« ウォーキング 利点は健康 そして考える | トップページ | 驚き! 群馬から海が見える   »

2022年11月27日 (日)

高商吹奏楽部定期演奏会について・上毛新聞より 

313429313_443333721286581_61227642036499
  
 昨日の上毛新聞にこの度、開催された「高商吹奏楽部の定期演奏会」についての記事が掲載されました。昭和時代に11年間この部活の顧問をしていた私は記事が目に留まりました。以下は新聞記事です。
 
・・・タイトル「華麗な演奏1000人魅了」・・・
 
 高崎商業高校吹奏楽部の第59回定期演奏会が高崎市の群馬音楽センターで開かれ、1~3年生52人による華麗な演奏が会場いっぱいに響き渡り、観客約1000人が聴き入った。
 
 本年度全日本吹奏楽コンクールの課題曲の一つ「ブルー・スプリング」の軽快なリズムで幕開け。第1部はクラシック、第2部は「野球応援メドレー」などポップス、第3部はマーチングステージを堂々と披露した。
 
 今回は3年ぶりに一般公開した。西部長は「たくさんのお客に来ていただき、ステージから見える景色に感動した。3年生はこれで引退。最高の演奏ができるように思いを込めた」。と話した。
 
Dear my overseas friends who are interested in wind orchestra
 Yesterday's Jomo Newspaper in Gumma prefecture in Japan published an article about the "Regular Concert of Takasaki High School of Commerce wind orchestra" held this time. This article caught my eye, because I was an adviser to this club for 11 years (1977~1988) in Showa era. Below is an article of the newspaper.
 
・・Title "Brilliant performances attract 1000 people" ・・
 
 The 59th regular concert of the Takasaki High School of Commerce Wind Orchestra Club was held at Gumma Music Center in Takasaki City. The brilliant performance by 52 students including first-year to third-year resounded throughout the Music Center, and was listened to by approximately 1,000 audiences.
 
 Opening with the lively rhythm of "Blue Spring" which is one of the set pieces for this year's All Japan Wind Orchestra Competition. The first stage was Western and Japanese classical music, the second stage was pop music such as "Cheering baseball medley", and the third stage was a marching stage.
 
 This time it was opened to the public for the first time in three years due to the corona disaster. Nishi head of the students said, "I was moved by the scenery of many audiences seeing from the stage".
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/..
 

|

« ウォーキング 利点は健康 そして考える | トップページ | 驚き! 群馬から海が見える   »

上毛新聞に掲載」カテゴリの記事

コメント

「吹奏楽」=「ブラスバンド」と思っている人は多い。小生もその一人。吹奏楽部の顧問の先生に、「ブラバン」と言ったら叱られた。顧問の先生は「『吹奏楽』と『ブラバン』は違います」と言って、にべもなく、その場を去って行かれた。その後、違いについて特別関心がなかったが、今日のブログで「吹奏楽」が「wind orchestra」と英訳されているのを知った。「brass band」ではなかった。具体的にどう違うのだろう。
 
 

投稿: 水琴窟 | 2022年11月27日 (日) 07時22分

水琴窟さんへ・・・おはようございます。今日は本格的な小春日和です。しかし、今日はすでに旧暦の11月になりました。
 ブラバンと言う言葉はよく使われます。ただ教育の場で使うべき正式な言葉ではないと思います。音楽辞典にも、国語辞典にも出てこない言葉で、ブラスバンドの略とも出てきません。
 その代わり、私たちはよくブラスと言いました。これなら真鍮と言うことです。
 現在では、本格的な吹奏楽団は交響曲も演奏するので、木管楽器と金管楽器そして打楽器によるオーケストラであり、管楽器によるオーケストラであることから私はwind orchestraと訳しました。これなら外国人に理解できると思うからです。ブラスバンドとは元々英国などにあった金管楽器のみの楽団を言ったようです。

投稿: カッキー | 2022年11月27日 (日) 08時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウォーキング 利点は健康 そして考える | トップページ | 驚き! 群馬から海が見える   »