« 一年が 誠に早く 過ぎ去る思い  | トップページ | 雰囲気でなく 理詰めで考える マスク着用 »

2022年10月20日 (木)

日の出前 無窮の広がり 眺めるひと時

1020
【拡大してご覧ください。】・・・国立天文台より
  
 10月20日、午前4時の日本上空の天体です。北半球であれば、どの国でも見える天体はほぼ同じです。すでに出ている巨大な「冬のダイアモンド」内で、ほぼ頭上に橙色で一際明るく輝いてる星は火星です。
  
 「こんなに明るく見える火星は珍しいです。」これから暫く配置はあまり変化しないので当分の間、明け方に頭上によく見えるでしょう。低気圧が去り、広く大陸からの高気圧に覆われ、秋本番になってる日本列島です。
  
 また、火星は惑星ですから、太陽の光を反射してます。運良く、現在、ちょうど満月のような位置に火星があるからでしょう。一方、東の空高くには、細い下弦の月がいっそう秋の夜空に映えてます。
  
 皆さん、早朝の空はすでに冬の星座で満ちてます。宇宙は誠に暗黒であることを悟ると共に、「領土争いなどせず」、地球こそ掛け替えのない大切な酸素に満ちた惑星であることを実感しましょう。
  
Dear my earthlings who are floating in the universe
 This is the celestial body above Japanese archipelago at 4:00 am this morning, October 20th. The celestial bodies which are visible in any counties in the northern hemisphere are almost the same. In the huge "Winter Diamond" that has already appeared in this season, the bright orange star almost overhead is Mars.
  
 "It's rare to see Mars so bright." The position will not change much for a while, For the time being, it will be visible overhead in the early morning. Currently the Japanese archipelago is covered by anticyclone from the Eurasian continent after the low pressure has passed.
  
 Also, since Mars is a planet, as you know, it reflects the light of the sun. Luckily, Mars is currently in a position similar to the full moon. On the other hand, high in the eastern sky, a thin waning moon shines even more in the autumnal night sky.
  
 "Everyone, the early morning sky is already filled with winter constellations." Let's realize that the universe is really dark, and at the same time, let's realize that the earth is an irreplaceable precious planet full of oxygen without "territorial disputes".
  
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/..
   

|

« 一年が 誠に早く 過ぎ去る思い  | トップページ | 雰囲気でなく 理詰めで考える マスク着用 »

天体ショー」カテゴリの記事

コメント

      宙を仰ぐ
 宇宙は、終わりがない(無窮)、境がない(無疆)。地球はこの逆にして、やっさもっさが起こり、収拾がつかない。

投稿: 北斗の玻璃 | 2022年10月20日 (木) 12時29分

北斗の玻璃さんへ・・・こんにちは!
 400㎞上空のISSすなわち国際宇宙ステーションから見ると、地球は陸と海のみで国境線は見えないそうです。
 身近な所では、群馬県の形を我々は地図で習って知ってますが、実際には群馬の形はないでしょう。上空から見れば、ただ日本列島とその中に山々があるだけです。
 領土については、人間なので、力ずくでなく、他の動物とは違い、話ができる動物なので交渉によって解決を図らなくてはなりません。
 我が国も、竹島、北方領土、そして尖閣諸島と目が離せない状況です。子々孫々に問題を預けず、交渉によって現在のリーダー同士が解決すべきです。しかし、埒が明かない現状ですね。
 別件ですが、次回はいつ某所でしょうか。暫く天気は良さそうです。

投稿: カッキー | 2022年10月20日 (木) 13時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一年が 誠に早く 過ぎ去る思い  | トップページ | 雰囲気でなく 理詰めで考える マスク着用 »