« 横綱・大関が一人もいない根本原因を考えるべき | トップページ | 楽しみな 実生で生えた 枝垂れ桃の成長 »

2023年3月21日 (火)

春分の日とは、どんな日か考える

Photo_20230321092401
 
 今日は春分の日です。「春分の日とは、どんな日でしょう。」の問いに、昼と夜の長さが同じ日と答えそうですが、実際には、昼と夜の長さが同じ日は3月17日前後です。今日は昼の方がすでに10分ほど長くなってます。お住いの地区の日の出時刻と日の入り時刻を調べてみると、その事実が分かります。
 
 それでは「春分の日とは、どんな日でしょう。」と言えば、太陽の中心が「魚座」のすぐ下にある「春分点に達する日」です。春分点は赤道の真上にあります。
 
 春分点とは、宇宙に存在する恒星などの位置を示す基準点です。ですから、今日は太陽そのものが基準点にあります。地球上では緯度・経度と言いますが、天空では赤緯・赤経と言います。地球が反時計回りに公転して関係で、太陽の位置が15°東へ移動する度に次の二十四節気になります。
 
「魚座」は日本では夏から秋にかけ、つまり、半年後に頭上より少し南に見え、一見して、インドにそっくりの形をした星座で、かなり大きく、すぐ分かります。
 
 紀元前のメソポタミアでは「魚座」の両端をチグリス川とユーフラテス川に準え、その中にある四角形をメソポタミアの肥沃な土地と考えたり、一方、この四角形を天窓と考えて、中にある二つ並んだ星は「天から神が地上を覗いている目」と思ったようです。
 
 また、天文学的に見て「春分の日はどんな日か」と言えば,宇宙空間において、魚座~太陽~地球~乙女座が一直線上に並ぶ日でもあります。つまり、秋分点は「乙女座」にあります。
 
 ところで、春分の日における北極点と南極点では、一日中、太陽は地平線に半分顔を出し、昇りもせず、沈みもせずという日です。北極点での太陽の進行方向は東~南~西~北の順です。
 
 しかし、南極点での太陽の進行方向が逆となり、東~北~西~南の順に半分顔を出したまま一日かけてぐるっと回ります。日本では考えられない太陽の動きです。
 
Dear my friends abroad ・・・Let's think astronomically about the vernal equinox day.

 Today is the vernal equinox day. To the question, "What kind of day is the vernal equinox?", it seems that the day and night are the same length. However, in reality, the daytime is already about 10 minutes longer at vernal equinox day. You will find out this fact by looking up the sunrise and sunset times in your area.
 
 Then, "What kind of day is the vernal equinox?" It is the day when the center of the sun reaches the vernal equinox point which is just below Pisces. The vernal equinox point is just above the equator.
 
 The vernal equinox point is the datum point that indicates the position of fixed stars in the universe. So today the sun itself is at the the datum point. Latitude and longitude are called on the earth, but declination and right ascension are called in the universe. Since the earth revolves counterclockwise, when the position of the sun moves 15 degrees to the east, the next 24 solar calendar comes.
 
 "Pisces" can be seen in the night from summer to autumn, half a year later, slightly south of overhead in Japan.
 
 Before the birth of Christ, at Mesopotamia, the constellation of "Pisces" was likened to the Tigris and Euphrates rivers, and the quadrilateral in between was considered to be the fertile land of Mesopotamia. It seems that people there thought that the two tiny stars lined up were "The eyes of God looking down on the earth from heaven."
 
 Also, from the astronomical viewpoint, "What kind of day is the vernal equinox day?" It is also the day when Pisces, Sun, Earth, and Virgo line up in a straight line in outer space. In other words, the autumnal equinox point is in Virgo.
 
 Not change the subject, but on the days of the vernal equinox at the north and south poles, the sun is half over the horizon all day long, neither rising nor setting. The direction of the Sun moves at the North Pole from east to south to west to north.
 
 However, the direction of travel of the sun at the South Pole is reversed, it takes in the order of east, north, west, and south a day to go around with half of its face exposed. The movement of the sun is unthinkable in Japan.
   
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/
 

|

« 横綱・大関が一人もいない根本原因を考えるべき | トップページ | 楽しみな 実生で生えた 枝垂れ桃の成長 »

二十四節気」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 横綱・大関が一人もいない根本原因を考えるべき | トップページ | 楽しみな 実生で生えた 枝垂れ桃の成長 »