カテゴリー「Audi TT Quattro」の71件の記事

2020年12月23日 (水)

時にはタイヤを磨くと全体像が変わる

Img_1511
 
 8月1日に納車なったTTの走行距離は未だ2400Kほどです。ITに弱い私は、運転で大切なことは把握してるつもりでも、未だすべての機器に精通しておらず、少しずつ実践し、慣れるようにします。
 
 ところで、車とはタイヤを磨くと全体が一段ときれいに見えます。試してみてください。タイヤワックスは直接タイヤに吹きつけず、スポンジに少々含ませて磨きます。ついでにホイールの汚れも取ります。やはり足元をきれいにしたいです。
 
 最近、感じてる安全運転法の一つは、カーブでは遠心力が働くのでスピードを緩め、ハンドルをしっかり両手で握ることです。また、ひと時も前方から目を逸らしてはなりません。ドライブ・セレクトをカンフォタプルにしてます。それにより乗り心地が向上します。
 
 
The mileage of TT is about 2400 km which was delivered on August 1st. As you know, I am weak in information technology, therefore I am not familiar with all the equipment, even though I understand the important things in driving, so I will practice it little by little and get used to it.
  
 By the way, if we polish the tires, the whole figure looks still more beautiful. Please try it. Do not spray the tire wax directly on the tire, but soak it in a sponge and polish it so as not to damage the tires. Also clean the wheels. This is the same as our feet.
  
 One of the safe driving methods I've been feeling these days is to slow down the speed on curves and hold the steering wheel firmly with both hands because centrifugal force works. Also, we must not turn our eyes from the front even a moment. I make the drive select be comfortable. This will improve the ride quality.
 
※上の拙い英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグして、コピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

| | コメント (2)

2020年12月16日 (水)

調子が出てきたAudi TT Quattro

Img_1488
 
 10月に開通した鏑川に架かる「新鏑川橋」を昨日、青い愛車で藤岡側から高崎市木部町側に走った写真です。拡大してご覧下さいね。私と二人で乗ってる気分の臨場感が出るでしよう。ご覧の通り、遠方に榛名山がよく見える高い橋です。昨日から冬型の気候になり、心も身も寒い私は吉井ドリームセンターへ行って温まってきました。
 
 皆さんはコロナを心配してるのでしょうか。広い浴槽に私一人だけです。露天風呂もありますが、何せ寒くてそちらに入るのは諦めました。私は夕方、我が家の仕来たりの「屋敷祭り」をしました。いろいろお願いするより今年一年間の健康に感謝し、その後は1人で懇親会でした。
 
 This is a photo of "New kabra-River Bridge" over the Kabra River, which opened in October. Yesterday, I drove a blue car from Fujioka-city side to Kibe-town side of Takasaki City. If you enlarge the photo, you will feel being riding together with me. As you can see, it is so high bridge that you can see Mt. Haruna in the distance. By the way, it has been a winter climate since yesterday morning, so I went to the Yoshii Dream Center and warmed up because my heart and body were cold.
 
 Everyone worry about Covid19, so I'm only one in the large bathtub. There is also an open-air bath here, but it was excessively cold and I gave up to bathe in it. In the evening, I will hold a "Premises festival" that is the tradition of my home. I thanked for my health this year rather than praying my near future to dissolve living alone. After that, I will drink alone thinking of you!
 
上の拙い英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

| | コメント (0)

2020年11月20日 (金)

何と言っても十分な車間距離・・・安全運転の基本

Img_1315
 
 新車になって約100日が経ちましたが、昔のように通勤で乗らないので走行距離が伸びず、やっと1600Kほどです。以前の黄色と同様に運転席の視界が広く、運転しやすいです。最近、左目の白内障を手術したため前方がはっきり見え、運転にプラスになりました。
 
 安全のために、広い道を選択することと車間距離を守ってます。むやみに車線変更しません。免許を取得して半世紀近くですが、自分の保険を使ったことは未だ一度もありません。
 
 以前の車と言い方が異なる英語版ナビにも慣れて来ました。今日は高前バイパス経由で榛東温泉に行き血流をよくしました。
 
 It's been about 100 days since I purchased a new car as you see in the photo, but the mileage doesn't increase because I don't commute to work like I used to, so that it's only about 1600km. The same as my previous yellow TT, the driver's seat has a wide visibility so it is easy for me to drive. Recently, I had a cataract operation on my left eye, so I could see ahead clearly than before, so the surgery made a plus for driving.
 
