« 地球の公転位置で認識する二十四節気の「大雪」 | トップページ | 満月を 眺めつつ一杯 飲むビール »

2022年12月 8日 (木)

珍しく 満月と惑星 ランデブー 

Img_3989
【拡大してご覧ください。】 
 今日12月8日は、旧暦で11月15日ですから、江戸時代などでは今日が七五三のお祝いの日でした。
 
 また、旧暦の15日は満月なので、七五三の日は毎年必ず満月でした。
 
 ところで、今宵は満月で、珍しく月のすぐ右上【北半球で見た場合】に星が見えますが、それは火星です。火星が赤みを帯びてるのは表面が酸化鉄のためと言われてます。アメリカ西海岸などが夜間のとき、火星が月の後方を通過するため惑星食が起こるようです。
 
 先日書きましたが、火星は時々、地球に接近します。およそ2年2か月ごとです。それは宇宙空間で、太陽~地球~火星が一直線に並ぶ時です。
 
Dear my overseas friends who like to see the full moon
 Today, December 8th in the solar calendar, is November 15th in the lunar calendar, so in the Edo period in Japan, today was the Shichigosan celebration day that means festival day for boys of five years and for girls of three and seven years praying their health.
 
 Also, because of the 15th day in the lunar calendar is full moon, therefore, the day of Shichigosan was held in always full moon every year.
 
 Not change the subject, but it is a full moon tonight, and it is rare to see a star just to the right of the moon [when viewed in the northern hemisphere], it is Mars. Mars is reddish planet due to iron oxide on the surface. It seems that the planetary eclipse will be occurred because Mars passes behind the moon when the west coast of the United States was at night.
 
 As I wrote the other day, Mars sometimes approaches Earth. It's about every two years and two months. That's when the Sun, Earth, and Mars are aligned in outer space.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/..
  

|

« 地球の公転位置で認識する二十四節気の「大雪」 | トップページ | 満月を 眺めつつ一杯 飲むビール »

天体ショー」カテゴリの記事

コメント

 7時に東の空を見ると、皓々とした満月が昇っていました。ベランダから見ると、月光が真正面に見え、スポットライトを浴びて
いるような感じがしました。兎の形の影も
はっきり見えました。
 満月の右上には火星も見えましたが、赤さびた色合いはは感じませんでした。
 南には、木星が輝いています。
 

投稿: 有光無限 | 2022年12月 8日 (木) 19時36分

有光無限さんへ・・・こんばんは!
 現在、薄曇りの中に満月と右上の火星がランデブーしてます。橙色に見えないのは薄雲がかかっているからと想われます。
 明日は十六夜の月で、約12°東に移動します。また、明後日は更に約12°東に移動しますから、双子座の近くになり、月の出時刻は18時頃になります。
 天体は時間通りに、太古の昔から未来永劫へ休みなく流転します。それに比較し、人間の私の心はなかなか一定には動きませんが、いつかは、目的地に着きたいと思います。

投稿: カッキー | 2022年12月 8日 (木) 20時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地球の公転位置で認識する二十四節気の「大雪」 | トップページ | 満月を 眺めつつ一杯 飲むビール »