カテゴリー「anti-senile dementia」の69件の記事

2022年12月 5日 (月)

健康長寿の先生はcentenarian

Img_3974
【写真を拡大すると臨場感が出ます。左は烏川です。】
  
 写真は時々、ウォーキングに行く倉賀野緑地内にある樹齢70~80年と推定される大きな欅です。枝から枝までの幅は20mほどでしょう。幹に近づくと私はすぐ「テッポウ」を始める癖があります。どうぞ、その姿をご想像ください。でも、気は若くても年を重ねた現在、上半身の筋肉増強には効果があると実感します。男女を問わず「テッポウ」はお薦めです。
 
 ところで、万人に共通する願いは心身共なる健康長寿です。これについて理想の教師といえば、それは100歳以上で元気に暮らしてる超高齢者と言えます。以前に書きましたが、近隣の阿久津町に住んでおられ、100歳を超えても上毛新聞「ひろば」に度々投稿されてた滝沢三四吉さんとはどんな人か、ぜひお会いしたくて、私は2回訪ねて話を伺ったことがあります。そしたら私の母と南八幡小学校で同級生であることが分かりました。
 
 彼の印象は、先ず大らかでユーモアをお持ちで、常ににこにこしながら世間の話をされました。ご家族は先立たれた息子さんのお嫁さんとの二人暮らしでした。
 
 肝心の健康長寿の問いかけには、先ず、心に余裕がある方と感じました。食事については、何でも召し上がるようですが、特に、植物性たんぱく質が大切と言っておられました。一方、環境的には、滝沢さん宅のすぐ後方は烏川の高い土手です。毎日、この土手に登り、赤城山など上毛三山を眺め、新鮮な空気が吸える環境にあります。
 
 私たちも「家族との会話」や「文章作り」など言語生活を基盤とし、食事内容を吟味し、適度な運動を心掛け、更には、自らの興味関心ごとにいつまでも心を奪われる生活でありたいものです。
 
Dear my friends abroad who want to be healthy centenarian
 The photo shows a large zelkova tree estimated to be 70 to 80 years old in Kuragano Greenery Park where I sometimes go for walking. The width from the right branch to the left branch is about 20m. As soon as I get close to the trunk, I have a habit of starting to "teppo" that means pushing up as training. Please imagine my figure playing that. However, I am still young in heart, actually I am getting older, I realize that it is effective in building muscles in the upper body. “Teppou” is recommended you for both men and women.
 
 By the way, the common wish of all people is longevity with healthy life, both physically and mentally. The ideal teacher for this purpose would be a super-elderly person over the age of 100 who is living a healthy life. As I wrote before, I would like to meet Mr. Miyoshi Takizawa, who lives in the neighboring town of Akutsu. He had been frequently posted in the Jomo newspaper "Hiroba" even though he is a centenarian. I have visited twice and heard the way of his life. To my surprise, he and my mother were classmates at South Yawata Elementary School.
 
 My first impression of him was that he was generous and had a sense of humor, always smiling while talking about the world. Unfortunately his son already passed away, so he lived with his son's wife.
 
 First of all, I felt that when asked about the key question of his health and longevity. As for meals, he seems to eat anything, but he said that vegetable protein is especially important. On the other hand, in terms of the environment, there is a high bank of the Karasu River right behind Mr. Takizawa's house. It is an environment where he could climb this embankment every day, viewed Gumma's well-known three mountains including Mt. Akagi, and breathe in the fresh air.
 
 We should be also based on language life such as "conversation with family" and "writing sentences", and we carefully examine the content of meals, try to exercise moderately, and furthermore, we live a life that is always fascinated by our own interests.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/..
  

| | コメント (0)

2022年11月 2日 (水)

人生は 後半戦も 面白い

Img_3873
【玄関前の赤くなったマユミ】
  
 近年、よく聞かれる言葉に「人生100年時代」があります。確かに、年々、平均寿命は長くなってますが、「心身ともに健康で、長寿を目指したい」ものです。それには人生の後半生をどう生きるかにかかっているでしょう。
 
 私の考えでは「体と心は一体」で、生活習慣が大きく左右し、これは偏に、1、より良い食習慣に始まり、2、適度な運動すること、3、睡眠をしっかりとること、4、ストレスを避けることでしょう。
 
 健康状態は「何を食べるか」で決まります。それには炭水化物と動物性脂肪を摂り過ぎず、各種野菜を多くとり、特に、食物繊維を多めに摂ることと考えます。その点、ゴボーは良いです。
 
