フォト
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

私のフェイスブック

日の出、日の入り時刻

現在の気象衛星映像

リアルタイム地球の姿

無料ブログはココログ

Persimmon Marsh  掲示板

« 早春ほど 希望に満ちた 季節はない | トップページ | 日帰り温泉に行ってきたら、飲みたくなりました。 »

2023年2月18日 (土)

認知症対策に 大切な 鼻の健康 

Topics37_face_20230218080101
 
 厚生労働省によると、2年後の2025年には65才以上の5人に1人が認知症になるといわれてます。
 
 この割合で進むと、70才以上の4人に1人が、80才以上では3人に1人が、90才以上では2人に1人が認知症になるかもしれません。【これは私の推測です。】
 
 認知症対策をいろいろ考えるとき、自ら興味関心ある分野について夢中になれるものを日々追求し、それを発表するなど目標ある生活が有効と考えてます。これにより精神はよい意味でかなり緊張します。これが有効と思います。
 
 しかし、それと共に最近、私が認知症対策として有効と考えてることは、脳に近い鼻の臓器内に「空気がスムースに流れる状態が大切」ではないかということです。
 
 図の通り、頬の中にある鼻の臓器の一つ上顎洞は脳から離れてますが、額の中に一対ある前頭洞と、脳のすぐ下に位置し、それぞれ一対ずつある蝶形骨洞と篩骨洞と命名された空洞は何故あるかを考えるとき、これらの「臓器の役目は脳を冷やすため」に存在すると考えられます。
 
 ですから、冷静に物事を考えるには、これら鼻の空洞に「新鮮な空気を送ることで脳を冷やせる」ことになり、平素の脳の健康に繋がると共に、延いては事前に認知症対策になるのではないでしょうか。
  
Dear my overseas friends who think the measurement against senile dementia
 According to the Ministry of Health, Labor and Welfare in Japan, by 2025, one in five people aged 65 and over will develop senile dementia.
 
 At this rate, one in four people over the age of 70, one in three people over the age of 80, and one in two people over the age of 90 may develop senile dementia. [This is my guess. ]
 
 When thinking about various measures for dementia, I believe that it is effective to live a life with a purpose, such as pursuing something that we should interested in and making it public some day. This makes the mind quite tense in a good way.
 
 However, at the same time, recently, what I've been thinking about as a countermeasure against senile dementia is that "it is very important for the air to flow smoothly" in the nasal organs, because these organs are close to the brain.
 
 As shown in the figure, the maxillary sinus, one of the nasal organs in the cheek, is separated from the brain, but there are a pair of frontal sinuses in the forehead and a pair of sphenoid sinus and ethmoid sinus which are located just below the brain. When considering the reason why there are these cavities, it is thought that the function of these organs is to cool the brain I believe.
 
 Therefore, in order to think calmly, it is possible to "cool the brain by sending fresh air" to these nostril cavities, which leads to normal brain health and can be a preventive measure against senile dementia.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/..
  

« 早春ほど 希望に満ちた 季節はない | トップページ | 日帰り温泉に行ってきたら、飲みたくなりました。 »

anti-senile dementia」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 早春ほど 希望に満ちた 季節はない | トップページ | 日帰り温泉に行ってきたら、飲みたくなりました。 »

カテゴリー