カテゴリー「anti-aging」の13件の記事

2017年3月16日 (木)

脳の活性化には集中3時間

P1010268【ピアノでテンペストに取り組む】

 年齢を重ねると、身体を動かすことは少しの努力で継続できても、脳を使う新たな分野を勉強することは容易なことはではありません。しかし、この新たなことへの挑戦は「脳のアンティエイジング」にとても効果的なことかもしれません。私たちは今まで体験したことや、得意なことの範囲では、そのノウハウを知ってることから、ある程度自信を持つことができます。
 
 一方、学生時代のように若いときなら柔軟性があり、新たな物事に対して弾力的な対応が可能となり、新たなことへの取り組みは却って期待感を持って新鮮にどんどん取り組め、新たな喜びが見出せます。
 
 例えば、音楽の分野であれば、ピアノで新たな曲を先生からやりなさいと言われれば、1~2ヶ月後にはどうにか弾けるようになります。しかし、年齢を重ねてから新たな課題を仰せ付かっても、新曲への挑戦に脳がスムースに順応しない傾向です。
 
 しかしながら、脳とは不可思議なもので、たとえ還暦を過ぎても、それほど捨てたものでないことも有り得えます。「ある期間、集中して継続し取り組む」と、青春時代の如く、結構、新たなことに没頭できるものです。どの分野でも要は「やるかやらないか」とも言えそうです。
 
P1010269【生涯かけて弾き続けたいテンペスト】
 
 以前にブログに書きましたが、私は高校卒業後すぐ就職するつもりでした。しかし、吹奏楽部に入ってたことから顧問で教育熱心なH先生に出会い、「カッキーは音楽専攻で大学へ行きなさい」と強い指導を受け、親も経済的な理由から進学に反対でしたが、結局、先生の指導に従い、受験に必要なピアノや聴音を始めました。
 
 「集中、継続」という勉強法で今思い出すのは音感を鍛えるため、3時間ぶっ通しで聴音のレッスンを受けたことです。聴音とは先生がピアノで弾いた旋律を楽譜に書き採ることで、言わば反射的な音感訓練です。
 
 休憩なしで、3時間ピアノの音を聴き続け、その音を書き続けると途中で頭が変になります。それでも続けると不思議なことに、途中から調子が良くなって書き採れることが起こったりして、人間の脳は使ってるようでも、まだまだ使ってないのか、と当時の若い私はその不思議さを感じました。
 
P1030726 【ノルンスキー場の上にある吾妻耶山山頂】
 
 ところで、年齢を重ねた現実を今思うとき、高齢になっても生きてる間は夢中になるものを持ち続け、「もう無理だとか、もうダメ」と思わず、まだまだの脳にはたくさん隙間があることを信じ、能動的に挑戦する心こそ今叫ばれてるアンティエイジングの基本中の基本ではないでしょうか。
 
 ロケット博士・糸川英夫氏の著書を読んでます。彼曰く、「今まで経験したことのない新たなことへの挑戦ほど、年齢に関係なく脳が活性化することはないと」と記してます。私たちはいつになっても、新たなことへ挑戦することが、人間として幸福に感じられる鍵ではないでしょうか。
 

| | コメント (2)

2015年12月29日 (火)

年齢を重ねても怖くない・・・夢を持たないのが怖い

P1070413 【今秋、長年の夢が実現した西上州・角落山登頂】

 タイトルは80才にしてエヴェレストを登頂した三浦雄一郎さんの言葉です。65才以上が4人に一人の割合になった日本の高齢化社会にあって、日々私たちは「どのような生き方を模索すべきか」示唆を与えます。

 考えられぬことであったが、退職とほぼ同時に妻を亡くした私は当時、途方にくれました。しかし、幸いにも元同僚Samuel Toddさんをはじめ、周囲に「自己に厳しい生き方を実践してる人物」に恵まれ、お陰で群馬県の山々を歩く喜びを教わりました。同時に、例えば、使える英語学習法など前向きな姿勢に感化され、有難く感じてます。

 近年、同級生の四分の一を亡くした現実の中にある私にとって、若き日々にはあまり感じなかったことですが、一人暮らしとなって己の「身体と脳」に真剣に向き合い、年齢が増しても、この両面をバランス調整することこそ「生きる喜び」につながると考えるようになってます。

 上の写真が示す通り、今年は両サイドが絶壁である馬の背を登り続け、予想を超えて険しかった角落山登山体験は深く心に刻まれました。あの厳しさを思い出すと少しぐらいのことにはへこたれない精神が育ったかもしれません。

P1060517【庭で見つけた打製石器・・・持ち易いように親指が入る凹みがある】

 また、2015年を振り返って大きなことの一つは、偶然にも庭で発見した打製石器です。周囲がすべて鋭利な刃になっており、植木の手入れ中、すぐにただの石とは違うと直感しました。群馬県埋蔵文化財調査センターで鑑定を受けた結果、新石器時代から縄文時代のものと分かり、驚くと共に、遥か遠い祖先の生きざまを私なりに推測することができました。

