フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

私のフェイスブック

日の出、日の入り時刻

現在の気象衛星映像

リアルタイム地球の姿

無料ブログはココログ

Persimmon Marsh  掲示板

« ウォーキング、そして日帰り温泉、そして「バク」 | トップページ | ついに、梅が一輪開花です。 »

2024年1月23日 (火)

群馬県西部の光景に思わず惹かれる

Img_5557
【画像をクリックし、拡大すると臨場感が出ます。】
 
 昨日のウォーキング中、位置の高い「新鏑川橋」から群馬県西南部の方角に聳える雄大な荒船山に目を奪われ、思わずシャッターを切りました。ご覧の通り、頂上付近は平らで長いテーブルマウンテンです。周囲は推定120mほどの切り立った断崖絶壁で、左に見える高い山は経塚山【1423m】と命名されてます。
 
 荒船山は、群馬県下仁田町から長野県佐久市にかけての県境に位置します。ドライブでは今は亡き両親と幼き長女を連れて行ったり、また、風穴を訪れるなど幾度も近くに行きましたが、群馬県側の遠方から見るこの景色がとてもよく、その名の通り、荒海を進む不沈空母のような姿です。
 
 私が最初に荒船山に登頂したのは17才で、艫岩などこの山の魅力に惹かれ、その後も4回登ってます。頂上からは活火山・浅間山がより雄大に見え、眼下に神津牧場が見えます。最後の登頂は15年ほど前に今は亡き友人Tと共にです。
 
 この時、私は未だレース鳩を飼育していたので、数羽の鳩を籠に入れ登りましたら、行き交う登山客に「この中に何が入ってますか」と度々尋ねられ、その都度、「鳩が入っており、頂上から高崎市の私の家まで飛ばします」と答えました。
 
 この長い頂上を右から左へ【北から南へ】の一帯は、まさに、「高天原」で背丈の低い樹木の中を1時間ほど進むと、左の小高い経塚山に着きます。ここから鳩を1羽1羽飛ばしました。放鳩位置が高いので、方向判定は良く、間もなく視界から消え、鳩たちは無事に私の鳩舎に先に到着してました。
 
Dear my overseas friends who like nature and the symbolic bird as a peace
.................
 While walking yesterday, my eyes were fascinated to the majestic Mt. Arafune towering in the southwestern part of Gumma Prefecture from the high New-kabra-River-Bridge, and I couldn't help but snap the photo. As you can see, this table mountain is flat and long in the top. It is surrounded by sheer cliffs estimated to be about 120m high, and the high mountain on the left is named Kyozukayama [1423m].
 
 Mt. Arafune is located on the prefectural border between Shimonita-Town, Gumma Prefecture and Saku-City, Nagano Prefecture. I took my deceased parents and young eldest daughter on drives, and I visited the wind cave many times, but the view from a distance on the Gumma Prefecture side was very beautiful. It looks like an unsinkable aircraft carrier moving forward.
 
 I first climbed this Mt. Arafune when I was 17 years old, and was drawn to the mountain's charms such as the Tomoiwa formations, so I have climbed it four times since then. From the top, we can see the active volcano Mt. Asama even more magnificently, and you can see Kozu-Farm below. The last time I climbed it was about 15 years ago with my late friend T.
 
 At that time, I was still breeding racing pigeons, so when I bring a few pigeons in a cage and climbed up, the climbers passing by often asked me, "What's inside?" I answered, "There are pigeons in there, and I will fly it from the top to my loft in Takasaki City."
 
 This long summit from right to left [north to south] looks like exactly "Takamagahara" that means the dwelling place of gods in Japanese mythology. After walking through the short trees for about an hour, I arrived at the slightly elevated Mt. Kyozuka on the left. From here I released the pigeons one by one. Because the pigeon release position was high, they had good direction judgment, and soon they disappeared from sight, and the pigeons arrived safely at my loft first than me.
 
 

« ウォーキング、そして日帰り温泉、そして「バク」 | トップページ | ついに、梅が一輪開花です。 »

群馬の自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウォーキング、そして日帰り温泉、そして「バク」 | トップページ | ついに、梅が一輪開花です。 »

カテゴリー