フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

私のフェイスブック

日の出、日の入り時刻

現在の気象衛星映像

リアルタイム地球の姿

無料ブログはココログ

Persimmon Marsh  掲示板

« 外国では「月」のことを何というでしょう。 | トップページ | 一際明るく輝く「明けの明星」で一日が始まる »

2023年12月25日 (月)

興味関心ある分野を一層伸ばしましょう。

Img_5454
【画像を拡大すると、一つ一つの粒がよく見えます。】
 
 筋肉維持はもちろん、心肺機能やスムースな血流のため、ほぼ毎日、故郷・倉賀野をウォーキングしています。途中で本来の目的以外に目に入り感銘することがあります。昨日は真っ赤なピラカンサツの光景に足が止まりました。寒い今が最も輝き、恰も、音楽家が第4楽章を演奏しているかの如くです。
 
 現在、多くの植物は寒さの中で枯れ枝となり、見る影もなく、じっと春を待ってます。そうかと思うと、廊下の君子蘭はすでに蕾を膨らまし、新年には咲く勢いで、その生命力に思わず感動です。年末は私たち人間にとっては今年も押し詰まり、いろいろあった令和5年も終わりに近づき、更に、年齢が一つ増えるので、何となく希望がなく寂しい気持ちに陥りがちです。
 
 しかし、私たちは年齢を重ねても「心の持ちよう次第」で、いくらでも輝けることがあるのではないでしょうか。樹齢数百年という樹木に威厳があるように、健康面でも精神面でも「老いて益々」という生き方はきっとあります。
 
 それには、自らの「興味関心がある分野を最大限に伸ばすこと」で、これこそ納得できる自分らしい生き方につながる可能性を秘めてます。例えば、楽器演奏も「心の動きと末端の10本の指の一体化です。」自分らしい生き方は何の分野であっても、自らの考えや表現を周囲に伝える手段である「柔軟性ある筋肉づくり」が基盤とつくづく感じてます。
 
Dear my friends throughout the world
 I walk around my hometown named Kuragano, almost every day, not only to maintain my muscles, but also to maintain cardiovascular function and smooth blood circulation, Along the way, I may see something than the original purpose and be impressed. Yesterday, I was stopped by the sight of a bright red Pyracanthus. It shines brightest when it's cold now, and she looks like a musician playing the fourth movement.
  
 Currently, many plants are withered withered in the cold, waiting patiently for spring without a trace to be seen. On the other hand, the Kaffir lily in the hallway has already budded and is poised to bloom in the beginning of 2024, and I can't help but be moved by its vitality. The end of the year is a busy year for us humans, and as we approach the end of the 5th year of Reiwa, which has been filled with many things. Of course we grow older by one year, we tend to feel somewhat hopeless and lonely.
 
 However, even as we grow older, we can still shine as much as we want, depending on our mindset. Just as there is dignity in trees that are hundreds of years old, there is certainly a way of life that allows us to get better as we grow older, both in terms of physical and mental health.
 
 To do this, we need to "maximize the field of our interest" and this has the potential to lead to a life that suits us. For example, playing a musical instrument is "the unification of the movement of our mind and our ten fingers at the end.'' No matter what field we are in, a way of life that suits us is "flexible muscle" which is a means of conveying our thoughts and expressions to those around you. I really feel that building muscle is the foundation.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/
 

« 外国では「月」のことを何というでしょう。 | トップページ | 一際明るく輝く「明けの明星」で一日が始まる »

人生100年時代を生きる」カテゴリの記事

コメント

 ウクライナ語で月を、「місяць」(ミシャツ)と呼ぶという情報は、特に興味深いです。ウクライナと日本の時差は7時間ありますね。
 ハワイの月の神話の神は「マヒナ」。ハワイアンとムード歌謡の第一人者の「マヒナスターズ」の名の由来にもなった。
 

月読命さんへ・・・おはようございます!
 倉賀野は今日、小春日和です。温かい時間帯に鏑川の土手を1時間ほど歩く予定です。歩幅を少々広げるだけで自然と手の振りが大きくなるから不思議です。また、鼻呼吸に重点を置くよう意識してみます。明後日は今年最後の満月で、予報では天気も良いようです。
 今宵のお酒は忘年会です。
 ところで、同じ言葉をそれぞれの国で何と言うか、比較言語学で面白いです。例えば「水」はインドではパニー、中国でシュイでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 外国では「月」のことを何というでしょう。 | トップページ | 一際明るく輝く「明けの明星」で一日が始まる »

カテゴリー