カテゴリー「anti-senile dementia」の56件の記事

2021年9月21日 (火)

筋肉と 記憶力は 鍛えるもの 

Img_2396-2
  
 人間とは、その意志さえあれば心身ともに鍛錬できる場所は身近にあるようです。実は、倉賀野駅の北口には非常に長い階段があります。写真はその長い階段の半分が写ってるのみです。ここを機会ある度に通過するのと、通過しないのとでは年間に付く筋肉量が相当違ってくると考えられます。
 
 同様に記憶力も機会あるごとに取り組めば、年間では相当覚えられるのではないでしょうか。私が中学生のとき教わった今は亡き担任S先生の言葉が忘れられません。それは「人間の脳は使ったつもりでも未だほんの一部しか使ってない。これからも脳にはいくらでも入る。」というものです。私はこの教えを信じ、半世紀以上たった今でも英単語に挑んでます。これには生涯、取り組むかもしれません。
  
 If we have a will, human beings have places ready at hand where we can train both physically and mentally. In fact, there is a very long staircase at the north exit of Kuragano Station of Japan Railways. The photo shows only half of the long staircase. It is thought that the muscle mass will increase considerably from year to year depending on whether or not we pass through here every time we have the opportunity.
 
 Similarly, if we challenge the memory whenever we have the opportunity, we are able to memorize them considerably throughout the year. By the way, I can't forget the words of my late homeroom teacher named Sehiguchi when I was in junior high school student. He said, "Even though we intended to use the human's brain, we still use only a small part of it. we can continue to memorize as much as we want." I believe his teaching even now so that I still challenge English words after more than half a century since I was taught by him. This may be my lifelong effort.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグして、コピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/
 

| | コメント (2)

2021年8月28日 (土)

高齢化 日々取り組める 生活めざす 

Img_2312
 
 一昨日、高崎の戸田書店で天声人語英文対照版を購入しました。この本は3ヶ月に一度発売になるので、発売を待って買いました。内容は朝日新聞に掲載された今年4月1日から6月30日までの名物コラム集です。
 
 読み方は先ず日本文に目を通し、めまぐるしく変化するグローバル時代や、現代社会についての読解と発想法を学びます。その後、その内容と同じ英文を読むことです。しかし、現実には新たな英単語との戦いの日々ですが、続けていれば同じ言葉が出てくるので、次第に身につくものと信じてます。
 
 年令が増しても毎日、取り組むことがある生活をめざしてます。
 
 The day before yesterday, I bought the Tensei Jingo English contrast version at Toda Bookstore in Takasaki. This book on sale is once every three months so that I waited for it to go on sale, then I bought it. The content is a special column published in Asahi Newspaper from April 1st to June 30th this year.
 
 First of all, I read Japanese text and learn the way of thinking and expressions. and think about the rapidly changing global era and modern society. Then I read English text which is the same as content. However, in reality, it is a day of fighting new English words and phrases, but if continuing, the same words will come out, so I believe that I can gradually acquire them.
 
 I am aiming for a life that I have to work on every day even if I get older.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグして、コピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/
 

| | コメント (2)

2021年7月27日 (火)

夢を持ち 期待感こそ 認知症予防

Img_1973
 
 写真はブログのプロバイダーで紹介されたことがある庭の日本シャクナゲです。嬬恋村「愛妻の丘」のシャクナゲと同品種です。
 
 花全体は白を基調としてる中に薄いピンクが入り、何とも優雅な色彩を呈してます。このシャクナゲは現在とても樹勢がよく、すでに来年の蕾がたくさんついてます。
 
 話は別ですが、厚労省によると「2025年には65才以上の約5人に1人が認知症になる」と予想されてます。私はすでに遠の昔にその対象年令ですが、この病気にならないよう工夫してます。
 
 その第一は「来年こそはこうなりたい。」と常に「期待感」を持つことではないでしょうか。例えば、来年こそはこのシャクナゲをもっとたくさん咲かせようと思い、日々、土作りや水遣りなど手入れを通じて身体をいろいろ動かしてます。
 
 医学的には、高齢になって身体を動かさないと認知症になりやすいと考えられてます。
 
 The photo shows a Japanese rhododendron in the garden that has been introduced by the blog provider. It is the same variety as the rhododendron of "Aisai no Oka" that means the Hill of beloved wife in Tsumagoi Village in Gumma prefecture.
  
 The whole flower is based on white with a light pink color, and giving it an elegant color. This rhododendron is currently very vigorous and already has a lot of buds for next year.
 
