フォト
2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

私のフェイスブック

日の出、日の入り時刻

現在の気象衛星映像

リアルタイム地球の姿

無料ブログはココログ

Persimmon Marsh  掲示板

カテゴリー「anti-aging」の33件の記事

2023年11月27日 (月)

日々、目標に向かって前進あるのみ

Img_5381
 
 先日は、赤い実のクロガネモチを写真に載せましたが、今日の赤い実は裏庭の南天です。昔から何事にも忌みを避けるべき鬼門の方向である庭の北東の位置に魔除けとして植えたのです。子供の頃は雪が降ると雪でウサギを作り、南天の実を目玉にしたものです。
 
 ところで、今日はノーベル賞の日です。ノーベル賞の授賞式は,毎年,12月10日にスウェーデンのストックホルムとノルウェーのオスロで行われ、ダイナマイト発明者のアルフレド・ノーベル博士が、1895年11月27日付の遺言書で賞制定の意思を示し、1901年の今日、第1回授賞式が開かれました。
 
 2022年までの日本人の受賞者数28人はスイスに次いで世界で7番目であり、 一方、ノーベル賞の6つの部門のうち経済学賞については、未だ、日本人受賞者がいないといわれます。
 
 それにしても、「遺言によって」後の世界の功績のあった優れた人を対象に、100年間も表彰が続いています。
 
 ところで、私はまだ「遺言」を考えたことがありません。それどころか、近年よく耳にする「終活」という言葉ほど嫌いな言葉はありません。そんな活動を考える暇があったら、一度しかない今後の人生を、自分の目指す生き方に向かって日々、最大限努力したい。先ず、今の状況を打破したい。
 
Dear my overseas friends who are crazy about the way of life from now on
 The simultaneous interpretation for you will be later, because from now on I will participate the radio gymnastics held in the park then I take a breakfast in Japan time. After that, I'll interpret into English for your understanding above mentioned contents. 
................
 The other day, I posted a photo of a red-fruited Kuroganemochi, but today's red fruit is a nanten that means nandin in the backyard. Since ancient times, it has been planted in the northeastern part of the garden as a talisman, which is the direction of the Demon Gate that should be avoided in all cases. When I was a child, whenever it snowed, I would make a rabbit out of the snow and use the Nandin fruit as her eyes.
 
 By the way, today is Nobel Prize day. The Nobel Prize award ceremony is held every year on December 10th in Stockholm, Sweden, and Oslo, Norway. Dr. Alfred Nobel, the inventor of dynamite, expressed his intention to establish the prize by his will, and the award ceremony was held on today in 1901.
 
 By 2022, Japan will have 28 Japanese laureates, making it the 7th place in the world after Switzerland. On the other hand, it is said that of the six Nobel Prize categories, but, there are still no Japanese laureates in economics.
  
 Even so, awards have continued "by his will" for 100 years to outstanding people who have contributed to the world's later achievements.
 
 Not change the subject, but, I have never thought about my "will" yet. On the contrary, there is no word I hate more than this word "preparation for the end of life,'' which I have heard a lot in recent years. If I had time to think about such activities, I would like to make every efforts to the best for the achievements of my purpose in life, which I only have once. First of all, I want to break out of the current situation.
  
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/
  

2023年11月18日 (土)

年を重ねると共に、筋肉をつける

Img_5362
 
 木々の葉は紅葉から落葉へと変わり、ここ1週間ほどで季節は晩秋から初冬へと推移してます。
 
 気温の低下と共に、庭のクロガネモチがいよいよ赤く膨らみ、人や野鳥たちの目を惹きます。特に野鳥たちにとっては今後の大切な餌になります。それまで、つまり、年末までは荒涼とした風景の中にあって、私たち人間が赤い色彩を充分に堪能したいと思います。
 
 おそらく、野鳥はクロガネモチを食べるには、まだ時季尚早であることを知っていて、啄む姿は見られません。彼らは現在、柿の実に集中してます。もう少し熟してからクロガネモチを啄むことを先天的に知っているのでしょう。
 
