カテゴリー「しだれ桃の世話」の6件の記事

2013年4月11日 (木)

生命をバトンタッチしてた先代・枝垂れ桃の不思議

340 【庭で25年間咲き続けた大きな枝垂れ花桃】

 今年の4月12日は旧暦で3月3日に当ります。旧暦の3月3日は女の子の成長を毎年、大安にして祝ってました。これについて六曜では旧3月1日が先負から始まるので3日は大安になります。

 六曜をおさらいすると、日々の順は「先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口」と覚えておくと理解しやすいです。そして、旧1月と7月は先勝で始まり、2月と8月は友引で始まり、以下、3月9月は先負から、4月10月は仏滅から、5月10月は大安から、6月12月は赤口から始まると決まってます。おそらく昔の中国から伝わって来たのではないかと推測します。

 このことから旧暦では、釈迦の生まれた4月8日は必ず大安であり、中秋の名月の「十五夜」は必ず仏滅になり、「七夕」7月7日は先勝、「桃の節句」3月3日は必ず大安と決まっており、西の空に三日月が出ます。現行の暦4月12日の夕刻に西の空をご覧ください。

 私の家でも、ご覧の大きな「枝垂れ桃」が旧暦の桃の節句前後によく開花しました。しかし、一昨年の開花を最後に寿命が終わり誠に残念なことになり、25年間本当に楽しませてくれました。枯れた桃は寿命と諦め、それ以来、私は他の樹木の世話に専念と気持ちを切り替えました。

 ところが、生命とは不思議です。この大きな「枝垂れ花桃」の木は、近くに2本の子孫を残してることを昨年秋に発見しました。同じ築山に幹のしっかりした子供が育っているには驚きました。自らは死しても「生命のバトンタッチ」をきちんとしていたのです。

P1030600  小さくても枝ぶりは親にそっくりです。幹も太くしっかりしてます。今年は2才で「桃栗3年柿8年」と言う通り、果たして来春は花を咲かせるでしょうか。

 高さ1メートル程でも樹形を堂々と見せつけ、樹勢に将来性が感じられます。現在は毎日水を与えてます、若葉は密集しており、この夏を通して大きくなる気配です。親のように大きくなるには30~40年はかかるでしょう。

 今後の私は、「枝垂れ桃」二世の成長した姿を見る目標ができました。「枝垂れ桃」二世の成長と共に、自らも健康に努め、身体全体の筋肉を維持・増進に努める張合いが生まれました。

 「枝垂れ桃」二世は2本あるので、今1本は梅雨になったら離れたところに移植します。育てるポイントは余り肥料を施さず、朝晩の水やりを日課にします。運良く井戸水を十分に与えられるので責任ある仕事が一つ生まれました。

| | コメント (2)

2011年4月14日 (木)

「しだれ桃」と「遺作ノクターン」の饗宴

★大震災で被災し、ふる里を離れ避難生活されてる方々、「がんばろう日本」のもと、共に苦難を乗り越えましょう。今回は花木を掲載しました。

340   高気圧に覆われ、よく咲いた我家のシンボル「しだれ桃」です。 左上の英国レース鳩月刊誌ビクトリアルの表紙に掲載され、世界に紹介されたものです。クリックすると樹形が良く分かります。

 樹齢は推定50年。開花が長持ちするように毎日、根元にたっぷり水を与えてます。無尽蔵の井戸水です。

 今、見事に開花しても年間を通して、桃はどうしても幹や枝が虫にやられ、すでに枯れた枝をかなり切り落とし、樹形は年々変化しています。それでも、前の道を通る方々がいい形ですねと言ってくださり、ホッとします。

 ボケは東洋錦という紅白に咲き分ける品種と白の品種が並んでいます。写真は白の方を写してますが、実はこの白は購入時は赤のみでした。いつからか、いきなり白に変化し、「あれっ、どうしたのだろう。」と不思議でたまりませんでした。何故でしょう。奥にちらほら赤く見えるのが東洋錦です。

 ボケは棘があり、美しいものには棘があるといいますが、手入れの時に気をつけなくてはなりません。それでも一年で今が最もいい時できれいです。

 こちらが東洋錦の品種です。1本が紅白に咲き分けてます。白はピンクに近いです。

 このように咲き分ける樹木は本当に不思議ですね。梅は以前に掲載しましたが、やはり紅白に咲き分け「思いのまま」といいます。桃も紅白に分かれる品種があり、こちらは「源平」といいます。1本で2色楽しめるとは有難いことです。交配の技術者が成せる業でしょう。

 黄色は先日、載せた「しだれレンギョウ」です。上に見えるのがのモクレンです。モクレンにも種類があります。これは花弁が珍しく裏表ともチョコレート色で正真正銘のモクレンといえるでしょう。