 この石器の観察を通じて、古の日本人の生活や彼らの喜怒哀楽まで想像し、逆に21世紀に生きる私を客観的に捉える見方ができ、当時の自然環境を考えると古代人の精神力は現在の私とは比較にならない勇壮なものであったと感じて余りあります。

Gn229 【GN229号】 

 一方、レース鳩飼育では、稚内モザイク号の子供として当舎で生を受けた鳩「カッキーチェ」を北海道北広島市の鳩友「デカ橋」さんへプレゼントしたところ、その鳩の直仔(GN229号写真)が今春、東舞鶴~北海道間グランドナショナル1000Kレースにおいて連合会優勝を果たし、総合7位の成績を上げました。長距離鳩作出をめざす私にとって、これは予想外の喜びになり、デカ橋さんご夫妻による快挙のお陰で、来春もより確実な長距離血統鳩を作出する希望につながってます。

 他方、芸術の分野では「新みかぽフィル」の定期演奏会を拝聴し、高校時代に聴いた群馬大オーケストラによる演奏以来、55年ぶりに生で聴くベートーベン第8シンフォニーの一小節一小節に涙が溢れ、充実した時間を味わいました。感想を拙いブログに書くことにより、より深い聴き方を学びます。今後もチャンスを逃さず演奏会に出向きます。

P1060384【西洋シャクナゲ】 

 一方、庭作りでは「西洋シャクナゲ」と「日本シャクナゲ」の饗宴に心が踊りました。育て方についてあれこれ考えたり、実践の繰り返しで、結果は開花状況で判断し、次第に自信が持てるようになりました。

 シャクナゲ開花には夏場の「半日蔭」「水はけの良さ」「水遣り」が基本であり、これからも魅力ある色彩を求め、原因と結果を通じてシャクナゲから教わります。

 ところで、今や、日本シャクナゲは貴重な存在です。あちこち探しても殆ど目にすることはなくなりました。未だ若い樹木であり大切に育てなくてはなりません。

P1050086 【珍しい日本シャクナゲ】

 如何に工夫したら毎年、豪華に開花するか日本シャクナゲと私の知恵比べです。健康に育て結果を出すには、植物もレース鳩も基本に忠実であるべきで、植物や動物の様子を観察しつつ「わが身の健康維持には日々何をすべきか」を悟ります。

| | コメント (0)

2015年9月 7日 (月)

健康長寿は「人とのつながり」を維持することか

P1070160 【本日のサルスベリの開花状況・・・果たして9月いっぱい咲くか】

 2014年、厚労省の調査によると、日本人の平均寿命は男性が80.5才で世界第3位、女性が86.83才で世界第1位です。この理由は、教育において栄養学、衛生観念が進んでいること、諸外国に比較して経済的格差が少ないこと、医療の進歩や保険制度が充実してること、日本食には脂肪量が少ないこと、島国であることから魚を多く食することなどが考えられます。

 一方、環境的に日本は中緯度に位置し、日本人は黄色人種であることから白色人種に比べ紫外線に強く、黒色人種に比べ寒冷に強いと考えられます。

 また、日本人の寿命は20世紀初頭と比べ、およそ30年延びたと言われ、これは結核や乳幼児の死亡が激減したことによります。その後、下水道設備の普及により環境が衛生的になり、感染症が低下したこと。特に、冷蔵庫の普及が食料の保存を伸ばしたことによると考えられます。

P1070044 【榛名富士の山麓】

 現在、100才を超えた日本人は684名(平成26年)を数えます。長寿についてはこれらの人に教わったり、その生活ぶりの観察が最もよい勉強になるでしょう。私は13年前、隣町の103才の男性と二度お会いしました。彼の印象は、何とはなしに悠々にして大らかさとユーモアが滲み出ていたお人柄で、普通に会話されました。

024 【当時103才・滝沢三四吉さんが建てたユーモアの碑】

 一般的に考えられる「長寿の敵」は、高血圧、脳卒中、肺炎、糖尿病、癌、大酒、タバコ、メタボ、認知症、運動不足、ストレス、不慮の事故などです。大病に罹らないことや生活習慣の改善、日々の生き方次第で長寿になれる可能性は誰にでもあるのでないでしょうか。

 それに加え、最近、叫ばれてる長寿につながるポイントは【自律性を持った生き方】であるとされてます。それは自ら世話する植物があったりして「張り合いがある」ことや「責任感を感じる」こと。何よりストレスがないこととされます。

 中でも、長寿への道として注目されてることは、いつになっても「人とのつながり」を持つことの大切さが叫ばれてます。家に閉じこもることが最もよくないようです。

P1050395【庭のねむの木】

 いずれすべて人が必ず体験する高齢化です。私の考えは、いつになっても「夢中になるものがあることで脳を使う」「日々、身体をよく動かし筋肉量を維持すること」「高齢になっても人と持ちつ持たれつの相互依存の関係にあったり、社会参加すること」ではないでしょうか。 

| | コメント (0)

2015年7月17日 (金)

脳をワクワクさせる期待感こそ・・・Anti-dementia

P1060966 【台風11号の雨の中で撮影したサルスベリ】・・・Enlarge please!