 同様に、一方の人間も「自然の恩恵に肖り」、栄養を摂取しなくてはなりません。40~50代ではBMIを22~23の基準を目指しても、私の考えでは、還暦を過ぎたら、それより少し数値が高い方を目指すことがよいようです。その理由は、一般的に、高齢になってから筋肉はあまり付きません。年を重ねてからも、もちろん五大栄養素のバランスが大切でも、特に「筋肉を作る蛋白質」を意識して摂取したいものです。
 
 健康のバロメーターはしっかりした声が出ることです。それには「筋肉」です。いつまでも溌溂とした声で身近な人と話したり、気持ちよく歌が歌えることが心身ともに大切と思います。
 
Dear my overseas friends who are interested in BMI
 The simultaneous interpretation for you will be later, because from now on I will participate the radio gymnastics held in the park then I take a breakfast in Japan time. Then, I'll interpret into English for your understanding above mentioned contents.
.............
 The leaves on the tree are changing from autumnal tint to falling, and over the past week the season has been transitioning from late autumn to early winter.
 
 As the temperature drops, the Round Leaf Holly in the garden becomes red and swollen, attracting the attention of people and wild birds. Especially for wild birds, it will become important food in the near future. Until then, that is, until the end of this year, we humans can fully enjoy the red color in this desolate landscape.
 
 Probably, the wild birds know that it is still too early to eat this plant, so I don't see them picking at it. They are currently concentrating on persimmon fruits. They probably know instinctively to pick up it after it is a little more ripe.
 
 Similarly, human beings must also "become the blessings of nature" and receive nourishment. Even if you aim for BMI of 22 to 23 in your 40s and 50s. However, in my opinion, it is better to aim for a slightly higher BMI after 60s. The reason is that people generally don't gain much muscle as they get older. Even as we grow older, it is of course important to maintain a balance of the five major nutrients, but we especially want to be conscious of "protein that builds muscles" in our intake.
 
 The barometer of health is having a strong voice. It's muscle. I think it's indispensable for both our body and mind to be able to talk to people around us with a lively voice and sing songs comfortably.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/
 

2023年9月18日 (月)

「私も一役、高齢化社会」をモットーに生きる

308053691_5401038863352469_1365467589230
 
 現在、一人暮らしの高齢者数は全国でおよそ563万人で、 内訳は男性が180万人、女性が約383万人で、女性が男性の2倍以上と言われてます。
 
 実は、私もその一人で、今のまま肉体的、精神的に健康を増進・維持し、施設に入らず、年齢を重ねても自らの夢に向かって生き、社会に好奇心を持ち、身の回りのことは自ら行い、ずっと我が家で暮らす強い意志を持ってます。
 
 今日は9月の第三月曜日なので敬老の日です。老人福祉法では65才以上を高齢者としてますが、現代の65才はまだまだ若々しい方が多く、嫌がる場合は無理にお祝いしない方がいいでしょう。人によっては私のように「年寄り扱いされたくない」人もいるでしょう。
 
 78才以上の高齢者は、現在のウクライナのように厳しい戦争を体験され、敵機B29爆撃機が上空に現れると空襲警報のサイレンが鳴り、防空壕の中で辛い生活を余儀なくされました。また、戦後の食糧難を体験され、その後は、長年に亘り社会のために働いてきた方々です。大切なことは、今の社会の礎を築いてこられた高齢者を敬い、日頃の感謝を伝えることに重きを置きたいものです。
 
 そして、「私も一役、高齢化社会」を合言葉に、身近な高齢者のために日々温かい言葉をかけ、お手伝いしたいものです。
  
Dear my friends abroad who respect the elderly to the core
 Currently, there are approximately 5.63 million elderly people living alone nationwide, of which 1.8 million are men and 3.83 million are women. Therefore, it is said that women are twice than men.
  
