

  国連のデータでは、2位のイタリアの23.6%を上回っており、日本の高齢化率はダントツで世界のトップです。

 誰でも等しく年を重ねます。このように超高齢化社会にあって、特に、第一線を退いた70歳以降、私たちがより人間らしく生きるには健康増進と共に「自分らしく、何か心から打ち込めるものを持つことが必要」と考えます。

 可能ならば、それが三領域ほどあれば申し分なく、精神は幅広く、充分に活動するでしょう。

Dear my friends who seek out happiness
 According to estimates by the Ministry of Internal Affairs and Communications in 2021, the number of elderly people aged 65 and over in Japan reached a high record of 36.4 million, with 15.83 million men and 20.57 million women, so women are outnumbered 4.74 million.

 On the other hand, the total population has decreased by 510,000 from the previous year, and the ratio of elderly people to the total population has become a high record of 29.1%.

 According to UN data, it exceeds Italy (23.6%) which ranks second, therefore, Japan's aging rate is by far the highest in the world.

 Everyone gets older equally. In a super-aging society, especially after the age of 70, after we retired from the line, in order for us to live like human beings, I think that "We need to have something that we can devote ourselves to", as well as health promotion.

 I am of the opinion that if possible, if there are about three areas, we will be fine and our spirit will be widely and fully active.

※For the Japanese people上の英文をネイティヴの発音で聴くには、英文をドラッグして、コピーし、左サイドの「英文をネイティヴの発音で聴く」に貼り付けてください。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。

 

| | コメント (4)

2022年7月28日 (木)

経済発展 金の生る木に 祈る日々 

Img_3541_20220728163201 Img_3578

 玄関に置いてある「金の生る木」が落葉の季節でしょうか。毎日、数枚の葉が床に落ちてます。元々、一般の常緑樹であっても5~6月頃には落葉し、新緑になります。

 一方、今春きれいに咲いた紫の小さなシャクナゲも元気がないので、それぞれ1本ずつ根元にこの肥料を差し込みました。

 「金の生る木」は近年かなり大きくなったので嬉しいです。果たして、肝心の経済が大きくなるでしょうか。こちらは金の生る木を大切に育てても、直接は関係ないでしょうが、人間とは最後は神頼みです。

Dear my friends who like a leafy plant and money
 Is the "Money tree" at the entrance the season of deciduous leaves? Every day, a few leaves fall to the floor. Originally, even ordinary evergreen trees fall and become fresh green from May to June.

 On the other hand, the small purple rhododendron that bloomed beautifully this spring is also not healthy, so I inserted this fertilizer into the root of each one.

 I'm glad that the "Money tree" has grown considerably in recent years. Will the essential economy grow this year? Even if I carefully raise the money tree, it will not be directly related to actual economy growth, but at the end, human being tends to pray to god.

※For the Japanese people上の英文をネイティヴの発音で聴くには、英文をドラッグして、コピーし、左サイドの「英文をネイティヴの発音で聴く」に貼り付けてください。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。

| | コメント (0)

音色と 旋律味わい 弾くピアノ

Img_3322

 この部屋の壁とアーチ形の天井は漆喰で出来ており、出窓はペアガラスが二重であり、つまり4枚ガラスでできてるので、恰も、地下室のように温度は比較的低く、過ごしやすいです。

 肝心のピアノの練習は、夢のあった若い時と異なり、難曲に挑戦することはなくなり、比較的ゆっくりで歌のような曲です。つまり2楽章的な曲を弾きます。具体的にはモーツアルトの落第ソナタの2楽章などです。調子が良ければ、それほど難しくない多少速い曲も弾きます。

 一方、フェイスブック友人のアメリカ国歌、ニュージーランド国歌、フィリピン国歌、特に最近は平和を願い、ウクライナ国歌をよく弾きます。それぞれ個性的で、内面の深遠さを感じます。

Dear my friends who like piano music and international goodwill
 The walls and vaulted ceiling of this room are made of plaster, and the bay windows are double-glazed that means four pieces of glass, so the temperature is relatively low like a basement and it is easy to spend for me during all seasons.

 The essential piano practice is a relatively slow like a singing music, unlike I had a dream when I was young. I don't have to challenge difficult music. In other words, I play like a second movement. Specifically, it is the second movement of Mozart's, what we call, failed sonata. If I'm in good shape, I'll play a slightly faster music that isn't too difficult.

 On the other hand, I often play the national anthems of my Facebook friends. Such as American national anthem, New Zealand national anthem, Philippine national anthem. Especially recently for the sake of peace, I play the national anthem of Ukraine. Each national anthems are unique and I was greatly impressed with the depth by music of each nations.

※For the Japanese people上の英文をネイティヴの発音で聴くには、英文をドラッグして、コピーし、左サイドの「英文をネイティヴの発音で聴く」に貼り付けてください。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。

 

| | コメント (0)

2022年7月27日 (水)

倉賀野の 追分にある 道しるべ

Img_3428

 私の住む倉賀野町の旧国道17号には、いわゆる追分の所があります。そこに建つ古来からの碑には、ご覧の通り、これより右・江戸道、左・日光道と刻されてます。

 ここは旅人の休憩所と思われる閻魔堂という名のお堂があり、私の菩提寺である九品寺の施設です。この中には赤い顔した閻魔大王の像があるとともに、意外と知られてないことの一つに、直径4mほどの大きな数珠があります。

 数珠には小さい珠と大きい珠が付いており、大きな珠は梨ほどの大きさがあります。人々は床に座って15人程で円陣を組み、歌を歌いながら数珠を回し、自分の所へ大きな球が来ると自らの身体の悪い所にそれを付け、治るように祈願し、今度は反対方向に数珠を回します。私は脳に付けました。

 これは、鉦を叩きながら念仏を唱える百万遍と言われてます。8月16日にお堂に上がれば、この珍しい百万遍が見られるでしょう。

Dear my friends who are interested in ancient festival
 There is a so-called Oiwake place that means a forked road on the old national road No. 17 in Kuragano-town where I live. As you can see in the photo, the ancient monument stands. There is engraved with the right / Edo road and the left / Nikko road.

 There is a temple named Emmado which seems to be a resting place for travelers in Edo period, and this is one of the facilities of Kuhonji temple that is my family temple. Inside the facility there is a statue of King Emma with a red face, and one of the things that is not surprisingly known is a large bead with a diameter of about 4 m.

 The connected bead has small beads and large beads, and the large beads are about the size of a pear. People sit on the floor, and form a circle with about 15 people with singing a song and spin the beads. When a big bead comes to their own place, people attach it to their physically bad place and pray for healing. Then, turn the beads in the opposite direction. I put it on my brain.

 This is said to be Hyakumanben that means one million times, and people are sitting and spinning and pray while the bell is resounding in the hall. If you go up to the temple on August 16th, you will see this rare event I guess.

20170819070107
 
※For the Japanese people上の英文をネイティヴの発音で聴くには、英文をドラッグして、コピーし、左サイドの「英文をネイティヴの発音で聴く」に貼り付けてください。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。

 

| | コメント (0)

2022年7月26日 (火)

生中継 予想外の 放送に

Img_1088

 今朝も倉賀野上四地区のラジオ体操会に参加したところ、NHKラジオ体操は福岡県からの生中継でした。

 女性指導者の掛け声とピアノの音で体操が始まるや否や、電波の状況がよくないのか、ガーガージージーと騒音がしてしまい、私たちの係の人が「もしかして電池が減ったのかもしれない。」と電池交換をしようとしました。いつになく、誠に放送が聞き難いのです。

 しかし、私はこの生放送をよく聴いていたら、どうも感度が悪いのでなく、生放送会場は自然の中で行われたことから、もしかして蝉の声が入ってるのではないかと直感しました。

 案の定、途中で、女性指導者が「今朝の会場にはたくさんの蝉が鳴いています。」と話しました。蝉も短い命の中で、オスが懸命にメスを呼んで鳴いてる様子が、福岡県から全国に生中継されていたのです。

Dear my friends who like radio gymnastics
  When I participated in the radio gymnastics in Kuragano-town 4th district this morning, the NHK radio gymnastics was broadcast live from Fukuoka prefecture.

 As soon as the gymnastics started with the shout of the woman instructor and the sound of the piano, there was a noise with a garger jizzy, probably because the radio wave condition was not good. And the person in charge of us said, "Maybe the battery has run out. he tried to replace the battery. Really, it's hard for us to hear the broadcast like never before.

 However, when I listened carefully to this live broadcast, I felt that the sensitivity was not bad, and that the live broadcast venue was in nature. So there might be a cicada's voice I guess.

 Sure enough, on the way of gymnastics, the woman instructor said, "This morning, a lot of cicadas are ringing at this venue." The cicadas had a short life, and the males cicadas were calling the females so that cicada's singing were broadcast live from Fukuoka prefecture nationwide.

4f920306b45441c81f8db41b4ec7bbfe1400x932

   
※For the Japanese people上の英文をネイティヴの発音で聴くには、英文をドラッグして、コピーし、左サイドの「英文をネイティヴの発音で聴く」に貼り付けてください。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。

  

| | コメント (2)

2022年7月25日 (月)

サルスベリ いよいよ情熱 呈してる

Img_3569

 庭の赤いサルスベリがいよいよ七分咲きになり、私に不足する「情熱」を持ちなさい。と教えられてるようです。もしかして、認知症対策には日頃から物事に情熱を持つことかもしれません。情熱とは人生に希望を持つことでしょうか。
 
 お礼に先程、根元の池にたくさん水を与えました。小さな花が固まってるので、推定1万ほどの花が咲いてるでしょう。車と比較してみても枝ぶりの広さがお分かりになると思います。
 
 ところで、早くも7月もあと一週間のみになりました。13日後はもう立秋です。朝晩はいくらか涼しくなるでしょう。

【日本文と英文に多少の差異がございます。】

Dear my friends who are crazy about red flower
 The red crape myrtle in the garden is finally blooming 70 percent, and she seems to teach me "Have a passion" that I lack. Perhaps against senile dementia measurement, we must have passionate in daily life. Is passion a hope in life?

