« 人も車も 足元を磨くと 引き締まる  | トップページ | 今後とも 抗酸化作用を 優先する »

2022年9月18日 (日)

カシミール お土産は 木彫りです


Img_3727
  
Dear my friends abroad
 It is impossible for my ability of the universal language to interpret simultaneously for you due to too long sentences. The contents are about souvenirs from my staying in India as a teacher of Japanese school in Calcutta-city in my adolescence.
  
 インドのお土産を磨いているうちに、10年ほど前に書いたブログを読み返してみました。
 ・・・・・・
 
  最初の就職はインドのカルカッタ日本人学校です。滞在中は毎日が驚きの連続で刺激があり、私の青春そのものでした。初めてもらう給料は英国のポンドで生活費はインドルピーに両替しました。為替の関係で毎月給料が上下しました。
   
 次第にルピーの紙幣に慣れ、おもしろいことに1ルピーが100パイサです。昔、日本にもあった1円以下の銭に似てます。カルカッタは大きな都会で店もたくさんあり、時にはお土産を購入し、日本の両親あて船便で送ったものです。それらは現在、インドの間に飾ってあり、青春の思い出になってます。
  
 全部で14頭の象は木彫りで女性店員が「大きさの異なるものを並べて飾ると見応えがありますよ」と勧めてくれました。これは本当に良い記念になり、彼女に勧められて感謝してます。今では貴重なものと言えます。日本では動物園にいる象も、インドでは普通の道にいることもあり、物を運んだり仕事をしていました。
  
 私たちはインド人という言葉を使いますが、現地では州が異なると服装、言葉、顔立ちがことなり、それはヨーロッパ全土に匹敵するほどの面積なので当然でしょう。私たちはヨーロッパ人とはあまり言わず、フランス人、ドイツ人、イタリア人というので、インドをまとめてインド人言うのは本来、無理があると思います。州によって言葉は文字も違います。紙幣は表が英語で書かれ、裏はヒンズー語や、ウルドー語に近いものもあり、数種類の言葉で書かれてます。
  
Img_3728
    
 上の人形は各州の代表的な衣装の姿です。頭の上にものを乗せてる人形がいくつかあります。すべての男性がターバンではありません。女性はほとんどがサリーとズボンとサリーを纏ったパンジャビスタイルです。これはインド北部のカシュミール地方の木彫りで、ナイフとフォークのセットです。鞘にきれいな紋様が彫ってあります。実用として一度も使ってません。インドの間でパーティーでもあったら使います。
  
 これもカシュミール地方の木彫りでビールのジョッキーです。これもまだ実用として使ってないので、そのうち、お祝いでもあったら飲んでみようと思います。カシュミールはシルクロードより南に位置します。これも木彫りの電気スタンドで、夜、ピアノを弾くとき使うことがあります。それにしても船便でよく届いたものです。因みに左の椅子もインド製で竹を編んで作ってあります。中間部が細くてよくできてます。
   
 最近、インドの間が充実してきました。他の部屋にあったインドの物も一堂に集めています。下のようなエキゾチックな器でワインをいただくパーティーをいつか開けるでしょうか。いつも、一人では眺めてるだけです。やはり、人は一人で生きられないことが最近分かってきました。はやく、乾杯したいものです。
    
 ところで、今までにインドの方は青年が一度だけ訪れ1週間ほどホームステイしていきました。これからも来ていただき、私の脳裏に眠ってる懐かしいヒンズー語を甦らしたいものです。
    

|

« 人も車も 足元を磨くと 引き締まる  | トップページ | 今後とも 抗酸化作用を 優先する »

インド生活の思いで」カテゴリの記事

コメント

 昔の楽しかった思い出に浸ると、「懐かしいなぁ…」と心がほっと落ち着く。甘美な目睹回想は、精神安定や認知機能の改善に効果がありそうですね。

投稿: 安楽鍋 | 2022年9月18日 (日) 10時44分

安楽鍋さんへ・・・こんにちは!
 インドに行ったお陰で、その後の人生も、高校人事もすべてずれてるでしょう。人事は、相手があることなので、たまたま、その時ポストが空くと、異動となり、偶然に決まることになります。インドに行かなければ、勤務する高校は全く別になったでしょう。
 ですから若いときは、人事によって結婚はもちろん、将来の子供も結果的に違ってしまいます。
 インドへ行く際も、4年生の時、たまたま授業に遅れてしまい、そのぶらぶらしてる時間に、事務の前の掲示板を見たら「インド日本人学校の募集要項」があり、進路に悩んでた時なので、後光が差したとばかり躊躇なく応募しました。
 ちょっとしたことで将来が変わります。

投稿: カッキー | 2022年9月18日 (日) 11時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人も車も 足元を磨くと 引き締まる  | トップページ | 今後とも 抗酸化作用を 優先する »