カテゴリー「夫婦の絆」の8件の記事

2014年4月24日 (木)

次女夫妻に夫婦のあり方を学ぶ・・・女児誕生

P1050115  4月23日、次女に第1子として女児が誕生しました。母子ともに元気です。予定日より10日早く生まれても3164gの予想を超えた大きな女の子に驚きました。両親ともにスポーツマンであったことから健康に生まれたのでしょう。

 これから始まる人生は、きっと22世紀をも生きることになり、羨ましいほど長い人生に幸多かれとエールを贈りました。

 この日は私も午前中から、周囲にシャクナゲが咲き誇る「横田マタニティーホスピタル」に出向き、個室で陣痛=labor painsに苦しむ次女・麻里江を励まし続けました。

 時々やって来る痛みは次第にその間隔が狭くなり、経験のない私にはその辛さが分かりませんが、顔をしかめては時々は冗談を言ったりして、にっこりする娘に頼もしさを感じました。私が着いてから4時間ほど経過した3時過ぎ、いよいよ分娩で担当医師や看護師さんたちが入室しました。

 10分ほど廊下で待ってた私の耳に響いた「力強いオギャー」という第一声に喜びと安堵が交差し、元気な赤ちゃんであると確信でき、生まれてきてくれたことに感謝しました。大きな歴史的瞬間です。

P1050113  次女夫妻にはあらかじめ性別が分かっていたようですが、前以てお願いし、私には教えないように頼んでおきました。生まれたとき知る方が感動が大きいからです。

 しかし、妊娠中の次女夫妻の話を聴いてると、「スポーツは何をさせようか」などと話題にし、「陸上がいいかね。」「野球がいいかね」などと話してることが私の耳に入り、内心、私は「ああ、男の子か」と思ってしまい、ずっと今まで男の子のつもりでいました。

 言わぬようお願いしておいたのに、なぜヒントをくれるのかと思いましたが、どうもあの言葉は二人の作戦で、私をはぐらかす狙いがあったようです。

 分娩室で出産に立ち会っていた次女の夫Sさんが3分後に、感慨無量で号泣しながら出てきました。「女の子です。」の言葉に私は耳を疑いました。野球の言葉以来、男の子と確信していた私だからです。「えぇ本当か」と嬉しさで、また胸がいっぱいになりました。

P1050116 ところで、今回、大変に勉強になったことがあります。それは夫婦のあり方、次女夫妻の強い絆です。

 前述の通り、夫Sさんは分娩室での立ち合いに本当に感動したのでしょう。あるいは長時間にわたり次女に付き添い、陣痛の苦しみを全く同じ気持ちで自らのこととして分かち合った気持ちからでしょう。誕生の瞬間、我が子の姿に初めて接し、今まで二人であった自分たちから三人の自分たちになった実感から感極まったのでしょう。

 分娩室から感動のあまり号泣して出てきた夫Sさんは夫として誠に素晴らしい人です。素敵な体験をされ、世の夫の鏡です。

 この感動はこれからの子育てへの大きな基盤となることでしょう。出産に立ち会えた体験は脳裏に深く刻まれ、生涯の宝ものです。誠におめでとうございます。

 なお、赤ちゃんは次女の実家である私の家(写真)で暫く過ごすことになってます。次女の姉である長女も次女の母親代わりとなって生活を共にし頑張ってくれることになってます。平素、寂しい一人暮らしの私の家は今までと打って変わって賑やかになります。私に出来ることは、きれいな花々を咲かせることと音楽の環境づくりぐらいです。

| | コメント (4)

2013年2月14日 (木)

夫婦の絆は何気ない会話から

P1030388 【開花が間もない花梅・・・思いのまま】

 すでに、8年も一人暮らしの私は婚活をしています。元気なうちにパートナーと出会いたい一心で、あまり先になると「介護に来てもらう感じ」になって相手の方に申し訳ない気持ちです。二人で充実した日々を過ごすには今が勝負の時と思ってます。