 By the way, apart from this subject, according to the Ministry of Health, Labor and Welfare, it is estimated that 1 in about 5 people over the age of 65 will suffer from senile dementia in 2025. I'm already that age long ago, but I'm trying to prevent this illness.
 
 The first is to have a sense of expectation, saying, "I want to be like this next year." For example, next year I want to make these rhododendrons bloom more, so that every day I move my body through maintenance such as soil preparation and watering.
 
 Medically, it is thought that dementia seems to occur if we do not move our body as we grow older.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグして、コピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/
 

| | コメント (4)

2021年7月18日 (日)

五感こそ 今後、益々 研ぎ澄ませたい

P1070847_20210718042001
  
 私の五感のうち、1、耳【聴覚】については現在、聞こえが普通であり、2、鼻【嗅覚】は昔手術したので今でも時々は近くの耳鼻科で診てもらってます。3、舌【味覚】による味の感覚に異常はありません。4、問題は目【視覚】です。昨年の秋に白内障の手術を受け、手術は成功し、現在、眼鏡なしで車の運転に支障はありません。
 
 5、指【触覚】の感覚も普通ですが、これからの日々はピアノを弾く時間を多めに取り、指先の感覚を呼び起こしたいです。特に指は脳の考えを具現化するものです。私は気分屋なので部屋でのピアノの配置を変え、心機一転し心を入れ替え、練習時間を確保したいと思います。
 
 五感については認知症対策にも通じるので、五感ともバランスよく磨きたいと考えてます。考えてるだけでは駄目なので、今後、しっかり実践します。
 
 Among the five senses, my ears are now normal to hear or listen, and my nose had operated on a long time ago, so the nearby ENT doctor still sometimes diagnoses my nose and ears. There is no abnormality in the taste sensation by the tongue. The problem is the eyes. I had cataract surgery last fall and the surgery was successful and now I have no trouble driving without glasses.
 
 The feeling of the fingers is normal, but in the future, I would like to take more time to play the piano and evoke the feeling of the fingertips. In particular, the fingers embody the ideas of the brain.

Since I am a moody person, I would like to change the place of the piano in the room and change my mind for securing practice time.
  
 Since the five senses are also effective to senile dementia countermeasures, I would like to improve the balance with the five senses. It is no good only thinking about it, so I'll practice from now on.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/
 

| | コメント (0)

2021年6月16日 (水)

認知予防 生き生きワクワクする 期待感

Img_2102
 
 今朝、玄関前の築山にグラジオラスが咲き出しました。自然の色彩は誠にきれいです。しかも、花の淵はピンクで中は白です。このユリは3ヶ月ほど前に球根で購入したものです。確か、幾種類かの色が咲くのではないかと期待してます。
 
 いずれにしても今年はここに30本ほどのグラジオラスが咲くので今からワクワクしています。人間とは、この期待を込めたワクワクする気持ちが認知症予防に最もよい薬ではないでしょうか。そうだ、他にもワクワクするものを捜そう。
 
 This morning, a gladiolus bloomed on the artificial hill in front of the entrance. The colors of nature are truly beautiful. Moreover, the edge of the flower is pink and the inside is white. This lily was purchased from bulbs about 3 months ago. Certainly, I expect that some kinds of colors will bloom.
 
 In any case, about 30 gladioli will bloom here this year, so I'm excited from now on. For human beings, this promising and exciting feeling is probably the best medicine for the prevention of senile dementia. Yes, I will look for other exciting things.
 

| | コメント (0)

2021年5月24日 (月)

上めざすなら今まで通りでは駄目・照ノ富士の言葉

Img_2022

【歪んでしまった天声人語】 

 昨日の大相撲千秋楽では優勝決定戦が行われ、照ノ富士が貴景勝を破り、見事に優勝しました。彼は本割では貴景勝に敗れましたが、決定戦では力強い彼の持ち味が発揮でき優勝しました。優勝杯、優勝旗、内閣総理大臣杯を受賞した後、NHKアナウンサーによるインターヴューに応え、一言一言しっかり答え、それに対する観客からの声援も大きく館内に響きました。

 「いよいよ次の目標は横綱ですね。」の質問に、照ノ富士はじっくり考えた挙句、「それには今まで通りの練習では駄目で、もっと厳しい練習をしなくてはなりません。」との言葉に、私は彼の勝って驕らず、併せて謙虚さを感じると共に「彼の言葉は何の分野にも共通すること」と思いました。