 In fact, I am one of those people, and I want to improve and maintain my physical and mental health, stay out of institution, live toward my dreams even as I get older, be curious about society, and take care of my surroundings. I take care of myself and have a strong will to stay in my home forever.
  
 Today is Respect for the Aged Day in Japan, as it is the third Monday of September. According to the Elderly Welfare Act, people aged 65 and over are considered elderly, but many 65-year-olds today are still quite young, so if they don't want to be celebrated it, it's probably best not to force themselves to celebrate. Some people, like me, may not want to be treated as old.
  
 Elderly people over the age of 78 have experienced harsh wars such as those in Ukraine today. The enemy B-29 bomber appears in the sky and the air raid siren sounds, people including children were forced to live a difficult life in air raid shelter during world war Ⅱ, experienced food shortages after the war, and have worked for society for many years afterwards. The important thing is to respect the elderly who have built the foundation of today's society, and to place emphasis on our daily gratitude.
  
 And, with the motto "I too can play a role in the aging society," I would like to speak out to the elderly people around me and help them in daily life.
  
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/
  

2023年7月 9日 (日)

本当によく磨ける「幅の広い歯ブラシ」

M21357951946_5
  
 ずっと長い間、私は一般的な歯ブラシを使用してましたが、半年前に、娘の家でもらって初めて「幅の広い歯ブラシ」を使いました。
 
 これが思いのほか「本当によく磨けることに気づき」、その後は、ずっと幅の広い歯ブラシを使用してます。これはお薦めです。値段も殆ど普通幅のものと変わらず、最近、私がよく行く「百円均一」でも売ってます。
 
 ご存じの通り、私たちの歯の数は、親知らずを入れなければ28本です。厚労省では「80才で20本残しましょう。」と8020運動を推進してます。しかし、本来ならば、高齢になってもすべての歯で食事をしたいものです。歯が揃っていれば咀嚼のみならず、発音が明瞭であり、いつまでも気持ちを込めて歌えます。同時に、顔の表情が豊かです。
 
 一方、歯を丈夫にするにはカルシュームを含む食事内容が考えられます。例えば、牛乳、骨ごと食べられるシシャモ、軟骨などです。食習慣として、柔らかい物ばかり食せず、多少は硬いもの、歯ごたえのある食品も大切です。また、平素から砂糖を含む甘いものや炭酸飲料を避けることが歯を健康に保つと考えられます。
 
 ご存じの通り、「虫歯菌と歯周病菌は就寝中に増殖する」ことから、歯磨きは起床時と毎食後です。
 
Dear my friends abroad
 I've been using a regular wide toothbrush for a long time, but six months ago, I used the "wide toothbrush" which shows in the photo at my daughter's home for the first time.
 
 "I realized that I could brush really well than I expected", and since then I've been using a wider toothbrush. I recommend you to use it from now on. The price is almost the same as that of the normal width, and it is also sold at the "100 yen uniform" that I often go to these days.
 
 As you know, we have 28 teeth, not including wisdom teeth. The Ministry of Health, Labor and Welfare in Japan is promoting the 8020 movement, saying, "Let's leave 20 teeth at the age of 80." However, if it is originally, we want to eat with all our teeth, even when we are old. If our teeth are aligned, we can not only masticate, but also pronounce clearly, and we can sing with our heart forever. At the same time, the facial expressions well be richer.
 
 On the other hand, dietary content containing calcium can be considered for keeping strong teeth. For example, milk, shishamo that means smelt that can be eaten together with bones, and cartilage. In terms of eating habits, it is important for us not to eat only soft foods, but to have some hard foods and chewy foods. In addition, it is thought that avoiding sweets containing sugar and carbonated drinks will keep your teeth healthy.
 