 As a thank her, I gave a lot of water to the pond at the base. Since the small flowers are gathered, an estimated 10,000 flowers will be in bloom now. You can see the size of the branches even if you compare it with the car. Therefore, the shade is wide.


   Not change the subject, but July is only one week left. After 13 days, it is already first day of autumn. It will be a little cooler in the morning and evening and it will become a suitable season to drink draft beer with you in heart.
 
※For the Japanese people 上の英文をネイティヴの発音で聴くには、英文をドラッグして、コピーし、左サイドの「英文をネイティヴの発音で聴く」に貼り付けてください。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。
   

| | コメント (0)

深めたい 発想力と 記憶力

294721899_5151674874955537_5314306148316

 毎朝、地区のラジオ体操会場の公園まで往復すると1000m歩き、合計して朝の30分間は身体を動かしてます。このため、お腹が空いて帰宅後の朝食は美味しいです。

 誰でも平等に年齢を重ねますが、高齢になりつつある私が心身ともに心掛けてることは次のことです。

 1「走らない」。若い時と違い、心臓にダメージを与えるからです。その代わり、ウォーキングで心拍数を110まで上げて血流を改善する。

 2「転ばない」。滑ると骨折するので家の中では裸足で過ごす。特にスリッパは危険。

 3「風邪をひかない」。就寝中は無意識なのでエアコンを使わない。

 4、外出時は着替える。社会生活と個人生活を区別する。

 5、日々、新たなことに挑戦し、発想力と記憶力を大切にする。

Dear my friends who want to live as a human being
 Every morning, when I go back and forth to the park where the radio gymnastics is held in the district, I walk 1000m and move my body for a total of 30 minutes in every morning. For this reason, the breakfast after returning home is delicious due to hungry.
 Though everyone ages equally including me, I keep in mind the following habits both physically and mentally.

1 "Do not run". This is because it damages my heart, unlike when I was young. Instead, I will raise the heart rate to 110/m to improve blood circulation by walking.

2 "Do not fall". If I slip, it is possible to break bones, so I spend barefoot in the house. Especially slippers are dangerous.

3 "Do not catch a cold". I don't use the air conditioner while sleeping because I'm unconscious.

4. Change clothes when going out. Distinguish between social and personal life.

5. Take on new challenges every day, through researching creativity and memory.

※For the Japanese people 上の英文をネイティヴの発音で聴くには、英文をドラッグして、コピーし、左サイドの「英文をネイティヴの発音で聴く」に貼り付けてください。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。

 

| | コメント (0)

2022年7月24日 (日)

葉の裏に 毒液放つ 萩虫隠れ  

Img_3567

 庭には植物が多いので、いろんな虫がいます。とりわけ、7月~8月にかけて発生するのがイラガであり、怖いのはその幼虫です。群馬では昔から萩虫を言ってます。

 以前に、幼虫が葉の裏にいたのを知らずに触り、指が瞬時に刺され、私は激しい痛みに襲われたことがあります。これは外敵を察知した幼虫が全身の棘の先から毒液を一斉に分泌するためと言われてます。

 写真の幼虫はサルスベリに居たもので、ご覧の通り、全身が毒針で覆われてます。拡大するとよくわかります。一般的に、葉の裏側にいるので発見し難く、小さな子供が植物の葉を触る時は特に気をつけなければなりません。

 それにしても、葉の色に近い保護色であり、全身が棘だらけの様相は外敵を寄せ付けないため自然に備わったものなのでしょう。

Dear my friends who like observing insects
 Because there are many plants in the garden, so there are various insects. In particular, Monema flavescens occurs from July to August, and this is the larva that are scary. In Gumma, we have been talking about Hagi insects for a long time.
 
 Previously, the larva was on the back of the leaf, so I touched it without knowing it, and my finger was instantly stung, and I had severe pain. This is because the larva that detects foreign enemy secrete venom all at once from the tips of the spines of the whole body.
 
 The larva in the photo was in crape myrtle, and as you can see, the whole body is covered with poisonous spines. Please enlarge the image. Generally, it is hard to find because it is behind the leaves, therefore special care must be taken when small children touch the leaves of the plant.
 
 Even so, it is a protective color close to the leaves, and the appearance of the whole body full of spines seems to be naturally provided because it keeps foreign enemies away.
  
※For the Japanese people 上の英文をネイティヴの発音で聴くには、英文をドラッグして、コピーし、左サイドの「英文をネイティヴの発音で聴く」に貼り付けてください。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。
 

| | コメント (2)

温泉と 豊かな自然の 群馬県

294370870_5148111841978507_3490046825671

 暑中お見舞い申し上げます。暑いときは涼しい湖をご覧になっては如何でしょう。少しは気持ちが涼しくなると思います。

 ブログご覧の皆様でも、未だ、群馬県を訪れたことのない方が多くいらっしゃるでしょうが、自然災害が比較的少なく、住みやすい所です。嫁に行くなら群馬でしょう。しかも、草津、伊香保、水上、四万、万座など、有名な温泉がたくさんあります。

 写真は群馬県の中央部に位置する榛名山【1449m】のカルデラ湖である榛名湖です。湖面の高さは1084mですから、平地より気温は10度ほど低いです。

 対岸の山は右がコニーデ火山の榛名富士でロープウェイで登れます。左が烏帽子岳です。これらは外輪山で、湖の周囲は外輪山に囲まれ、私はその殆ど登りました。特に、相馬岳山頂からの景色は抜群で富士山が大きく見えます。いつか、群馬県に遊びに来てください。

Dear my friend who wants to visit Gumma prefecture
 I would like to express my deepest sympathy due to the extreme heat. Why not take a look at the cool lake when it's hot? This scenery will make you feel a little cool.

 Although many blog friends have never visited Gumma prefecture I guess, our prefecture is a comfortable place to live with relatively few natural disasters. If you want to go as a bride, it will be Gumma. Moreover, there are many hot springs such as famous Kusatsu, Ikaho, Minakami, Shima and Manza. 

 The photo shows Lake Haruna, which is a caldera lake on Mt. Haruna [1449m] located in the central part of Gumma prefecture. The height of the lake is 1084m, so the temperature is about 10 degrees Celsius lower than the plain.

 The mountain on the opposite bank is Mt. Haruna Fuji of stratovolcano on the right and you can climb the summit by ropeway. Mt, Eboshi is on the left. Besides this, the lake is surrounded by the outer rim of mountains. I have ever climbed most of them. In particular, Mt. Sohma has a good view so that you can see great Mt. Fuji with breath-taking scenery.

 
※For the Japanese people 上の英文をネイティヴの発音で聴くには、英文をドラッグして、コピーし、左サイドの「英文をネイティヴの発音で聴く」に貼り付けてください。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。
 
    

| | コメント (0)

2022年7月23日 (土)

117(いちいちなな) 現役時代を 乗り通す

295434487_5145358582253833_2015422357305

 恥ずかしいですが、古い写真の一枚です。この車は大好きだった「いすゞ117(いちいちなな)クーペ」で4つの職場【榛名高、高崎商、富岡高、前橋高】に通勤しました。その距離26万Kですから【地球6周半】です。

 と言っても写真の車でなく、先代の水色の117クーペです。

 しかし、ある日ついに動かなくなりました。ところが、残念にもデイラーではすでに販売が終了してました。しかし、どうしても気に入った117クーペに乗りたくて、2台目は車の雑誌を見て個人売買で購入し、長野県小渕沢まで電車で行き、帰路はこの黄色い車で帰ってきました。

 遊び人の私はこの117クーペがあったので、毎朝、学校まで楽しく通勤できたと思います。写真は県立前橋高校の玄関前です。
  
 因みに私はカッキーと呼ばれてますが、これは元々、前高の生徒から平素呼ばれていたニックネームです。

Dear my friends who like driving
 It's embarrassing, but this is an old photo. I commuted to four high schools such as Haruna, Takasaki commercial, Tomioka, Maebashi by my favorite "Isuzu 117 Coupe". The mileage was 260,000 km which means 6 and a half laps of the earth.

 It is not the car in the photo, but the former light blue 117 coupe.

 However, one day the blue 117 coupe finally stopped working. Unfortunately this car has already been discontinued line at the company of Isuzu. However, I really wanted to ride the 117 coupe that I liked, so I looked at the car magazine and bought the second one by private sale. So I went to Obuchizawa, Nagano prefecture by train. I bought it and returned by this yellow car.

 As a playboy, I drove this 117 coupe every morning, so I think I was able to commute to school happily. The photo was taken in front of the entrance of Maebachi High School.

   By the way, I'm called Kakky. This nickname was originally named by students of Maebachi High School.

 ※For the Japanese people 上の英文をネイティヴの発音で聴くには、英文をドラッグして、コピーし、左サイドの「英文をネイティヴの発音で聴く」に貼り付けてください。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。
  

 

| | コメント (0)

今日大暑 地球の位置を 考えましょう

Capricornus_constellation_map

【黄道12星座の一つ・やぎ座】・・・ウィキペディアより

今日は二十四節季の「大暑」です。私たちを乗せて約9億4千万kmの距離を持つ公転軌道を秒速約30kmで、北極星側から見て反時計回りに進んでいる地球は「大暑」の今日、公転軌道上の一体どこに差し掛かっているでしょうか。

 実は、このことは午前0時に真南を見れば分かります。それは黄道十二星座の「やぎ座」の少し右の方向に差し掛かってます。2週間後は早くも「立秋」ですが、この時はちょうど「やぎ座」の方向になります。

 今宵は下弦の月であり、これからの季節は星座が次第によく見えつつつあります。私たちは地球に乗って大宇宙に浮いてます。この意識を持つと、地球の動きや公転軌道上の現在位置がより理解しやすいと思います。

Dear my earthlings who are floating in the space
 Today is one of the 24 seasons named "Taisho" that means hottest day in a year. The earth which carries us on the revolution orbit with a distance of about 940 million km at a speed of about 30 km per second. And our globe is moving counterclockwise when viewed from the North Pole star side. What on earth, where is our earth approaching now?

