« 床ピカピカ されど精神 磨かれず | トップページ | 浴槽から 眺める醍醐味 牛伏山 »

2022年7月13日 (水)

記憶は楽しい 未然に防ぐ 認知症

Img_3538

【サルスベリの蕾】・・・未だ咲かない。

 私たちがブログやフェイスブックを発信すると瞬時に世界へ届きます。しかし、現実に地球上で日本語を理解できる人は2%のみでしょう。

 学生時代に英語を勉強しても、試験が終わればせっかく覚えた単語はどこかへ消え去りました。つまり、生きるために英語が必要でなかったのです。この点が周囲を他国に囲まれてる環境の人たちと異なるのでしょう。

 日本では英語は学校の科目の一つとして存在したのみです。この点、諸外国では生活の中に、つまり、生きるために英語が必要なのです。この環境が 脳への定着度に大差をつけると考えます。

 ところで、厚労省では「2025年に65才以上の5人に一人が認知症」と推測してます。これは70才以上では4人に一人、80才以上では3人に一人と言えるかもしれません。

 認知症を未然に防ぐ手立ては何でしょう。私の場合は乗り掛かった舟で「生きるために英語が必要」と自らを窮地に追い込み、「単語を覚えるために発信型にして」英作文に主眼を置いてます。忘れては覚え、忘れては覚えの繰り返しです。楽しい茨の道はこれからも続きます。
 
Dear my friends throughout the world 
 When I send a blog or Facebook, it will reach the world simultaneously. However, actually only 2% of people on the planet can understand Japanese.
 
 Even if I studied English when I was a student, after the exam, the English words I learned disappeared somewhere. In other words, we Japanese didn't need English to live. This point may be entirely different from people in an environment surrounded by other nations.
 
 In our state, English only existed as one of the school subjects. In this respect, in other developing countries, English is indispensable in their daily lives so as to live. This environment makes a big difference in the degree of fixation in their brain I guess.
 
 By the way, the Ministry of Health, Labor and Welfare estimates that "one in five people aged 65 and over will suffer from senile dementia in 2025." This may be said to be one in four people over 70 and, one in three people over 80.
 
 Tell me about the means to prevent dementia? In my case, I put myself in a predicament saying "I need English to live" because I have gone too far to go back, and in order to memorize words "I make it a sending type" and focus on English composition. Forget and remember, forget and remember repeatedly. However, the enjoyable thorny road continues in my remaining years.
 
※For the Japanese people 上の英文をネイティヴの発音で聴くには、英文をドラッグして、コピーし、左サイドの「英文をネイティヴの発音で聴く」に貼り付けてください。

|

« 床ピカピカ されど精神 磨かれず | トップページ | 浴槽から 眺める醍醐味 牛伏山 »

anti-senile dementia」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 床ピカピカ されど精神 磨かれず | トップページ | 浴槽から 眺める醍醐味 牛伏山 »