« いつ見ても 何故開いてるか 不思議な穴 | トップページ | 年重ねても 筋肉を 落とさない »

2022年8月10日 (水)

レース鳩 思い出たくさん 感謝する

P1020028
   
 小学4年から近年まで半世紀以上に亘り飼育していたレース鳩との生活は毎日の餌遣りと舎外訓練で充実してました。
 
 ご存じの通り、広島原爆の日と長崎原爆の日には市長による平和宣言後、たくさんのレース鳩が放され、平和のシンボルとして活躍しました。鳩は嘴も爪も鋭くないことから決して他の動物を襲いません。つまり武器を持っていない鳥です。
 
 特に楽しかった思い出は、私の家で生まれた鳩が中国北西部の内モンゴルまで飛んでしまい、連絡を受けた私は中国語会話をにわかに勉強し、一人でその鳩に会いに行ったことです。北京駅から急行列車で万里の長城の下をくぐり、10時間ほどかかりました。
 
 そして鳩に会え、私がいつもの口笛を吹いたら懐かしそうな顔をして私の顔をじっと目つめていました。この鳩の名は「日中友好号」で、中国の新聞でも紹介されました。
 
 また、英語の勉強を兼ね、イギリスが発行してるレース鳩月刊誌「ピクトリアル」を購読していたところ、表紙を3回飾ったことで誠に嬉しかったです。日本人では私一人です。
 
 一方、高校のマラソン大会では開会式の選手宣誓後に一斉に鳩を飛ばしたことが数回あり、大きな歓声が上がりました。
 
 中でも、涙が出たことが一度あり、それは写真の鳩が日本の最北地「稚内」からの1000K鳩レースで私の住む群馬倉賀野まで帰還し入賞したことです。この鳩の名は「稚内モザイク号」です。
  
 今日・8月10日は鳩の日です。
  
Dear my friends who pray eternal peace
 Since the 4th grade of elementary school to recent years, I have been raising racing pigeons for more than half a century, and my life was fulfilling with daily feeding and outdoor training.
 
 As you know on TV, on Hiroshima Atomic Bomb Day and Nagasaki Atomic Bomb Day, after the peace declaration by the mayor, many racing pigeons were released at the ceremony and played an active role as a symbol of peace. Pigeons never attack other animals because they do not have sharp beaks or claws. De facto, pigeon does not have weapons.
 
 One particularly fun memory was when a pigeon that was born in my home flew and strayed into Inner Mongolia in the northwestern part of China. When I received a letter from pigeon fancier there, I suddenly learned Chinese conversation and went to see my pigeon by myself. It took about 10 hours to go under the Great Wall by express train from Beijing Railway Station.
 
 And then I met the pigeon who stared at me with a nostalgic look when I blew my usual whistle. The name of this pigeon is "Japan-China Friendship Pigeon". She was also introduced in Chinese newspapers.
 
 Also, in order to study English, I was subscribed to "Pictorial", a monthly magazine about racing pigeons published by the United Kingdom, and I was very happy to be on the cover three times. I am the only Japanese.
 
 On the other hand, at the high school marathon competition, there were several times when pigeons were released all at once after the athletes take the oath at the opening ceremony, and there was a big cheer.
 
 Above all, there was one time when I cried, and that was when the pigeons in the photo returned to Kuragano, Gumma prefecture in a pigeon race from "Wakkanai" where is the northernmost place of Japan. The dis tance is 1000 km. She won a prize. The name of this pigeon is "Wakkanai Mosaic".
 
 "Today, August 10th is Pigeon Day."
  
※For the Japanese people   
上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
  

|

« いつ見ても 何故開いてるか 不思議な穴 | トップページ | 年重ねても 筋肉を 落とさない »

人間の喜びとは」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いつ見ても 何故開いてるか 不思議な穴 | トップページ | 年重ねても 筋肉を 落とさない »