 As you know, "cavities and periodontal bacteria multiply during we sleep," so we should brush the teeth when waking up and after each meal.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/
  

2023年3月15日 (水)

もしかして 現役時代より 退職後が長いかも

Img_4410
  
 現役時代は、毎年、目の前の仕事が変化の連続で、脳が新たなことへの適応に迫られました。私の場合、その中で最も大きなことは職場が7回も異動したことで、その度に、今までと全く異なる新たな人間関係が始まりました。職場に数十人もいると最初は名前と顔が一致せず、ましてやその人の性格、特徴など知る術はありませんでした。ところが歓送迎会は新たな人脈を作るのに誠に有意義でした。
 
 若かった当時は1ヶ月も経過すると、仕事や周囲の人たちとも打ち解け、新たな通勤路、新たな環境や仕事の種類に適応し、不思議なことに、次第に今までの職場を忘れ始め、2年目には全く慣れてしまったものです。この頃は「脳が柔軟だった」のでしょう。
 
 ところで、30~40年して誰にもやって来る「退職後とはどうか」というと、一般的には悠々自適でのんびり過ごす生活になると考えがちですが、私は、これが「脳活動と健康長寿に最も悪い」と考えてます。
 
 身体の動きが鈍化し、脳は「新たな変化に対応できない」習慣が身に付いてしまいがちです。退職後こそ、自分らしく創造的になり、「水を得た魚の如く」待ってましたとばかり、新たな自分で生きることではないでしょうか。
 
 それには「まず、現役中の肩書や組織の地位などを思い切ってすべてを捨てる」ことで、初めて退職後の新たな自分の人生を構築できることになるでしょう。今までになかった「新しい自分」のスタートラインに就く意気込みこそ退職後では肝心なことと考えます。
 
 今や、人生100年~120年時代ともいわれてます。もしかして現役中の期間より退職後の期間の方が長くなる可能性もあります。退職後では、創造性と健康長寿ほど大切なことはありません。
 
Dear my friends throughout the world
 During my active career, the works in front of me were constantly changing every year, and my brain was forced to adapt to new things. In my case, the biggest thing was that I changed workplaces seven times, and each time I started a new relationship that was completely different from before. At first, there were dozens of people in new workplace, their names and faces didn't match, and there was no way to know their personalities and characteristics. However, the welcome and farewell party was really meaningful for making new human relations.
 
 At that time, when I was young, after a month or so, I became familiar with my work and the people around me, adapted to new commuting routes, new environments, and types of work. Strangely enough, I gradually started forgetting my old job, and by the second year I was completely used to it. At that time, "My brain might be flexible".
 
 By the way, for everyone, when the active service comes to 30 to 40 years, "What about retirement?", people tend to think that it will be a relaxed and leisurely life, but I think this is the worst for "brain activity and healthy longevity".
 
 The movement of the body slows down, and the brain tends to acquire the habit that "we can't respond to new changes." After retirement, we should be creative in our own way and live actively in the new environments like a fish in water.
 
 For doing that, "first, throw away everything we had, such as our title and position in the active service period" and we should build a new life for ourselves after retirement. I am of the opinion that the enthusiasm to get to the starting line of a “new life” that has never existed before is the most important thing after retirement.
 
 Now, It is said that we live in an age of 100 to 120 years. It may be possible that the period of after retirement will be longer than the period of active duty. Creativity by brain and healthy longevity have more indispensable for our after retirement.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/..
 

2022年4月19日 (火)

願い込め 倉賀野神社に 参拝す

Img_3203
 
 今日、4月19日は語呂合わせで「良いキュウリの日」です。その名の通り、旬のキュウリは本当に美味しいです。また、今日は歩いて5分のところにある倉賀野神社の春の大祭です。
 
 ここでは植木市が開かれ、今日は天気も春らしく賑わうでしょう。私も参拝し、この一年の健康に感謝し、もし、神が受け入れてくれるなら、一つお願いをしてきます。
 
 庭は一年でも最もよい花の時季になり、ご覧の通り、紅い西洋シャクナゲと八重桜が共演しています。
 
 このシャクナゲは背が高い私よりもっと高さがあります。花の咲き具合から樹勢は健康です。私もこのシャクナゲに負けぬよう今日一日、Anti-aging をめざし、外で身体を動かし、ウォーキングでは2cmほど歩幅を広げて長い脚を有効に使いたいと思います。
 
Dear my friend who loves health and visiting shrine
 Today, April 19th is "Good Cucumber Day" in pun here in Japan. As the name suggests, seasonal cucumbers are really delicious beyond description. Also, today is the spring festival of Kuragano Shrine where is a 5-minute on foot from my residence.
 
