フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

私のフェイスブック

日の出、日の入り時刻

現在の気象衛星映像

リアルタイム地球の姿

無料ブログはココログ

Persimmon Marsh  掲示板

« 「ようこそ!倉賀野」の歌 | トップページ | パトロールを頑張ります。 »

2023年9月14日 (木)

植物も人生も開花を夢見て日々一歩一歩

378327491_6429256373864041_9183220580241
 
 「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」は、健康で色艶やかな女性の立ち振る舞いを七七七五リズムに合わせて表現したもので、おそらく江戸時代の言葉ですが、私の家にはこのような人はおりません。
 
 しかし、この言葉の本来は、漢方薬としての「生薬の用い方」を述べたもので、それぞれの植物は特有の薬効を有しており、例えば、「立って痛い場合は芍薬を煎じて」という風に症状に応じて使い分けたのでしょう。
 
 ところで、私は庭でこの三種類の植物すべてを育ててます。しかし、深い意味はありません。これらの植物の開花は概して春から初夏にかけてでも、手をかけるのは一年中です。
 
 今春、写真の芍薬を直植えから掘り起こし、大きな植木鉢2つに分けて育ててます。理由は直植えだと他の植物の根が芍薬の根の中に侵入し、養分を吸い取るので花の勢いが今一歩です。ですから、来春は見事な開花を期待してます。
 
 芍薬については、以前に写真をアップしましたように、もう一種類が素晴らしく、時間をかけ増やす計画です。いずれにしても芍薬も牡丹も百合も花が大きく、その色彩が人目を惹きます。子どもの教育と同じで、植物を育てるには一年中休みがありません。牡丹も4種類がよく成長してます。このため、開花を夢見て今でも水遣りに勤しんでます。
 
Dear my overseas friends
 "When she stands, she is like a shakuyaku peony, when she sits, she looks like a Botan peony, and when she walks, her style looks like a lily" is a phrase that expresses the behavior of a healthy and attractive lady in accordance with the 7-7-7-5 rhythm in Japanese pronunciation. This is probably an Edo-period maxim. There is no lady like this in my family.
  
 However, this word originally referred to the "use of crude drugs" in Chinese medicine, and each plant has its own unique medicinal properties. They were probably used differently depending on the symptoms.
  
 By the way, I am raising all three types of plants in my garden now. However, there is no deep meaning. Although these plants generally bloom from spring to early summer, I must take care of them throughout the year.
 
 This spring, I dug up the shakuyaku peony in the photo from direct planting and replanted them in two large flower pots. The reason is that when the peony grows directly, the roots of other plants will invade the roots of the peony and absorb the nutrients of her, so the flowers will not be as strong. Therefore, I can expect spectacular blooms next spring.
 
 As for the shakuyaku peonies, as I uploaded a photo previously here, the other type is wonderful, and I plan to increase the number over time. In any case, the flowers of sakuyaku peonies,botan peonies, and lilies are large and their colors are eye-catching. Just like educating children, raising plants requires no holidays all year round. Four types of botan peonies are growing well. For this reason, I am still working hard at watering, with dreaming of their blooming.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/
  

« 「ようこそ!倉賀野」の歌 | トップページ | パトロールを頑張ります。 »

備えあれば憂いなし」カテゴリの記事

コメント

花は誰かに見てもらうために咲いているわけではありませんね。しばしば自然に咲いている花を見て美しいと感動し、花を愛でることができるのは、わたしたち、人間だけ。感嘆の言葉を語るのも人間だけ。
 
 
 見よソロモンの栄耀も 野の白百合に及かざ
 るを
 零れ地に咲く花菜にもうら若き子は涙する

華の精さんへ・・・おはようございます。
 本文とは別件ですが、小生は16日の土曜日に某所を訪れようと思っております。
 ところで、花も人生も同じようなものであり、咲いたり萎んだり、もしかすると枯れたりします。それでも、時には予想外の素晴らしい開花のこともあり、その日を夢見ています。
 今日は大分、凌ぎやすい日になりそうですね。現役時代には考えられないほどの有り余る時間を、今日も自らの「健康と脳活」のために有効に使いたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ようこそ!倉賀野」の歌 | トップページ | パトロールを頑張ります。 »

カテゴリー