« 久しぶり 榛名湖一周 ウォーキング | トップページ | びっくり草 突如芽が出て 花が咲く »

2022年7月30日 (土)

本来の 七夕の日は 今年は8月4日

Img_3590

 もうすぐ本来の七夕の日が近づいてます。その日は明治5年まで使われてた旧暦(太陰太陽暦)の7月7日で、現代の暦で今年は8月4日の夕方です。

 七夕の「七」の意味は月の満ち欠けが七日目ということであり、この月が午後九時頃、西南の空へ移動すると小舟の形になるからです。

 天候も回復し、午後10時には七夕の星を含む「夏の大三角」がすでに日本列島の南東から頭上へ来てます。

 因みに白鳥座のデネブは稚内市の真上を通過し、こと座のベガ【織姫星】は秋田市の真上を通過し、わし座のアルタイル【彦星】はフィリピン上空を通過します。

 もうすぐ来る8月4日は織姫星と彦星が月の小舟に乗って天の川で出会います。

Dear my friends who are interested in Vega festival
 The original Tanabata day that means Vega festival is approaching soon. That day is July 7 in the Lunisolar calendar that was used until the 5th year of the Meiji era that is 1872 in Japan, and this year is the evening of August 4 in the solar calendar.

  The meaning of "seven" in Tanabata is that the phases of the moon are the seventh day, and when this month moves to the southwestern sky around 9 pm, it becomes the shape of a small boat.

  Recently, the weather has recovered, and at 10 pm, the "Summer Triangle" including the stars of Vega festival has already come overhead from the southeast of the Japanese archipelago.

  By the way, Deneb in Cygnus passes directly above Wakkanai City, Vega [Orihimeboshi] in Lyra passes directly above Akita City, and Altair [Hikoboshi] in Aquila passes over the Philippines.

  On August 4th, which is coming soon, Orihimeboshi and Hikoboshi will meet in the Milky Way on a small boat on the moon of the phase 7th.
 
※For the Japanese people上の英文をネイティヴの発音で聴くには、英文をドラッグして、コピーし、左サイドの「英文をネイティヴの発音で聴く」に貼り付けてください。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。

 

|

« 久しぶり 榛名湖一周 ウォーキング | トップページ | びっくり草 突如芽が出て 花が咲く »

七夕」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶり 榛名湖一周 ウォーキング | トップページ | びっくり草 突如芽が出て 花が咲く »