 運動については、軽い体操や、どこへでも車を利用せず、歩きを多く取り入れ、手足の「筋肉を使う習慣」です。また、日々、心身ともにストレスを減らし、免疫力を上げたいです。
 
 心については、近隣の人たちと触れ合う機会を作り、常に一人でいない、最も大切なことは「時間を忘れるほど夢中になれる趣味」が人間らしい生活に結びつくと考えられます。
  
Dear my overseas friends
 In recent years, one of the words we hear is “The era of 100-year life”. It is true that the average life expectancy is getting longer year by year in our country, but we want to aim for a long life that is healthy both physically and mentally. It will depend on how we live the rest of our life. That will be avoided senile dementia.
 
 I am of the opinion that "Body and mind are one", lifestyle habits greatly affect this, this starts with 1, better eating habits, 2, moderate exercise, 3, getting a good sleep, 4, we should avoid stress in daily life.
 
 "Our health is determined by what sort of food we eat." To achieve this, we need to avoid eating too many carbohydrates and animal fats. We should eat a lot of various kinds of vegetables, and especially eat a lot of dietary fiber like a burdock which effects for ant-constipation.
 
 As for exercise, we do light gymnastics, do not use the car everywhere every time, walk a lot, and use the "muscles" of our hands and feet. Also, it needs to reduce stress both physically and mentally every day, so that it increases our immunity.
 
 As for the mind, I believe that creating opportunities to interact with people in the neighborhood, not being alone all the time, and one of the most important things is that "A hobby that makes you forget the time" will lead to a humane life.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/..
  

| | コメント (4)

2022年10月 5日 (水)

高齢期 意欲を持って 生きましょう

Img_3786
  
 誰でも等しく年齢を重ね、いつかは高齢者の仲間入りをします。しかし、生涯に一度だけの命なので最後まで人間らしく生きたいものです。つまり、いつまでも自分の意志で行動したいものです。
 
 人間らしく生きるとは「自ら最も興味関心あることを、より深く掘り下げ」、同時に、新たな事象にも無関心でなく「意欲を持って」日常生活を送ることではないでしょうか。意欲が落ちると、脳も身体も動きが悪くなると考えます。
 
 この「意欲こそ」が、65才以上の5人に1人が罹る認知症を未然に予防すると考えます。もし私が認知症になると老々介護や、認々介護もありません。
 
 それには日々、適度の運動を取り入れ、筋肉を増強、もしくは維持することが必須です。人間とは、筋肉の中に生きていると言っても過言ではないでしょう。これにより、酸素を取り入れる呼吸筋や顔の表情筋が豊かになり、いつまでも楽しく、かつ自分らしく生活できるのではないでしょうか。
 
Dear my friends abroad "Good morning!"
 Everyone ages equally. Even if we eventually join the ranks of the elderly, we hope to live like a human being, until the end of life because we live only one opportunity in our life. In other words, we want to act according to my own will forever.
 
 I think that living like a human being means to "Delve into what we are most interested in", and at the same time, to be "motivated" to live our daily life without being indifferent to new events. When motivation falls, I think that the movement of our brain and body worsen.
 
 I believe that this "motivation" will prevent the senile dementia which allegedly affects one in five people over the age of 65 in Japan. If I had dementia, there would be no care by the elderly or no care by a person who suffers from dementia.
 
 For that, it is indispensable for us to incorporate moderate exercise every day to increase or maintain muscles. It is no exaggeration to say that humans live in muscles. As a result, the respiratory muscles that inhale the oxygen and the facial muscles will be enriched, and we will be able to live happily and in our own way forever.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/..
 

| | コメント (2)

2022年9月19日 (月)

誰にもやって来る高齢期・・・自分らしく生きる

Img_3679
 
 今日は敬老の日です。厚労省によると、日本人の平均寿命は女性87.57年で、男性 81.47 年になりました。
 
 100歳以上の人は今年9万人を超え、女性が8万人程、男性が1万人程とのことです。
 
 ところで、2025年には65才以上の5人に1人が罹ると予想されてる認知症を未然に防ぐには「何でも、人にしてもらう習慣を止め、自立心が基本」と考えます。また、適度な運動を心掛けると、筋肉と頭を使います。
 
 一方、楽しかった昔を振り返るのみでなく、現在、自分が本当に好きなことに熱中したり、海馬を衰えさせぬよう記憶力を磨きたいものです。
 
 可能な限り、人と接し、言葉を使って「表情豊かに暮らすこと」が大切と思います。 
 
Dear my friends who hope to prevent senile dementia
 Today is Respect for the Aged Day in Japan. According to the Ministry of Health, Labor and Welfare, the average life expectancy in Japan is 87.57 years for women and 81.47 years for men.
 