 西洋シャクナゲ、日本シャクナゲ、ツツジ、源平しだれ桃、花梅など多くの植物を生育し、鮮やかな花を咲かせるために、植物の成長を促進させる要素は「温かな気温」と「多くの水」です。如何にしたら翌春、見事な開花に繋げるかは、年間を通じて世話する必要があります。

P1060387 【今春咲いた西洋シャクナゲ大輪】・・・Enlarge please!

 これは次女の娘の誕生を記念して植えた西洋シャクナゲです。シャクナゲの育て方は今まで失敗を繰り返して、試行錯誤でやっと、どうにか把握できました。

 それは必ず「半日陰の場所」に植え、「水はけの良い場所」が基本です。「年間を通して水やり」、その他、「寒肥え」と開花終了後の「お礼肥」です。

P1050086 【貴重な日本シャクナゲの開花】・・・Enlarge please!

 翻って、私たち人間の健康維持についても、植物の生育を通して考えるようになります。

 健康の基本は、一般的に「運動、栄養、睡眠」と考えられてます。これは正しいですが、これを実践しても、短命になることは起こりえます。

 年齢が増すと共に私たちが心掛け、体内のいろいろの機能を活動的にするには「一定の筋肉量を維持することが」最も大切であると考えるようになりました。

 私たちの筋肉は運動を司る手足のみならず全身にあり、特に肺の周囲を取り巻くたくさんの呼吸筋、顔の表情を作る筋肉、食べ物を咀嚼したり飲み込む筋肉、肺と消化器を分けてる横隔膜、肛門や尿道の周囲にあって部位を開閉する括約筋など、これらインナーマスルのお陰で私たちは生命が維持できています。

 筋肉の約60%は下半身にあるといわれ、それは足腰に付いてる筋肉です。上半身は胸や背中を中心に多くの筋肉に包まれ、これらの筋肉が栄養や水分を多く含み、臓器の活動を盛んにしたり、運動機能をスムースにしていると考えらます。

P1060964 【重さの異なる数々のダンベル・・・すぐ取れるところに置いておく】

 最近、私は朝6時30分のラジオ体操をほぼ毎日やるようになりました。合計32種類の運動は多岐にわたり、「筋肉を目覚めさせ」、最も優れてる点は身体中の筋肉を殆ど動かせることです。結果的に姿勢が良くなったり、お腹が凹んできます。とりわけ、お腹が減り、一日の食事で最も大切な朝食に効果絶大です。

 一方、最近の傾向として、若い女性を中心に「痩せることが美徳」のように考えられてます。痩せる必要があるのはBMI=25以上と考えましょう。それも一律ではなく、筋肉量が多ければ、BMIが高くても痩せる必要はないです。要は筋肉の量です。

 見た目のスタイルのため流行のように何でも痩せては、前述の通り、生命維持を司るインナーマスルまで痩せ細ってしまい、健康維持の観点からは甚だマイナスです。体内から脂肪分を減らしても、筋肉は落としてはならないのです。

 私たちは「筋肉によって生かされてる」ことを常に肝に銘じ、平素から適度な運動と、「肉、卵、牛乳は必須」として摂取し、野菜を含むバランスのとれた食事を心がけ、筋肉量を維持することが健康に結びつくと考えるべきでしょう。

P1060957  一方、高齢になって心配されるのが認知症です。これを避けるには前述の筋肉量維持とともに、「夢中になる関心ごと」や「創造的な実践」があるかどうかに掛っていると想われます。その内容は人それぞれでも、結果的に目的が達成されるかもしれない状況や、評価が今までより上昇するかもしれない「期待感」こそが、とりわけ私たちの脳を生き生きワクワクさせるのではないかと考えます。

| | コメント (0)

2015年1月20日 (火)

若さ維持には新たな挑戦と発想力か

P1020902 【群馬県・榛名富士山頂から見た高崎市方面】Click please!