 Actually, you are able to solve this question by looking at the due south at midnight in case of Northern hemisphere. It is approaching a little to the right of "Capricorn" in the Zodiac constellation. Two weeks later, it will be already "Rissyu" that means first day of autumn, but at this time it will be just in the direction of "Capricorn".

 Tonight, the phase of the moon is waning, and the constellations are gradually becoming more visible in the coming season. We are on Earth and floating in space. With this consciousness, I think it will be easier to understand the movement of our earth.

 ※For the Japanese people 上の英文をネイティヴの発音で聴くには、英文をドラッグして、コピーし、左サイドの「英文をネイティヴの発音で聴く」に貼り付けてください。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。
      

| | コメント (2)

2022年7月22日 (金)

巨樹として 年々威厳を 醸し出す

Img_3564

 誕生日に咲き出した巨樹サルスベリが、いよいよ本格的な開花の季節を迎えました。それでも、未だ三分咲でしょう。サルスベリは江戸時代以前に日本に入って来たと伝えられてます。
 
  近年は、枝先が四方八方に3~4mほど長く伸び、その重量で垂れ下がってる傾向で、私の頭の高さほどになってます。広く日陰を作る枝の姿が、いかにも南国的で、のんびりした雰囲気を、更に、巨樹として威厳を醸し出してます。
 
 サルスベリを育てるには原産地である東南アジアや中国南部の熱帯雨林気候に近づければよいと考え、年間を通じてほぼ毎日水を遣ってます。このため樹勢は大変良く、私の青春時代のようです。
 
 それにしても、サルスベリとはユニークな名前であり、これは樹皮がつるつるで如何にも猿でさえ滑るという印象から昔の人が命名したのでしょう。その樹皮は今の開花の季節に剥け始め、新たな皮に着替えてます。
 
Dear my friends who like a shade under a big tree
 The giant crape myrtle that bloomed on my birthday has gradually full-scale flowering. Still, it will be 30 percent bloom. It is said that crape myrtle came to Japan before the Edo period.
 
 In recent years, the tip of a branch has grown 3-4m long in all directions and tends to hang down due to its weight, which is about the height of my head. The appearance of the branches that make the shade wide creates a laid-back atmosphere that is truly tropical.
 
 To grow crape myrtle, I think that it is effective to bring it closer to the tropical rainforest climate of Southeast Asia and southern China, which is the place of origin of this tree, therefore I water it almost every day throughout the year. Because of this, the tree vigor is very good, like my adolescence.
 
 Even so, crape myrtle has a unique name which was probably named by an old man from the impression that the bark is so slippery that even monkey slips. The bark begins to peel off during the current flowering season and is changing into new bark.

※For the Japanese people   上の英文をネイティヴの発音で聴くには、英文をドラッグして、コピーし、左サイドの「英文をネイティヴの発音で聴く」に貼り付けてください。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。
  

| | コメント (2)

2022年7月21日 (木)

赤い布 日中友好 シンボルに

Img_3551

 以前は、日本人なら畳での生活が当たり前と考えられ、10年前まではお客様が来訪するとこの部屋に案内し、私もここで対応してました。

 しかし、日々、椅子での現代生活に慣れた私はもう正座はもちろん、胡坐をかくことはなく、先ず、できないでしょう。

 隣の畳の部屋には掘り炬燵があり、足が延ばせるので冬はよく使います。しかし、この部屋は殆ど使わないのでもったいないです。

 ところで大きなテーブルに敷いてある赤い布について、以前に飼育してたレース鳩の一羽が迷って内モンゴルまで飛んで行ってしまったことがあり、現地からの手紙でそれが分かり、私は一人でその鳩に会いに行ったことがあります。

 北京から内モンゴルまでは急行列車で11時間ほどかかり、途中、列車は万里の長城の下のトンネルを幾度もくぐりました。

 帰路に、再度、北京に立ち寄り、このテーブルクロスをお土産に購入しました。色鮮やかで中国の絵が描いてあります。ところで、内モンゴルでは、私の家で生まれた鳩に再会し、感銘して涙が出ました。

Dear my friends who like international goodwill
 In the past, Japanese people usually think of living on tatami mats, and until 10 years ago, when customers visited me, I guided them to this room, and I also responded here.
 
 However, as I am accustomed to sit on a chair every day as modern life, I can't sit on the tatami mat including cross-legged as well.
 
 There is a digging kotatsu which means foot warmer in the tatami room next door, I often use it in winter because I can stretch my legs. However, it's a waste because I rarely use this room in the photo.
 
 Not change the subject, but as for the red cloth laid on the big table, actually, one of the racing pigeons I had raised in my loft strayed into Inner Mongolia. I found out from the letter from the site, then I have been to see the pigeon alone.
 
 It took about 11 hours by express train from Beijing to Inner Mongolia, and on the way, the train passed through the tunnel under the Great Wall of China many times.
 
 On the way back, I stopped by Beijing again and bought this tablecloth as a souvenir. Colorful and Chinese paintings are drawn. By the way, in Inner Mongolia, I was impressed to see the pigeon born in my loft, and I cried.
 
※For the Japanese people   上の英文をネイティヴの発音で聴くには、英文をドラッグして、コピーし、左サイドの「英文をネイティヴの発音で聴く」に貼り付けてください。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。

| | コメント (0)

2022年7月20日 (水)

手術後の 経過観察 受診する

Sub_1_20220720104601

 今日は午前9時からの予約により、高崎総合医療センターの歯科口腔外科で診察を受けました。
 
 内容は3ヶ月前に手術した副鼻腔の一つである上顎洞の術後の経過観察です。今まで使用していた管を新しい管に入れ替えました。平素、苦痛はなく、手術は的確に行われたと思います。
 
 ところで、私は前高に7年間勤務してたので、教え子の100名以上が医師になってます。今回の担当医にそれを話したところ、担当医は神奈川県出身とのことでした。次回の経過観察を8月末に予約しました。
 
 一方、今でも鼻の洗浄を毎日家で行ってます。塩分濃度0.9%のぬるま湯で右の鼻から入れ、左の鼻から出します。篩骨洞を清潔にしておくと新鮮な空気が脳を冷やすと考えられます。
 
Dear my friends whose sinuses are healthy
 I had a medical examination at the Dental and Oral Surgery of Takasaki General Medical Center by appointment from 9 am today.
 
 The content is a postoperative follow-up of the maxillary sinus which is one of the sinuses operated 3 months ago. The doctor in charge of me replaced the old pipe with a new one. There was no pain, and I think the surgery was performed properly.
 
 Not change the subject, but I had been working as a teacher at Maebashi High School for 7 years, therefore more than 100 students became doctor. When I told my doctor it this time, he said that he was from Kanagawa prefecture. For next time, I made the reservation for postoperative follow-up at the end of August.
 
 On the other hand, I still wash my nose every day at home. Put the salt in lukewarm water with the salt concentration of 0.9%, then I enter it through the right nose and remove it through the left nose. Especially, keeping the ethmoid sinus clean is thought to cool the brain with fresh air.
 
※For the Japanese people 上の英文をネイティヴの発音で聴くには、英文をドラッグして、コピーし、左サイドの「英文をネイティヴの発音で聴く」に貼り付けてください。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。
    

| | コメント (0)

インドでも 雪が降ります カシミール

Img_3561_20220720034701Img_3558_20220720034701

 写真は現在、部屋に飾ってあるインドの民芸品です。このように写真に撮ってよく見るとなかなか色彩的で、ユニークな顔です。

 昨晩のNHKニュースによると、ニューデリーでは気温が33度ほどなので、現在はそれほど暑くないようです。7月から8月は日本の方が暑いでしょう。このため8月は夏休みではありません。夏休みは5月です。

 9月から翌年の1月頃までは日本の秋晴れのような日々が続き、日本人がインドを旅行するにはこの季節が適します。世界の屋根と言われるカシミール地方はインドでも雪が積もります。

 ここでの人々の顔つきは目と鼻が大きく、まるで作ったようです。若き日、ここでお正月を迎え、乾杯したことが懐かしいです。しかし、同行した友はすでに天に召され、悲しさの極み。

Dear my friends who want to visit India
 The photo indicates an Indian folk craft which is currently displayed in my piano room. When I take a picture like this and take a closer look, it looks quite colorful and unique face.

 According to NHK News last night, the temperature in New Delhi is about 33 degrees Celsius, so it doesn't seem to be so hot now. It will be hotter in Japan from July to August. For this reason, August is not a summer vacation. Summer vacation is May.

 From September to January of the following year, the days like autumnal fine season in Japan continue, and this season is suitable for Japanese people to travel to India. The northern Kashmir region, which is said to be the roof of the world, is covered with snow even in India.

 The faces of people here have big eyes and noses, and as if it looks like they were made. I feel nostalgic that I traveled here at the New Year and toasting when I was young in the house boat. However, it is the most regrettable that the friend who accompanied me was already in heaven.
  
※For the Japanese people上の英文をネイティヴの発音で聴くには、英文をドラッグして、コピーし、左サイドの「英文をネイティヴの発音で聴く」に貼り付けてください。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。   

| | コメント (0)

2022年7月19日 (火)

真夏には 暑さ凌ぎに 怖い河

Photo_20190927024401_20220719050401

 毎日、猛暑が続きますが、暑さを凌ぐにはここへ行くしかありません。背筋がぞくぞくします。普通、一人では行けない所ですが、一人で行くと、その効果は想像以上です。倉賀野から車で40分ほどなので、私はすでに10回程行ってます。本当に、夜中は何か出そうで腰を抜かしそうで、怖くてとてもご案内できない川です。

 実は、私はうす暗い時間帯に、この川の上流まで一人で恐る恐る歩いて行きましたら、次第に川幅が細くなり、ついに「出た!」と思いきや、気味悪くカラスが鳴き出し、足がガタガタ震え、鳥肌が立ち、やはり、ただの川とは違います。群馬県には恐ろしい所があるものです。

 私が実際に現地に行って確認した三途の川は群馬県内に2ヶ所です。一つは上信線の上州新屋駅の北から南西に向かって流れてます。それが 一級河川「三途川」です。もう一ヶ所は赤城山の小沼から比較的狭い道を粕川方面へ南下した位置に「三途の川」があります。
 
 常にほとんど人影はないひっそりした薄気味悪い場所ですから、もし訪れる場合は、何かあっても対処できるように、どちらの川も明るい午前中がよいでしょう。でも、緊張のあまり足が竦んでしまうかもしれません。

202222_225623757560698_729280592_o
  
Dear my friend who dislikes a spook
 The heat wave continues every day, but the only way to overcome the heat is the best to go here. A shiver run up and down my spine. Normally, you can't go alone, but if you go alone at night, the effect is beyond your imagination. It's about 40 minutes by car from Kuragano-town, so I've already been there about 10 times. It's an actually existed river named, what we call, the River Styx where I can't really guide you because you will be too surprised to stand firm. I'm afraid that something will come out especially in the middle of the night.