 そのためにも、心身の健康は基本中の基本であることから、身体を鍛練したり、頭の体操として夢中になるものが不可欠と言えます。こんなことから10才から始めたレース鳩飼育、そしてピアノに英語のボキャブラリー挑戦と、1日の大半を過ごしています。

 近未来に相性の良い【馬の合う】お方と出会えても、肝心なことは、その先にある充実した生活と言えるでしょう。

P1030381【開花したアセビ】

 一人暮らしに比べれば、私にとって夢のような二人暮らしです。しかし、現実の結婚生活は夢ばかりではないでしょう。私の場合、子育てで忙しくなる結婚とは異なり、第二の人生としての結婚であることから「夫婦の絆こそ結婚のすべて」ということです。

 そこで、「夫婦間の幸せにとって肝心なことは何か」です。

 私は「夫婦とは言葉によるつながり」が核心と思ってます。それには【共有体験】を通して、二人だけの世界を持つこと、例えば音楽会、美術館巡り、旅や温泉巡りをはじめ、特に生活の中心は食事であることから、時にはあちこちの食べ歩きなどは脱マンネリ化に効果があり、つい話も弾むことでしょう。

P1030385_2 【紅梅の蕾】

 たまたま、私は音楽教育を職業としていたことから、今では音楽は趣味の一つとなってます。ピアノを弾くことや音楽会は楽しみで演奏を聴いた後の食事は「聴覚から味覚へ」と五感の梯子も変化があっていいです。

 時にはお酒を酌み交わし、「何気ない会話を通して」今まで気づかなかったことに気づいたり、驚いたり、新しく何かを考えられるようになれば心が充実するでしょう。

 大横綱「千代の富士」のことば・・・「同じ技のみでなく、いろいろなことをやってみると勝機が生まれる」

 これは私たちの生き方に共通することと考えられ、マンネリ化に陥りやすい夫婦の生活も同様で、二人で新しいことに取り組んだり、新たな所へ行ったり、新たな友人と出会ったり、芸術や自然散策など新たな体験を積み重ねることは心に刺激を与えます。

2290 【群馬県を代表する山・・・谷川岳にて】

 夫婦の会話は「涸れることのない泉のごとく」です。これはどんどん、いつでも喋るということではありません。

 一人暮らとは一人で考える生活で、夫婦とは二人の頭で考えることでありたいものです。山岳の頂上から滴り落ちる小さな雫であっても、せせらぎとなり、延いては川となるように、涸れることのない夫婦の会話は次第に深みと幅を増し、二人に充実という潤いと絆を与えるものでしょう。

 男と女は事前の略歴だけでは分からないもの。肝心の性格や価値観が相違すれば、お互いの期待に応えられません。

 婚活中は幾度も会い、事前の思い込みとは異なる面も知り、この世に同じ人間はいないことから互いに相違があっても、それを克服する協調が大切と思ってます。

 相性のよい人に出会えるか、今年が正念場の私です。

| | コメント (2)

2010年11月23日 (火)

高齢者の孤立…夫婦は必ずどちらか残される

265  11月22日は「いい夫婦の日」です。しかし、私にとって人生は思いもよらぬこと。妻が若くして他界し今年は7回忌です。

 結婚当初、こんなことになるとは全く想定外でした。妻は若いとき群馬県選手団の一員として和歌山国体に出場しました。種目は成年女子100mです。これは当時、群馬県の女性の中で100m走が最も速かったといえるでしょう。

 その後、義務教育での教職の道を選び、40代前半で教頭、教育委員会勤務を経て51才で小学校校長になりました。家庭においては年老いた私の両親の介護、2人の娘の良き母として楽しく充実した生活がありました。

 多忙なため、私と旅行する機会がなく、思い出は少ない登山で上越国境・平標山頂(1984m)や荒船山(1423m)の艫岩、十二ヶ岳(1200m)、城峯山、群馬の北部に位置するロックフィールドによる奈良俣湖などです。