 モクレンの花も美しいですが、この木の下に「日本シャクナゲ」を植えてあります。開花が始まってます。つまり、背の高いモクレンがシャクナゲの日傘になって、半日陰を好むシャクナゲのために環境作りをしています。

 これはカイド―です。後ろに見える黄色は車です。ずいぶん背が高くなり、しっかり根付いています。剪定して樹形を整える必要があり、1年を通して観察してます。

 一般論として、植木は草花と異なり、時季が来れば必ず開花するので、本来それほど手入れをしなくてもいいですが、翌年より良く開花するには何と言っても、水をたっぷり与えることと体験上感じてます。これから開花するカルミアやすでに咲いてるアセビでこのことが確認できました。

 これからは「西洋シャクナゲ」と「日本シャクナゲ」が中心に咲き始めるので、毎日、水を与えています。開花したらアップします。

 ところで、最近ブログに登場しませんが、趣味の一つであるピアノはどうにか弾いています。こちらは植木より難しいです。植木はそのままでも自然が創造しますが、ピアノ演奏は人間の心身による挑戦、努力、継続、暗記です。

 一人暮らしは鑑賞してくれる人がいません。このため、ついサボり気味です。音楽は作曲家・・・演奏する人・・・鑑賞者がいて成り立ちます。

 果たして神は生涯の鑑賞者を呼んできてくれるでしょうか。

 これからも私に合ったショパンの名曲「ノクターン1番」、戦場のピアニストで有名になった「遺作ノクターン嬰ハ短調」を弾き続けたい。

 お酒が入れば、「雪が降る」「みちのく一人旅」「「ベサメム―チョ」が定番です。

| | コメント (0)

2009年5月11日 (月)

「しだれ桃」の剪定は今が適してる

342  両親からPersimmon Marsh家を引き継ぎ、私の代となった記念樹として昭和の最後に植えた「しだれ桃」は巨木の勇壮を呈してきました。正真正銘の桃色といい、絵に描いたような優しい枝ぶりといい、今春も約2週間にわたり、心ゆくまで楽しませてくれました。

 この「しだれ桃」はイギリスから世界57ヶ国に発行されてるレース鳩月刊誌「Pictorial」の表紙を3度も飾り、鳩舎と共に各国の方々にご覧いただいたものです。今や生まれ変わったように新緑が芽を伸ばしつつあります。

 人気記事ランキングには登場しませんが、管理画面上のカテゴリーの中では「しだれ桃の世話」に多くのアクセスを頂いてます。今の時季、剪定などに関心があることが窺えます。

 私は、ここ2~3日かけて、かなり思い切り剪定してみました。本来ならプロの植木職人に剪定してもらう方が正しくできるでしょう。しかし、見よう見まねで20年にわたり、試行錯誤で行い、「しだれ桃の気持ち」になって我流で行ってます。

 剪定の目的はただ一つ。来年に向けて健康な枝が張り出すためのみです。病気を予防することにもなるでしょう。

 このため、私は鋸つきの長枝鋏で、原則的に太い枝からは2本の小枝を残したままで、思い切り他の枝を切り落としました。枯れ枝も切り落とします。

 仕事が一段落したら、その都度、遠方から枝ぶりを眺めます。「樹木とは眺めるもの」だからです。角度を変えて見るとバランスが良く分かります。人生にも通じるようです。

 それにしても思い切り剪定し、何だかすっきりしました。これで今までより風通しは抜群に良くなり、見るからに健康的です。

Dscf0091   この写真はイギリスで発行された「ビクトリアル」の表紙です。 レース鳩の月刊誌ですが、3冊ともこのしだれ桃が写ってます。

 しだれ桃は約1メートルの高さに植えてあるので、枝が垂れ下がっても地上に届くことはありません。また、そばを通っても枝が邪魔になることはありません。築山の頂上に植えてあると景観が良くなり見応えが出てきます。

   ご覧のように、築山の頂上は火山のクレーターのようで、水が溜まるようにしてあります。開花中や土の表面が乾いたときは蛇口をひねるだけで井戸水が5分ほどで満タンになります。しだれ桃は勿論、周囲の石楠花やつつじにも水分が行き渡ります。しかも、築山特有のことで水はけは抜群です。

 殆どの植物には水がたくさん必要であっても、反面、この「水はけ」が良いということがポイントと考えてます。特に平地でシャクナゲを育てる場合は半日蔭と同時に、このことが言えると思います。これは私が今までにたくさん枯らしてしまい、失敗から得た教訓です。現在は3本の日本シャクナゲ、7本の西洋シャクナゲはすべて毎年開花してます。

 「しだれ桃」については、初夏から真夏にかけて来春の満開を目指す新たな枝が生まれ出ることを祈り、特に夏場の水分補給は十分に心がけます。

 果たして、来春の「しだれ桃」と、我が人生とでは、どちらがより良く開花するでしょうか。「しだれ桃」に負けたくないです。 

| | コメント (2)