 平成25年における我が国の人口は1億2730万人で、そのうち65歳以上の人口が3190万人であり、4人に1人以上が65歳以上になりました。(内閣府)

 若い世代がこれらの人を支えるのは大変な負担になることから、退職して高齢になっても自らの経済力で生き抜くつもりにならなくてはなりません。健康面では筋肉を鍛え、一方、脳への新たな刺激こそ、本来の健康維持につながるように思います。

 還暦後は平均30年間あり、その時間の過ごし方は「自主性」が肝心でしょう。多くの場合、子供が独立することにより、生活環境が現役時代と変わることから、新たな充実を目指したいものです。

P1040637 【倉賀野町・大鶴巻古墳の冬】

 高齢者の生活について、次のような活動が大切と考え、私は少しでも実践できるよう努めたいと思ってます。

 1、先ず、知的活動です。文字を媒介にした活動です。それには読書であり、これは人が考えたこと、人の見方を知って、自らも考えます。概して私は就寝前や早朝に読みます。

 次に、読書と反対に文章を書く習慣です。IT時代であっても、できる限り、いつまでも手書きの実践が望ましく、特に漢字を書いたり、新たな漢字は意味を知るため辞書を座右におく環境にします。

 人間の脳は死ぬまでに全体の5%ほどしか使われいないと言われます。自分では気づかなくても私たちの中には眠っている潜在能力はまだまだありそうです。

 新たな知的活動はその他いろいろあるでしょう。例えば、英語の勉強はとても脳を刺激し、とりわけ、英作文は創意と発想力の極意であり、必然的にボキャブラリーの挑戦につながります。新たな言葉を知ると新たな自分に出合え、語学を学ぶことは高齢者に起こりやすい「型にはまった考え」から脱皮でき、柔軟な脳に移行できる一つの方法ではないでしょうか。

P1030552 【群馬音楽センター前の電話ボックス】

 2、身体活動です。高齢になると若い時より身体が弱ります。とりわけ年齢と共に減少するのが筋肉です。このため、意識してこれに対応した鍛練が必要で、学生時代に習ったルーの法則を思い出し、それは筋肉は使うことによって維持できたり、減った筋肉が元に戻ったり、増強できるという法則です。

 私たちの筋肉の70%は下半身に集中してると言われます。筋肉が少なくなると、先ず、歩行に自然さが見られなくなります。これに対応するには、勝負に拘らない運動の励行が大切です。相手は人でなく時間や距離です。冬季は温かな時間を選んで、周囲の光景を楽しむ自然散策など週1回は1時間ほどウォーキングして全身の血行を促し、脈拍110~120を目指したいものです。

 3、社会活動です。これは新たな人脈につながり、脳に今までと違う刺激を与え、新たな自分に出合えるでしょう。美術館巡りや音楽鑑賞、観劇、映画などは脳の活性化にとてもよく、また、ボランティア活動で地域とつながれば自主性、積極性の陶冶になるでしょう。

 4、家事です。買い出しや食事作り、そして後片付け、室内外の清掃を人任せにせず、自らの仕事にしましょう。庭の植物の維持管理は創意工夫が伴い、とても脳を使うことから健康面と一石二鳥です。

P1020135 【旧信越線めがね橋・・・碓氷峠】Click please!

 今は若くても誰もが避けて通れないのが高齢です。肝心なことは身体の健康と安定した経済、そして脳の健康です。そして、いつまでも若々しく過ごすには肉体と精神の両面に新たな刺激を与えたいです。それには時折、外出することが望ましく、人との交流、時にはレストランでの外食、また、旅行がとても脳を刺激するでしょう。新たな取り組みは生きる力になります。

 高齢になったら可能な限り頑固さから脱皮し、柔軟性をモットーに、自ら描いた思い=夢に少しでも近づけることが若さ維持につながるのではないでしょうか。

| | コメント (0)

2014年8月 1日 (金)

男性の平均寿命80才でも、目指すは健康長寿

P1020763【群馬県側から見た浅間山(2568m)・・・若き日に5回登頂】

 厚労省の発表によると、2013年の日本人の平均寿命は男女とも過去最高を更新し、女性は86.61才、男性は80.21才で男性が初めて80才の壁を超えました。これは「がん、心疾患、脳血管疾患、肺炎」という主要な死因の改善が要因といわれます。

 人生50年といわれた戦後に比較し30年以上も延びました。これは医療の進歩と共に食糧事情が豊かになったことが要因と考えられます。

 一方、現代は食品の欧米化と過剰摂取に因る肥満【BMI=26以上】が健康を害するとされ、これが原因で種々の病気に罹ることから、私ちは強い心を持って「食べ過ぎない食習慣」を厳守すべきです。

P1050489 【川原湯温泉・・・王湯】

 平均寿命を世界と比較した場合、日本女性は一位、日本男性は四位にランクされてます。今後、更に医療が進歩したり、特に食べ過ぎないよう食習慣が改善されれば、平均寿命はまだ延びる可能性があるでしょう。

 発表された事実は喜ばしいことであっても、数値はあくまで平均寿命であり、私たち自身の生命に直接関係ないかもしれません。目指すべきは自らの「健康長寿」です。

 近年、平均寿命とは別に大切さが叫ばれてる「健康長寿」とは、他人による介護を必要とせず、自立して生活できることを指します。

 現在、日本人の健康長寿年齢は前述の平均寿命から1割以上減じた年齢が算出され、それは意外と若く、女性73.62才、男性70.42才と算出されてます。(2010年)