 For my safety driving, I choose a wide road and keep the distance between cars. I do not change lanes unnecessarily. I've got the license for almost half a century ago, but I've never used my insurance.
 
 I have accustomed to the navigation system in English version which is different from the previous car's guidance. Today I went to Shinto Spa via Takamae Bypass to improve blood circulation.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

| | コメント (0)

2020年11月15日 (日)

白内障の手術が成功し、よく見えて運転しやすい

Img_1361
 
 TTクワトロは黄色から青になって、やっと100日が経過しました。走行距離は未だ1500K程度です。毎日、乗らないからです。これまでに比較的遠方へ行ったのは嬬恋村の「愛妻の丘」、榛名湖、妙義山です。運転操作の感想として、ハンドルは軽くて握りやすいです。タイヤ扁平率が35%だからでしょう。走りは路面に吸いつくように安定してます。
 
 ITに弱い私ですからナビの新規設定が未だ難しく感じます。それでもどうにかナビの案内で行ってます。作曲家・古関裕而記念館はナビに設定できましたが、行くのは来春です。今日も小春日和になるので高前バイパスを走って調整します。白内障を手術したお陰で、運転中、前方が誠によく見えるようになりました。
  
 Audi TT Quattro has been 100 days since the car turned from yellow to blue in color. The mileage is still around 1500km, because I don't drive every day. So far, I have been to "Aisai no Oka" situated in Tsumagoi Village, Lake Haruna, and Mt. Myogi. As an impression of driving operation, the steering wheel is light and easy to grip. This is probably because the tire flatness is 35%. The car is stable, as if it proceeds to stick to the road surface.
  
 As you know, I'm weak in information technology, so it is still difficult for me to make new navigation settings. Still, I managed to go with the guidance by English navigation system. The composer Yuji Koseki Memorial Hall in Fukushima prefecture could be set as a navigation system, but I will go there next spring. It will be Indian summer again today, so I will adjust by driving through Takamae Bypass. My eyes have really improved due to cataract surgery.
 
 

| | コメント (4)

2020年11月 1日 (日)

運転中、路面の様子や縁石の存在を見落とさない

Img_1146_20201101170601
 
 今日の午後、吉井ドリームセンターへ行ってきました。この車の運転席にはドライブセレクトがあり、連続して坂を登るときはアクティヴにすると回転数が上がり、エンジン音が力強く活動的になり、ぐんぐん前進します。ところで、最近の私は運転中、扁平率35%のタイヤのため路面をよく見ながら運転します。
 
 先日、近くの金融機関の前で、一台の軽自動車が縁石に乗り上げ、動けなくなってました。こんな姿を見ると路面の具合や縁石の存在を見落とさないことが、とても重要に感じます。
 
 I went to Yoshii Dream Center to bathe this afternoon. There is a drive select in the driver's seat of my car, and when climbing an ascending road continuously, if I turn to active mode, the number of revolutions will increase, and the engine sound will become powerful and active, and the car will move forward steadily.
 
 By the way, recently I drive while looking closely at the road surface for tires with a flatness of 35%. The other day, in front of a nearby financial institution, a light car ran on a curb and the car got stuck. Looking at such a scene, I feel that it is important for us not to overlook the condition of the road surface and the existence of curbs.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

| | コメント (0)

2020年10月13日 (火)

群馬県・嬬恋村にあるユーモラスな立て看板

Img_1255

 8月1日が納車であった新車で、かねてから試運転に行こうと予定してた二つの場所の一つは群馬県・嬬恋村の広大なキャベツ畑にある「愛妻の丘」です。もう一方はNHK朝ドラ「エール」の主人公・古関裕而の資料が集められてる福島県の「古関裕而記念館」です。

