カテゴリー「anti-constipation」の1件の記事

2017年10月 2日 (月)

便秘とは縁のない生活を送ってます・・・目から鱗

P1000922【私のウォーキングコース往復4K】・・・思わず足が前に出てしまいます。

 私たち人間の行うすべての動作の中で最も自然な行為は排便です。私たちの遠い祖先が生きてた旧石器時代より、おそらく大自然の中で排便行為を行っていたのです。太古の時代も現在でも共通するこの排便行為がスムースに行えるかどうかは、健康に関しては言うに及ばず、「脳の働きに関係」すると私は考えてます。
 
 この点から現在の大きな社会問題である認知症対策としても、スムースな排便は健康生活を継続する過程で誠に中核と考えなくてはなりません。この排便機能を司る臓器は大腸の上行結腸~横行結腸~下行結腸~S状結腸~肛門です。
 
 私は今まで大腸の内視鏡検査を数回受けてます。検査後、医師が説明するとき、検査中に撮った動画画像を見せてくれます。大腸内は全体的にピンク色に近く、大きな皺があり曲がりくねり、意外ときれで、神秘的なトンネルの連続です。腸壁には無数の毛細血管が浮き上がって見え、初めて自分の大腸内の画像を見たとき、私の生命はこれで継続してると驚愕しました。
 
 前述の如く、幾日か便秘が続くと体調がよいとは言えず、重苦しい心境が続き、余り物事が思考できません。それが長いこと習慣化すると、あちこち体内の不具合につながり、害はあっても益はないでしょう。
P1010972
 
 1ヶ月前、拙いブログに記述した通り、近くの黒沢病院で前立腺がんの公開講座を受講しました。受講者の多くは現在この病気を患ってる人が多数のようでしたが、私は予防という観点から講師である院長先生の説明を聴き逃すまいとメモをとりました。
 
 大きなポイントとして、前立腺がん予防には、可能な限り【欧米化した食物を回避する】と共に【大豆製品、及びリコピンを含有するのでトマト】がよいと話されました。現在、前立腺がんを患ってない私は偶然この講習会の存在を知り、講義を受講し良かったと心底から思っています。
 
 その後は、これを実践してる日々です。時に便秘がちであったので、最近の私は「目から鱗が落ちた」感じです。
 
P1020080【抗酸化作用のリコピン豊富なトマトジュースを1日2杯】
 
 トマトジュースは食塩不使用のもので、リコピン1.5倍のものです。これを夕食後1杯、そして目が覚め、喉が渇いた早朝3時~4時頃に1杯です。講習会の翌日からこれを生活習慣にしてます。
 
 どうしたことでしょう。便秘の症状は全くありません。それとともに量が多くなりました。私の考えでは【排便後の爽快感こそ重要】で、理想は、毎日より2日に一度にしてます。
 
 その理由は前述の通り、大腸の最後に【S状結腸】があるからです。人間の身体は誠によく出来てます。これは腸から下がって来た便をこの捻くれたS状結腸が抵抗を生じさせ、わざわざ下へ下がらないようブレーキを掛けてるのです。
 
 私はこの役目を有効利用し、上から下がって来てもすぐに出さず、溜めてから一気に出すためのものと考えます。これにより、爽快感が得られ、心もさっぱりする原動力です。
 
 ところで、トマトに含まれる「リコピン」は赤い色素であり、強力な抗酸化作用を持ってると言われます。主な働きは血糖値を下げたり、動脈硬化を予防したり、anti-agingに効果的とされてます。その中の大きな一つがanti-constipationで、適度な運動を取り入れつつ、便秘に苦しまない生活を実感してます。
 
 