P1040210 【赤城山・小沼・・・標高1450m】

 さて、このような実情から、私たちは第二の人生を「いかに自分らしく過ごせるか」が幸福を握る鍵と考えます。年齢的に若輩の私ですが、大きく三つあるように思います。

 1、び適量でバランスのとれた食事、2、経済の安定、3、物事に挑戦する気迫。

 1と2は基本で、第二の人生では趣味として「新たなる挑戦」や「若い時から続けてる趣味」が良いと考えます。それは心が充実し、延いては「脳の活性化」につながるでしょう。70才の手習いや、80才の手習いは大いに結構なことで生甲斐になるでしょう。

 年齢が増しても、今まで体験しなかった分野への挑戦は「新たな自分の発見」につながり、毎日が生き生きワクワクするものになるでしょう。「好きなことをする」及び「欲を持って生きること」が健康長寿に通じるものと確信します。

 第二の人生は、明日の予定にワクワクする毎日でありたい。

| | コメント (0)

2014年5月12日 (月)

いつまでも黒い頭髪でいるための研究

P1050178 【スズラン】

 植物の樹勢を活発にして良い花を咲かせようと試みると、同時に、自分の肉体についても「如何にしたら、より健康体になるか」考えるものです。植物も人間も生物であることから、生き生きとした姿になるためには、何かしらの手立てを継続的に施すことが基本と思ってます。

 私も初期高齢者の一員となり、増してや、一人暮らしであることから「健康の維持」と「経済の安定」、そして「夢中になれるもの」が人間らしく生きる基本ではないかと悟ってます。

P1040791  「夢中になれるもの」については、例えば、クラシックな音質を求めるソプラノサックス演奏、道北から帰還をめざす長距離レース鳩飼育、そして希少価値となってる日本シャクナゲを主とした花木の生育、また、英単語のボキャブラリー開拓、目的を血流の速さに絞ったジムでの筋トレがあり、これらに没頭することはそれぞれが「脳を刺激する」と考え、認知症=senile dementiaに縁のない状況で生活してるのではないかと密かに自負してます。

 ところで、本題の髪についてですが、如何にしたらいつまでも黒々と、できればふさふさと維持できるかについては古来より人類の課題であったことでしょう。若いときは無関心であった髪が50才前後から気になり始めました。

 私は髪の健康についても年齢だから仕方ないという前に、いろいろ工夫したり、良くない習慣を避けたり、試行錯誤してますが、最近、一つのことに思い当たりました。それは櫛です。

P1050188【柘植の櫛・・・木に樹脂が含まれてる】

 一般的に使用されてる櫛の殆どは合成樹脂=synthetic rezinが多いと想われます。しかし、私は昔から使われてた「柘植の櫛」が髪の健康に最適と感じ、日々これを使ってます。

 というのは、柘植の木=box treeを燃して分かりますが、バリバリと大きな音を立てて燃えます。他の植物を燃しても音を立てることは殆どありません。昔から柘植には脂が含まれてることが知られ、櫛に加工され髪をとかしたのでしょう。

 今では柘植の櫛は希少です。私は合成樹脂の櫛より、柘植の櫛の方が自然で櫛に含まれてる油が髪に付着すると考えてます。これなら、男性の場合「ヘアーリキッド」は少量で済むか、要らないように思います。

P1050176 【ヘアートニック】

 一方、以前は、ヘアトニックを使う意味が分からなかったので使いませんでしたが、最近はリキッドの代わりにヘアトニックをよく使います。使ってみると感じがいいです。髪がふんわりして髪が黒くなってる感じです。やはり、髪の健康に効果があるようです。大瓶であることから暫くは、積極的に使ってみます。

 このように外的な手立ての他に、内的な、つまり食物から髪に良いと想われるものを摂取します。例えば、以前と違ってることの一つに豆乳を毎日コップに2杯ほど飲んでます。

 また、これも昔から言われてることで海藻類を食卓に並べてます。朝食では、海苔、スープや味噌汁、トン汁の中にワカメをたっぷり入れます。 夕食ではモズクや、めかぶを酒の肴にします。また、時折、ナンコツを食べるようにしてます。

 年だからと諦めないで、いつまでも黒くふさふさした髪を目指したいものです。それには日々手立てを行ない、髪の栄養補給は外からと内からの両面で実践した方が、より効果が期待できるのではないでしょうか。

 もうすぐ、倉賀野中学校の同級会が開かれます。果たして、旧友から「カッキー若いね」といわれるか。

| | コメント (0)

2014年4月21日 (月)

目の健康に大切な栄養と目の体操

P1050096 【亡父の植えた八重桜】Click please!

