フォト
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

私のフェイスブック

日の出、日の入り時刻

現在の気象衛星映像

リアルタイム地球の姿

無料ブログはココログ

Persimmon Marsh  掲示板

« 実の色の変化が示す・・・晩秋へ向かう現在 | トップページ | 人間らしい時間とは、身近な所に »

2023年10月24日 (火)

「霜降」の今日、地球は何処を公転しているか。

Photo_20231024172801
 
 今日は二十四節気の一つ「霜降」です。北極星側から見て、太陽の周りを反時計回りに公転してる私たちを載せた地球は本日、公転軌道上のどの辺に浮かんでいるでしょうか。
 
 その答えは宇宙には目印がないので答え難いでしょうが、宇宙を漂ってる私たちの地球は「黄道十二星座」の一つ「魚座」の方向に来ています。
  
 いつも書きますように「魚座」はインドの形にそっくりなので、すぐ確認できます。今宵の午前0時に「魚座」の先の尖った部分が真南にあります。世界中のどの国から見ても同様です。もちろん、南半球の国から見ると真北になります。
 
 日本で「魚座」の位置は南と言ってもかなり頭上に近い所です。地球はこのように「黄道十二星座」の内側を一年間かけて周遊してます。
 
 ところで、次のことは私の推測です。一年が12ヶ月ある理由はこの黄道十二星座のそれぞれの方向へ地球が一年かけて公転しているからと想います。
 
Dear my friends who are interested in the earth astronomically
 Today is "Sohko", one of the 24 solar calendars. Viewed from the Polaris side, our Earth revolves counterclockwise around the Sun. Where is the earth which carries us floating today?
 
 The answer may be difficult because there are no landmarks in space, but our Earth, which is floating in space, is moving in the direction of "Pisces", one of the zodiacal constellations.
 
 As I always write, "Pisces" looks exactly like the shape of India, so you can easily identify it. At midnight of tonight, the pointed part of Pisces will be due south. The same is true from any country in the world. Of course, when viewed from a country in the southern hemisphere such as New Zealand, it is due north.
 
 In Japan, the position of "Pisces" is in the south, but it is quite close to overhead. The Earth travels around the inside of the zodiacal constellations in one year.
 
 By the way, the following is my speculation. I think the reason there are 12 months in a year is because the Earth takes one year to revolve in each direction of the zodiacal constellations.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/
  

« 実の色の変化が示す・・・晩秋へ向かう現在 | トップページ | 人間らしい時間とは、身近な所に »

二十四節気」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 実の色の変化が示す・・・晩秋へ向かう現在 | トップページ | 人間らしい時間とは、身近な所に »

カテゴリー