 To tell the truth, when I walked to the upper stream of this river in a dimly lit time, the width of the river gradually narrowed, and finally I noticed, "Uncertain something has appeared!" My legs rattle and I got gooseflesh all over at the sight, therefore I thought it's not just a normal river.
Gumma prefecture has a terrifying place. If you want to experience it, but I'm sorry if something comes out, I'll run away first leaving you.

 There are two Rivers of Styx in Gumma prefecture that I actually went to and confirmed. One river runs from the north to the southwest of Joshu-Niiya Station on the Joshin Line. That is the first-class river named formally "River of Styx". The other place is the river in the photo below at the southern position of Lake Onuma on Mt. Akagi. It situates toward Kasukawa-town by the relatively narrow road.

 It is a quiet and really spooky place with few people at all times, so if you visit, so as to deal with anything, it would be better to go there during a bright morning on both rivers. However, of course, you may feel too horrible to move your legs.

※For the Japanese people上の英文をネイティヴの発音で聴くには、英文をドラッグして、コピーし、左サイドの「英文をネイティヴの発音で聴く」に貼り付けてください。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。 

 

| | コメント (0)

2022年7月18日 (月)

昨日の 自然の猛威 暫くぶり

Img_3556

【今朝5時の東の空】

 昨日の夕方6時10分頃から30分間ほど、群馬県高崎市は突然の豪雨と横殴りの物凄い風の夕立に見舞われ、自然の猛威の恐ろしさを感じました。こんなことは最近ありませんでした。
 
 その時間帯は、東京へ行ってた娘家族を私が車で倉賀野駅まで迎えに行ってる時で、駅舎内で待ってましたが、駅舎が突風で動くのではないかと危険を感じるほどでした。
 
 娘たちは無事に電車から降りてきましたが、帰宅するまでの道路は物凄い雨の量で、水路は溢れて、道路は川のようになり車はその中を走りました。
 
 私は植物をたくさん育ててることから、日々、自然の恩恵を感じてますが、昨日はいつにない自然の猛威を肌で感じ、この現象こそ気候変動の一端なのでしょう。
 
Dear my friends who are earthling under the nature
 About 30 minutes from 6:10 pm yesterday, Takasaki City, Gumma Prefecture, Japan was hit by a sudden heavy slanting rain and a terrible wind of a sideways hit, and I felt the rage of nature. This phenomenon hasn't happened recently.
 
 At that time, when I was picking up my daughter's family who went to Tokyo, I waited in the station building, but I felt dangerous that the station building might move due to a gust of wind.
 
 The daughters got off the train safely, but the road until we got home was a tremendous amount of rain, the waterways overflowed, the road became like a river, and my car ran in it. 
 
 As you know, because I am raising a lot of plants, I feel the benefits of nature every day, but yesterday I felt the unprecedented violence of nature, and this phenomenon is what we call, probably part of the climate change by global warming. The photo is the eastern sky around 5 o'clock this morning after the rage had passed.
 
※For the Japanese people上の英文をネイティヴの発音で聴くには、英文をドラッグして、コピーし、左サイドの「英文をネイティヴの発音で聴く」に貼り付けてください。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。 
   

| | コメント (0)

2022年7月17日 (日)

誕生日に ソプラノサックス 認識新たに

Photo_20220717055301

 昨日、皆さまから誕生日メッセージを賜り心より感謝いたします。一人で生活してても寂しく感じません。

 久しぶりにソプラノサクソフォーンを練習しました。それでも、アンブッシャー【唇付近の感覚】の筋肉はきちんと作用し、指は欲しい音程に自然と動き、腹式呼吸も戻り、17才で始めた始めた感覚は未だ鈍ってないことも分かりました。

 私の場合、クラシックサックスの音色を目指していることから技術を表す本格的な速い現代曲より、あくまで人に音を聴いて戴き、優雅な音色と心の表現を訴えることができればと思ってます。

 毎日、植物の世話や英単語記憶、ピアノ、車の運転など、いろいろ好きなことをしてますが、「私らしさ」に最も合ってることは、この楽器を吹くことと改めて認識しました。

 同時に、呼吸法が基盤なので、健康の観点からもソプラノサクソフォーン演奏は意義深いと感じます。クラシックサクソフォンの世界的名手マルセルミュール(仏)が100歳であったことは有名な話で、これは正しい呼吸法が長寿に作用したと考えられます。

Dear my friends who are crazy about Facebook
 I appreciate you for the birthday message yesterday from remote nations and Japan. Thanks to you, I don't feel lonely even if I live alone.

 I practiced the soprano saxophone yesterday after a long interval. Even so, I found that the muscles of the ambusher [sense near the lips] worked properly, the fingers moved naturally to my desired pitch, the abdominal breathing returned, and the sensation that I started at the age of 17 was not dull yet.

 In my case, since I am aiming for a classical saxophone tone quality, I would like to have people listen to the real sound rather than a full-fledged swift contemporary music that expresses the technique, and appeal with the refined tone quality and the expression from my heart.

 Every day, I entertained various matters I like, such as taking care of plants, memorizing English words, playing the piano, driving a car, etc., but yesterday, I realized again that the most suitable thing for "my personality" is to play this instrument.

 At the same time, since the breathing method is the basis to play this instrument, I feel that playing the soprano saxophone is significant from the viewpoint of health. It is a famous story that Marcel Mule (France) who was a world-famous classical saxophone player, was 100 years old, therefore it is thought that the correct breathing method affected healthy longevity.

 
※For the Japanese people 上の英文をネイティヴの発音で聴くには、英文をドラッグして、コピーし、左サイドの「英文をネイティヴの発音で聴く」に貼り付けてください。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。 
        

| | コメント (4)

2022年7月16日 (土)

健康と 音楽第一 これからも

Img_1025

 何と不思議なことでしょう。誕生日の朝、庭の大きなサルスベリが咲き出しました。満開は1週間後から9月いっぱい続くでしょう。
 
 振り返ると、私は今のウクライナの子供たちと同じで、防空壕の中で幼い日々を過ごしました。このため性格が暗くなりましたが、近年はブログやフェイスブックを通じて、皆さまと知り合いになれ、今は毎日幸せに感じてます。

 今日を境にして、社会が明るい日々になるよう今まで以上に近隣の方々と助け合い、特に子供を大切にし、交流を密にします。

 近未来は、ソプラノサクソフォーンでホームコンサートを再開したい希望を持ってます。早速、今日、音色第一で練習します。
 
Dear my friends who like music
 What a mystery! On the morning of my birthday, a large crape myrtle in the garden began to bloom, as if she knew my birthday and cerebrated me. Full bloom will continue from a week later to the end of September.
 
 Looking back, I spent my childhood days in the air raid shelter, just like the Ukrainian children today. So this situation made my personality gloomy as you feel, but in recent years I have become acquainted with everyone through Facebook, as the result, now I feel happy every day thanks to you.
 
 Starting today, I hope to help each other more than ever and aiming for brighter society than ever, especially to cherish and interact with children.
 
 Moreover, I will resume home concert by the soprano saxophone in the near future. Immediately, today, I will practice with tone quality first.
 
※For the Japanese people 上の英文をネイティヴの発音で聴くには、英文をドラッグして、コピーし、左サイドの「英文をネイティヴの発音で聴く」に貼り付けてください。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。   

| | コメント (2)

2022年7月15日 (金)

どうしても 食べ過ぎ傾向 夕食です 

Img_0009

 私のように一人で生活することを余儀なくされても、家族と生活しても、共通することは三度の食事を摂ることです。私は朝食に主眼を置き、次が夕食、簡単に済ませるのが昼食です。しかし、夕食を食べ過ぎる傾向です。

 昼食については時々「カップヌードルに牛乳」の時があります。カップヌードルでもBIGはかなりの量があり、特にカレー味は結構おいしいです。ですから、こんな昼食でも「嘆かわしい」とは思いません。

 ところで、英語で「嘆かわしい」という形容詞は偶然にも日本語の「ラーメン食べる」の発音に似てます。このように覚えると英単語は脳によく定着します。lamentableです。

 しかし、毎日ラーメンばかりではさすがに飽きるので、日々の食事は知恵で工夫します。明日は誕生日なので夕方は馴染みの小料理屋で過ごします。これなどいい知恵でしょう。

 今後、年を重ねても、何が何でも認知症は防ぎたい。

Dear my friends who like noodle
 Whether I am forced to live alone or live with family, the common routine is to eat three meals. I focus on breakfast, then dinner, and lunch is the easiest meal. However, I tend to eat too much supper.

 Sometimes, my lunch is "a cup noodle with milk". Even cup noodle, it is a considerable amount of BIG, and particularly, the curry taste is delicious beyond description. Therefore, It is not lamentable even if like this lunch.

 By the way, the adjective "lamentable" in English resembles the pronunciation of "eat ramen" in Japanese. If we memorize like this, the English words will settle in our brain.

 However, we get tired of ramen every day, so I devise my daily meals with wisdom. Tomorrow is my birthday, so I will spend the evening at the familiar small tavern. This will be one of the good wisdoms I think.

 Even as I get older, no matter what I have to prevent senile dementia through cultivating creativity.