 The market of plants will be held here, and the weather will be springy today. I also worship and thank God for my health of the days gone by. On the other hand, if God accepts me, I will ask God for important one for me.
 
 Now, the garden is the best flower season of the year, and as you can see, the red western rhododendron and the double cherry blossoms are co-starring.
 
 This rhododendron is taller than me. The tree vigor is healthy because of observing the condition of blooming. I would like to aim for Anti-aging all day today so as not to lose to this rhododendron, move my body outside, and when walking, I would like to widen my stride by about 2 cm using my long legs effectively.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

2021年10月19日 (火)

姿勢こそ 人に印象 与えるもの

Img_2494
 
 杉の木が「テッポウ」に丁度良い高さになり、いよいよ毎朝、体を鍛えてます。「テッポウ」は上体や肩甲骨のみならず、全身運動になります。腕で押した後、更に片足を樹木に引き寄せると一層、圧力が高まります。1セットは続けて20回です。
 
 姿勢とは人の印象をあたえるものと感じます。また、姿勢は心の状態をも表現してます。良くない姿勢は胃や肺を圧迫します。「テッポウ」した後は牛乳を飲む習慣にしてます。運動と栄養は対になってると考えるからです。
 
Dear my friends abroad
 The height of the cedar tree as you see in the photo is just right for "Teppo" which means pushing-up like a sumo wrestler's exercise , and I finally train every morning. "Teppo" is not only for the upper body and shoulder blades, but also for whole body exercise. After pushing with my arms, I pull one foot toward the tree to increase the pressure. One set is 20 times in succession.
 
 I feel that "Posture changes people's impressions." Posture also expresses the state of mind. Correct posture does not put pressure on the stomach or lungs. I make it a habit to drink milk after "Teppo". I think exercise and nutrition are a pair.
 
上の拙い英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

2020年11月24日 (火)

年を重ねるほど筋肉トレの重要性を悟る

Img_1416
 
 家で時間があると筋トレしてます。私の考えでは「生活することとは要するに筋肉を使うこと」です。私たちの身体には無意識に働く呼吸筋を初め、多くの筋肉が取り巻いてます。同じ種類の筋トレのみでなく、押したり持ち上げたりのほか、最近では引く力を鍛え、バランスを考えトレーニングします。
 
 引く力を鍛えるには筋トレ用のゴムを使います。引くことは結構楽しいです。1セット20回引きます。
 
 いかに昔の考えから脱却できるかどうかです。今では学術的にも、年令が増すほど筋トレの必要性が叫ばれています。なお、筋トレ後は牛乳を飲みます。
 
 実は、筋肉が増えると安定した歌声になります。つまり、生活の質が向上します。
 
 When I have time at home, I do muscle training. I am of the opinion that "living is basically using muscles." Many muscles surround our body including the unconsciously moving respiratory muscles. Not only the same type of muscle training like pushing and lifting, but recently I train pulling force as well with a well-balanced method.
 
 I use the rubber for training. It's fun to pull. Drawing 20 times per set.

  How can we get rid of the fixed ideas? Nowadays, academically, the need for muscle training is being called out as the age increases. After muscle training, it is effective to drink milk.
 
 In fact, when gaining muscles, we will have a stable singing voice. In other words, it improves our quality of life.

