« 植物も 経済同様 タイミング  | トップページ | 今宵こそ 暫くぶりに 小料理屋 »

2022年11月19日 (土)

渡り鳥 既に飛来し 羽休め

Img_3921
  
 倉賀野駅の北東側にはご覧の通り、広い通称「鯉池」があります。何かと運動不足の折、昨日ウォーキングに行きましたら、2週間前には1羽もいなかった鴨が500羽ほど飛来しており、安らぎの光景でした。
 
 夏季に住んでたと推定されるカムチャッカやシベリアの現在は、私たちには考えられないほど寒冷であり、きっと餌の確保が難しいのでしょう。ロシア~日本間の渡りは有史以前より繰り返されていたと想われます。今春ロシアで生まれた雛たちも親に連れられて来ています。生まれて6ヶ月ほどで数千キロの海原を飛ぶとは、素晴らしい飛翔力と方向判定能力です。
 
 ところで、この鯉池について歴史を紐解くと、活火山・浅間山(標高2568m)の大噴火があった天明3年(1783)以降、倉賀野でも火山灰が20~30cm降り積もったと記されてます。実は私の庭でも20cmほど掘ると浅間砂が出てきます。火山灰を集めた灰塚だったようです。
 
 天明年間は史上まれに見る多難な時代で、田畑は壊滅的な被害を受け、その後も天候不順が続き、大凶作となり、いわゆる天明の飢饉が続きました。
 
 この堤は当時の農家の人たちが総出で、足掛け4年かかって作った人造湖で、以来230年以上経過した現在でも、倉賀野東部の田畑を潤してます。また、このように北からの使者の憩いの場として長閑な風景を醸し出してます。そばに行くと鴨たちは近寄って来ます。
  
Img_3924  
  
Dear my friends abroad who are interested in history and migratory birds 
 As you can see, on the northeast side of JR Kuragano-Station, there is a large pond for carp. When I didn't get enough exercise, I went for a walk yesterday, there were about 500 ducks which hadn't even existed two weeks ago, and it was a peaceful sight.
 
 Kamchatka and Siberia which are believed to be unimaginably cold now. The migratory birds have lived there in summer. But recently they must be difficult to secure food. Migration between Russia and Japan is thought to have been repeated since prehistoric times. Chicks born in Russia this spring also came accompanied by their parents. Flying over thousands of kilometers of the ocean in about 6 months of age is a marvelous ability of flying and the sense of direction.
 
 By the way, looking at the history of this carp pond, it is written that 20 to 30 cm of volcanic ash fell on Kuragano-town after Temmei 3 (1783), when the active volcano Mt. Asama (altitude 2,568 m) erupted. In fact, if I dig about 20 cm in my garden, Asama's volcanic sand came out. It seems that my garden was an ash mound where volcanic ash was collected.
 
 The Temmei era was a period of unprecedented hardship with devastating damage to the fields, followed by unseasonable weather and a severe crop failure, followed by the so-called Temmei famine.
 
 This spacious pond is an artificial lake that needed 4 years to build by all the farmers at the time, and even now, more than 230 years later, it continues to irrigate the fields in the eastern part of Kuragano-town. In addition, it creates a tranquil scenery as a resting place for messengers from the northern continent. If I go near the ducks, they come closer.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/..
  

|

« 植物も 経済同様 タイミング  | トップページ | 今宵こそ 暫くぶりに 小料理屋 »

倉賀野のよい所」カテゴリの記事

コメント

体を休めることを「骨休め」といいますが、「体」を「骨」で表すのも面白いですね。老いたを老骨と言いますね。鳥が飛ぶのをやめて羽を休めることを「羽休め」と言うようです。「定休日」を、「骨休め」と書いた田舎料理店の看板を見かけました。人も鳥も、骨休み・羽休みをして重力から解放されて、免疫力を高めましょう。

投稿: 止まり木 | 2022年11月19日 (土) 08時43分

止まり木さんへ・・・おはようございます。今日も小春日和ですが、朝の内は多少寒さが感じられます。
 写真はこの池の一部なので、全体の風景が捉えられません。しかし、鴨の数はあまりにも多くて数えられませんで推定500羽です。
 本文に記しましたように雛も来ているので、素晴らしい飛翔能力です。渡りの間には天敵である猛禽類もいることですから、命からがら渡ってきています。この事はレース鳩を飼っていたので、よく分かります。
 ところで、今宵、小生は「某所」に参る予定です。

投稿: カッキー | 2022年11月19日 (土) 09時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 植物も 経済同様 タイミング  | トップページ | 今宵こそ 暫くぶりに 小料理屋 »