※For the Japanese people
上の英文をネイティヴの発音で聴くには、英文をドラッグして、コピーし、左サイドの「英文をネイティヴの発音で聴く」に貼り付けてください。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。 

| | コメント (2)

2022年7月14日 (木)

挿し木によって こんなに成長 赤ツツジ

Img_3548Img_2890

【左が今日撮影したもの、右が挿し木にしたとき撮影したもの】・・・拡大してご覧ください。

 元々、亡父が58年前に植えた赤い花のツツジですが、私がそれを1年半前に剪定したとき、落ちた小枝を3本挿し木にしました。

 そしたら、今ではご覧のようにすくすく成長し、根もしっかり生えて独立できました。

 このため、ツツジの系統は苗を買わなくても、多くが挿し木によって増えます。現在、ツツジの他に、気に入ったシャクナゲも挿し木にしてます。

 実は、この小さなツツジが今春にはそれぞれ2~3輪咲いたので驚きました。今後、直植えして10年も経過すれば、きれいで立派なツツジになるでしょう。それまで、私もツツジに負けず、気持ちを若くして過ごしましょう。

Img_3288_20220714080101

【左の赤いツツジが親です。】

 
Dear my friends who love beautiful azalea
 Originally, it was a red flower azalea that my late father planted 58 years ago, but when I pruned it a year and a half ago, I have planted cuttings of three fallen twigs.

 Then, as you can see, they grew quickly, and the roots grew firmly and became independent.

 For this reason, many azalea strains are increased by cuttings without buying seedlings. Currently, in addition to azaleas, I also planted my favorite rhododendron as cuttings.

 Actually, I was surprised that this tiny azaleas bloomed two or three flowers each this spring. In the future, I directly plant them, after 10 years it will become a beautiful and splendid azalea. Until then, I will spend my time younger the same as these azaleas.

※For the Japanese people 上の英文をネイティヴの発音で聴くには、英文をドラッグして、コピーし、左サイドの「英文をネイティヴの発音で聴く」に貼り付けてください。

| | コメント (2)

2022年7月13日 (水)

浴槽から 眺める醍醐味 牛伏山

Img_2774

 今日の午後、ドライブを兼ね、一週間ぶりに吉井ドリームセンターのお風呂に入ってきました。何と、今日も広い浴槽に私ただ一人です。大きな窓から望める牛伏山を眺めつつ、お湯に浸かりました。

 これならオミクロンの心配はなく、また、どれ程か無念であった元総理のことを偲び、健康で生きてることの幸せを噛み締めました。縁起が良く、もうすぐ来る誕生日は大安。

 体調がよいので、ピアニストの直子さんに太刀打ちできるくらい今宵は生ビールを飲もう。

Dear my friends who like draft beer 
 This afternoon, I took a bath at Yoshii Dream Center for the first time in a week as a drive. I am the only one in the large bathtub today. I soaked in hot water while looking at Mt. Ushibuse from a large window.

 In this case, there was no need to worry about Omicron of Covid19, and in memory of the former Prime Minister Abe who was somewhat regrettable, I appreciated the great value of my good health. And upcoming birthday will be good luck named Taian that means happy day.

 Because I am in good physical condition, I will drink draft beer tonight so as to able to compete with pianist Ms. Naoko.

 ※For the Japanese people 上の英文をネイティヴの発音で聴くには、英文をドラッグして、コピーし、左サイドの「英文をネイティヴの発音で聴く」に貼り付けてください。

| | コメント (0)

記憶は楽しい 未然に防ぐ 認知症

Img_3538

【サルスベリの蕾】・・・未だ咲かない。

 私たちがブログやフェイスブックを発信すると瞬時に世界へ届きます。しかし、現実に地球上で日本語を理解できる人は2%のみでしょう。

 学生時代に英語を勉強しても、試験が終わればせっかく覚えた単語はどこかへ消え去りました。つまり、生きるために英語が必要でなかったのです。この点が周囲を他国に囲まれてる環境の人たちと異なるのでしょう。

 日本では英語は学校の科目の一つとして存在したのみです。この点、諸外国では生活の中に、つまり、生きるために英語が必要なのです。この環境が 脳への定着度に大差をつけると考えます。

 ところで、厚労省では「2025年に65才以上の5人に一人が認知症」と推測してます。これは70才以上では4人に一人、80才以上では3人に一人と言えるかもしれません。

 認知症を未然に防ぐ手立ては何でしょう。私の場合は乗り掛かった舟で「生きるために英語が必要」と自らを窮地に追い込み、「単語を覚えるために発信型にして」英作文に主眼を置いてます。忘れては覚え、忘れては覚えの繰り返しです。楽しい茨の道はこれからも続きます。
 
Dear my friends throughout the world 
 When I send a blog or Facebook, it will reach the world simultaneously. However, actually only 2% of people on the planet can understand Japanese.
 
 Even if I studied English when I was a student, after the exam, the English words I learned disappeared somewhere. In other words, we Japanese didn't need English to live. This point may be entirely different from people in an environment surrounded by other nations.
 
 In our state, English only existed as one of the school subjects. In this respect, in other developing countries, English is indispensable in their daily lives so as to live. This environment makes a big difference in the degree of fixation in their brain I guess.
 
 By the way, the Ministry of Health, Labor and Welfare estimates that "one in five people aged 65 and over will suffer from senile dementia in 2025." This may be said to be one in four people over 70 and, one in three people over 80.
 
 Tell me about the means to prevent dementia? In my case, I put myself in a predicament saying "I need English to live" because I have gone too far to go back, and in order to memorize words "I make it a sending type" and focus on English composition. Forget and remember, forget and remember repeatedly. However, the enjoyable thorny road continues in my remaining years.
 
※For the Japanese people 上の英文をネイティヴの発音で聴くには、英文をドラッグして、コピーし、左サイドの「英文をネイティヴの発音で聴く」に貼り付けてください。

| | コメント (0)

2022年7月12日 (火)

床ピカピカ されど精神 磨かれず

Img_3541

  昨日の午後は床磨きに精を出しました。と言っても、せいぜい十分位です。畳の部屋も二間ありますが、廊下を含め木の床が殆どを占めています。モップで拭くだけなので楽です。

 以前はピアノのホームコンサートを開いたり、オカリナの会の練習会場として貸していたので来客がありましたが、最近は殆ど来客がありません。

 このため、つい床磨きをサボリ気味ですが、昨日から心を入れ替え、来客がいつあるかわからないので、常に床をピカピカにすることに決心しました。この気持ちで未来が変わるでしょうか。

 床はワックスで磨きます。ついでに私の創造性も磨きたいところですが、こちらは至難のことで、先ず心の柔軟性を陶冶することが先決でしょう。写真の床を拡大してご覧ください。

Dear my friends who like hygienic circumstance 

  I worked hard to polish the floor in the afternoon yesterday. However, it takes less than 10minutes at the most. There are two tatami mat rooms in my house, but most of the rooms are wooden floors, including the corridors. It's easy because I just wipe it with a mop.

  Previously, there were visitors many times because I held a piano home concert and rend the piano room to the ocarina party as a practice venue, but nowadays few people come.

  For this reason, I tend to skip cleaning the rooms, but from yesterday I changed my mind and decide to make the floor shiny because visitors may appear abruptly without reservation. Will this feeling change my future as well?

  I polish the floor with wax. By the way, I'd like to polish my creativity, but, I think it is indispensable to cultivate flexibility of my mind in the beginning. Please enlarging the floor in the photo.

※上の英文の発音で聴くには、英文をドラッグして、コピーし、左サイドの「英文をネイティヴの発音で聴く」に貼り付けてください。    

| | コメント (2)

2022年7月11日 (月)

大きな蕾が無数・・・未だ不具合なブログです。

Img_3537  

 あちこちでは早くもサルスベリが咲き始めてますが、私の庭のサルスベリには現在やっと無数の蕾が出てきました。私と同じで奥手なのでしょう。今週末の誕生日に開花を合わせてくれそうです。

 このサルスベリは近年、巨樹の様相を呈し、広い日陰を作ってくれます。南アジアなど原産国である南国特有の横に広がる枝ぶりを表現してます。

 もしかして、すでに倉賀野一大きなサルスベリかもしれません。枝から枝まで7~8mほどあり、私の住まいがすっぽり隠れてます。
  
 毎日、決まった作業として根元にたっぷり水を遣り、私とは相互依存にあります。それは光合成して新鮮な酸素をプレゼントしてくれます。花が咲いたら大きな枝の下に竹製のリクライニングを置き、寝てみたいです。果たして夢のような夢が見られるでしょうか。
 
※【日本文と英文に多少の差異がございます。】
   
Dear my friend who likes giant tree
 Crape myrtles have already begun to bloom here and there, but now there are countless buds on the crape myrtle in my garden. Probably the same as me. This crape myrtle seems a late bloomer. It will bloom on this weekend's birthday.
   
 In recent years, this crape myrtle has become the appearance of a giant tree and creates a wide shade. It expresses the branching that spreads horizontally, which is peculiar to the southern country of origin such as South Asia.
   
 Maybe it's already the biggest crape myrtle in Kuragano-town. It's about 7-8m from branch to branch, and my house is completely hidden, as you see in the photo.
   
 Every day, as a routine work, I watered plenty of water at her root, and we are interdependent relationship each other. She photosynthesizes and presents me fresh oxygen. When the flowers bloom, I would like to put a bamboo reclining under wide branches and sleep. Can I really have a marvelous dream which you will appear.
   