 

2020年9月17日 (木)

猫背矯正には、もう一人の自分がチェック

Img_1188

 私のように比較的背が高い場合、年齢と共に注意しなければならないことの一つに猫背になりやす点があります。

 これは普段から俯き加減の生活の場合、頭の重さを支える背筋が伸びてしまったり、胸筋が縮み、長い期間の習慣から背骨も曲がってしまってると考えられます。また、本人は慣れた姿勢が楽なことから矯正を考えない場合があります。

 しかし、全身を映す大きな鏡や、自分の全身写真を見ると「これではいけない」と気づくことがあります。猫背になると見た目の姿勢の悪さのみならず、健康を阻害したり、精神的にもマイナス志向になりやすく、それにも増して、肺や胃など大切な臓器を圧迫するてしょう。このため、もう一人の自分の目で姿勢をチェックする習慣が必要です。

 先ず、自分が猫背であるかどうかの判定方法は簡単で、壁に背を向けて立つとすぐ分かります。この場合、壁に踵、お尻、肩甲骨、後頭部の4か所を接触して楽に立てれば問題がありません。しかし、多くの場合。後頭部を壁につけると顔が斜め上を向いてしまいがちです。試してみてください。顔が楽に正面に向けるられるためには胸をかなり反る必要があります。

 ラジオ体操の中には、両手握り、腰骨の後ろを支えて身体を後方に反る運動があります。このような体操は、姿勢の矯正にはとても有効で、可能な限り後ろに反りたいものです。また、その手をもっと上にして胸部を反るようにすると一層、効果的です。

 ところで、先日、ラジオ体操会の講演会が開かれました。地区で行われてるラジオ体操のインストラクターによるブラジル訪問の体験会報告会と懇親会が開かれ、いろいろ質問の時間が設けられました。

 その折、私はブラジルについて、質問もしましたが、同時に「猫背解消法」があれば教えて下さいと訊ねたところ、会員のK氏が教えて下さったことが、なるほどと印象に残り、以後、その方法を励行しています。

 それは両肘を90°に曲げ、前に出し、「手のひらを上にするだけ」で姿勢がよくなるというものです。実行してみると確かに両方の肩甲骨が接し、胸も開く感じになりました。質問とはしてみるものです。

 それ以来、ウォーキングのとき、私は「手のひらを上にする姿勢」で腕を前後に降り、ストライドを広げ、遠方を眺めつつ前進するように心掛けてます。ちょっと目には「何かちょうだい」の形になります。このため、人がいない場所で行ってます。

 猫背を矯正するには、姿勢の正しさが健康の基盤と考えること、及び、日々、心身ともに自己改革する意志が不可欠なことは言うまでもありません。

   

2020年7月27日 (月)

年齢を重ねても、夢を持ってこそ、一生青春

Img_0979

 老若男女を問わず誰でも一年一年、否応なしに年齢を重ねて行きます。同時に人生の途上では考えられないことに遭遇するものです。こんなことも災いしてか、一般論として、年を取ると恰も、もう夢がないように考えがちです。しかし、本当にそうでしょうか。

 「人によっては人生途上で苦難を体験しても、何才になっても、前向きに生きてる人」に出会います。例えば、朝6時30分からの地区のラジオ体操会で出会った80才前後の女性は近年、配偶者を亡くましたが、彼女の第一印象はとても姿勢が良く、歩く姿は絵に描いたように軽やかで、その上、明るい人柄です。

 彼女曰く「今朝は5時からもう倉賀野中学校経由で緑地公園まで歩いてきました。」とのことです。スマホの万歩計を見つつ「すでに8000歩です。」とにこにこしながら会話も弾みます。

 この歩数は距離にしておそらく5K程でしょう。ですから、ラジオ体操する時点で、すでに血液循環は誠にスムースになってる筈です。

 続けて、彼女曰く、「以前は毎朝、倉賀野の自宅から線路伝いに高崎駅まで歩いて行き、帰路は電車です。」私はその話を聞いて、彼女の姿勢の良さと、見事な歩き方、また、明るさは、揺るぎない精神と人並み以上の修練を経て成せる業で、健康とは、あるいは人柄とは、一朝一夕には築けるものではなく、日々の積み重ねが基本にあると思いました。