 私が指揮する吹奏楽の音楽会では群馬音楽センターでの高崎商業定期演奏会、前橋市民文化会館での前高・優曇華音楽会などの応援に駆け付けてくれたことが嬉しかったです。

 その後、病気が発覚し2年間の療養後に逝きました。

 校長として現役ということもあり、通夜・告別式には1000名ほどの方々の弔問があり驚きました。葬儀は12月31日。

 私が妻に最後にできることは何かを考え、通夜・告別式両日とも弔問客に挨拶を行ないました。生前の妻の話をし、特に2人の娘に伝えたかったであろうこと話し、その後、ソプラノサックスで鎮魂曲を演奏しました。

 プログラムは3曲とし、通夜では、1曲目は結婚式当日、和装のお嫁さん姿で私の家に来てくれたことに感謝し「花嫁人形」、2曲目は楽しかった家庭生活を感謝し「愛の喜び」、3曲目は永遠に別れる日の気持を五輪真弓の「恋人よ」に託しました。

 告別式では2曲目を「ソルベーグの歌」にしました。群馬県が作製した映画「眠る男」の中に登場した音楽です。群馬の山々が好きだった妻への供養になったでしょうか。2人でこの映画を見に行ったこともありました。

 それにしても、教職に従事してた30年余りの期間に妻は一度も年休を取らなかったです。今思うと、身体を休めるため適当に休暇かを取るべきだったと思われてなりません。多分、責任感がそうさせたのでしょう。

 ところで、タイトルが示すように、結婚した夫婦はどんなに睦まじい生活をしていても、いつかは必ずどちらかが残される宿命が待ってます。確率として妻が8割、夫が2割ほどで、晩年は妻が圧倒的に一人暮らしを余儀なくされる宿命でしょう。

 しかも、男女の平均寿命の違いや夫婦の年齢差を考慮すると、高齢になった妻は平均して10年間は孤独に生きなければならない期間が来ます。

 これはあくまで計算上のことですから、もちろん、二人で長く生きていける夫婦もあります。ぜひ、そうあるよう互いに健康管理を最大の目標として日々生活してほしいと思います。

 夫として残された私が特に寂しいことは毎回の食事です。すでに6000回ほど孤食と称し、一人黙って食べざるをえない状況です。

 話しをする機会がない生活は、皆さまに対しブログを発信することを喜びとしているのかもしれません。

 レース鳩のベテラン・北海道のデカ橋さんや音楽の喜びを教えてくださる九州の花舞さんを始めとして、全国の多くの方々とブログを通じての交流は私に生きる力を与えてくださってます。本当に感謝この上もありません。

 幸い健康なので、今後は北海道や九州にお邪魔し、鳩談義や音楽談義をしたい気持ちでいっぱいです。もちろん、ご当地の銘酒を味わいつつです。

 高齢化社会になっても、より人間的に生きるため、人とのつながりを密にして楽しく充実した未来を築きたいものです。

| | コメント (4)

2009年11月 3日 (火)

軽井沢の結婚披露宴でソプラノサックスを演奏  

Dscf0111  11月2日は「いい二人の日」 です。この日、日本列島は寒さで震え、この秋一番の冷え込みでしたが、活火山・浅間山が近い軽井沢の有明邸で結婚式が執り行われました。私も暫くぶりに教会形式の結婚式と披露宴(ハウスウェディング)に出席させていただきました。

 ご本人たちと私との関係は親戚、職場、友人関係でもありませんが、何故かご招待を受け大変光栄に思っています。こんなことは今までありませんでしたし、これからもないでしょう。

 一人暮らしの私は週に一回程度、群馬・高崎駅前「どんどん」で夕食をとってます。ここに来ると孤独感から少なからず解放できるからです。マスターやママさん、そして若マスターや従業員の方々と気楽に話ができ、とても家庭的な雰囲気です。最近では中国の若い女性3人もウェイトレスとして働いており、内々ですが、私にとって中国語の勉強になり、それも楽しみなのです。

