フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

私のフェイスブック

日の出、日の入り時刻

現在の気象衛星映像

リアルタイム地球の姿

無料ブログはココログ

Persimmon Marsh  掲示板

« 新たな明日に向けて! 力を蓄える | トップページ | 人間の最大脈拍数は220-年齢 »

2023年8月11日 (金)

故郷「群馬県」を隈なく探訪したい

Img_5033
 
 写真の植物名は正式には「夏水仙」ですが、昔から私の両親は「びっくり草」と言ってました。何も気配のない所から、今の時季に急に芽が伸びてきてご覧の花が咲きます。今回、私も驚きまた。
 
 まだ、2~3本ですが、毎年15本ほど芽が出て来て咲くので、実は、今の時季、お盆のお墓参りに丁度都合がよいです。春秋の彼岸の頃も庭には何らかの花が咲くので、お墓参りに花を買ったことがありません。球根は何もしなくても芽が出て花が咲き便利です。
 
 ところで、今日8月11日は「山の日」です。年令を重ねたら、私は殆ど山登りをしなくなりました。また、身近にいた二人の「山登りの達人」が天に召されてしまい、近年は一人で登りません。理由は、群馬県でも時々熊が出没するからです。
 
 身近には、友人が榛名山でも熊に遭遇してしまい、夢中で坂を下り逃げる途中、運悪く転んで足を骨折しましたが、「それでも逃げなければならなかった」と言ってました。
 
 群馬県は道路網が整備されてるので、今後は、青い愛車で景色のよいカルデラ湖や巨大なダム湖へ、西上州では眺望の優れた御荷鉾山など、また、ロープウェイを利用できる谷川岳天神平、四阿山に再度行きたいです。安全第一の山登りを心掛け、いつまでも健脚を志します。
 
Dear my overseas friends who like nature and great music
 The official name of the plant in the photo is "Summer Narcissus", but my parents used to call it "Surprising Grass". At this time of every year, buds suddenly appear from a place where there is no sign of anything, and the flowers you see bloom. This time, I was also surprised.
   
 There are still 2 or 3 stems, but about 15 of them sprout and bloom every year, so this season is actually good timing for visiting grave during the Bon period. Some kind of flowers bloom in the garden around the equinoctial week in spring and autumn as well, so I have never bought flowers to visit a grave. Bulbs sprout and bloom without doing anything before hands, so it is convenient.
    
 Not change the subject, but August 11th is "Mountain Day" in Japan. As I got older, I hardly climbed mountains anymore. Also, two "Masters of mountain climbers" who were close to me already went to heaven. Therefore in recent years I have not climbed alone. The reason is that bears sometimes appear in Gunma prefecture.
  
 One of my close friends ran into a bear on Mt. Haruna in Gumma prefecture, of course he was madly running down the slope, he unfortunately fell and broke his leg, but he said, "Even so, I had to run."
  
 Gumma Prefecture has a well-developed road network, so from now on, I will drive my blue car to the scenic caldera lake and the huge dam lake, and in Western Gumma, Mt. Mikabo, I want to go to Mt. Azuma again. I will keep in mind safety first mountain climbing and push forward to healthy legs forever.
   
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/
  

« 新たな明日に向けて! 力を蓄える | トップページ | 人間の最大脈拍数は220-年齢 »

群馬の自然」カテゴリの記事

コメント

夏水仙が、葉もなく、長い茎の上にラッパ状の花を付けていますね。花期に葉がないことから、俗にハダカユリ(裸百合)とも呼ばれることがあるそうですね。亡父の名付けた
「びっくり草」という名前は、実感と印象がこもっている。家伝の名称を大切にしましょう。


福堂さんへ・・・おはようございます。
 昨晩、某所へ行きましたら、いつも金曜に来る藤岡のМさんが来られました。
 いつものように話に花が咲き、夏の夜を2時間ほど満喫できました。
 それにしても最近感じることは、人生は思っているほど長くないことです。長い短いより如何に中身のある日々を送るかでしょう。
 生涯を通じて、人間らしく、あるいは自分らしく生き抜くかであると考えます。基本は認知症になってはならない。それにはマンネリ化をなくし、昔のことに囚われず、「新たなことに対処して生きる」ことが欠くべからざることと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新たな明日に向けて! 力を蓄える | トップページ | 人間の最大脈拍数は220-年齢 »

カテゴリー