Img_0981

 私たちにとって、健康増進は基本の基であるとともに、心の持ち方こそ、人生の後半戦を生きる中高年にとって要でしょう。それは「自分の内面について、今までの殻を破り、できなかったことを可能にしたり、自分らしく生きるための知識を増やすなど、自らを進化させることではないでしょうか。

 子供が成長し、成人してからこそ、私たちは今度は自らのために「人間らしく生きる道」「豊かな内容ある生活」を模索し、その実現のため日々目的に向かって有り余る時間を使うことができます。

 学生時代はその殆どが好き嫌いに関わらず取り組んだいわば必須科目でしたが、人生の後半戦では、自ら本当に極めたい科目のみを深めればいいのですから気は楽です。

 私の場合、若き日のインド滞在中の想いが半世紀経た今でも続いています。その一つが「これを英語で何と言うか」、という遠大な課題です。ついにこれが生涯に亘る目標になりました。このことにある日、気づきました。

 つまり、「語学は才能でなく、辞書を引く回数である」ということです。

 結局、話したい英単語を知らないのです。このため、これを解決すれば、少しはスムースには話せるのではないかとの思いに達したのです。

 帰国後、海外から学校に来るAET(英語指導助手)の先生は日本語が話せないためでしょうか、殆どの人が職員室の隅で寂しそうにしてることが多かったです。日本の先生方も多くは話しかけないからです。私は休み時間などに積極的に話しかけ、夜の飲み会にもよく誘いました。

 このようなときも、滞印中と同じ体験をしました。話したい内容の単語が口から出てこないのです。内心「よしこれを解決すれば」あるいは口から出てくるかもしれないと感じたのです。

 以来、今でも英語の辞書は和英辞典を引くこと8割、英和辞典を引くこと2割の辞書の使い方です。

 日々、この方法で英作文してますが、所詮外国語です。生涯かかってもすべては解決できないでしょう。しかし、年齢を重ねても、真剣に取り組める対象があることは幸せで、気持ちは若き日とあまり変わりません。

  