 実はこの「どんどん」の若マスターがこのたび結婚式を挙げられました。お相手は学生時代、ここ「どんどん」でアルバイトとして働いていた素敵な女性です。彼女はとても気さくでいつも声をかけてくださいました。このため、私もつい予定より多くお替りをしてしまい、時間のたつのを忘れてしまいます。

 このお二人は100パーセント恋愛結婚です。このような形で出会い少しずつ愛を温めてこられたのでしょう。そして結婚に至ったのですから誠に羨ましいと言わざるを得ません。想像では数年以上にわたり、愛を育んでこられたのではないかと思います。

Dscf0226  ところで「結婚で大切なことは何か」とは、大昔から人類永遠のテーマです。結果的にカップルは幸せになったり、幸せとは程遠いということになったりですが、私は「結婚の幸せ」とは案外、単純なことではないかとも考えてます。

まず、健康な二人であることです。適切な食事と適度な運動は欠かせません。そして、経済の独立です。それには特に夫に一生貫く職業があることです。そして「愛し、愛される幸福」=誠実であること。これにより会話は泉の如くで、楽しさは枯れることを知りません。

 誓いの言葉の如く生涯にわたり、愛し愛され続けるカップルも現実に多く存在し、年数が経過しても変わらぬ深い「夫婦の絆」ほど尊いものはありません。これを結婚の幸せと呼ぶのでしょう。

 ところで、先般ブログに記したように、客であるだけの私が結婚式に招待されたのですから、二人のために私ができることは何かと考え、簡単なスピーチとソプラノサックス演奏で祝福することにしました。1ヶ月前より練習を重ね、予定通り2曲が演奏できました。

 1曲目は新郎の新婦を思う気持ちを代弁するかのごとく、「好きにならずにはいられない」原曲は「愛の喜び」です。そして2曲目は新婦が新郎を慕う気持ちとして、「ただ二人だけで生きていたいの」と歌う「愛の賛歌」をしみじみ吹きました。どちらも男女の深い愛をテーマとした曲なので、気持ちが高ぶる如く、ビブラートを充分に効かせ声楽のように吹きました。心に響いたでしょうか。

 お二人はこれから社会の皆さんのため、寛げる夕食の食事処「どんどん」の二代目として各種料理に磨きをかけ、今まで通り、お客との温かな交流も期待してます。私は酒の量を守り、これからも楽しみとして週に1回は「どんどん」へ伺いたいと思います。お二人の末長いお幸せを祈ります。 

| | コメント (4)

2009年4月 6日 (月)

金婚式までは難しくなってきた当世の結婚事情

P1040121  80歳以上の女性の8割は配偶者がいないといわれます。私には姉が3人いますが、ご多分にもれず、まだ若いのにすべて配偶者は世を去り、一人暮らしを余儀なくされてます。いくら仲良くても、同じ日に世を去ることはできず、いつかは離別する日の到来という辛い宿命があります。しかし、本来は、できるだけ長い結婚生活を願ってやまないのです。

 一方、近くにいる若い方々を見渡しても、晩婚化がかなり進んでいます。男性・女性ともに30代中頃や、あるいは40代でも結婚せずにいる方が多くなり、この現象は大切な個人の生き方に由来していたり、出会いの少なさに起因してると考えられます。

 しかし、最大の原因で一昔前と変わったことは、若い独身の人がいても、個人の考えを大切にするあまり、あるいは個人的なことに踏み入らない傾向でしょうか。周囲の年配者や例えば上司がプライバシーに関わることと捉え、世話をやいたり、紹介することを躊躇する傾向にあるご時世です。これは日本古来の良きしきたりがなくなり、ある意味で寂しく、結婚式で仲人を見かけなくなったことでも明らかです。

