フォト
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

私のフェイスブック

日の出、日の入り時刻

現在の気象衛星映像

リアルタイム地球の姿

無料ブログはココログ

Persimmon Marsh  掲示板

« 印象に 残った名曲 ホルン協奏曲 | トップページ | 手を掛ければ 応えてくれる 紅梅・鹿児島 »

2023年1月15日 (日)

音楽の 究極の楽しみ 室内楽

Img_4098
  
 今回、藤岡市・みかぼ未来館で開かれた「新春アンサンブルパーティー」と銘打った室内楽コンサートは、最初にプロではないかと想えるほど透き通った声の司会者の案内に始まり、彼女は観客に「今日の音楽会はパーティーです。」と話され、会場は一気に和らぎました。
 
 演奏者の総勢は30名ほど、観客も40名程という文字通り、「お正月に室内楽を楽しむ会」である雰囲気が観客席に伝わってきました。
 
 プログラムは7つの団体による演奏で、さくらホルンの会によるお馴染みの「鎌倉殿の13人」、高崎市吹クラリネット奏者によるアンサンブル、ホルンとピアノによる二重奏、トランペット四重奏、アルトサクソフォーンとピアノによるアンサンブル、そして、最後は「みかぼ室内管弦楽団」による誠にモーツアルトらしい「ホルン協奏曲」のこの上ない明るさと、躍動的テンポに心がワクワクしました。
 
 皆さん、得意の楽器で人前での緊張感をも楽しむかのように堂々と演奏され、特に、それぞれ持ち味の音色と安定した音程感、何より豊かなハーモニーが伝わりました。
 

 音楽の中に室内楽特有の「対位法的動き」はあまり感じられませんでしたが、これは作品の時代的背景や編曲法によるものでしょう。でも、トランペット4重奏による「アルバマ―序曲」では「対位法的な動き」が所々にあり、溌溂とした掛け合いが楽しめました。
 
 今回、暫くぶりに管楽、弦楽、そしてピアノが加わったアンサンブルを拝聴し、このような室内楽にこそ本来、音楽の究極の楽しみ、音楽美の真髄があるのではないかと改めて感じ、その後、高崎の「バク」で心に沁みたこの日の室内楽の余韻を味わいました。
 
Dear my overseas friends who are crazy about chamber music
 A chamber music concert titled “New Year Ensemble Party” held at Mikabo Miraikan in Fujioka City. It began with an introduction by a MC with a clear voice that seemed to be a professional. Her voice suddenly softened the atmosphere of audience.
 
 With a total of about 30 performers and about 40 audience members, the atmosphere of a "meeting to enjoy chamber music on New Year's Day" was spread.
 
 The program consisted of performances by seven groups, including the well-known “Kamakura-dono no Thirteen” performed by the Sakura Horn Club, an ensemble of Takasaki Wind Orchestra's clarinet players, a horn and piano duo, a trumpet quartet, an alto saxophone and piano ensemble, et cetera. At the end, I was thrilled by the brightness of Mozart's "Horn Concerto" by the "Mikabo Chamber Orchestra", which is truly Mozart-like light dynamism of the tempo.
 
 Every performers played their favorite instruments majestically as if they were enjoying the tension in front of the audience.
 
 I didn't really feel the contrapuntal movements that are characteristic of chamber music, but this is probably due to the historical background of the works and the arrangement method. However, in the trumpet quartet's "Alvamar Overture" there were counterpoint movements here and there, and I enjoyed the lively dialogue.
 
 This time, I listened to some ensemble that included wind instruments, strings, and piano after a long interval, and felt once again that this kind of chamber music is the ultimate enjoyment of music, and the essence of music. I enjoyed the afterglow of the chamber music that touched my heart at the tavern "Baku" in Takasaki-city.
  
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/..
   

« 印象に 残った名曲 ホルン協奏曲 | トップページ | 手を掛ければ 応えてくれる 紅梅・鹿児島 »

音楽会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 印象に 残った名曲 ホルン協奏曲 | トップページ | 手を掛ければ 応えてくれる 紅梅・鹿児島 »

カテゴリー