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-cancer measure anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia anti-stroke antioxidant Audi TT Quattro Covid 19 English pronunciation facebook ISSからの景色 Marie persimmon Marsh Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone studying English pronunciatoin いすゞ117クーペ うっかりミス お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 よい睡眠 イクステーリア インドの思い出 インドの自然 インドの言葉 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 ガーデニング グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 シャクナゲ ストレス解消 ストレッチング スピーチ スポーツ スムースな血流の促進 トキの野生化へ ハイビスカス パソコン ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 ロフト ロマン 一人暮らしの健康維持 一生勉強、一生青春 七五三 七夕 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に掲載 上毛新聞に連載 不思議なこと 世の中、捨てたものではない 世代交代 世界の指導者 世界の標準時 世界経済 両親に感謝 中国語 中生代 予防 二十四節気 五感 井戸水 交通安全 人との出会い 人命救助 人生 人生これから 人生の不思議 人生の基盤 人生100年時代を生きる 人間の喜びとは 人間の知恵 今日は何の日 会話の仕方 低体温を防ぐ 低栄養を防ぐ 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野のよい所 倉賀野の七不思議 倉賀野の歴史 倉賀野小 倉賀野小学校 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康的な春の過ごし方 健康的な秋の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 備えあれば憂いなし 先人の努力 先人の知恵 先祖 全員必修の意義 八重桜 内視鏡による検診 再生可能エネルギー 初夏の花 初夏の過ごし方 前立腺 剪定 創意工夫 助け合い 動物愛護 動物愛護について 反省 口腔衛生 古代史 可能性を導く 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 味覚 呼吸筋 和風住宅 国際交流 国際宇宙ステーション 国難のとき 地区とのつながり 地殻変動 地球 地球の動き 地球温暖化 地球環境 夏の星座 夏季の花 夏至 夏至の天体 多年草 大切な栄養素 大相撲 大腸の健康 天体 天体のランデヴー 天体ショー 天敵 太陰太陽暦 太陰暦 太陽太陰暦 太陽系 夫婦 夫婦の絆 失敗から学ぶ 奇妙なこと 姿勢 子供の頃の思い出 季節の移り変わり 学問・資格 学習に遅すぎることはない 宇宙に浮遊してる私たち 宇宙は暗黒 安全な入浴法 安全パトロール 安全運転 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 寛大な心 小学校の英語教育 少子高齢化の結果 川柳 平和 平和の使者 庭いじり 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の弱さ 心の温かさ 心肺機能の強化 心配な雹によるダメージ 思い出 恋愛 恩師 情熱 惑星 惑星の動き 想像力 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 感染症 感染症対策 我が家の仕来たり 我が家の菜園 抗酸化作用 持ちつ持たれつつ 持寄り前の調整 指揮法 挑戦は続く 挿し木 換気の必要性 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 文章の力 文章を書く 料理法の改善 新たな発見 新みかぼフィル 新聞投稿文 旅行・地域 日の出、日の入り時刻 日ロ友好 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の未来 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 旧暦 早春 早朝の時間帯 早起きは三文の損 旬の野菜 昆虫 昆虫の生態 星座 星食 春の過ごし方 春への憧れ 時代の波に乗る 晩夏から初秋へ 晩秋から初冬へ 暦について 月の満ち欠け 朝の習慣 朝ドラ 未来ある子供の安全 本との出合い 杉の木 果実酒 果物の木 枝垂れ桃 柴犬「ころ」 柿の良さ 栄養価ある野菜 栄養素 梅の花 梅雨の過ごし方 植え替え 植物の不思議 植物の天敵 植物の植え替え 植物の生態 植物の越冬 横隔膜 樹勢よくする方法 樹木の健康 樹木の剪定 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康 歯の健康管理 歯の渋 歴史 母の思い出 母の教え 比較文化 毛細血管 気候変動 気圧配置 気象 気象と健康 気象病 水分補給 決意 決断の時を知る 流星群 流通 海外日本人学校 海馬 渡りの習性 渡り鳥 温活 源平しだれ 漢字を手書きする習慣 火山の噴火 火星の接近 災害への備え 父の思い出 牡丹 狂い咲き 環境衛生 生命力 生活の知恵 生活改善 生活様式の変化 生活習慣病の予防 異常気象 疲労回復 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 相互依存 相手の気持ちを考える 真冬から早春へ 睡眠法 石楠花の手入れについて 社会の変遷 社会生活の基本 祖父母の情熱 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の先祖 私の夢 私の家族 私の愛読書 私の料理 私の経済展望 秋の星座 秋の月 秋分の日 秋田犬 種鳩の管理 立春とは 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 精神力 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済効果か、人間か 経済活性化 経済講演会 美肌効果 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬の高速道路 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肉体作業 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 脳の働き 腰痛対策 膝の健康 自分を変える 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然の脅威に対処 自然散策 自然現象 自然環境の保護 自然界の不思議 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 芸術性 若き日 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音 英語の発音留意点 草花 菊の美しさ 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 蝉の一生 血圧 血圧の変化 血圧対策 血流 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ大輪 親の役割 親の役目 親離れ、子離れ 観葉植物 言葉の重み 記憶力 語学 読売新聞に掲載 谷川岳遭難救助の鳩 豊かに発想 資源ごみ 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足の運動と手当て 足腰のトレーニング 足腰の鍛錬 車の安全運転 車の運転 車の運転心得 車検 辞書の使い方 近所の交流 迷信 道具 選手鳩鳩舎の構造 選挙 選挙の投票 野鳥の楽園 野鳥の生態 野鳥の飛来 長寿について 長寿会「お知らせ版」 防災 除草 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の切り替え 頭の活性化 風物詩 風邪対策 食事 食物繊維 香りを楽しむ 骨の検査 高崎のいい所 高崎のよい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 高齢者の運動 高齢者の運転 高齢者講習 鳩による国際交流 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 4月に咲く植物 MRIによる検査 SNS

カテゴリー