« 地上から天体見たり 上空から地球見られたり | トップページ | 若き日より 青と黄色に 惹かれてた »

2022年11月10日 (木)

晩秋に 見事な紅葉 夏蝉しぐれ   

Img_3898
  
 写真は私の家から歩いて5分の所にある欅の木で、樹齢500年程と想われる倉賀野一の巨樹です。晩秋を迎え、ご覧の通り、見事な紅葉になってます。拡大してご覧になると臨場感が出ます。
 
 5月の新緑に始まり、夏季は数千匹と推定される蝉しぐれを呈し、早朝から鳴き声に癒されます。江戸時代中期より続く生命は自然の猛威に打ち勝った揺るぎない姿、そして四季折々の光景は我々人間に強靭な精神の在り方と共に、柔軟な生き方を教えているように見えます。
 
 太い幹の地上から10m付近には、不思議にも、大きな穴が開いており、家の方に尋ねても「昔から開いてました。」というだけで、穴が開いてる理由は謎です。私はウォーキングコースとして、この木のすぐ北を通過します。
   
476  
   
 ところで、ウォーキングの目的は下肢の筋肉増強や血流促進のほか、このように自然界の変化する姿を味わいつつできます。ウォーキングで大切なことは、ある程度の歩数と共に、たまたま私の足は長いこともあり、ストライドの広さに重点を置いてます。今日も秋晴れと予報され、温かい時間帯に歩きます。
  
Dear my overseas friends who like nature and health
 The picture shows a huge zelkova tree located five minutes on foot from my house. It's late autumn in Japan, and as you can see, the leaves are turning beautiful. If you zoom in, you will get a sense of presence.
 
 Beginning with the fresh greenery in May, estimated thousands of cicadas are chirping in the summer, and we are soothed by their chirping from early morning. Life that has continued since the middle of the Edo period has an unwavering appearance that has overcome the rage and ferocity of nature, and the scenery of the four seasons seems to teach us human beings how to live a flexible way of life along with a strong spirit.
 
 Strangely enough, there is a large hole in the thick trunk about 10m above the ground. I have ever asked the householder about the reason of this hole, but he said there was the hole since he was born only. So it is a miracle riddle. I pass just north of this zelkova tree for my walking course.
  
 Not change the subject, but the purpose of walking is not only to strengthen the muscles of my lower extremities and promote blood circulation, but also to enjoy the changing appearance of the natural world. The important thing in walking is a certain number of steps, and my legs are so happen to be long, I focus on the width of my stride. The forecast is for clear autumn weather today, so I will walk during the warmer hours.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/..
  

|

« 地上から天体見たり 上空から地球見られたり | トップページ | 若き日より 青と黄色に 惹かれてた »

倉賀野のよい所」カテゴリの記事

コメント

      欅の大樹
 お前さんのいいところは、新緑と蝉時雨と紅葉だけではないよ。何があってもひるまず、明日に向かって前へ前へ生きてきたことだよ。
 時雨とは、一般に、晩秋から初冬にかけて断続的に降る小雨のこと、蝉時雨のイメージとは大分違う。「広辞苑」の、「しぐれ」をひくと、③ひとしきり続くものの喩えとあり、納得した。

投稿: 照葉 | 2022年11月10日 (木) 07時37分

照葉さんへ・・・おはようございます。今日も小春日和で、如何にも日本の晩秋と言った雰囲気です。
 蝉時雨については、昭和時代に高商吹奏楽部を引き連れ、1週間、子持山山中にある北毛青年の家で合宿したとき、一日中、蝉時雨でした。
 しかも、練習してた当時の曲が蝉時雨を連想されるものだったので、自然と音楽がマッチし、とても好都合でした。
 本文にある蝉時雨の巨樹は真下次男氏の屋敷内にあります。もう、彼は10年ほど前に天に召されました。合掌

投稿: カッキー | 2022年11月10日 (木) 09時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地上から天体見たり 上空から地球見られたり | トップページ | 若き日より 青と黄色に 惹かれてた »