フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

私のフェイスブック

日の出、日の入り時刻

現在の気象衛星映像

リアルタイム地球の姿

無料ブログはココログ

Persimmon Marsh  掲示板

« 寂しくとも 大腸を刺激する 夕食に | トップページ | 説明は ローマ字表記でなく 英文表記で »

2022年10月30日 (日)

植物と 天体の位置で 知る季節

Img_3860
 
 一般的に菊の花は11月ですが、写真は今まさに開花した菊の花で、何と新鮮な色彩なのでしょう。私たちは植物によって季節の進みが分かり、早いもので今年も残すところ後62日です。現在、日に日に気温が下がってます。
 
 この他、季節の進みが分かるものとして、地球の自転による星座の位置があります。今の時季、早朝にはすでに「冬のダイアモンド」が頭上にあまりにも大きく広がり驚きます。その中に「オリオン座」が特異な形を成し、また、大変に珍しく現在、「火星」がほぼ頭上にあって、誠に強い橙色の光を反射してます。
 
 ところで、「オリオン座」のウエストに位置する3つ星の最も右の星は「ミンタカ」と命名され、その真下が赤道の位置であることを知っておくと、他の星々が北半球にあるか、南半球にあるかが分かります。
 
 中でも、「冬のダイアモンド」の一角を成し、夜間の天体の中で最も明るい恒星「シリウス」が「午前0時に真南に来る瞬間」が令和5年1月1日です。
 
Dear my friend as an earthling
 Chrysanthemum generally blooms in November in Japan, but the photo shows chrysanthemums in bloom right now, and as you can see, the colors are so fresh. We can know the progress of the season by the plants. And it's swift passage of time, there are only 62 days left in this year. The temperature is dropping day by day in Japan.
 
 In addition, the position of the constellations due to the rotation of the earth is another way to know the progress of the seasons. In this season, early in the morning, the "Winter Diamond" spreads over our head and you will be surprised at its hugeness. Among them, "Orion" forms a peculiar shape, and "Mars" is almost overhead and reflects a very strong orange light in this time is very rare.
 
 By the way, the rightmost star of the three stars located in the waist of "Orion" is named "Mintaka". And just below the "Mintaka" is the equator, so we can know whether the other stars are situated in the northern hemisphere or southern hemisphere.
 
 Above all, the moment when "Sirius" which is the brightest star among the celestial bodies at night, comes due south at midnight is January 1, 2023 in the northern hemisphere.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/..
 

« 寂しくとも 大腸を刺激する 夕食に | トップページ | 説明は ローマ字表記でなく 英文表記で »

季節の移り変わり」カテゴリの記事

コメント

 菊の香を求め、5,6分咲きの頃の香をそっと嗅いで見ると、しっとりとした、清浄で気品のある香りがします。開花が進むと、あたりに香りが漂い、においが鼻につきまとうようになります。今が、色よし、香りよし。

 菊の香に寄りてかたむく鼻やさし
         (日野草城)

菊松さんへ・・・おはようございます。今日は晴れてますが、肌寒い感じですね。
 今まで菊については取り上げませんでしたが、これからは幾種類か色彩や花柄の異なるものを育ててみようと思います。
 菊はとりあえず、何もしなくても季節が来ると芽を出し、11月には咲き出します。庭木と異なり、型を見るのではなく、やはり花柄と色彩でしょう。清酒・菊姫というお酒がありましたね。飲んてみたいものです。多分、お酒そのものより、私に不足する「姫」と言う言葉に先に酔うでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 寂しくとも 大腸を刺激する 夕食に | トップページ | 説明は ローマ字表記でなく 英文表記で »

カテゴリー