 The number of centenarian has exceeded 90,000 this year, including about 80,000 women and about 10,000 men.
 
 Not change the subject, but in order to prevent senile dementia in advance, which is expected to affect 1 in 5 people within the radius over 65 years by 2025, I believe that "stopping the habit of having others done everything and having a sense of independence are fundamental factor." Also, if we try to exercise moderately, we will use our muscles and brain.
 
 On the other hand, we should not look back on the happy past, but focus on what we really like now, and brush up our memory so as not to decline our hippocampus.
 
 To sum up, it's indispensable for us to interact with people and use words to "live expressively" as much as possible.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

| | コメント (2)

2022年9月 7日 (水)

還暦は 意外と早く やって来る

Img_3710
 
 学校では二学期が始まり、今日を含め1週間が経過します。この1週間の朝は誠に忙しかったです。しかし、心は充実です。
 
 6時20分に歩いて家を出て、公園で地区の人たちとラジオ体操し、帰宅すると6時50分です。つまり、毎朝30分間は身体を動かし続けてます。
 
 すぐに朝食の下ごしらえのみして、朝食を摂る時間はなく、今度は地元・倉賀野小児童の交通安全や、特に不審者対策を目的として通学路を一巡し、帰宅して8時30分から朝食です。なお、月曜と木曜の朝は100mほど離れた一人暮らしの高齢女性宅のゴミ出しがあります。
 
 お陰で、お腹がグーグーして空き、朝食が誠に美味しいです。
 
 まだ、遠い未来でしょうが、誰でも必ずやって来る還暦後は家に閉じこもらず、外に出て社会との接点を持つと共に、趣味や芸術など夢中になれることを持つことが自らの精神と肉体の健康の基盤になると考えてます。
 
Dear my friends who are in adolescence now
 It has passed a week since the second semester started at school in Japan. The mornings of the past week including today have been really busy, but my heart was fulfilling.
 
 I left home on foot at 6:20 for the radio calisthenics with the local people in the nearby park, and returned home at 6:50. In other words, I kept moving my body for 30 minutes every morning.
 
 Immediately I prepared breakfast, but, there was no time to eat, after that I went around the school road for the purpose of traffic safety and especially for measures against suspicious people for local Kuragano elementary school children.
In addition, on Monday and Thursday mornings, I take the trash out for an elderly woman who is situated 100 meters away from my house.
 
 "Thanks to that, I'm hungry and my breakfast is delicious beyond expectation. This is real "Hunger is the best sauce"
 
 It may still be a distant future for you, but after the 60th birthday, which will surely come to everyone, it is indispensable to not be confined to your house, but to go out and contact with society, and to have hobbies, arts, and other things that you are crazy about. I believe that it will be the healthy foundation for mind and body for everyone.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

| | コメント (0)

2022年8月 6日 (土)

土曜日だ 今宵はバクで 寛ごう

Img_3604

 今日は庭で植物の植え替えをして汗びっしょりになり、夕食を用意するのが億劫で馴染みの「バク」に行くことにしました。

 今日は太陽が出なかったので移植のチャンスであり、赤の花桃をの幼木を築山に植えました。

 開花すれば、前の道からよく見えるしょう。これでまた、来春の楽しみが一つ増えました。

 超高齢化社会で大問題になりつつある2025年に5人に一人が罹ると予測されてる認知症を未然に防ぐには「如何にして希望を創るか」、「如何にして楽しみを創るか」、「夢を持っていろいろ記憶すること」、「周囲の人たちと積極的に話すこと」と考えてます。

 特に、一人暮らしの私は余程の強い信念を持って認知症対策を実践しなければなりません。

Dear my friend who like Jumping in

 Today I was drenched in sweat by transplanting in the garden, so I decided to go to the familiar tavern "Baku" because I didn't want to prepare my dinner due to tired.

 The sun didn't come out today, so it was a good chance to transplant young red peach trees on an artificial hill named Taukiyama in our tongue.
 "If it blooms, passerby will be able to see it from the path in front." Now I have one more hope to look forward to next spring.
 
