フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

私のフェイスブック

日の出、日の入り時刻

現在の気象衛星映像

リアルタイム地球の姿

無料ブログはココログ

Persimmon Marsh  掲示板

« 今宵は下弦の月 | トップページ | ・・・・ つい買い過ぎてしまう ・・・・ »

2024年2月29日 (木)

今日は4年ぶりの「2月29日」

Photo_20240229042501
  
 地球が公転軌道上を一周するのに必要な時間は365日5時間48分46秒と計測されてます。これは恒星を観測して分かることです。1年が365日では公転軌道上を1周するのに不足し、長い間には暦と季節がずれてきます。
  
 このため、閏年は通常4年に一回行い、1年を366日にしてます。だからと言って、閏年を400年に100回行うと多過ぎるため97回になってます。
 
 公転軌道上を一周するのに毎年、365日では5時間48分46秒不足してるのですから、この半端の時間を4倍すると23時間15分04秒であり、これでは1日には足りません。それなのに、4年に1度366日にしてしまうと、今度は暦の方が先に行き過ぎてしまいます。そのために、400年に100回ではなく、400年に97回に減らしています。
 
 今年は閏年に当たり、珍しく2月が29日あり、今日がその日です。オリンピックは毎回閏年に開催されます。なでしこジャパン、パリオリンピック出場おめでとうおめでとうございます。
 
 ところで、今日2月29日は語呂合わせで4年に一度の「ニンニクの日」ですから、元気をつけたいものです。また、東京スカイツリーが完成した日です。
 
 今日は例年より1日多い日なので、どう過ごしましょう。そうだ、1日得をした日なので、今宵は楽しくお祝いしましょう。「こらっ!またか」と言う声が聞こえてきそうです。
  
Dear my earthlings
 The simultaneous interpretation for your understanding will be after my breakfast in Japan time.
......................
 It is estimated that the time needs for the Earth to complete one revolution in its orbit is 365 days, 5 hours, 48 minutes, and 46 seconds. This can be seen by observing fixed stars. 365 days in a year is not enough to complete one revolution on the orbit, so that in the future the calendar and seasons become out of sync.
 
 For this reason, leap years are usually held once every four years. The leap year makes 366 days. That being said, but, 100 leap years in 400 years would be too many, so the number is 97.
 
 At first I didn't understand why there were 97 leap years in 400 years, but after thinking this early morning, I realized the following.
 
 Every year, it takes 365 days, 5 hours, 48 minutes, and 46 seconds to travel around the orbit, so if we multiply this extra time by 4, we get 23 hours, 15 minutes, and 4 seconds, which is not enough for one day. However, if we change it to 366 days once every four years perpetually, the calendar will go too far ahead of season. Therefore, instead of 100 times in 400 years, human being has reduced it to 97 times in 400 years.
 
 This year is a leap year, and February has 29 days, which is rare, and today is that day. The Olympics are always held in a leap year. Congratulations to Nadeshiko Japan that can paticipate in Paris Olympic.
 
 By the way, today, February 29th, is "Garlic Day," which is a play on words that occurs once every four years, so we want to cheer up. It is also the day when Tokyo Skytree was completed.
 
 Today is one more day than usual, so how should we spend it? That's right, we gain a day than usual, so let's have fun tonight and celebrate. It may be heard a voice saying, "You go again to the tavern!"
  
     

« 今宵は下弦の月 | トップページ | ・・・・ つい買い過ぎてしまう ・・・・ »

地球の動き」カテゴリの記事

コメント

 太陽暦と季節のズレを調整するための閏年を祝う特別な行事はないようです。「オリンピック」は閏年を祝う行事であるように思われがちですが、閏年とオリンピックの直接の関係性はないようです。オリンピックはスポーツを通じて国際的な友好と理解を深めるためのものです。それぞれが重要な役割を果たしています。

 四年に一度だけ必ず咲く花があります。その名は、閏草(うるうそう)。 

 一日得した気分になるかどうかは、個人差がある。一日余分に働かなくてはならない、一日余分に生活費がかかる!?

山頂の一瞬さんへ・・・おはようございます!
 初めのうちは閏年が400年に97回の理由が分かりませんでしたが、今朝、よく考えたら次の通りです。
 毎年、365日では公転軌道上を周遊するには5時間48分46秒不足してるのですから、この半端の時間を4倍すると23時間15分04秒であり、これでは1日には足りません。それなのに、4年に1度366日にしてしまうと、今度は暦の方が先に行き過ぎてしまいます。そのために、400年に100回ではなく、400年に97回に減らしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今宵は下弦の月 | トップページ | ・・・・ つい買い過ぎてしまう ・・・・ »

カテゴリー