フォト
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

私のフェイスブック

日の出、日の入り時刻

現在の気象衛星映像

リアルタイム地球の姿

無料ブログはココログ

Persimmon Marsh  掲示板

« 今日から人権週間 | トップページ | 健康長寿の先生はcentenarian »

2022年12月 4日 (日)

月を見ながら あれこれ空想する

Img_3982
【拡大してご覧ください。】
   
 群馬県南部では、今宵も空が澄渡り、ご覧の通り、満ち欠けが11日目の上弦の月が太陽に明るく反射しています。つまり、江戸時代では今日は11月11日です。
 
 月の表面には至る所にクレーターがありますが、月の左側や南極では、太陽光が日の出の如く横から当たるため、クレーター内部の日陰や山の凹凸がよく見えます。
 
 月面にはクレーターが数万あると言われ、大きいクレーターの直径は200km程なので、日本の関東甲信越がすっぽり入るほどの広さでしょう。ウサギが餅をついてるように見える部分は、水はなくても海と言われる低地で、ここにはクレーターがほとんど存在しません。
 
 以下は私の推測です。地球から見ると「月は常に同じ月面のみ」地球に見せてます。この理由は、月の内部の質量が場所によって異なり、密な部分が地球側に偏ってると考えます。
  
Dear my friends who are earthing the same as me
 In the southern part of Gumma Prefecture, Japan, the sky is clear again tonight, and as you can see, the waxing moon on the 11th day is brightly reflecting on the sun. So to speak, today is November 11th in the Edo period.
 
 There are craters everywhere on the moon's surface, but on the left side of the moon and the near south pole, sunlight hits it from the side like a sunrise, so we can clearly see the shade inside the craters and the unevenness of the mountains.
 
 It is reported that there are tens of thousands of craters on the moon surface, and the diameter of the largest crater is about 200 km, so it would be as large as Japan's Kanto Koshinetsu area that means including Tokyo and eight prefectures nearby. The area where a rabbit seems to be pounding rice cakes is a lowland that is called the sea even if there is no water, and there are almost no craters in it.
 
 Not change the subject, but "the following is my guess." When viewed from the earth, "the moon always shows only the same lunar surface" to our earth. The reason for this is thought to be that the mass inside the Moon varies depending on the location, therefore, the dense part is biased toward the Earth.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/..
    

« 今日から人権週間 | トップページ | 健康長寿の先生はcentenarian »

月の満ち欠け」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日から人権週間 | トップページ | 健康長寿の先生はcentenarian »

カテゴリー