 この傾向は数学的に見て、結婚されても結婚生活の年数はかなり短くなることが必然的でしょう。

 その上に、平均寿命は延びたといえども、それは少子高齢化に伴って計算上示された数値で、現実には依然として危険な交通戦争の日々にあり、不治の病、メタボリックシンドロウムなどに伴う40代後半からは予想を超えて病魔に侵される可能性があります。

 一方、それとは別に、結婚したカップル総数における生涯を通じての離婚率は100組中34組と驚くべき現実です。近年では配偶者の定年退職を節目にした熟年離婚も増えてるといわれます。

 晩婚化が進み、同時に、このようにいろんな形で配偶者との離別が思いのほか早期に到来する時代になったことを考えると、この現象は結婚生活の開始と終了の両方から狭められ、個々のカップルにより異なっても、結婚生活の期間は平均してますます短くなっていると推測できます。

 近年、社会の風習、そして家族のあり方が急激に変化している大きな点は、前述の通り、高齢になって配偶者がいなく一人暮らしを余儀なくされてる方が多くなっていることです。しかも、その方々の約半数は子供との同居がなく、長期にわたり一人暮らしになったり、あるいはホームへ入居のようで、子供や孫など家族に囲まれ、安心して老後を過ごす確率は甚だ低くなってる昨今です。

 近年では、皆様のご努力により、ホームでの生活も行き届いた施設や温かな環境で楽しく生活されることもありますが、先日の我が群馬県で起こったホームの火災のように設備や内容が芳しくない施設もまだまだたくさんあると考えられます。

 人は誰でも意志に関係なく、日に日に老いていきます。特に60代を過ぎれば、「一人での生活は気楽でいい。」などとは言えなくなると思います。それは寂しさが募るからです。

 親しい友人も他界したり、人数が少くなって楽しく話をする機会が減り、先日話題にしましたLocomotive Syndrome【足腰の不具合】に陥リやすく、食糧調達のお使いも難しくなっり、次第に基本的生活が困難になってくることは間違いありません。

P1040124  【人間生活において最も楽しい事は泉のように尽きない会話である】とすれば、その相手は一番身近な配偶者に他なりません。好きな人との結婚生活こそ、いつまでもということになります。互いに心身の健康に努め、長く幸せな生活を維持してこそ結婚本来の目標です。

 現在の社会現象に起因する将来を考えると、若い方々の晩婚化は必然的に結婚生活の短期間化につながり、これにより少子化は避けられず、ゆくゆくは年金を支える年代の減少につながり、老後にいただく年金の目減りが否定できません。

 天皇・皇后両陛下は今月10日に金婚式を迎えられます。おめでとうございます。私の父母は昔、金婚式を経験しましたが、私は真似ができませんでした。これから結婚される若い世代の方々が金婚式を迎える確率はどうなのでしょう。 

| | コメント (2)

2008年11月22日 (土)

「夫婦のすれ違い」目を見て話してますか。

525  写真は群馬県西部に位置する妙義山です。年代が古く硬い岩石でできており、風化してできた奇岩の石門めぐりが楽しめます。

 今日は語呂合わせで「いい夫婦の日」。妙義山のように固い絆で結ばれてる夫婦はいったいどれほどの割合でしょうか。

 通信教育社が行なった20代と60代の既婚者へのアンケートによると「生まれ変っても今の配偶者と結婚したい」と答える人は、いずれの世代でも60%にとどまり、残りは、二度と結婚したくないということでしょうか。

423  特に60代女性では50%がノーを突きつけてるそうです。あくまでアンケート結果ですが、60代女性の二人に一人が「夫との気持ちにすれ違いがある」ことになります。

 生まれ変わることはありえませんが、現実に半数がこのような気持ちのまま、毎日、夫婦でいるということは、出会った若き日の情熱とは裏腹に「男性には厳しい老後」が待ってることになります。

