« わが青春の 117も ウクライナ国旗と同色 | トップページ | 「山(さん)茶(ちゃ)」と「山茶花(さざんか)」上毛新聞 »

2022年11月13日 (日)

今日から 家族の週間 満開の柊

Img_3900
 
 庭の植物の殆どは紅葉が終わりを告げ、今では大方の葉が落葉してるので、私は毎朝、落ち葉の清掃をしています。華やかだった庭は次第に荒涼とした光景になりつつあります。
 
 その中で、ひときわ輝いてる樹木があります。写真の花は、珍しく小春日和に満開になる柊です。高さは3mほどあり、一年の内で今が最も輝いてます。一般に、柊の木は棘があるようですが、私の家の柊には棘がなく、扱いに困りません。
 
 部屋からよく見えるように植えてあり、花の少ない時季に、私に安らぎを与えています。
 
 ところで、今日から「家族の週間」が始まります。家族ほど安らぎの場はありません。とりわけ植物が好きな私には樹木が家族です。現在、白い花で満開の柊が、樹木を代表して「家族の週間」を祝ってくれてます。
 
Dear my friends abroad
 Most of the plants in my garden have finished turning red, and now most of the leaves have fallen in Japan, so I clean up the fallen leaves every morning after radio calisthenics. The gorgeous view of the garden is gradually becoming desolate in early winter.
 
 "Among them, there is a tree that shines conspicuously." The flower in the photo is a holly tree which is unusually in full bloom, what we called, during Indian summer. The height is about 3m, and now is the most shining in the year. In general, holly tree seems to have thorns, but my holly tree has no thorns so that it is easy to handle such as pruning.
 
 It is planted so as to be seen clearly from the Japanese room, and it gives me peace during the season when there are few flowers.
 
 Not change the subject, but "Family Week" starts today in Japan. There is no comfortable place than family. I especially like plants, so trees are my family due to living alone. Currently, a holly tree with white flowers in full bloom is celebrating "Family Week" for me on behalf of the trees.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/..
 

|

« わが青春の 117も ウクライナ国旗と同色 | トップページ | 「山(さん)茶(ちゃ)」と「山茶花(さざんか)」上毛新聞 »

季節の移り変わり」カテゴリの記事

コメント

 柊が冬の到来を告げる白く小さい花をたくさんつけています。花から、ジャスミンのような、バニラのような、ギンモクセイのような香りがほのかに漂っています。
 柊の葉に棘がないということですが、柊の葉は年数が経つにつれて、葉のトゲがなくなり丸みを帯びた葉になっていくようです。よく「人間、年を取ると丸くなる」といいますが、人間も柊も同じようです。実際には、丸くなったふりをしている狸親父が多い。

投稿: 玄翁 | 2022年11月13日 (日) 05時49分

玄翁さんへ・・・おはようございます。小春日和が続きますね。
 この柊は2002年ころ高さ1メートルほどの苗木を購入してきて植えたので、年数は20年です。新築したときだったと思います。
 バラもそうですが、棘があると扱いにくいので、私はバラも1本のみで、ほとんど育ててません。
 美しいものには棘があるのは人間世界でも、あったり、なかったりでしょう。ぜひ棘のない美しいものを求めています。

投稿: カッキー | 2022年11月13日 (日) 07時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« わが青春の 117も ウクライナ国旗と同色 | トップページ | 「山(さん)茶(ちゃ)」と「山茶花(さざんか)」上毛新聞 »