カテゴリー「近所の交流」の2件の記事

2008年4月18日 (金)

近所の花見の会、迫る

 平成元年から続いてる「近所の花見の会」は今年で20回目を迎え、私の家で行なわれます。花見をする中心的樹木は「しだれ花桃」ですが、今は花の季節で10種類のシャクナゲを中心に八重桜やドウダンつつじなど色鮮やかに咲き始めました。一年の努力の成果を楽しんでいただければ望外の喜びです。

 花より団子の感もありますが、それはそれでいいものです。近所であっても、平素忙しいこともあり、歓談のチャンスはありそうでないものです。花の季節に膝を交えての語らいは、きっと至福の時になるでしょう。ほんの少し新緑も始まった今の光景は何とも清々しいものです。

 この花見の会は4月20日(日)の夕刻に行なわれ、目的を掲げてます。

1、花を通じて四季の移り変わりを心ゆくまで楽しむ。2、今年1年の近所の平安を願う。3、楽しく飲んで語り合う。となってます。

 飲み物、おつまみはcateringあるいはBYOBという方式です。皆さんめいめいが得意なものを持ち寄ります。部屋は和室8畳2間続きで、家の中から庭の花を観賞できる間取になってます。このため、寒くありませんし、雨天でも賑やかに花見が決行できます。

 昔と異なり、どうしてもご近所との交流は少ない時代ですから、このような会は意味があるでしょう。昨年度、私は班長をしてたこともありますので、役目が無事終了したお疲れさん会でもあると内心勝手に思ってます。

 先ほど、花の好きな方々から電話があり、参加したいと申し出があり、合同で行うことになりました。多くは女性です。明るく楽しい花見の会になりそうです。平素、一人暮らしの私にとって、多くの方が見えるのは、まるで夢のような雰囲気でしょう。気を確かに持って春のひとときを過ごそうと、今からワクワクしてます。

 2次会はピアノバーを用意してあり、ワインをいただきながら次第に夜の帳となり、大人のムードへと移行すれば、花見の会であったことも忘れ、夜は次第に深まることでしょう。 

| | コメント (0)

2008年3月23日 (日)

近所との交流を広げるいい季節

 白木蓮が咲く時期は別れの季節といいます。私が行なっていた隣保班の班長も退任の時期となり、寂しい中にもホッとしています。班長として特に新しいことをしたわけでなく、町内会費を集金したり、19軒の各家庭向けに月2回配布される市の広報を配ったり、回覧板を回したくらいです。

 隣保班内にご不幸が起これば各家庭に連絡をしなくてはなりませんが、幸いにも任期中にはありませんでした。次回に班長するのは19年後ですから、何才になるでしょう。後、2回はしたいと思います。

 近年、家庭内においてもそれぞれが個室を持つようになったりして、家族であってもお互いに何をしてるか分からなくなる傾向があります。家族は常に何してるか分かる間取の方が楽しいですね。

 世の中全体でも少子高齢化に伴ない核家族化が進んでいます。それに伴ない人と人の心の交流が希薄になりつつある傾向は否めないと思います。

 ましてや、ご近所にはどのような方々がいるのか知らない状況が起こったりして、昔に比べ寂しい限りです。1年に一度、側溝の掃除があっても、以前のように「どぶさらい」するほどの汚れが少なくて、近所との交流の機会は益々なくなりました。

 このことは20年程前から感じていました。近くに住んでいながら話もしたことがないどころか、挨拶も少ないのでは人として情けないものです。

 昭和の最後に、両親が他界したとき近所の方々が我が家に集まっていろいろ手伝ってくれました。一週間後、お世話になったので改めて近所の方々をご招待したことがあります。このとき、多くの方が私の両親の生前の話をしてくださり、盛り上がってすごい温かさを感じました。

 私の決意はこのとき起こりました。そうだ、この集まりをこれからは不幸の時だけでなく、チャンスあるたびに行なえば天国の両親も喜んでくれるのではないかと思ったのです。私の家には「しだれ桃」を始めとして「シャクナゲ」などたくさん咲くので、花見を行なえば近所の方々との交流は深まるのではないかと直感したのです。