 In order to prevent senile dementia, which is estimated to affect one in five people in 2025, which is becoming a big problem in the super-aging society, we need to put into practice, such as, "How can we create hope?" and "How can we create fun?" , “Have a dream and memorize various things”, and “Actively talk with the people around us”.
 
 Especially since I live alone, I have to have a very strong conviction to take measures against senile dementia.
 
※For the Japanese people   
上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...

| | コメント (0)

2022年7月25日 (月)

深めたい 発想力と 記憶力

294721899_5151674874955537_5314306148316

 毎朝、地区のラジオ体操会場の公園まで往復すると1000m歩き、合計して朝の30分間は身体を動かしてます。このため、お腹が空いて帰宅後の朝食は美味しいです。

 誰でも平等に年齢を重ねますが、高齢になりつつある私が心身ともに心掛けてることは次のことです。

 1「走らない」。若い時と違い、心臓にダメージを与えるからです。その代わり、ウォーキングで心拍数を110まで上げて血流を改善する。

 2「転ばない」。滑ると骨折するので家の中では裸足で過ごす。特にスリッパは危険。

 3「風邪をひかない」。就寝中は無意識なのでエアコンを使わない。

 4、外出時は着替える。社会生活と個人生活を区別する。

 5、日々、新たなことに挑戦し、発想力と記憶力を大切にする。

Dear my friends who want to live as a human being
 Every morning, when I go back and forth to the park where the radio gymnastics is held in the district, I walk 1000m and move my body for a total of 30 minutes in every morning. For this reason, the breakfast after returning home is delicious due to hungry.
 Though everyone ages equally including me, I keep in mind the following habits both physically and mentally.

1 "Do not run". This is because it damages my heart, unlike when I was young. Instead, I will raise the heart rate to 110/m to improve blood circulation by walking.

2 "Do not fall". If I slip, it is possible to break bones, so I spend barefoot in the house. Especially slippers are dangerous.

3 "Do not catch a cold". I don't use the air conditioner while sleeping because I'm unconscious.

4. Change clothes when going out. Distinguish between social and personal life.

5. Take on new challenges every day, through researching creativity and memory.

※For the Japanese people 上の英文をネイティヴの発音で聴くには、英文をドラッグして、コピーし、左サイドの「英文をネイティヴの発音で聴く」に貼り付けてください。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。

 

| | コメント (0)

2022年7月13日 (水)

記憶は楽しい 未然に防ぐ 認知症

Img_3538

【サルスベリの蕾】・・・未だ咲かない。

 私たちがブログやフェイスブックを発信すると瞬時に世界へ届きます。しかし、現実に地球上で日本語を理解できる人は2%のみでしょう。

 学生時代に英語を勉強しても、試験が終わればせっかく覚えた単語はどこかへ消え去りました。つまり、生きるために英語が必要でなかったのです。この点が周囲を他国に囲まれてる環境の人たちと異なるのでしょう。

 日本では英語は学校の科目の一つとして存在したのみです。この点、諸外国では生活の中に、つまり、生きるために英語が必要なのです。この環境が 脳への定着度に大差をつけると考えます。

 ところで、厚労省では「2025年に65才以上の5人に一人が認知症」と推測してます。これは70才以上では4人に一人、80才以上では3人に一人と言えるかもしれません。

 認知症を未然に防ぐ手立ては何でしょう。私の場合は乗り掛かった舟で「生きるために英語が必要」と自らを窮地に追い込み、「単語を覚えるために発信型にして」英作文に主眼を置いてます。忘れては覚え、忘れては覚えの繰り返しです。楽しい茨の道はこれからも続きます。
 
Dear my friends throughout the world 
 When I send a blog or Facebook, it will reach the world simultaneously. However, actually only 2% of people on the planet can understand Japanese.
 
 Even if I studied English when I was a student, after the exam, the English words I learned disappeared somewhere. In other words, we Japanese didn't need English to live. This point may be entirely different from people in an environment surrounded by other nations.
 
 In our state, English only existed as one of the school subjects. In this respect, in other developing countries, English is indispensable in their daily lives so as to live. This environment makes a big difference in the degree of fixation in their brain I guess.
 
 By the way, the Ministry of Health, Labor and Welfare estimates that "one in five people aged 65 and over will suffer from senile dementia in 2025." This may be said to be one in four people over 70 and, one in three people over 80.
 
 Tell me about the means to prevent dementia? In my case, I put myself in a predicament saying "I need English to live" because I have gone too far to go back, and in order to memorize words "I make it a sending type" and focus on English composition. Forget and remember, forget and remember repeatedly. However, the enjoyable thorny road continues in my remaining years.
 