 台風が去った昨日は天候も安定したので「愛妻の丘」まで、ドライブしてきました。

Img_1260

 ここへは10年ほど前に一度行ったことがありました。しかし、今回は八ッ場ダム~鹿沢~景色が最高なパノラマライン経由でナビの指示に従って運転したところ、以前に行った道とは逆の方向から目的地に着きました。その距離片道80Kほどで、山間部はカーブが多く、切り立った巨大な崖では自然災害による修復工事中の箇所があり、交互通行もあって、不思議なことに5分前からナビは交互通行があるから気をつけるよう伝えてました。何故そんなことが分かるのでしよう。

 広大なキャベツ畑の丘にあるパノラマラインは誠に景色が雄大で、遠くに巨大な浅間山や浅間隠山が望める高原です。殆ど車に出合わず、愛車は起伏に富んだ高原をグングン進みます。

 そして突如、目に入った「愛妻家に注意」の看板に、何かほっとするユーモラスな感覚に浸り、約2時間半のドライブ疲れもどこかに消えました。秋の訪れと共に自宅から休憩なしでのドライブはスイスイでした。ここ「愛妻の丘」に整備されてる駐車場からの眺めは遮るものは何一つなく、平素の生活とはかけ離れた誠に群馬の別世界です。

Img_1257

【拡大すると愛妻の丘にいるような感覚です。】

 小高い丘への木道の階段を50mほどの登ると、ここが「愛妻の丘」です。近年「キャベチュー」の別名で有名になった嬬恋村の名所で、頂上からの眺めは四方八方が群馬西部の大自然のみ、そして見渡す限りキャベツ畑の高天原です。

 実はここでカップルが愛を叫んだり、長年連れ添った夫妻の夫が改めて妻に「感謝の言葉」を贈ったりする場所として嬬恋村が建設した地で、このようなユニーク所は日本中でもあまりないでしょう。

Img_1262

【拡大すると読みやすいです。】

 丘の南端には「愛を叫ぶステージ」があります。おそらく、ここを訪れた若いカップルが、このステージで結婚を申し込んだり、申し込まれたりするのでしょう。平素、私たちは大きな声で叫ぶことはありません。しかし、雄大な眺めのここへ来て「愛を叫ぶ」と、叫んだ人にとっても、叫ばれた人にとっても生涯忘れない「大切な言葉」として深く心に刻まれるでしょう。羨ましい限りです。

Img_1263

【もしかして大自然の中で二人がハグするところ】

 頂上の一角には私の好きな日本シャクナゲの群生があり、5月の開花時にはカップルで賑わうでしょう。今回は中年のご夫婦が一組いて、絆を深めたようです。

 ここに30分ほど滞在した私はお腹も空いたので、今度は別のルート経由で一旦、軽井沢方向をめざし、途中、日本のポンペイとして知られてる「鎌原観音堂」を過ぎ、再度、嬬恋村の中心部で待ちに待った昼食となりました。

Img_1254

【ナンバーは「愛妻の丘」用?】

 ところで、今回はターボブルを纏った愛車TTの長距離試運転。行きは目的地に着く期待感でも、帰路は結局、合計5時間のドライブとなり、疲れを感じても、山岳地帯に跨る嬬恋村は誠に広いという印象を深く持ちました。同時に、我が群馬県も本当に広いと改めて群馬の良さを味わいつつ、女性ナビゲーターによる英語版ナビに従い、帰路も途中休憩なしに最後、関越自動車道・渋川ICから前橋ICまで乗りましたが、245-35-19のタイヤは道路面にしっかり吸い付くような安定した走りです。

 5分ほどギアーをオートマからマニュアルに切り替え6速から5速に戻して時速100キロ走行し、エンジン内の煤を取り除きました。再度いつの日か「愛妻の丘」を訪れたい。

  

| | コメント (2)

2020年9月14日 (月)

未だ未だすべてを知り尽くせません。

Img_1103_20200914011301

 昨日の午後、次女の家に用事があり、車で行ってきました。帰路は、ついでに前橋市経由で自宅に向かったところ、どうしたことか背中がかなり温かくなりました。

 原因は無意識に私がどこかを触ったらしいです。途中ディーラー高前支店に立ち寄って尋ねたら、背中を温かくするスイッチを無意識に押ししまったことが分かりました

 今日も一つ勉強になり、これで今度の冬は助手席に乗る人も温かく過ごせます。背中やお尻が温まります。車はとても快調に走ります。ところで未だ同じ2222の車に出合いません。


 I went to my second daughter's house by the blue car last afternoon. By the way, when I return my house via Maebashi City, for some reason, my back became quite warm.