 一年で最も温暖な季節になりました。多くの樹木はそれぞれ個性的に花を咲かせてます。写真は庭の八重桜で、樹齢は推定55年ほどです。花弁をよく観察すると白と薄いピンクの二色に咲き分けてます。一般の桜より20日遅れて開花です。自然の色彩はなぜこのように品格があり、目が休まるのでしょう。

  これについてはシャクナゲも同様で、人為的に掛け合わせた西洋シャクナゲはきれいであっても派手であることから、私は自然の色彩を放つ日本シャクナゲに目が休まる思いです。

P1050094 【日本シャクナゲ・・・ツクシシャクナゲ】

 日本シャクナゲの薄いピンクは近くで見ても、遠くから見ても品格に申し分ありません。誠に魅力があります。平地ではどこへ行ってもあまり咲いてません。希少価値の高い品種であることから年間を通じて大切に育てるつもりです。育て方については前回も触れましたが、夏の直射日光が当たると枯れてしまいます。植える場所は水はけのよい木漏れ日が最適です。

 ところで、私たち人間にとっても直射日光は「皮膚や目」など身体に良くないので、必ず、帽子やサングラス、そして水分は必携です。

 私たちが子供の頃は、夏休みが終わると「黒んぼ大会」があって、日に焼けた子供は賞がもらえ、褒められたものでしたが、今考えると皮膚にとって最も悪いことだったことになります。それは有害な紫外線を直接浴びることから皮膚だけでなく、目にも悪影響を与えることになります。

 以前に私は眼科医に診察してもらったとき、翼状扁が出ていることから手術を勧められました。しかし、手術をするかどうかは患者の意志次第といわれました。実は、すでにこの手術を2回行ってます。翼状扁は7~8年で再発とのことで、いずれ手術を受けるつもりでいます。

 先生はそのとき飲み薬を出してくれましたが、何と「ビタミン剤」でした。つまり、ビタミンは目の健康によいのです。ということは平素の食生活で野菜をたくさん摂取することが大切になります。もちろん、私の病変は手術しなくては治りませんが、とりあえず、「ビタミン剤」を出してくれたのでしょう。

 こんなことから、目の健康のために私たちが摂取を心掛けたいものは「ブルーベリー」、「緑黄色野菜」、「赤ワイン」、「赤ぶどう」、そして海産物「エビ、イクラ、カニ、サケ」などに含まれる栄養素で、これらは老眼対策にもよいと考えてます。

P1050033 【日本シャクナゲ】

 ところで、私は時々「目の体操」を行ってます。

 顔を動かさないで1、上を見る(3秒、以下同様)、2、下を見る、3、左を見る、4右を見る、5、ぐるっと大きく1周する(反対回りも)2回。6、軽くまばたきする(5回)、7、ギュッとつぶる(3秒)、8、大きく目を開ける。これを2セットです。

 現代生活はパソコン、スマートフォン、読書などで瞳を大きく動かすことはありません。一点を凝視する生活が多いです。こんなことから「目の体操」は目の血行改善に有効と考えます。また、起床時に水道水で目を洗うようにしてます。 

| | コメント (0)

2013年1月 7日 (月)

今年は創造性を磨く・・・新年の決意

P1030282  タイトルが英文であるとアクセスが少ないので、日本文に変更し、内容も少し付け加えました。

 今年になり早くも3回目のブログ更新です。本来ならば、元日に新年の決意を書く筈でしたが、急遽、元日の早朝からレース鳩の訓練を行ない、最初のブログは、そのリアルな放鳩の様子をお伝えしました。また、前回は年越しと共に為替レートが予想を超えて円安に傾いたため、これらを優先しました。

 レース鳩は趣味の面で幸先よいスタートを求め、一方、為替レートは日本経済の行く末を左右する基盤となるもので、執筆の機を逸してはならないと思いました。

157 【Samuel Todd邸のゆず】

 本日は、友人Samuel Todd宅へ新年の挨拶に伺い、1時間ほど歓談できました。彼とはかつての職場の同僚です。

 彼は以前にニュージランドのクライストチャーチに教員として赴任した体験を持ちます。ニュージーランドの生徒に、英語での説明を媒介にして日本語の授業をされ、同時にクラス担任の体験を持つ数少ない日本人教師です。

 日々、英語による担任業務は、同時に彼自身において口語英語の面から、どれほど貴重な体験であったことか計り知れないと思われます。担任は教科指導以外に生徒の悩み相談や進路指導相談、生活指導全般、とりわけ生徒との交流において、きめ細かな指導が業務です。また、先生方同士はもちろん、保護者との面談など職場におけるコミュニケーションは英語のみです。

P1010876 【赤城山】

 ところで、彼は、この年末年始にニュージランドの家族をホームステイとして受け入れ、有意義な交流をされたようです。

 サプライズは逆に来月、奥様ともども第二の故郷ニュージーランドを訪れ、先日こちらに見えた家庭にホームステイされる予定とのことです。このように互いの家に宿泊するホームステイはあまり例を見ないでしょう。誠に理想の姿です。