 夫婦で一緒にやってみたい趣味や習い事では、20代の夫婦及び60代の男性は「映画鑑賞」がトップであるが、60代女性は夫と一緒にやってみたいことは「特にない」とのこと。何と冷ややかな現実でしょう。その関係に寒々します。

  拙いブログでは2008年1月9日に「夫婦について」私なりに大切なことを考えましたが、今でも、夫婦幸せの基本は 「会話で結びつく二人」であると確信してます。

 会話がなくなれば、意思を表わす手段はマイナス方向になります。それは必要最低限度のことばのみです。同じ家にいながら、夫婦によっては「メールのみ」で用件を済ませてることもあるようです。一方的にアドレスを変更されたら、さあ大変。

  表面に出なくても、夫婦間での無視、大声、暴力などの実態は予想をはるかに越えてる可能性があります。これらは学歴、職業に関係なく、深刻な夫婦関係です。

433  私の知人の話では、ある40代の夫婦は同じ家に住みながら、終日、別の部屋で暮らしているそうです。妻は食事だけドアーからそっと差し出し、夫は食べ終わると、お膳を室外に出しておくそうです。「夫婦間に言葉は一切ない」ようです。

 DVはとんでもないことですが、暴力のない社会は身近なところから、まず夫婦の正常な関係が大きいと思います。子供は親の行動をいつかは真似するものです。

 私は4年前に妻に先立たれ一人暮らしです。このような時、「いったい妻の存在は何であるか」を考えることがあります。それは何と言っても、言葉でつながる関係、つまり、「涸れない泉」のようでしょう。「お互い必ず目を見て話すマナー」は夫妻にあっても心すべきことと思います。

 ある大学の先生が話してました。20代~30代の男女とも独身の人は結婚で悩んでいるとのことです。それは「一人の人とずっと一緒にうまくやっていけるか。」だそうです。結婚生活を続けられるか心配で、なかなか踏み切れないこともあるようです。

 また、ある調査によると、夫婦げんかは20年前より増え、「よくする」と「ときどきする」の回答が51%に上がったとのことです。原因の約3分の1は「お金のこと」とのこと。

 充実させたい時間について、「夫婦一緒の時間」と答えた夫は約40%に対し、妻は26%。「妻と一緒にいたい夫」「夫と距離をおきたい妻」のギャップに【夫婦のすれ違い】が強まってるようです。結婚した4組に1組が離婚という余りにも厳しい現実を知ると、若者の婚期はますます遅れてしまうかもしれません。

| | コメント (1)

2008年7月27日 (日)

安眠につながる夫婦別寝

 「亭主元気で留守がよい」という言葉を発するくらい不幸な妻はいないでしょう。かつて何かの縁で出会い、愛し結ばれ、年月が経過するとこのような言葉を無造作に発してしまうのは哀れに見えてしかたがありません。

 この言葉には極めて深刻な感情が含まれてます。夫が病弱で介護が始まったら手がかかり大変、なるべくそばにいないで元気でお金だけ渡してくれればよく、顔もそれほど見たくない、声もそれほど聴きたくない、話もそれほどしたくない、ましてや一緒にいたくないということになり、愛よりお金という生活では、華やかな結婚式での愛の誓いはどこへ行ったのでしょう。

 およそ、この年代の方々が嫁に行くとき流行した言葉が「カー付き、家付き、ババ抜き」という高度成長期の初期に一致します。結婚するとき姑を嫌い、結婚して暫らくしたら夫がいない方がいいとは家族の絆などどこ吹く風です。

 年間の離婚件数25万組は今後ますます増える状勢です。その数は満員の甲子園球場入場者数の10倍に当たります。やむを得ず同居してる家庭内離婚はこの数を凌ぐともいわれます。