 The cause is that I touched unconsciously somewhere. On the way, when I dropped by the dealer and asked, I found that I clicked a switch that warmed my back.

 I learned one thing today. This will keep a lady in the passenger seat warm this winter. The car runs very well. I'd like to give you a ride, if you are nearby. By the way, I haven't come across the same license plate number as 2222 car yet.

 

| | コメント (0)

2020年9月 9日 (水)

1000K点検を済ませる

Img_1097_20200909113801

 今日は青い車の新車1000K点検でした。40日経過しましたが、実際にはあまり乗らないことから走行距離は未だ600Kほどです。これは高崎~函館の直線距離に匹敵します。そう考えるとずいぶん遠くまで行ったことになります。

  将来は大洗港か、新潟港からフェリーで車を運んで、北海道へ行ってみたいです。いずれにしても国内旅行がしたいです。しかし、旅は道連れ、世は情け。健康で生きてればよいことがあるでしょうか。

 ところで、車はなかなかいろんな設定があり、私は未だすべてを把握できてません。昨日は走行中にエンジンの回転数が上がってしまったので、その話をディーラーにしたら、ドライブモードの設定が変わっていたと分かりました。モードにはいろいろあり、effeciencyがよいと分かりました。これは効果的に仕事をするという意味です。一歩、進歩しました。

 
 Today was the new blue car's 1000km inspection. Although 40 days have passed since purchase, the mileage is still about 600km because I do not actually ride much. This is equivalent to the straight line distance from Takasaki to Hakodate. If I think so, it means that the car has gone a long way.

 In the future, I would like to go to Hokkaido by ferry from Oharai Port or Niigata Port. In any case, I want to travel domestically. However, traveling is a companion, and the world is compassionate. Does a miracle opportunity occur as far as I live in good health?

 By the way, the car has various settings, and I can't grasp everything. The engine speed increased while I was driving yesterday, then I talked to the dealer, I found that the drive mode settings had changed mistakenly by me. There are various modes, and I found that efficiency is good. This means working effectively. I made one improvement.

 

 

| | コメント (2)

2020年9月 6日 (日)

山岳地帯の温泉

P1060412

 車の調子の維持のため榛東温泉に行ってきました。コロナのためでしょうか、ガラガラです。それにしても、空気と自然の景色が快適で私は露天風呂が好きです。

 実は、ここは大丈夫ですが、群馬の山奥の温泉には混浴があるから気をつけましょう。男湯から女湯には行けませんが、女湯から男湯に来られる構造です。

 以前に私は露天風呂を満喫してたら急に見慣れない光景に度肝を抜かし、思わず浴槽に沈みましたが、熱くても、いつまでもお湯から出られません。これは笑い事ではありません。水上の奥地と、万座温泉です。


 I went to Shinto Onsen to keep my car's condition. Probably due to COVID19, it is empty. Even so, I like the open-air bath for the marvelous view of nature.

 Actually, it's okay here, but be careful as there are mixed baths in some spas in the mountains of Gumma. He can't go from men's bath to women's bath, but she can come from women's bath to men's bath.

 In the past, I was amazed by the unfamiliar scene that suddenly occurred, and I suddenly sank into the bathtub, even it was hot water, I could not get out of the bathtub in a long time. This is not a laugh. The places are in MInakami and Manza Spar.