※For the Japanese people   
上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
  

| | コメント (0)

ブログの不具合は今日も続いてます。

写真の大きさを調節できません。 文字の大きさを変えられません。 行間の隙間が入りません。 改行ができません。   ※フェイスブックは継続してますので、ブログ回復の後にはそれを掲載いたします。

| | コメント (0)

2022年7月10日 (日)

現在、ブログの発信 不調なり

Img_3540 Img_3539   
【拡大してご覧ください。】

 写真は今朝8時に撮ったハイビスカスとグラジオラスです。自らを見てくださいとばかり、誠に思い切り表現してます。
  
 ハイビスカスの開花はたった1日のみで、萎れると翌日新たな蕾が開花します。グラジオラスは下の方から咲き始め、次第に上が咲くと、じきに下の花が萎み、やはり花の命は短いです。
  
 それにしても、私は退職してから、まるで園芸士のように何故こんなに植物に朝から晩まで夢中なのでしょう。裏返せば、人生に花が咲かないということかもしれませんね。
  
 ところで、お若い皆さんもそうですが、必ず来る高齢期についてです。こんなことを言ってごめんなさい。一線を退いた後、心から打ち込めるものがあると毎日が充実すると思います。
  
 では、せめて世の中に花が咲くよう, これから参院選の投票に行ってきます。
   
Dear my friends who are crazy about something you like
  The picture is a hibiscus and a gladiolus taken by me at 8 o'clock this morning. They are truly blooming so as to express their beauty.
   
  Hibiscus blooms for only one day. When it withers, new buds will bloom next day. The gladiolus begins to bloom from the bottom, then it gradually blooms top, flower soon withers. Any rate, the life of flower is short than our expectation.
  
  Even so, after I retired, why am I so crazy about raising plants from morning till evening like a gardener?
  
  Not change the subject, but though you are still young, this is human's destiny that I'm sorry to say, the old age will definitely come in the remote future for everyone. After leaving your active job, if there is something that you can devote from the bottom of your heart, your every day in the future will be fulfilled and brilliant I guess. However, if I turn it over, it means that my life does not bloom.
  
  From now on, I'm going to vote for the Upper House election so as to bloom Japanese society at least.
  

| | コメント (0)

2022年7月 9日 (土)

The ballot is stronger than the bulletリンカーン

Img_3532
【今朝、上四地区で行われた廃品回収作業】
 
 安倍元総理大臣の暗殺について、もっと絶対的に厳重な警備が敷かれていれば防げた筈です。誠に悔やまれます。
 
 現職総理でないことや、地方遊説であることで、警備体制のどこか甘さや隙があったのではないでしょうか。銃を持った容疑者が要人の至近距離まで歩み寄ることなど厳重な警備体制では考えられいことで、誠に驚きです。
  
 今後、大臣、有力政治家、党首、要人に対する警備の在り方が問われます。加えて、日本を訪れる海外要人の警護にも不安を与えかねません。
 
 一方、テレビ各局は他局に後れを取らないようにと、要人の今後の予定や行先を、うっかり伝えてしまうことがあります。これなど絶対にあってはならないことです。犯人に準備をさせてしまいます。同様にSNSもこの件での書き込みはあってはなりません。
 
 安倍元総理ほどプーチン、習近平、トランプ、バイデン等と深い親交がある人はいませんでした。ご冥福を祈りします。
  
Dear my friends

 The assassination of former Prime Minister Abe could have been prevented if more absolutely strict security had been put in place. I really regret it.
 
 Because he was not the incumbent prime minister and a local speech, there may have been some optimistic and easygoing or unguarded moment in the security system. It is unthinkable for security reasons that a suspect with a gun walks up to a dignitary's very close range. I'm really surprised.
 
 In the future, the security of ministers, influential politicians, party leaders, and VIPs are questioned. And it may give anxiety to the protection of foreign VIPs visiting Japan.
 
 On the other hand, since each TV station keeps up with other stations, it may inadvertently inform the future plans and destinations of VIPs. This should never inform it. Criminal will be able to prepare. Similarly, we shouldn't post this matter on SNS.
 
 No one had as close relationship with Putin, Xi Jinping, Trump, Biden, etc. as former Prime Minister Abe. I pray for his soul.
 
※For the Japanese people
 上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
  

| | コメント (4)

地区作業 ブログの書き込み 11時過ぎ

Img_1089_20220709081001
 
 今日は8時半から、地区の廃品回収の作業があります。公園で業者のトラックに各家庭から出たたくさんの段ボール、新聞紙、空き缶などを積み込む作業を行います。
 
 このためブログの書き込みは遅くなります。
 
Dear my friends
 Today, from 8:30 am, there is work to collect the waste products in the district. In the park, we will load a lot of cardboard, newspapers, empty cans, etc. from each household on the truck of the trader.
For this reason, writing to weblog will be delayed.
 

| | コメント (0)

2022年7月 8日 (金)

これからは ユリの品種に 挑戦です

Img_3526 Img_3527
 
 6月から7月にかけて色彩を充分に楽しませてくれたユリたちも、そろそろ終わりに近づき、力の限り良い香りを玄関前に放っています。最初に咲いた黄色はすでに咲き終わりました。
 
 特に白いユリは香りが強いので、嗅覚の鋭い昆虫を遠方から惹きつけるのでしょう。ご覧のように、雄蕊の粉が花弁についてるので昆虫が来た証です。
 
 一方、赤いユリは八重で豪華です。時々夜中に強い雨が降るので、玄関の前の屋根のあるところに3つの鉢を置いておきます。
 
 多年草のユリは球根ですから、私が何をしなくても毎年この時季に開花します。秋になったら異なる種類も植えたいです。
 
 植物は、私たち人間が生きる上で大切な希望や期待感を持たせてくれます。私も目や鼻の健康に留意し、もっと五感を研ぎ澄ませたいです。
 
Dear my friends who are beautiful like a lily
 The lilies which entertained me with the colors from June to July, are nearing the end and are giving off a powerful scent in front of the entrance. The yellow lily that bloomed first has already ended to bloom.
 
 The white lily has a strong scent still now, so it will attract insects with a sharp sense of smell from a distance. As you can see, the stamen powder is attached to the petals, which is a sign that insects have arrived I guess.
 
 On the other hand, the red lily is double petals so that luxurious. Sometimes it rains heavily in the midnight, so I put three pots under the roof in front of the entrance.
 
 The perennial lily is raised by a bulb, so it blooms every year at this time without any my action. I will plant different types of lily in the next fall.
 
 Generally plants give hopes and expectations for human's living. I will also pay attention to the health of eyes and nose and sharpen my five senses.
  
※For the Japanese people
 上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
   

| | コメント (2)

ふと出会う ネパール女性と 橋の上 

Img_1048_20220708043501
 
 人間の気持ちは環境に支配されやすく、特に私はその傾向が強いようです。
 
 この写真のような人間専用の橋は安全で、ついある程度のスピードで景色を堪能しつつ300m程を一気に渡ります。下の川は烏川です。
 
 先日は、向こうから一人の外国女性が明るいスポーツウエア―でウォーキングしてきたので、つい声を掛けました。
 
 何となく通じると思い、アップカーハンセーアーターハイ【お国はどちらですか。】とヒンディー語で訊きましたら、案の定、通じて、ネパールから来て、現在、倉賀野にいると言われました。その後、やり取りは英語になり、私もカトマンズに行き、雪に覆われたヒマラヤ山脈を見て感銘しましたと伝えました。彼女は喜んでました。
 
 偶然の出会いでも、外国の方との交流は本当に楽しく感じます。
 
Dear my friends who like interacting with foreigners
 Human feelings are easily dominated by the environment, especially for me.
 
 The human-only bridge like this picture is safe in traffic, and I could cross about 300m at a stretch at a certain speed while enjoying the scenery. This pedestrian bridge is over the Karasu River.
 
 The other day, when I walked here, a foreign woman walked from the opposite side with a bright sportwear, so I talked to her.

I thought she could somehow understand Hindi, so when I asked Up kar Hanse Artar Hai that means where are you from? She was told, as expected, that she came from Nepal and is now in Kuragano-town. After that, our language changed into English, and I told her that I was deeply impressed by going to Kathmandu and seeing the snow-covered Himalayas. She was happy to hear that.
 
 Even if we met by chance on the pedestrian bridge, I really enjoyed interacting with foreigners.

※For the Japanese people
 上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

| | コメント (0)

2022年7月 7日 (木)

今年の七夕は 天文的に 8月4日

Summertriangle04 Images-1_20220707073501
【夏の大三角と7日目の月】 
 
 太陽暦で7月7日である今日は天文的に七夕ではありません。明治5年まで続いた太陽太陰暦【旧暦】で7月7日が正しい七夕です。このため、天文学的に正しい今年の七夕は8月4日の夕方です。
 
 七夕の七の意味は「月の満ち欠けが七日目」ということです。この日の月の形は小舟のようになります。今宵の月の満ち欠けは9日目でお腹が少し膨らんで、小舟の形ではありません。
 
 現実に、今宵の織姫星【琴座のベガ】と彦星【わし座のアルタイル】は東の空に低くあり、晴れても見難いです。毎年殆ど梅雨の最中で見えません。
 
 8月4日になれば、織姫星と彦星は見やすい南南東の位置になり、西南の空には7日目の月が二人が乗って天の川を渡る小舟の形になります。
 
 昔から、七夕の日は先勝と決まってます。今年の8月4日はもちろん先勝です。恋は先勝なのでしょう。
 
 それにしても、太陽暦が採用されて以来、今年で149年になるのに、何故、東京や仙台などでは未だに天文的に意味のない太陽暦の7月7日を七夕にしてるのでしょうか。
 
Dear my friends who are crazy about Vega Festival
 Today, July 7th of the solar calendar, is not astronomically Tanabata Vega festival. July 7 is the correct Tanabata Vega festival in the solar lunar calendar that lasted until the 5th year of the Meiji era 1873. For this reason, this year's astronomically correct Tanabata is the evening of August 4.
 
 The meaning of the seven of Tanabata is that the phase of the moon are the seventh. The shape of the moon on this day will be like a small boat. The phase of the moon tonight is 9th, and the moon' stomach is a little bloated, not in the shape of a small boat.
  
 In reality, tonight's Orihime star [Vega in Lyra] and Hikoboshi [Altair in Aquila] are low in the eastern sky, and it is hard to see even if it is sunny. We earthling can hardly see it in the rainy season almost every year.
  
 The evening on August 4, Orihime-boshi and Hiko-boshi will be in an easy-to-see south-southeast direction, and the moon on the 7th will be in the shape of a small boat crossing the Milky Way in the southwestern sky.
  