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

anti sarcopenia | anti-aging | anti-constipation | anti-heat stroke | Anti-locomotive syndrome | anti-sarcopenia | anti-senile dementia | Audi TT Quattro | English pronunciation | facebook | ISSからの景色 | My Soprano Saxophone | New Year's resolutions | お薦めの散策コース | お酒の飲み方 | がん予防 | ご挨拶 | しだれ桃の世話 | イクステーリア | インド生活の思いで | ウォーキングの効用 | エクステリア | エコの実践 | グルメ・クッキング | ゲーム | サイクリング | サマータイム | サルスベリの育て方 | スポーツ | トキの野生化へ | ビール | ピアノの練習 | ファッション・アクセサリ | ブログについて | ホームコンサート | ボケない方法 | ボランティア―活動 | レース鳩 | レース鳩の世代交代 | レース鳩の交配 | レース鳩の夏の健康管理 | レース鳩の血統 | レース鳩の訓練 | レース鳩の雛の餌 | レース鳩の餌 | レース鳩の馴致 | レース鳩の高度ある舎外 | レース鳩・帰還後の手当て | レース鳩持寄り前の調整法 | レース鳩梅雨時の管理 | レース鳩飼育者の健康維持 | 一人暮らしの健康維持 | 七夕について | 上毛新聞「ひろば」に掲載 | 上毛新聞に連載 | 二十四節季 | 二十四節気 | 交通安全 | 人命救助 | 人生 | 住まい・インテリア | 体脂肪率 | 倉賀野のすばらしさ | 倉賀野の七不思議 | 健康 | 健康的な冬の過ごし方 | 健康的な夏の過ごし方 | 健康長寿 | 健康食 | 健康食品 | 先人の知恵 | 八重桜 | 内視鏡による検診 | 前立腺 | 動物愛護 | 古代史 | 君子蘭 | 吹奏楽演奏会 | 呼吸筋 | 国際交流 | 地球 | 地球環境 | 大腸の健康 | 天体 | 夫婦 | 夫婦の絆 | 季節の移り変わり | 学問・資格 | 安全な入浴法 | 安全パトロール | 室内楽の楽しみ | 害虫 | 家族 | 寒中の過ごし方 | 小学校の英語教育 | 庭の石の不思議さ | 庭作り | 心と体 | 心の温かさ | 恋愛 | 愛車の手入れ | 愛鳩の友に掲載記事 | 我が家の仕来たり | 我が家の菜園 | 持寄り前の調整 | 指揮法 | 携帯について | 携帯・デジカメ | 教育 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日中友好 | 日本に関する英文表記 | 日本の安全 | 日本シャクナゲ | 日本シャクナゲの育て方 | 日米関係 | 日記・コラム・つぶやき | 星座 | | | 杉の木 | 果物の木 | 柴犬「ころ」 | 植物の生態 | 樹勢よくする方法 | 樹木の天敵 | 次女Marie Persimmon Marsh | 歯の健康管理 | 母の思い出 | 比較文化 | 気候変動 | 気象 | 決意 | 海外日本人学校 | 渡り鳥 | 火山の噴火 | 災害への備え | 父の思い出 | 生活習慣病の予防 | 発声法の研究 | 発電所 | 登山 | 百日紅 | 目の健康 | 石楠花の手入れについて | 神秘なこと | 私のウォーキング | 私のクリスマス | 私の経済展望 | 種鳩の管理 | 第九 | 筋トレ | 素敵な女性 | 経済 | 経済・政治・国際 | 経済講演会 | 群馬のいい所 | 群馬の日帰り温泉 | 群馬の秘湯めぐり | 群馬の自然 | 群馬県の世界遺産 | 群馬県民の声援 | 翻訳 | 肉体の鍛錬 | 胃の内視鏡検査 | 背骨の運動 | 腰痛対策 | 自然 | 自然界の掟 | 自転車的生活 | 花木 | 花桃 | 花梅 | 若さの維持 | 英作文 | 英語のボキャブラリー | 英語の勉強 | 草花 | 落ち葉の再利用 | 蔵人 | 藤の咲かせ方 | 血圧対策 | 血流の促進 | 血液検査 | 血糖値を下げる | 西洋シャクナゲ大輪 | 親の役割 | 観葉植物 | 語学 | 谷川岳遭難救助の鳩 | 赤紫の藤 | 超音波による検診 | 趣味 | 足腰の鍛錬 | | 車の運転心得 | 近所の交流 | 選手鳩鳩舎の構造 | 長寿について | 防災 | 集中力を高める | 雨水の有効利用 | 青春真っ只中 | 音感 | 音楽 | 音楽会 | 音楽教育 | 頭の活性化 | 高崎のいい所 | 高崎市 | 高齢化社会 | 鳩レース | 鳩月刊誌ビクトリアル | 鳩舎の改築 | 鳩舎の構造 | 鼻の健康法 | 1年を振り返って | 1月1日の天文 | MRIによる検査