 一方、今の世の中は格差社会といわれ、それは経済のみでなく、生き方などいろんな場面で存在するでしょう。男性同士の格差はもちろん、特に社会進出に伴い最近は【女性間の格差】が著しいといわれてます。しかし、前述の「亭主元気で留守がよい」という風潮や現実の離婚件数、家庭内離婚を勘案すると、「夫婦間の愛の絆」ほど格差があるものはないかもしれません。

 ところで、より良い夫婦関係を維持するには人生の3分の1を過ごす寝室のあり方も一つの意味を持ってると感じます。健康の三大要素は栄養、運動、休養ですから、これらのバランスを取らなくてはなりません。この中で休養の中心となる就寝は結婚年数の経過とともに夫婦にとって重要でしょう。

 基本的には【夫婦であっても個人個人考えの相違があり、生き方の相違、長年培ってきた人格、それぞれの趣味、侵すべからざる尊厳があることは言うまでもありません。一心同体はありえないことです。】

 夫婦仲が良ければ良いほど、これらのことを尊重し合えるのでないでしょうか。私は相手を思いやる上で、これらこそ欠くべからざることと思えてなりません。

 この点、夫婦でも常に寝室が一緒では、就寝起床時間の相違、読書の光、ラジオ・テレビの音、トイレに起きたり、クーラーの好き嫌い、あるいは「いびき」、寝返りなどで、相手の安眠を妨害してしまいます。

 【ぐっすり眠って翌朝すっきり起床できれば、健康につながる夫婦でしょう。】

 このようなことから「夫婦別寝」は仲が悪いわけではなく、互いに安眠を促し、思いやりや個人生活を尊重する望ましい姿と考えられます。時には同室になされば恋人のようで新鮮さ100倍間違いありません。

| | コメント (1)

2008年3月15日 (土)

偉大な人ほど奥様を大切にする

Dscf0197_3  本日は群馬県も殊のほか好天に恵まれ、選手鳩たちは16日に行なわれる金田一からの500Kレースのため青森県に行っており、私自身、レース鳩の管理が楽になり山に行きたくなりました。

 目的地は桜とサージタンクで有名な佐久発電所です。ご覧のように巨大な円筒の中には水が最上までいっぱい入っており、地上81メートルから落下する水力を使っての発電です。実際にはこの遥か下の利根川縁に発電機があるので約121メートルの落差を使っての合理的な発電です。

 ここは赤城山の山麓に位置し、山の傾斜を使ってここまで約1.3キロの高台にある調整池から、これまた巨大なパイプにより水を引き、調整池の水面の高さとサージタンクの最上が同じ高さになってます。これにより緊急時には水を止められるといわれます。

 地震、雷などの理由で発電機が急に止まった場合、調整池からの水が放出したままにならぬようになったり、水圧鉄管の厚さを薄くできるなどの経済効果があるといわれます。

 各地で不安が広がってる原発事故の放射能漏れや、炭酸ガスの排出もなく、この点、周囲に不安を与えることなく設計されてます。

 その上、景観はご覧のように見事です。しかも、ここは群馬でも指折りの桜の名所。4月がお薦めです。関越自動車道渋川インター下車で東に高いサージタンクが見えます。

 調整池は水鳥も多く美しい景観をなしてます。実はこの調整池へは利根川上流からの水を引き込んでます。山岳が多い群馬の地形の傾斜をうまく利用し、エネルギーを使わず、水は低きに流れる性質を利用し、実に合理的であることが分かります。

 この佐久発電所はセメント創業で著名な故・浅野総一郎氏により昭和3年に建設されました。そして近年、21世紀を迎えるに相応しい姿に再建築されたのです。

  なお、佐久発電所の名の由来は、浅野氏の苦難な時代に励ましてくれた妻「作さん」を偲んで、奥様の雅号である「佐久」と命名したと伝えられます。奥様は発電所の完成を見ないで世を去ったといわれます。完成を見ることができれば、夫の成功をどれほどか喜ばれたことでしょう。