 Since ancient times, it has been decided that the day of Tanabata Vega festival will be the Sensho first victory. Of course, August 4th of this year is Sensho the first win. Love needs probably the first win. Or first come, first served in case of love.
   
 Even so, the solar calendar has been adopted during 149 years, so why is July 7th of the solar calendar which is astronomically meaningless, set to Tanabata in Tokyo and the city of Sendai still now? 
  
※For the Japanese people
上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

| | コメント (0)

2022年7月 6日 (水)

日頃から 宇宙に浮いてる 感覚持とう

Img_3522
 
 7月2日正午から今年2022年の後半に入りましたが、日の出時刻は夏至よりすでに6分遅くなってます。
 
 北半球では暑い暑いと言ってるうちに地球は公転軌道上を反時計回りにどんどん移動し、今までの「いて座」の方向を離れ、次第に「やぎ座」の方向へと秒速約29㎞の速度で、この瞬間も進んでいます。
 
 ところで、今の季節の晴れてる早朝3時半には、東の空に左から金星、火星、木星、土星が並んでるので、同じ惑星の地球人としてしっかり眺めてほしいと思います。土星はほぼ南になります。
 
 私たちは生まれた時から宇宙空間に浮いており、公転してる地球に乗ってる感覚を平素から研ぎ澄ませたいものです。
 
Dear my earthlings
 We earthlings have entered the second half of 2022 since noon on July 2nd, as the result, the sunrise time is already 6 minutes later than the summer solstice in Northern hemisphere.
 
 While we say hot and hot in the Northern Hemisphere, the earth moves steadily counterclockwise in the orbit, leaving the direction of "Sagittarius" and gradually moving toward "Capricorn" at a speed of about 29 km / s. And at this moment we are proceeding.
 
 Not change the subject, at 3:30 in the early morning if it is sunny, we earthlings can see Venus, Mars, Jupiter, and Saturn lined up in the eastern sky from the left, so I recommend you earthlings to look them as the same planet. Saturn is almost south.
 
 Since birth, we are floating in the infinitely spacious space, so that we should sharpen the feeling of riding on the revolving earth.
 
※For the Japanese people
上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

| | コメント (0)

いつまでも 錆びない心は 家事と旅

Img_3520
 
 私の上四地区でも一人暮らしが現在50人もいます。これは仕方ないことですが、現実に一人で生き、家の中で会話する人がいないと「精神が錆びつきやすくなる」傾向でしょう。
 
 しかし、核家族化の日本では、実は誰でもこのような状態に近づいてると言えます。
 
 それを象徴するかように、以前は田んぼであった近くの広い土地に、最近、数十棟の新築家屋が建ち、入居が始まってます。
 
 一方、ウォーキングであちこち回ると、空き家の数が年々増え、中には荒れ放題の家もあります。新築家屋と空き家は相関関係にあります。
 
 しかし、現在の新築家屋も30~40年が経過し、ローンを払い終わる頃には、子供の独立などで家族構成が変化し、多くは空き家になる可能性を秘めてるのではないでしょうか。高い買い物をしても、結局は、ただでそれを手放すのです。
 
 ところで、一人になっても、友が減っても、「精神を錆びつかせない方法」について私の考えは、人に頼らず、家事は何でもする気構えが大切で、もう一つは、一人旅が有効ではないかと考えるようになりました。これにより見聞が広がり、知恵を働かせるからです。
 
 昔は「旅は道連れ世は情け、と言いましたが、状況が変われば、実態に即した生き方が必要でしょう。
  
Dear my friends who like chatting
 There are currently 50 people living alone in my district named Kami-four. This is unavoidable, but if we actually live alone and haven't a conversation at home, it seems that our spirit will easily rust.
 
 However, in Japan, which has become a nuclear family, it can be said that anyone is actually approaching such a situation.
 
 As a symbol of that, dozens of new houses have recently built on a large land near the rice fields, and moving in has begun.
 
 On the other hand, if I walk around, the number of vacant houses increase year by year, and some of them are utterly neglected and overgrown. There is a correlation between new houses and vacant houses.
 
 However, when the current new house will be passed 30 to 40 years and the loan is paid by the time, the family structure will change, and many houses may become vacant I guess. Make expensive purchase and as the result, part with it.
 
 Not change the subject, but for the "Method of not rusting the spirit" it is important for us not to rely on people even if we are alone, or friends decreased, it is indispensable to prepare ourselves to do anything at home, and I think that traveling alone is effective. This is because the insights are broadened and wisdom is used.
    
 In the old days, it was said that "travel is with companion, but in life, kindness". If the situation changes, it is necessary to live in a way based on the actual situation.
    
※For the Japanese people
上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
  

| | コメント (0)

2022年7月 5日 (火)

「長寿会お知らせ版」に掲載される・・・感謝です。

Img_3517 Img_3518
【写真をクリックし、拡大してご覧ください。】
  
 この度、高崎市倉賀野町上四地区の「長寿会お知らせ版」第12号が発行されましたところ、カッキーズブログよりと題して、私が書いた「尺八の演奏に暫し時間を忘れ」の文章が記事として掲載されました。
  
 このため、取り上げてくださった編集者に心より感謝するとともに、上四地区の多くの高齢者の皆様に拙い文章をお読みいただき嬉しく思います。
 
 私は平素から、自ら感じたこと、考えたことを文章にし、ブログを通じてほぼ毎日発信してます。内容は日常の小さい出来事などを題材とし、観察力を大切にし、延いてはその中から「人間の喜び、生きる喜びとは何か」という壮大な目的を追い求めてます。
 
 人生の第4コーナーに差し掛かり、すでに17年間の孤軍奮闘ですが、これからもインターネットを媒介にして世界へ発信するため、常に自らに「発想力」陶冶という課題を与え、更に日本語が理解できる人は地球上で2%のみであることから、相互理解を目指し、英作文という課題を自らに与えてます。
 
Dear my friends as earthling
 This time, the 12th issue of "Longevity Association News Edition" in the Kami-four district of Kuragano-town in Gumma prefecture was published, and my weblog's sentence about" Forget the time for playing the shakuhachi". The shakuhachi means a Japanese traditional musical instrument. So the title of the Cucky's blog about this was published as an article of this edition.
  
 For this reason, I would like to express my sincere gratitude to the editor Mr. Kumagai who picked it up, and I am grateful to many elderly people in the Kami-four district for reading the poor text.
  
 I always write down what I felt and thought about the occurrences in daily life such as an unforgettable events, and send it out almost every day through my blog. The content is based on small daily happenings. I am valuing observing ability. Furthermore pursuing the grand purpose of "what is the joy of human beings and the joy of living".
   
  I am already in the 4th corner o the life, and I've been fighting in a lonely life for 17 years. In order to continue to send blogs to the world via the Internet, I always give myself the task of cultvating "Creativity". Since it is only 2% people on the earth who can understand the Japanese language, I am giving myself the task of equivalence to English composition for mutual understanding.
  
※For the Japanese people
上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
  

| | コメント (2)

2022年7月 4日 (月)

スマートホン 何か狂うと 盲点あり

Img_3512
 
 約60時間の長きに亘り、不通でしたが、やっとのことで、KDDI、つまりAUの電話が通じるようになりました。
 
 現代の生活は何か一歩狂うと盲点があります。
 
  It had been out of service for about 60 hours, but finally, KDDI that is AU was able to make a call.
 
  It is very convenient in modern life, but if it is out of order, we tends to have a blind spot.

| | コメント (0)

大切な 水分補給 忘れずに

Img_3516
  
 写真の花は玄関前のハイビスカスです。直径が大きく12cmほどです。大きな花は色彩とともに目立ちます。蕾がたくさんあり、これからも楽しめます。
  
 ところで、AUのスマホについて、ラインは使えますが、すでに50時間以上に亘り、電話が使えません。普通電話が近くに無い場合や、周囲に人がいない場合では緊急事態に困ります。
  
 一方、東シナ海にある台風4号の接近により、今日は今までより涼しいと予想できますが、引き続き、水分補給が大切です。
  
 というのは、今までたくさん汗を掻いたことで、体内の水分が不足していると考えられます。暑く感じなくても時々、水分を摂り、身体内部を労わりましょう。
  
【英文は、これからラジオ体操に行くのでその後になります。】English composition will be expressed after the radio gymnastics held in nearby park.
 
Dear my friends throughout the world
 The flower in the photo is a hibiscus in front of the entrance. The diameter is about 12 cm large. Large flower stands out with color. There are so many buds that I and you can enjoy the blossom from now on.
 
 By the way, as for the AU smartphones, the line can be used, but the telephone cannot be used for more than 50 hours already. If we don't have a regular phone nearby, or if there are no people around us, some people will be in trouble in an emergency.
 
 On the other hand, due to the approach of typhoon No. 4 in the East China Sea, it can be expected to be cooler today that usual, but rehydration is still indispensable.
 
 It is thought that the water in our body is insufficient because we have sweated a lot until now. Even if we don't feel hot, we should drink water from time to time and take good care of inside our body.
  
※For the Japanese people
上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
   

| | コメント (2)

2022年7月 3日 (日)

レギュラーが 今のご時世 159円

Img_1147_20220703155001
 
  今日はガソリンが余りにも安い所を見つけて驚きました。写真のTTはハイオクですが、それでも169円です。レギュラーは159円です。いずれも現金価格です。今の時世でこんな安いガソリン価格の給油所はないでしょう。もちろんセルフです。
 
 内緒で場所をお教えします。高崎の枝垂れ桜で有名な慈眼寺の東です。または、北関東道と関越自動車道のジャンクションの南です。群馬の森の北1.5Kほどの所です。
 
Dear my friends who are crazy about driving in fantastic Gumma
 Today, I was surprised to find a place where gasoline is too cheap. My TT in the photo needs high-octane, but it is still 169 yen. Regular is 159 yen. Both are cash prices. There is no such cheap gasoline refueling station in the present age. Of course it is self.
 