 同時に彼の母国語は本来、モンゴル語でありながら堂々と日本の全国放送の電波に乗り、流暢な日本語でのスピーチに私は心から感銘しました。来日したてはきっとチンプンカンプンだったでしょう。

 しかし異国の地で相撲を通して日本語をマスターされました。私たちは外国人を前にして、その外国語でスピーチなど出来るものではありません。

 語学に興味がある私としては、彼の優勝を誠に素晴らしく感じたと同時に、公共放送を通して日本語で日本人に分かりやすく話されたことに深い感動を覚えました。この点からも、来日以来の生き方に見習うべきことはたくさんあります。

 一方、私の場合、いくら英語の勉強しても、新たな言葉は無尽蔵にある感じがして、やってもやっても自分の言いたい内容をスムースに英作文にできません。写真の本「英文対照・天声人語」は三カ月に一度発行されてます。それは2月、5月、8月、そして11月のそれぞれ下旬で年4回です。

 普通の日本文の読書と異なり、丁寧に1ページずつ単語や熟語を調べつつ進むので、ご覧の通り、読んだ後は本の形が歪んでしまってます。この本には冬の時季の90日分が日英対照の文章で掲載されてることから、平均して1日で1日分およそ3ページを読みました。

 新たな単語や熟語は単語帳にアクセントや発音記号と共に意味、また、例文を辞書を使って書き写します。この時、必ず発音して記憶に結びつけます。実は以前から天声人語を読んでましたが、これからも内容については、新鮮な話題、現代の話題が肝要であると思い、今後も続けるつもりです。話題は古いものより、今話題になってる事柄が生きた勉強になるのではないでしょうか。

 また、実践としては、外国人に会ったら躊躇せず、接触して話しかけたり、いつものようにフェイスブックとこのブログで英文表記を目指します。

 大関・照ノ富士の言葉、「上をめざすには今まで通りでは駄目」を思い出し、更に勉強法を工夫し、新たな言葉を使えるように脳に叩き込みたいものです。

 

| | コメント (2)

2021年4月23日 (金)

チャレンジが 体と脳を 刺激する

Img_1943
【現在、開花している牡丹】・・・毎朝水遣りしてます。
 
 今月は歯科検診を週に一回受けてますが、今日で終わりになります。担当医は秋田犬を飼育してる女医さんです。これからも三度の食事後に歯と歯肉の間を丁寧に磨きます。理由はここにプラークが溜まるからです。
 
 一方、五月中旬になったら前立腺がんの検査を予定してます。近年では、男性が罹るがんの第一位は前立腺と言われてます。検査結果については、毎年、0.5~0.6と数値が低いですが、年を重ねているので今年の数値はどうでしょう。
 
 ところで、人間とはそのつもりがあれば年齢に関係なく、肉体と脳はいくらでも鍛えられると聞いたことがあります。これを信じて、今日も一日、庭での作業を通して身体を動かし、室内では新たなことに脳を使いたいと思います。
 
 I have a dental checkup once a week this month, but it will be over today. The dentist in charge of me is a female doctor who keeps Akita dogs. I will continue to carefully brush between teeth and gums after three meals. The reason is that plaque collects here. 
 
 Meanwhile, in mid-May I plan to have prostate cancer checkup. In recent years, the prostate is said to be the number one cancer that affects men. Regarding the test results, the numerical value was low at 0.5 to 0.6 every year, but as I am getting older, how about this year's numerical value?
 
 By the way, I've heard that human beings can train the body and brain as much as they want, regardless of age. Believe this, today as well, I would like to move my body through work in the garden and use my head for new challenges indoors.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

| | コメント (2)

2021年3月 8日 (月)

目と舌のトレーニングを日課としたい

Img_1788

【次第に膨らむ花桃の蕾】

 私たちは、外部の刺激を受ける五感の殆どは首から上で感じ、それにより脳が快く感じたり、不快に感じたりします。五感を感じるのは先ず、目であり、耳であり、鼻であり、舌であり、顔面であったりします。

 五感の発達度については、一般的に私たち人間より動物の方が視力や聴力、そして嗅覚については数段優れているように感じます。これは天敵から命を守るための大切な防護本能に由来したり、餌を求めて嗅覚が発達したためでしょう。半世紀以上に亘り飼育してたレース鳩の行動を観察すると、屋根に止まっているときなど常に大空のちょっとした動きに敏感に反応します。それは隼や鷹の襲来から目を離さない生まれながらにしての習性です。