 一方、Samuel Toddさんは現在、前橋市でAotea English Clubを主宰しております。彼は友人であるとともに、私の英語の先生でもあります。

 彼から習った発音のポイントは【英語は子音の言語である。】ということです。日本語は常に母音が含まれてる言語であるため、私たち日本人が発する英語の発音は無意識に母音が混入しがちと考えられます。

 一例ですが、licence(免許)を私たちはどうしてもライセンスと言いたくなります。しかし、発音は【laisns】であり、最後の三つの音は「子音の三連音」で母音は含まれません。このように子音の連続は日本語にはありえないことです。単語の中に似たような事例は多くあります。

 また、英語学習には4領域があり、今までの日本の英語教育は「読む」、「聴く」が学習の中心であったが、英語をactiveにするには今後、書く(英作文)、話すに主眼をおくべと話されました。

 たまたま私も、この英作文を徹底的に勉強することが、延いては英会話の力がつくと考えてました。最近はフェイスブックでも日本語と英文の両方を載せるようにしています。

 英作文は創造性につながりそうです。

P1030287 本日の歓談中、Samuel Toddさんとは今年一年の過ごし方や、私の今年の決意についてが話題となりました。それはタイトルの Be productive=生産的であれ, Be creative=創造的であれ,  Be active=活動的であれ、の三つの姿勢が良いといわれました。常日頃、私もこれに近い生き方が内心ありました。

 特に「創造的であれ」は無から有を創ることで脳の鍛錬になり、生甲斐につながりそうです。私はこの三つを今年の決意にしました。これは高齢化社会を生きる上で大切なことと考えられ、延いてはanti-agingや、anti-dementia、anti-locomotive syndromeに繋がると思われます。

 皆様の今年一年が健康で、実り多い年になりますよう祈念いたします。コメントでの交流をお待ちしてます。

| | コメント (0)

2011年6月 6日 (月)

週一回は肉体労働を実践したい

 どうしたことか今日は一日中することがあって忙しかったです。 午前中、倉賀野から埼玉県熊谷市の日向商店までレース鳩の餌や鉱物資料を入手するためAudi TT Quattroを走らせて関越自動車道経由で行きました。仔鳩用の小粒と菜種を買いました。仔鳩のうちに骨格や翼の剛健なレース鳩に仕上げたいからです。

 店のご主人は80才を超えておられますが、レース鳩飼育法と世界経済に造詣が深く、anti-agingの最先端を行く方として私は敬意を払います。

 それは日々、日経新聞を購読し、若い人よりずっと経済を研究され、変化する世界経済に敏感に反応されてます。近年、私も経済は勉強してるつもりですが、いろいろ質問するとすぐ答えが返ります。やはり、ポートフォーリオを守るべきで、「新興国は一定期間良いことがあっても、いつどうなるか分からない。兜の緒を締めよ」と持論を展開されました。

 帰宅後、午後は写真の庭の切り石を3時間ほどかけて移動しました。実は日本シャクナゲの枝ぶりが年々大きくなり、今年は見る見る嵩が増えました。シャクナゲの成長を第一に考える私は人の通る道を迂回させることにしたのです。

 切り石の重量は推定100キロ。それでも、プロの業者が施工したかのごとく、石と石との角度も良くピッタリ収まり、我ながら上出来と思いました。

 もちろん一人でしましたが、厚さ10㎝ほどの大きな切り石を移動するのは普通ではできません。素手で持ち上げようとしても、ビクともしない目方です。

 昔習った「てこの原理」=the principles of the leverで少しずつずらしながら右の枝の下から、左上に移動したのです。それにしても上手く嵌り込みました。向きも180度回転して移動です。「てこ」は人類の先祖がストンヘンジやビラミットなど巨石建造物で使った方法で、人間の知恵は誠に素晴らしいと再認識です。

 今後、私の家に来られると日本シャクナゲの前で右に急カーブで、その後、左に向きを変えます。日本シャクナゲの成長を主に考えた今回の迂回路は植物を愛する者として一つの喜びです。

 これは先日、築山を広げた写真です。畳にして一畳分ほどです。ご覧の通り、石垣を積みました。土は庭のあちこちをすくって集め、作業は腰を痛めないように幅のあるベルトを締め、尻を突き出す感じの作業です。 結構、重たい石の数々で、重い物は50~60Kほどでしょう。

 それでも、完成し植木を植え水をまくと完成の喜びがあります。設計図はなく、頭の中での思いを実現です。こんなことでも創造です。中に植えた木は先日ご覧いただきました常夏ツツジで、来年も6色の開花を願うばかりです。

 日々肉体労働は健康のために歩くことが主です。しかし、何か生産的な活動を実践することにより、結果的に健康に結びつくのが理想でしょう。例えば、山に登ること、スポーツをすることを通して筋肉や骨に負荷を与え、1日に1回は有酸素運動=aerobic exerciseを心掛けるべきと思います。