 I will tell you the location in secret. It is east of Jigenji Temple which is famous for weeping cherry blossoms in Takasaki. Or, south of the junction between the North Kanto Road and the Kanetsu Expressway. Or It is about 1.5km north of Gumma Forest.
 

| | コメント (0)

食料と 飲料水の 確保です。 

P1010459
 
 それぞれの植物は自らが最も活躍できる時期を知ってるので驚きます。夏至を過ぎて咲く紫君子蘭は瑞々しい色で自らを最高に表現しています。
 
 紫君子蘭は別名アガパンサスとも呼ばれ、南アフリカを原産地とする多年草です。 このため、「アフリカンリリー」とも呼ばれ、私の好きな多年草ですから、何も手を加えなくても芽が出て花が咲き、庭に初夏の訪れを教えてくれます。
 
 ところで、今日は地区の防災会議が私の家の前の集会所で開かれ、役員の私も参加します。
 
 令和元年の千曲川堤防決壊のように「天災は忘れたころにやって来る。」を肝に銘じ、平素から、「数日分の食料と飲料水の確保」が命をつなぎます。また、ガスが来なくても煮炊きできる「かまど」とマッチの保管です。
 
 今日も熱中症対策に時々水を飲みましょう。
 
Dear earthlings who are weak against natural disaster
 I am surprised that each plant knows when they can be most active. Purple lily which blooms after the summer solstice, expresses herself best with its fresh color. 
 
 As you know, the purple lily, also known as agapanthus, is a perennial plant originating in South Africa. For this reason, she is also called "African Lily" and one of my favorite perennial plant, so she sprouts and blooms without any artificial modification, and she tells me that early summer is coming in the garden.
 
 By the way, the district disaster prevention meeting will be held today at the meeting place in front of my house, and I will participate as an officer.
 
 Like the collapse of the Chikuma River embankment occurred at Reiwa 1st in Nagano prefecture, we have to keep in mind that "natural disasters will come when we forget". It is indispensable for us that "securing food and drinking water for several days" will lead to our life. In addition, it is a storage of matches with "Kamado" that means the kitchen stove that can be boiled without the arrival of gas.
 
 Let's drink water from time to time as a measure against heat stroke today as well.
 
上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

| | コメント (0)

できるかな 植木に水を 人に愛

Img_3359_20220703035201
 
 余りにも暑いので、口がきけない植物に水をサービスしてます。井戸水なので無尽蔵です。葉の上から水を与えると誠に生き生きしてきます。
 
 昨夜は高崎に飲みに行ったので、今日は静かに家で生ビールです。
 
 ところで、昨日の正午に2020年のちょうど半分が過ぎたので、今の時間はすでに今年の後半になりました。しかし、本格的な暑さは未だこれから続きます。
 
 食事は減塩に心掛け、味を薄めにして心臓に負荷を掛けないようにします。Hunger is the best sauce.を実践し、運動とは筋肉をつけることと同義語に考えます。
 
Dear my friends who like nature and draft beer
 It was so hot that I served water to the dumb plants. It is inexhaustible because it is well water. If giving water from the top of the leaves, it will come alive.
 
 Last night I went to Takasaki for a drink, so tonight I will quietly drink draft beer at home with thinking of you.
 
 By the way, just half of 2020 has passed at noon yesterday, so this time is already in the second half of this year. However, the full-scale heat is still going on.
 
 Not change the subject, but when eating, I try to reduce salt and dilute the taste so as not to put a load on my heart. I practice "Hunger is the best sauce". And I am of the opinion that exercise is synonymous with building muscle.
 
※For the Japanese people
上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

| | コメント (0)

2022年7月 2日 (土)

人間は 自己表現こそ 目的に 

Img_3501
【クリックし拡大して、ご覧ください。】
 
 庭の築山では、グラジオラスが今を盛りに、きれいな色で自己表現しています。人間も自己表現するために生まれてきたのでしょう。
 
 グラジオラスのすぐ後ろは築山の頂上で、水が溜まるようにしてあり、水分不足はありません。
 
 植物同様に、人間も生物なので、喉が渇く前に時々水分補給しましょう。身体が酸性化しやすいので、最近の私はPH9の弱アルカリ性の水を常飲してます。
 
 今年の夏は誠に暑くても、塩分を取り過ぎないよう注意したり、また、Tシャツなど薄着で寝ないようにしましょう。皆さん、知恵を絞って厳しい自然に対処しましょう。
 
Dear my friends who hope longevity
 In the garden's artificial hills named Tsukiyama in our tongue, gladioli are now in full blossom expressing themselves in beautiful colors. Humans may have been born so as to express themselves.
 
 Just behind the gladioli is the summit of an artificial hill where water collects, so there is no lack of water for plants I guess.
 
 Like plants, we humans are living things, so it is indispensable to rehydrate from time to time before we feel thirsty. Since my body is easily acidified, these days. I have been drinking weak alkaline water of PH9 all the time.
 
 It is really hot this summer, be careful not to take too much salt, and do not sleep in light clothes such as T-shirts. Everyone, let's focus our wisdom on dealing with the harsh nature.
  

| | コメント (2)

今日正午 今年の真ん中 瞬間的 

Img_3509
 
 今日、7月2日の正午は2022年のちょうど真ん中です。1月から6月までの日数は31+28+31+30+31+30=181日です。
 
 一年は365日ですから、その半分は182.5日です。つまり、後1.5日ですから7月2日の正午になります。
 
 一方、1月1日午前0時に最も明るい恒星シリウスは真南に来ています。そして、7月2日の正午にもシリウスは真南に来ています。このため、今日7月2日の正午が今年の真ん中の瞬間です。
 
Dear my friends who are interested in revolution of the earth
 Today's noon on July 2nd is in the middle of 2022. The number of days from January to June are 31 + 28 + 31 + 30 + 31 + 30 = 181 days.
 
 There are 365 days in a year, so half of them are 182.5 days. In other words, it will be noon on July 2nd because it is 1.5 days surplus.
 
 On the other hand, the brightest star Sirius is coming to the due south at 0 hours on January 1st. And Sirius is coming to the due south at noon on July 2nd. For this reason, noon on July 2nd today is the middle moment of this year 2022.
 
※For the Japanese people
上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
  

| | コメント (2)

2022年7月 1日 (金)

暑いので 今宵はバクで 生ビール

Photo_20220701153601

 車の点検が済み、気持ちの上で一段落しました。猛暑を少しでも和らげるため今宵はバクで過ごします。一人暮らしなのでお許しください。

  今宵は生ビールで7月の健康と生活の充実を祈念します。

 The car has been inspected and I have settled down in heart. I will spend tonight in "Baku" to alleviate the heat wave. Please forgive me because I live alone.

  Tonight, I pray for the health and fulfillment of my life in July with draft beer.

| | コメント (0)

走行距離 未だ8千キロ台 調子これから

Img_2065_20220701144301
 
 本日、1時間30分で12ヶ月点検ができました。主な交換部品はエンジンオイル、オイルフィルター、ワイパーで、内心気になってたバッテリーは未だ75%もあり、全く問題なしとのことです。新車時でも100%でなく、85%程とのことです。
 
 その他の点検箇所はエアークリーナー、タイヤ、ブレーキパットなど多くの箇所が次回の点検まで安心とのことです。
 
 帰路は高前バイパス経由でしたが、何となく車が軽く動く感じになり、調子が良くなったと実感できました。
 
 今度は私自身の健康チェックで、涼しい榛名湖一周6Kを今月に実施する予定です。帰路では、伊香保温泉に入ろう。
 
Dear my friends who are crazy about spa
 
 Today, my car was able to inspect for 12 month in 1 hour and 30 minutes. The main replacement parts are engine oil, oil filter, and wipers, and the battery that I was worrying about is still 75%, so there is no problem at all. Even when it is a new car, it is about 85%, not 100%.
 
 For other parts inspection, many parts such as air cleaners, tires, brake pads, etc. are safe until the next inspection.
 
 The return trip was via the Takamae Bypass, but somehow, I felt car's moving lightly and better than so far.
 
 Next time, my own health check needs, therefore I will carry out to walk 6K around a cool Lake Haruna this month. On the way back, of course, I'll bathe at the famous Ikaho Spa.
 
※For the Japanese people
上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

| | コメント (0)

走行中 運転のみに 専念する

Img_1254
  
 今日、7月1日は12ヶ月点検で、購入以来、早いもので1年11ヶ月経過しました。嬉しいことに未だ点検費用は無料です。
 
 現役時代の「いすゞ117クーペ」と異なり、仕事で乗らないことから走行距離が少なく、未だ9000㎞ほどです。これからは旅を趣味として、群馬県外に出かけたい希望があります。その点、群馬県は日本の中央に位置し、しかも、高速道が4本走っているので便利です。
 
 ところで、信号機のない横断歩道の前には「菱形のマーク」があると先日書きましたが、走行中「対向車線が渋滞してる場合」、その途中に横断歩道があることがあります。この場合は本当に要注意です。
 
 対向車の間の隠れて見えない所から子供が飛び出すことがあります。普段、子供は「横断歩道を渡りなさい。」と教えられてるからです。「菱形のマーク」があったら停止できる速度に減速しましょう。
 
Dear my friend who likes driving
 Today, July 1st is a 12-month inspection of my blue car. One year and 11 months have passed since the purchase. I am pleased that the inspection fee is still free.
 
 Unlike the "Isuzu 117 Coupe" in my active era, the mileage is short because it is not used for work, and it is still about 9000 km. From now on, I have my own dream to go out of Gumma prefecture as a hobby. In that respect, Gumma Prefecture is located in the center of Japan, moreover it is convenient because there are four highways running.
 
 By the way, I wrote the other day that there is a "diamond mark".
" in front of a pedestrian crossing without a traffic light. "When the opposing lane is congested", there may be a pedestrian crossing on the way. Be really careful in this case.
 
 Children may jump out from hidden invisible places between opposing vehicles, because children are taught "Cross the pedestrian crossing." Be sure to slow down so as to be able to stop when you notice a "diamond mark".
 
※For the Japanese people
上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

| | コメント (0)

« 2022年6月 | トップページ | 2022年8月 »