 長いこと鳩を飼育してると驚いたこともありました。その一つに生まれたての雛を求めて蛇の青大将がどこからか鳩舎内に侵入し、雛を飲み込んでしまいました。これなど優れた嗅覚を持つ蛇の成せる業です。

 ところで、私たち人間も生れながらにして備わってる五感ですが、年令を重ねると、あるいは鍛錬を怠ると次第に感覚が鈍る傾向にあると感じます。これを回避するには日々新たな刺激を受ける生活を自らに課すことが必要です。例えば、今の季節ではあちこちで梅の香りが漂うことから、意識して香りを嗅ぐことは脳によい刺激を与えるでしょう。

 五感のうち、今回は私が考え実践してる目と舌のトレーニングを披露します。

 先ず、目についてです。先日、私が患った白内障や結膜炎では眼科医の治療や手術になりますが、平素、自らできる眼球のトレーニングも大切です。

 私たちは首を動かさなくても、眼球の動きによってのみ左右や上下の外界の動きを察知できます。また、遠方を見るときと近くを見るときでは焦点を合わせる働きを持ってます。

 これをトレーニングするには、眼鏡をはずして、先ず、首を動かさず眼球のみで上を5秒ほど見続けます。同様に下方を、右を、左を、続いて斜め右上を、斜め左上を、続いて斜め右下を、斜め左下というふうに8方向に眼球を向けて見続けます。最後に、眼球をゆっくり3周し、逆方向にも3周します。

 一方、焦点を合わせるトレーニングでは、遠方を見たり、すぐ近くを見たりを交互に行ないます。可能であれば遠くの山が見える場所がよく、その稜線や頂上に焦点を合わせ、5秒ほど見続けます。その後、今度は親指を目から40センチほど離して立て、指の爪を5秒ほど見続けます。この繰り返しです。その後は、素早く遠近の焦点を合わせます。

 ところで、舌についてトレーニングする人は少ないでしょうが、こちらも有効です。舌の役目の先ず第一は「食べ物を歯の上に載せる作業」です。そして味を感じます。一方、言葉を話すには舌の動きがスムースであれば明瞭に発音できるでしょう。

 舌のトレーニングも眼球のトレーニングに似てます。舌先を唇と前歯の間に入れ、大きく左右に10回動かします。同様に次は、舌先を舌唇と前歯の間に入れて左右に10回動かします。最後に、舌先を歯と唇の間をぐるぐる回します。反対方向も行ないます。

 舌のトレーニングのまとめは音読が効果があると考えます。読書は黙読が多いですが、時には小学生時代に行なったようにしっかり音読したいものです。

| | コメント (0)

2021年3月 3日 (水)

年を重ねても、五感をいつまでも研ぎ澄ませたい

Img_1757
【梅の香りが漂う】
 
 今日は令和3年3月3日で、数字の3が3つ続きます。日本ではひな祭りであり、一方、耳の日です。私はひな祭りには縁がなくなりましたが、物置には未だ長女の五段飾りの雛人形が仕舞ってあります。
 
 耳については、いつまでも素敵な音楽が聞けるように、また、いつまでも人の話が聞けるように、時々、近くの耳鼻科に行って診察してもらってます。平素から耳の内部を清潔に保ちます。
  
 私たちの五感はすべて首から上で感じるので、外部からの刺激や感覚を鮮明に捉えることが高齢化社会を健康に生き、認知症とは縁のない生活を送れる基盤ではないでしょうか。
 
 Today is March 3, 3rd year of Reiwa, so, the number 3 continues three times. It is the Doll's Festival here in Japan, while it is the day of the ears. I have no connection to the Hinamatsuri Doll's festival, but the storeroom still has the eldest daughter's five-tiered dolls.
 
 As for my ears, I sometimes go to a nearby otolaryngologist which is ENT doctor to examine it, aiming to that I can listen to marvelous music and people's talking forever. I keep hygienically the inside of my ears.
 
 All of our five senses are felt above the neck. And clearly capturing the senses and stimulus from the outside is the basis for living an aging society regardless senile dementia.
 

| | コメント (4)

2021年2月24日 (水)

ご時勢に乗り、スマホデビュー

Img_1740
 
 遅ればせながら今日からスマホデビューです。未だ慣れなくて娘から電話がかかって来ても出られませんでした。有難いことにAUショッブでは無料でスマホに交換してくれました。当面、フェイスブックやブログは今まで通り、パソコンから発信します。
 
 今日から一皮むけるでしょうか。なお、今後、車のコーティングが完成すれば、私もやっとピカピカの新人類です。今日から内面生活もより充実させ、年令を重ねても、現代社会に乗り遅れないように生活したい。
 
 It's too late, but from today, it's my smartphone debut. I wasn't used to it yet so that I couldn't answer the call from my daughter. Thankfully, the AU shop exchanged it for a smartphone for free of charge. For the time being, Facebook and weblog will continue to be sent from my computer.
 