 そして、平成元年に始まった「花見の会」は今でも続いてます。会費は徴収せず、アメリカ式パーティーBYOB=Bring your own booze.で続けています。つまり、飲み物やおつまみなどは各家庭持参で集まるのです。一人暮らしをしてる私にとっては別世界のように賑やかになり、それにもまして奥様方自慢の料理に、私には忘れかけていた昔の8人家族時代の充実さや楽しさが蘇えりました。

 今年は4月20日にしだれ桃の花見を行い、近所の皆さん方と一杯やる予定です。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

anti-aging | Anti-locomotive syndrome | anti-sarcopenia | anti-senile dementia | Audi TT Quattro | English pronunciation | facebook | My Soprano Saxophone | お薦めの散策コース | お酒の飲み方 | がん予防 | ご挨拶 | しだれ桃の世話 | インド生活の思いで | ウォーキングの効用 | エクステリア | エコの実践 | グルメ・クッキング | ゲーム | サイクリング | サマータイム | スポーツ | トキの野生化へ | ビール | ピアノの練習 | ファッション・アクセサリ | ブログについて | ホームコンサート | ボケない方法 | ボランティア―活動 | レース鳩 | レース鳩の世代交代 | レース鳩の交配 | レース鳩の訓練 | レース鳩の馴致 | レース鳩・帰還後の手当て | レース鳩持寄り前の調整法 | レース鳩梅雨時の管理 | レース鳩飼育者の健康維持 | 七夕について | 上毛新聞「ひろば」に掲載 | 上毛新聞に連載 | 二十四節気 | 交通安全 | 人命救助 | 人生 | 住まい・インテリア | 体脂肪率 | 倉賀野のすばらしさ | 倉賀野の七不思議 | 健康 | 健康的な夏の過ごし方 | 健康長寿 | 健康食 | 健康食品 | 内視鏡による検診 | 動物愛護 | 吹奏楽演奏会 | 国際交流 | 地球 | 地球環境 | 大腸の健康 | 天体 | 夫婦 | 夫婦の絆 | 季節の移り変わり | 学問・資格 | 安全な入浴法 | 家族 | 小学校の英語教育 | 心と体 | 心の温かさ | 恋愛 | 愛鳩の友に掲載記事 | 我が家の仕来たり | 我が家の菜園 | 持寄り前の調整 | 指揮法 | 携帯について | 携帯・デジカメ | 教育 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日中友好 | 日本の安全 | 日本シャクナゲ | 日本シャクナゲの育て方 | 日米関係 | 日記・コラム・つぶやき | | | 杉の木 | 柴犬「ころ」 | 植物の生態 | 次女Marie Persimmon Marsh | 歯の健康管理 | 母の思い出 | 比較文化 | 気候変動 | 気象 | 海外日本人学校 | 渡り鳥 | 火山の噴火 | 父の思い出 | 発声法の研究 | 発電所 | 登山 | 百日紅 | 目の健康 | 石楠花の手入れについて | 神秘なこと | 私のクリスマス | 私の経済展望 | 第九 | 筋トレ | 素敵な女性 | 経済 | 経済・政治・国際 | 経済講演会 | 群馬のいい所 | 群馬の日帰り温泉 | 群馬の秘湯めぐり | 群馬の自然 | 群馬県の世界遺産 | 群馬県民の声援 | 肉体の鍛錬 | 胃の内視鏡検査 | 自然 | 自然界の掟 | 自転車的生活 | 花木 | 花桃 | 花梅 | 若さの維持 | 英語のボキャブラリー | 英語の勉強 | 草花 | 落ち葉の再利用 | 蔵人 | 藤の咲かせ方 | 血圧対策 | 血流の促進 | 血液検査 | 西洋シャクナゲ大輪 | 親の役割 | 観葉植物 | 語学 | 谷川岳遭難救助の鳩 | 赤紫の藤 | 趣味 | | 車の運転心得 | 近所の交流 | 選手鳩鳩舎の構造 | 長寿について | 防災 | 集中力を高める | 音楽 | 音楽教育 | 頭の活性化 | 高崎のいい所 | 高崎市 | 高齢化社会 | 鳩レース | 鳩月刊誌ビクトリアル | 鳩舎の改築 | 鳩舎の構造 | 鼻の健康法 | 1年を振り返って | 1月1日の天文 | MRIによる検査