Img_1128_20200906040401

 

| | コメント (0)

2020年8月29日 (土)

水を得た魚の如く、久々に関越道を走る

Img_1146

 今日は車で高速道路を走りました。高速道は二回目です。関越道の藤岡IC~花園ICまで30K程度です。車は高速用に出来てるのでしょう。アクセルを踏み込まなくてもスピードが出ます。ここでは言えませんが100Kはすぐに超えそうです。

 245ー35ー19のタイヤは路面を捉え、また、4輪駆動は横揺れがありません。これからも狭い道は通過せず、車間距離を充分に取って、考え事せず、運転だけに集中します。

 運転は音楽演奏に共通します。


 Today I drove a highway by the blue car. This is the second time I drove on the highway. The distance from Fujioka IC to Hanazono IC on the Kan-etsu Expressway is about 30Kkm. The car is made for high speed. Speed comes out quickly without stepping on the accelerator too much. I can't say it here, but it seems that 100K will be exceeded.

 The 245-35-19 tires catch the road surface firmly, and the four-wheel drive has no rolling. From now on, I will not pass through narrow roads, keep enough distance between previous car, do not think about and it is indispensable to concentrate on driving.

 Driving resembles music performance.

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-cancer measure anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia antioxidant Audi TT Quattro English pronunciation facebook ISSからの景色 Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone studying English pronunciatoin お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 イクステーリア インドの自然 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 ストレッチング スポーツ トキの野生化へ ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 ロマン 一人暮らしの健康維持 一生勉強、一生青春 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に掲載 上毛新聞に連載 予防 二十四節季 二十四節気 交通安全 人命救助 人生 人生100年時代を生きる 人間の喜びとは 人間の知恵 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野の七不思議 倉賀野の歴史 倉賀野小学校 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康的な秋の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 先人の知恵 八重桜 内視鏡による検診 前立腺 剪定 創意工夫 助け合い 動物愛護 医師の一言 古代史 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 呼吸筋 和風住宅 国際交流 国際宇宙ステーション 国難のとき 地区とのつながり 地球 地球環境 多年草 大相撲 大腸の健康 天体 天体ショー 太陽太陰暦 太陽系 夫婦 夫婦の絆 失敗から学ぶ 奇妙なこと 姿勢 季節の移り変わり 学問・資格 宇宙に浮遊してる私たち 安全な入浴法 安全パトロール 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 小学校の英語教育 平和 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の弱さ 心の温かさ 心肺機能の強化 恋愛 恩師 情熱 惑星 惑星の動き 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 感染症 我が家の仕来たり 我が家の菜園 持寄り前の調整 指揮法 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 新みかぼフィル 新聞投稿文 旅行・地域 日の出、日の入り時刻 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 早朝の時間帯 早起きは三文の損 旬の野菜 昆虫 星座 星食 春の過ごし方 晩秋から初冬へ 暦について 月の満ち欠け 朝の習慣 未来ある子供の安全 杉の木 果実酒 果物の木 柴犬「ころ」 栄養価ある野菜 梅の花 植物の植え替え 植物の生態 横隔膜 樹勢よくする方法 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康 歯の健康管理 母の思い出 母の教え 比較文化 毛細血管 気候変動 気圧配置 気象 水分補給 決意 流星群 海外日本人学校 渡り鳥 源平しだれ 火山の噴火 火星の接近 災害への備え 父の思い出 牡丹 狂い咲き 環境衛生 生活様式の変化 生活習慣病の予防 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 相互依存 睡眠法 石楠花の手入れについて 社会生活の基本 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の先祖 私の愛読書 私の料理 私の経済展望 種鳩の管理 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済講演会 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 脳の働き 腰痛対策 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然の脅威に対処 自然散策 自然環境の保護 自然界の不思議 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 若き日 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音 英語の発音留意点 草花 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 血圧 血圧対策 血流 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ大輪 親の役割 観葉植物 言葉の重み 記憶力 語学 谷川岳遭難救助の鳩 資源ごみ 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足の運動と手当て 足腰の鍛錬 車の運転心得 車検 近所の交流 道具 選手鳩鳩舎の構造 選挙の投票 野鳥の楽園 長寿について 防災 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の活性化 風邪対策 食事 骨の検査 高崎のいい所 高崎のよい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 高齢者の運転 高齢者講習 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 MRIによる検査