 その点、庭づくりは重たい石を異動させたり、高い所に上がっての剪定はバランス感覚が刺激され、脳と肉体を使うのでanti-agingにいいでしょう。これからもある程度、肉体を酷使したい。褒美は夕食の一杯です。飲み過ぎなければ百薬の長。 

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

anti-aging | Anti-locomotive syndrome | anti-sarcopenia | anti-senile dementia | Audi TT Quattro | English pronunciation | facebook | ISSからの景色 | My Soprano Saxophone | New Year's resolutions | お薦めの散策コース | お酒の飲み方 | がん予防 | ご挨拶 | しだれ桃の世話 | インド生活の思いで | ウォーキングの効用 | エクステリア | エコの実践 | グルメ・クッキング | ゲーム | サイクリング | サマータイム | サルスベリの育て方 | スポーツ | トキの野生化へ | ビール | ピアノの練習 | ファッション・アクセサリ | ブログについて | ホームコンサート | ボケない方法 | ボランティア―活動 | レース鳩 | レース鳩の世代交代 | レース鳩の交配 | レース鳩の夏の健康管理 | レース鳩の血統 | レース鳩の訓練 | レース鳩の雛の餌 | レース鳩の餌 | レース鳩の馴致 | レース鳩の高度ある舎外 | レース鳩・帰還後の手当て | レース鳩持寄り前の調整法 | レース鳩梅雨時の管理 | レース鳩飼育者の健康維持 | 一人暮らしの健康維持 | 七夕について | 上毛新聞「ひろば」に掲載 | 上毛新聞に連載 | 二十四節季 | 二十四節気 | 交通安全 | 人命救助 | 人生 | 住まい・インテリア | 体脂肪率 | 倉賀野のすばらしさ | 倉賀野の七不思議 | 健康 | 健康的な冬の過ごし方 | 健康的な夏の過ごし方 | 健康長寿 | 健康食 | 健康食品 | 先人の知恵 | 八重桜 | 内視鏡による検診 | 前立腺 | 動物愛護 | 古代史 | 君子蘭 | 吹奏楽演奏会 | 呼吸筋 | 国際交流 | 地球 | 地球環境 | 大腸の健康 | 天体 | 夫婦 | 夫婦の絆 | 季節の移り変わり | 学問・資格 | 安全な入浴法 | 安全パトロール | 家族 | 寒中の過ごし方 | 小学校の英語教育 | 庭の石の不思議さ | 庭作り | 心と体 | 心の温かさ | 恋愛 | 愛車の手入れ | 愛鳩の友に掲載記事 | 我が家の仕来たり | 我が家の菜園 | 持寄り前の調整 | 指揮法 | 携帯について | 携帯・デジカメ | 教育 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日中友好 | 日本の安全 | 日本シャクナゲ | 日本シャクナゲの育て方 | 日米関係 | 日記・コラム・つぶやき | 星座 | | | 杉の木 | 果物の木 | 柴犬「ころ」 | 植物の生態 | 樹勢よくする方法 | 樹木の天敵 | 次女Marie Persimmon Marsh | 歯の健康管理 | 母の思い出 | 比較文化 | 気候変動 | 気象 | 決意 | 海外日本人学校 | 渡り鳥 | 火山の噴火 | 災害への備え | 父の思い出 | 生活習慣病の予防 | 発声法の研究 | 発電所 | 登山 | 百日紅 | 目の健康 | 石楠花の手入れについて | 神秘なこと | 私のウォーキング | 私のクリスマス | 私の経済展望 | 種鳩の管理 | 第九 | 筋トレ | 素敵な女性 | 経済 | 経済・政治・国際 | 経済講演会 | 群馬のいい所 | 群馬の日帰り温泉 | 群馬の秘湯めぐり | 群馬の自然 | 群馬県の世界遺産 | 群馬県民の声援 | 肉体の鍛錬 | 胃の内視鏡検査 | 背骨の運動 | 腰痛対策 | 自然 | 自然界の掟 | 自転車的生活 | 花木 | 花桃 | 花梅 | 若さの維持 | 英語のボキャブラリー | 英語の勉強 | 草花 | 落ち葉の再利用 | 蔵人 | 藤の咲かせ方 | 血圧対策 | 血流の促進 | 血液検査 | 血糖値を下げる | 西洋シャクナゲ大輪 | 親の役割 | 観葉植物 | 語学 | 谷川岳遭難救助の鳩 | 赤紫の藤 | 趣味 | 足腰の鍛錬 | | 車の運転心得 | 近所の交流 | 選手鳩鳩舎の構造 | 長寿について | 防災 | 集中力を高める | 雨水の有効利用 | 青春真っ只中 | 音感 | 音楽 | 音楽会 | 音楽教育 | 頭の活性化 | 高崎のいい所 | 高崎市 | 高齢化社会 | 鳩レース | 鳩月刊誌ビクトリアル | 鳩舎の改築 | 鳩舎の構造 | 鼻の健康法 | 1年を振り返って | 1月1日の天文 | MRIによる検査