※For the Japanese people 上の英文をネイティヴの発音で聴くには、英文をドラッグして、コピーし、左サイドの「英文をネイティヴの発音で聴く」に貼り付けてください。

| | コメント (0)

2022年4月28日 (木)

認知症 演奏・英作文で 防げるか

Img_3267
 
 今日、新たに開花したユリとルピナスです。私は一人暮らしですが、庭にはたくさんの花という家族がいます。一体どのくらい植物があるか、数えたことはありません。
 
 50年ほど前、両親が植えたもの、近年、私が埼玉の花園町から仕入れたものなどで、内心ここはPersimmon Marsh flower gardenと思ってます。おそらく、一般家庭として花の種類は多い方と思います。
 
 今後は、四季を通じて、常に何か花が咲いてる環境をめざします。これは、もしかして、人生に花が咲かない反動からかもしれません。
 
 ところで、日本では2025年になると、65才以上の5人に1人が罹ると予測されてる認知症を事前に避けなければなりません。私は日々、会話のない生活を余儀なくされてることから、これをより重大に考える必要があります。
  
 昔取った杵柄のピアノ演奏で新たな曲に挑戦したり、一方、自ら考えた文章を英作文にすること、加えて、花をよりよく咲かせる技術を錬磨することで、果たして認知症対策になるでしょうか。
  
Img_3269  
  
Dear my friends overseas and domestic
 Today, the lily and lupines have newly bloomed. I live alone, but there are many family members named flower in the garden. What on earth, I have never counted how many plants there are.
 
 It was planted by my late parents about 50 years ago, and in recent years I bought them from Hanazono-town, Saitama prefecture, so I think this is the Persimmon Marsh flower garden. Probably, there are many kinds of flowers as a general household.
 
 From now on, I will aim for an environment where some flowers are always in bloom in the garden throughout four seasons.
Perhaps it may be a reaction that flower named my life does not bloom.
  
 Not change the subject, but in Japan, senile dementia which is predicted to affect 1 in 5 people over the age of 65, must be avoided in advance by 2025. I need to take this matter more seriously because I am forced to live without conversation every day.
 
  I would like to try new music by playing the piano which I never lose my touch, and translate Japanese sentences written by myself into English composition, and also refine the technique to make flowers bloom well, so I would like to avoid the senile dementia in advance.
  
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

| | コメント (0)

2022年4月10日 (日)

高齢期 人に頼らず 自ら実行

Img_3166
Img_3171
  
 年を重ねてからの生き方の基本は、何でも「人にしてもらう考えを捨て」、できることは「何でも自ら行うこと」ではないでしょうか。人に頼って生きると不満が生じやすく、自ら行うと知恵を働かさなければならず、いわゆる認知症対策になるでしょう。
 
 昨日は、自ら梯子に登って剪定作業しました。これでバランス感覚が蘇ります。今春、十分に楽しませてもらった白梅枝垂れの枝を切り、その後、ごみ収集車に出せるように細かく切って袋詰めしました。
 
 昔から、「桜切るバカ、梅切らぬバカ」と言われる通り、梅の木は剪定すると来春によく花が咲き、実がよく生ります。
 
 2時間ほど身体を動かすと、結果的に食事がおいしくなります。年を重ねて大切なことの一つは健康は食事からと考えてます。
 
Dear my friends
 After getting older, isn't the basic way of our life is to "Throw away the idea that I have people help me with anything" but "do everything by myself"? If we live by relying on people, we will tend to get dissatisfied easily, and if we do it ourselves we will have to use our wisdom which may become a so-called senile dementia countermeasure.
 
 Yesterday, I climbed the ladder and pruned the plum's branches myself. This will bring back a sense of balance. I cut the branches of the white plum weeping that had been entertained enough this spring, and then I cut the branches into small pieces and packed them in a bag so as to take out them in a garbage truck.
 
 As it has been said since ancient times in Japan that "a fool who cuts cherry, and a fool who does not cut plum". So I pruned plum tree. By pruning, plum flowers will bloom well next spring and fruits will grow well.
 