 Can I peel off from tomorrow and become a modern human being? After this, when the car coating is completed, I will finally be a shiny new human being. Even as I get older, from today, I will enrich my inner life than ever and live to keep up with modern society.
 
※上の拙い英作文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-cancer measure anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia antioxidant Audi TT Quattro Covid 19 English pronunciation facebook ISSからの景色 Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone studying English pronunciatoin お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 よい睡眠 イクステーリア インドの自然 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 シャクナゲ ストレス解消 ストレッチング スポーツ スムースな血流の促進 トキの野生化へ パソコン ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 ロフト ロマン 一人暮らしの健康維持 一生勉強、一生青春 七夕 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に掲載 上毛新聞に連載 予防 二十四節季 二十四節気 交通安全 人命救助 人生 人生100年時代を生きる 人間の喜びとは 人間の知恵 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野のよい所 倉賀野の七不思議 倉賀野の歴史 倉賀野小学校 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康的な春の過ごし方 健康的な秋の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 先人の努力 先人の知恵 八重桜 内視鏡による検診 初夏の花 前立腺 剪定 創意工夫 助け合い 動物愛護 医師の一言 古代史 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 呼吸筋 和風住宅 国際交流 国際宇宙ステーション 国難のとき 地区とのつながり 地球 地球環境 夏の星座 夏季の花 夏至の天体 多年草 大相撲 大腸の健康 天体 天体ショー 天敵 太陰暦 太陽太陰暦 太陽系 夫婦 夫婦の絆 失敗から学ぶ 奇妙なこと 姿勢 子供の頃の思い出 季節の移り変わり 学問・資格 宇宙に浮遊してる私たち 安全な入浴法 安全パトロール 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 小学校の英語教育 平和 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の弱さ 心の温かさ 心肺機能の強化 恋愛 恩師 情熱 惑星 惑星の動き 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 感染症 我が家の仕来たり 我が家の菜園 持寄り前の調整 指揮法 挑戦は続く 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 新みかぼフィル 新聞投稿文 旅行・地域 日の出、日の入り時刻 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 早朝の時間帯 早起きは三文の損 旬の野菜 昆虫 昆虫の生態 星座 星食 春の過ごし方 時代の波に乗る 晩夏から初秋へ 晩秋から初冬へ 暦について 月の満ち欠け 朝の習慣 未来ある子供の安全 杉の木 果実酒 果物の木 柴犬「ころ」 栄養価ある野菜 梅の花 梅雨の過ごし方 植物の天敵 植物の植え替え 植物の生態 横隔膜 樹勢よくする方法 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康 歯の健康管理 母の思い出 母の教え 比較文化 毛細血管 気候変動 気圧配置 気象 水分補給 決意 流星群 海外日本人学校 渡り鳥 源平しだれ 漢字を手書きする習慣 火山の噴火 火星の接近 災害への備え 父の思い出 牡丹 狂い咲き 環境衛生 生活様式の変化 生活習慣病の予防 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 相互依存 睡眠法 石楠花の手入れについて 社会生活の基本 祖父母の情熱 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の先祖 私の夢 私の愛読書 私の料理 私の経済展望 種鳩の管理 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済講演会 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 脳の働き 腰痛対策 膝の健康 自分を変える 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然の脅威に対処 自然散策 自然環境の保護 自然界の不思議 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 若き日 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音 英語の発音留意点 草花 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 血圧 血圧対策 血流 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ大輪 親の役割 観葉植物 言葉の重み 記憶力 語学 読売新聞に掲載 谷川岳遭難救助の鳩 資源ごみ 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足の運動と手当て 足腰の鍛錬 車の運転心得 車検 近所の交流 道具 選手鳩鳩舎の構造 選挙の投票 野鳥の楽園 野鳥の飛来 長寿について 防災 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の活性化 風邪対策 食事 香りを楽しむ 骨の検査 高崎のいい所 高崎のよい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 高齢者の運転 高齢者講習 鳩による国際交流 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 MRIによる検査