フォト
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

私のフェイスブック

日の出、日の入り時刻

現在の気象衛星映像

リアルタイム地球の姿

無料ブログはココログ

Persimmon Marsh  掲示板

« 11月下旬、寒さに弱い植物を室内へ | トップページ | 地球上も、位置により自然はかなり異なる »

2023年11月20日 (月)

暫くは月がよく見えそうです。

Img_5374
【画像をクリックし、拡大してご覧ください。】
 
 今宵17時15分頃に撮影した8日目の月です。ですから、今日は旧暦で10月8日です。先程、日没前に倉賀野町を30分程ウォーキングしたところ、天候が回復したことから月がはっきり見えました。
 
 ところで、月の直径は約3,476kmといわれ、直径約12,742kmの地球に比べ、およそ4分の1の大きさです。
 
 それにしても、月の北極から南極にかけて朝の地域は表面の凸凹が本当によく分かります。それはそうと、地球では朝は毎日ありますが、月では朝は月に一回のみです。
 
 下方にあるクレーターは直径が200Kほどあると言われてます。つまり、関東平野がすっぽり入るほどの広さでしょう。
 
Dear my friends abroad as earthling
 This is the 8th day of the moon, taken tonight around 5:15pm. Therefore, today is October 8th according to the lunar calendar. I walked around Kuragano-town for about 30 minutes before sunset, and the moon was clearly visible as the weather had improved.
 
 By the way, as you know, the diameter of the moon is said to be approximately 3,476 km, which is approximately one-quarter size of the Earth, which is approximately 12,742 km in diameter.
 
 Even so, we can really see the unevenness of the surface of the moon from the north pole to the south pole where is in the morning. By the way, on Earth we have mornings every day, but on the moon, it only have morning once a month.
 
 It is said that the crater below is about 200km in diameter. In other words, it is wide enough to fit the Kanto-Plain in Japan.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/
 

« 11月下旬、寒さに弱い植物を室内へ | トップページ | 地球上も、位置により自然はかなり異なる »

月の満ち欠け」カテゴリの記事

コメント

「地球では朝は毎日ありますが、月では朝は月に一回のみです」の洞察と視点は興味深く、すぐには理解が難しかったが、月の自転周期、つまり月が自身の軸を一周する時間は約27.3地球日だからですね。月の満ち欠けの一ヶ月を、月の自転とみればいいのですね。宇宙の動きと時間の相対性について深く考える機会を提供して下さってありがとうございました。
 月がよく見えます。今日の夜空には、月の近くに土星が見えるそうです。天体の配置に、宇宙の壮大さと秩序を感じます。それぞれの天体が、特定の軌道を保つことで、宇宙全体のバランスが保たれています。
 「cosmos」の意味を再認識しました。

時計屋の隣りさんへ・・・現在、午前1時過ぎですが、この時間帯の挨拶が日本語にありませんね。こんばんは、又は、おはようございます。ですが、その間の挨拶は何と言えば相応しいでしょうか。
 不思議なことは地球上でもたくさんありそうです。私たちは温帯の丁度良い所に住んでいますが、北緯66度以北の北極圏や、南緯66度以南の南極圏では夜が半年間続き、昼が半年間続きます。つまり、半年は夜がなかったり、昼がありません。南半球では現在とこれから真夏です。更に、太陽が北側に出ます。三日月の形も日本とは左右が逆になります。ですから、日本では右側が明るいですが、南半球では今日も左側が明るいです。 赤道周辺では、一年中、太陽はほぼ真上から照り続けます。
 月においては、星は1ヶ月で一回、天を回ります。もちろん地球から見える星座の形と全く同じです。更に、月から地球を見ると常に空の同じところに浮かんでおり、その位置は動きません。月面の相当の距離を移動すれば、地球の浮かぶ位置が変わります。

ある人がまだ起きていて、その日の活動を続けている場合は、「こんばんは」が適切かもしれません。しかし、その人が仕事の都合で1時に起きたばかりで、新たな一日が始まったと感じている場合は、「おはようございます」が適切かもしれません。「こんばんは・おはようございます」が、いいかもしれません。

時計屋の隣りさんへ・・・おはようございます!有難うございます。
 昨今は夕方から仕事に行って朝帰宅する人も私の家の近くにおります。
 特に、郵便局、LR、コンビニ、流通機関などで働いてる人の多くがそうで、昼と夜が逆転している人がかなりいます。しかし、そのような人がいるお陰で、日本は食料不足にならず、平和に暮らしていけるので本当に感謝です。
 ところで、貴殿に戴いたコメントに対し、今朝早く返信した文章をそのまま今日のブログにしました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 11月下旬、寒さに弱い植物を室内へ | トップページ | 地球上も、位置により自然はかなり異なる »

カテゴリー