« 手術後の 経過観察 受診する | トップページ | 巨樹として 年々威厳を 醸し出す »

2022年7月21日 (木)

赤い布 日中友好 シンボルに

Img_3551

 以前は、日本人なら畳での生活が当たり前と考えられ、10年前まではお客様が来訪するとこの部屋に案内し、私もここで対応してました。

 しかし、日々、椅子での現代生活に慣れた私はもう正座はもちろん、胡坐をかくことはなく、先ず、できないでしょう。

 隣の畳の部屋には掘り炬燵があり、足が延ばせるので冬はよく使います。しかし、この部屋は殆ど使わないのでもったいないです。

 ところで大きなテーブルに敷いてある赤い布について、以前に飼育してたレース鳩の一羽が迷って内モンゴルまで飛んで行ってしまったことがあり、現地からの手紙でそれが分かり、私は一人でその鳩に会いに行ったことがあります。

 北京から内モンゴルまでは急行列車で11時間ほどかかり、途中、列車は万里の長城の下のトンネルを幾度もくぐりました。

 帰路に、再度、北京に立ち寄り、このテーブルクロスをお土産に購入しました。色鮮やかで中国の絵が描いてあります。ところで、内モンゴルでは、私の家で生まれた鳩に再会し、感銘して涙が出ました。

Dear my friends who like international goodwill
 In the past, Japanese people usually think of living on tatami mats, and until 10 years ago, when customers visited me, I guided them to this room, and I also responded here.
 
 However, as I am accustomed to sit on a chair every day as modern life, I can't sit on the tatami mat including cross-legged as well.
 
 There is a digging kotatsu which means foot warmer in the tatami room next door, I often use it in winter because I can stretch my legs. However, it's a waste because I rarely use this room in the photo.
 
 Not change the subject, but as for the red cloth laid on the big table, actually, one of the racing pigeons I had raised in my loft strayed into Inner Mongolia. I found out from the letter from the site, then I have been to see the pigeon alone.
 
 It took about 11 hours by express train from Beijing to Inner Mongolia, and on the way, the train passed through the tunnel under the Great Wall of China many times.
 
 On the way back, I stopped by Beijing again and bought this tablecloth as a souvenir. Colorful and Chinese paintings are drawn. By the way, in Inner Mongolia, I was impressed to see the pigeon born in my loft, and I cried.
 
※For the Japanese people   上の英文をネイティヴの発音で聴くには、英文をドラッグして、コピーし、左サイドの「英文をネイティヴの発音で聴く」に貼り付けてください。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。

|

« 手術後の 経過観察 受診する | トップページ | 巨樹として 年々威厳を 醸し出す »

国際交流」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 手術後の 経過観察 受診する | トップページ | 巨樹として 年々威厳を 醸し出す »