フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

私のフェイスブック

日の出、日の入り時刻

現在の気象衛星映像

リアルタイム地球の姿

無料ブログはココログ

Persimmon Marsh  掲示板

« 「後でやろう」・・・・折角の機会を失う | トップページ | さあ、お考え下さい。 »

2024年2月14日 (水)

昭和時代の教え子が訪ねてくれました。

Photo_20240214060201
 
 昨日の午前中、庭で、水仙の芽など植物に水遣りしていたら、一人の男性が我が家を訪ねてきました。「昔、高商で音楽を教わったHです。」と言われ、顔に見覚えがあるような気がしましたが、吹奏楽部員なら分かりますが、授業ではたくさんの人数と接していたことから40年も経過すると、すぐには分かりませんでした。
 
 彼曰く、「実は今になって、昔教わった有名なギター曲「愛のロマンス」をもう一度弾き始めているが、なかなか上手く弾けないのです。突然で申し訳ないですが、指の押さえ方を教えてほしい。」と言うのです。
 
 咄嗟のことであり、私も平素ギターをあまり弾いてないことから戸惑いましたが、時間があったので、では室内で弾いてみてくださいと、20分程聞かせてもらいました。そして、いくつかのポイントを示したら「分かりました」と帰って行きました。
 
 一般的に音楽の授業で「生徒全員にギター演奏を取り入れることは少ない」でしょう。しかし、音楽鑑賞と歌だけの授業から脱却し「誰でも一つ楽器が演奏できることは後の人生に必須」と考えた私は、後に勤務した富高や前高でもギターを50台ほど用意しました。授業でクラス全員がギターに取り組み、旋律と伴奏に分かれて合奏すると本格的なギターオーケストラの響きです。 
 
 ご存知の通り、ギターの良さは、ギター曲を弾く他に、本格的なアルペイジョ奏法で多くの歌の伴奏が出来る特徴があります。おそらく、多くの一般の人は歌の伴奏を生涯経験する機会はないでしょう。ギターが弾ければ、家族が共に歌い「父親が伴奏するという彼らの将来の家庭の姿」を私は夢見てました。
 
 「きよしこの夜」や「グリーンスリーブス」など、しんみりした名曲はギターによる伴奏がとても相応しいです。我が家を訪ね、すでに50代後半になった彼は昔の音楽の授業を思い出してくれました。
 
  
Dear my overseas friends
 The simultaneous interpretation for your understanding will be after my breakfast in Japan time.
................
 Yesterday morning, while I was watering the daffodil buds and other plants in the garden, a man visited my garden. He said "my name is Hirano, who was taught music by Kakky at a high school a long time ago." I remembered a little bit his face, but if a member of a brass band club would understand, because I had contacted with a lot of students in class, so 40 years ago. As the years passed, it was not immediately clear.
 
 He said, "Actually, I've started playing the famous guitar music Romance of Love again that I learned a long time ago, but I'm having trouble playing it well. so I would like to know how to hold the fingers. ”
 
 I was confused because it happened so suddenly and I didn't play the guitar very often, but since I had time, I asked him to try playing it my room and I listened to his performance for about 20 minutes. After pointing out a few points, he said, "I understand" and he went home.
 
 Generally, in music classes, it is unlikely that all students will be encouraged to play the guitar. However, after breaking away from classes that only focused on music appreciation and singing, I thought that it was essential for everyone to be able to play an instrument in later life, so I prepared about 50 guitars at Tomioka High school and Maebashi High School, where I later worked. In class, the whole students play the guitar, and when they are divided into melody and accompaniment parts and play together, it sounds like a full-fledged guitar orchestra.
 
 As you know, the great thing about the guitar is that not only playing guitar music, but we can also use it to accompany many songs using the authentic arpeggio technique. Most people will probably never have the opportunity to accompany song in their lifetime. I dreamed of a future home where the family would sing together and their father would accompany them by the guitar.
 
 Guitar accompaniment is very appropriate for somber masterpieces such as "Silent Night" and "Greensleeves." When he visited my home, he is now in his late fifties, and recalled the old music class.
 

« 「後でやろう」・・・・折角の機会を失う | トップページ | さあ、お考え下さい。 »

人間の喜びとは」カテゴリの記事

コメント

 音楽は人々をつなげ、思い出を呼び覚ます力があるようです。教え子が「愛のロマンス」を再び弾き始めたこと、カッキーさんが彼に指導を提供したことは、音楽が生涯にわたって人々に影響を与えることを示していますね。教師冥利に尽きる話しだ。何か一つ弾ける、楽器を持てたことは教え子さんにとって幸せでしたね。

爪弾きさんへ・・・おはようございます!
 他の教科と違って、音楽の教員は職場で同じ教科の先輩がいないため、授業法を教わることができず、新米教員時代は非常に苦労したものです。
 試行錯誤を繰り返しながら、歌と音楽鑑賞と共に、授業に作曲を採り入れたり、指揮法も行ったことがあります。しかし、クラシック奏法を基盤としたギターの授業に思いの他、一般生徒たちは興味を示し、前の時間が終わると、3階4階の音楽室に飛び込んで来たほどで、その状況は嬉しかったです。
 今でも思うことは、音楽の授業では、若いうちに「男性的で本格的な発声法を培うこと」・・・声は財産であり、生涯にわたり使うもの。また、「簡単な作曲ができること」・・・これは将来、自分の子供のための歌を作詞作曲できます。こんな父親は素敵ですね。
 もう一つは、誰でも一つの楽器が演奏でき、自らを表現できること、との考えになりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「後でやろう」・・・・折角の機会を失う | トップページ | さあ、お考え下さい。 »

カテゴリー