 If we move our body for about 2 hours, as a result, the food will be delicious. As we get older, one of the indispensable matter is that health comes from meal.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

| | コメント (2)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-cancer measure anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia anti-stroke antioxidant Audi TT Quattro Covid 19 English pronunciation facebook ISSからの景色 Marie persimmon Marsh Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone studying English pronunciatoin お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 よい睡眠 イクステーリア インドの自然 インドの言葉 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 ガーデニング グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 シャクナゲ ストレス解消 ストレッチング スポーツ スムースな血流の促進 トキの野生化へ パソコン ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 ロフト ロマン 一人暮らしの健康維持 一生勉強、一生青春 七五三 七夕 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に掲載 上毛新聞に連載 世代交代 世界の指導者 世界の標準時 世界経済 両親に感謝 中生代 予防 二十四節気 五感 交通安全 人との出会い 人命救助 人生 人生100年時代を生きる 人間の喜びとは 人間の知恵 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野のよい所 倉賀野の七不思議 倉賀野の歴史 倉賀野小 倉賀野小学校 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康的な春の過ごし方 健康的な秋の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 備えあれば憂いなし 先人の努力 先人の知恵 八重桜 内視鏡による検診 再生可能エネルギー 初夏の花 前立腺 剪定 創意工夫 助け合い 動物愛護 動物愛護について 口腔衛生 古代史 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 呼吸筋 和風住宅 国際交流 国際宇宙ステーション 国難のとき 地区とのつながり 地殻変動 地球 地球環境 夏の星座 夏季の花 夏至の天体 多年草 大相撲 大腸の健康 天体 天体ショー 天敵 太陰暦 太陽太陰暦 太陽系 夫婦 夫婦の絆 失敗から学ぶ 奇妙なこと 姿勢 子供の頃の思い出 季節の移り変わり 学問・資格 学習に遅すぎることはない 宇宙に浮遊してる私たち 安全な入浴法 安全パトロール 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 寛大な心 小学校の英語教育 平和 庭いじり 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の弱さ 心の温かさ 心肺機能の強化 思い出 恋愛 恩師 情熱 惑星 惑星の動き 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 感染症 感染症対策 我が家の仕来たり 我が家の菜園 持ちつ持たれつつ 持寄り前の調整 指揮法 挑戦は続く 挿し木 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 新みかぼフィル 新聞投稿文 旅行・地域 日の出、日の入り時刻 日ロ友好 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の未来 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 旧暦 早春 早朝の時間帯 早起きは三文の損 旬の野菜 昆虫 昆虫の生態 星座 星食 春の過ごし方 時代の波に乗る 晩夏から初秋へ 晩秋から初冬へ 暦について 月の満ち欠け 朝の習慣 朝ドラ 未来ある子供の安全 杉の木 果実酒 果物の木 枝垂れ桃 柴犬「ころ」 栄養価ある野菜 栄養素 梅の花 梅雨の過ごし方 植物の不思議 植物の天敵 植物の植え替え 植物の生態 横隔膜 樹勢よくする方法 樹木の剪定 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康 歯の健康管理 歯の渋 歴史 母の思い出 母の教え 比較文化 毛細血管 気候変動 気圧配置 気象 気象病 水分補給 決意 流星群 流通 海外日本人学校 渡りの習性 渡り鳥 源平しだれ 漢字を手書きする習慣 火山の噴火 火星の接近 災害への備え 父の思い出 牡丹 狂い咲き 環境衛生 生活改善 生活様式の変化 生活習慣病の予防 異常気象 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 相互依存 真冬から早春へ 睡眠法 石楠花の手入れについて 社会生活の基本 祖父母の情熱 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の先祖 私の夢 私の愛読書 私の料理 私の経済展望 秋の星座 秋の月 秋分の日 種鳩の管理 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済活性化 経済講演会 美肌効果 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬の高速道路 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 脳の働き 腰痛対策 膝の健康 自分を変える 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然の脅威に対処 自然散策 自然現象 自然環境の保護 自然界の不思議 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 若き日 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音 英語の発音留意点 草花 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 蝉の一生 血圧 血圧の変化 血圧対策 血流 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ大輪 親の役割 観葉植物 言葉の重み 記憶力 語学 読売新聞に掲載 谷川岳遭難救助の鳩 資源ごみ 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足の運動と手当て 足腰の鍛錬 車の安全運転 車の運転 車の運転心得 車検 辞書の使い方 近所の交流 迷信 道具 選手鳩鳩舎の構造 選挙の投票 野鳥の楽園 野鳥の生態 野鳥の飛来 長寿について 防災 除草 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の活性化 風物詩 風邪対策 食事 食物繊維 香りを楽しむ 骨の検査 高崎のいい所 高崎のよい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 高齢者の運転 高齢者講習 鳩による国際交流 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 4月に咲く植物 MRIによる検査