 現在のサージタンクはその基礎の上に建ち、「夫婦の絆くらい大きなものはない」と実感して佐久発電所を後にしました。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

anti-aging | Anti-locomotive syndrome | anti-sarcopenia | anti-senile dementia | Audi TT Quattro | English pronunciation | facebook | My Soprano Saxophone | お薦めの散策コース | お酒の飲み方 | がん予防 | ご挨拶 | しだれ桃の世話 | インド生活の思いで | ウォーキングの効用 | エクステリア | エコの実践 | グルメ・クッキング | ゲーム | サイクリング | サマータイム | スポーツ | トキの野生化へ | ビール | ピアノの練習 | ファッション・アクセサリ | ブログについて | ホームコンサート | ボケない方法 | ボランティア―活動 | レース鳩 | レース鳩の世代交代 | レース鳩の交配 | レース鳩の訓練 | レース鳩の雛の餌 | レース鳩の馴致 | レース鳩・帰還後の手当て | レース鳩持寄り前の調整法 | レース鳩梅雨時の管理 | レース鳩飼育者の健康維持 | 七夕について | 上毛新聞「ひろば」に掲載 | 上毛新聞に連載 | 二十四節気 | 交通安全 | 人命救助 | 人生 | 住まい・インテリア | 体脂肪率 | 倉賀野のすばらしさ | 倉賀野の七不思議 | 健康 | 健康的な夏の過ごし方 | 健康長寿 | 健康食 | 健康食品 | 八重桜 | 内視鏡による検診 | 動物愛護 | 古代史 | 吹奏楽演奏会 | 国際交流 | 地球 | 地球環境 | 大腸の健康 | 天体 | 夫婦 | 夫婦の絆 | 季節の移り変わり | 学問・資格 | 安全な入浴法 | 家族 | 小学校の英語教育 | 庭作り | 心と体 | 心の温かさ | 恋愛 | 愛鳩の友に掲載記事 | 我が家の仕来たり | 我が家の菜園 | 持寄り前の調整 | 指揮法 | 携帯について | 携帯・デジカメ | 教育 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日中友好 | 日本の安全 | 日本シャクナゲ | 日本シャクナゲの育て方 | 日米関係 | 日記・コラム・つぶやき | | | 杉の木 | 柴犬「ころ」 | 植物の生態 | 次女Marie Persimmon Marsh | 歯の健康管理 | 母の思い出 | 比較文化 | 気候変動 | 気象 | 海外日本人学校 | 渡り鳥 | 火山の噴火 | 父の思い出 | 発声法の研究 | 発電所 | 登山 | 百日紅 | 目の健康 | 石楠花の手入れについて | 神秘なこと | 私のクリスマス | 私の経済展望 | 第九 | 筋トレ | 素敵な女性 | 経済 | 経済・政治・国際 | 経済講演会 | 群馬のいい所 | 群馬の日帰り温泉 | 群馬の秘湯めぐり | 群馬の自然 | 群馬県の世界遺産 | 群馬県民の声援 | 肉体の鍛錬 | 胃の内視鏡検査 | 自然 | 自然界の掟 | 自転車的生活 | 花木 | 花桃 | 花梅 | 若さの維持 | 英語のボキャブラリー | 英語の勉強 | 草花 | 落ち葉の再利用 | 蔵人 | 藤の咲かせ方 | 血圧対策 | 血流の促進 | 血液検査 | 西洋シャクナゲ大輪 | 親の役割 | 観葉植物 | 語学 | 谷川岳遭難救助の鳩 | 赤紫の藤 | 趣味 | | 車の運転心得 | 近所の交流 | 選手鳩鳩舎の構造 | 長寿について | 防災 | 集中力を高める | 音楽 | 音楽教育 | 頭の活性化 | 高崎のいい所 | 高崎市 | 高齢化社会 | 鳩レース | 鳩月刊誌ビクトリアル | 鳩舎の改築 | 鳩舎の構造 | 鼻の健康法 | 1年を振り返って | 1月1日の天文 | MRIによる検査