2009年4月13日 (月)

人生に花は咲かずとも花に囲まれた日々

 昭和の終わり頃、両親が相次いで他界し、私の時代になった記念樹として植えた「しだれ桃」は20年を経過し、ずいぶん大きくなり、前の道を通る方々が立ち止まってカメラに収めたり観賞されていきます。しかし、ご多分にもれず幹の中身には空洞の部分ができています。それでも樹勢はいいです。

 この木の特徴である枝ぶりは四方に手を差し伸べるかの如く広がりを見せ、末端の枝はお祭りの万灯のように垂れ下がり、この木の持つ本来のやさしさが感じられます。どうぞ写真をクリックされ拡大してご覧ください。

 カテゴリー「Pictorial」に記述しましたように、イギリスのレース鳩月刊誌の会社から鳩舎と共に、このしだれ桃が紹介され、世界57カ国の方々に見ていただいています。しかも、このしだれ桃も表紙に3回の登場ですから、あるいは日本のしだれ花桃がイギリスでは珍しいのかもしれません。

 手入れは四季を通じて見よう見まねで私が行ってます。剪定は枯れ枝を取り去るくらいにしてます。築山に植えてあるので水はけはいいと思います。また、いくら末端の枝が垂れ下がっても高く植えてあるので引きずるようなことはありません。

 最近ではほとんど肥料は与えてませんが、築山の一番高い所を直径1メートル50センチほどクレーターのように池にして、そこに週に1度くらいポンプでくみ上げた井戸水をたっぷり与えます。開花してからは毎日です。

 この一見、矛盾したようなことがいいのかもしれないと考えてます。つまり、水は十分に与えるが、水はけがしっかりできていることが基本と思います。これについてはしだれ桃のすぐ下に見えます西洋シャクナゲについても同様のことが言えると思います。

 こちらの写真は一般家庭の庭では生育するのが難しいと言われる「日本シャクナゲ」です。通常は高山の岩肌にしがみついて疲れた登山客の目を楽しませる樹木ですが、私が工夫したことは、やはり、土地が少し高い所で、しかも大きなモクレンの木の下に植えました。これにより半日蔭となり、特に夏場の直射日光を遮れますし、冬は暖かな日差しが当たります。もちろん「水はけ」がいい場所です。

 この水はけのよさこそ肝心で、蕾から開花にかけての最近では毎日、井戸水をたっぷり根元に与えてます。この木も昭和の最後に植えたのでかなり成長し、根元は直径が10センチほどの太さです。シャクナゲはこの他10本ほどありますが、多くは西洋シャクナゲです。この日本シャクナゲは大きさもあり、平地でこのように良く開花するのは珍しく貴重なものと思ってます。

 昨日は車で15分ほどのところにある大きな前方後円墳・七興山(ななこしやま)の頂上に登りました。ここは群馬県でも指折りの桜の名所です。しかし、穴場であるのでしょうか、群馬の方々もあまりご存じないようです。樹齢100年を超すと思われるものが幾本も咲き乱れています。

 このように周囲を取り巻く環境はまさに花の季節の到来で、これから5月までは花木が多く開花し、その後は草花の季節になるでしょう。

 私はどうしたことか色とりどりの草花も素晴らしいと思いますが、個人的には樹木に花が咲く植物に魅力を感じてやみません。これはある意味で、極論すれば、構わずにおいても基本的に季節が来れば開花するものだからでしょう。しかし、人間の手が入ったものはどこか咲き方が変わり、努力に応えてくれるようです。

 これは人間に関しても言えることで、「親はなくても子は育つ」といわれても、大人が子供に対してしっかり目をかけてあげれば、将来、芯がしっかりして大きな開花につながることでしょう。植物も、人間の子供も、私の場合レース鳩たちへも、毎日の愛情が不可欠と思います。

 振り返って、今の私はいかにしたら一人暮らしから脱皮できるでしょうか。人生については未だ花が「咲きそ」うにありません。【涙】咲きそう咲きそうと思っても、いつになってもなかなか咲きません。私の楽器が「咲きそ」フォンだったからでしょうか。【涙から爆笑へ】 

| | コメント (4)

2008年4月12日 (土)

我が家のシンボル「しだれ桃」の開花

338  四月中旬になり庭の花が一斉に開花してます。庭木に対して素人の私が見よう見まねで剪定と水やりを中心に世話してきましたが、どうやら今年は良い色彩で目を楽しませてくれてます。チューリップは秋に球根を取り出したほうが良いのですが、昨秋はしませんでした。でもご覧のようです。

359  20年程前に植えた日本シャクナゲは平地で育てるのが難しいといわれますが、土を高く盛り水はけをよくし、木陰に植えましたら冬温かく夏涼しいのが成育には適したようで見事な開花となってます。日本シャクナゲが平地の庭でこれだけ開花するのは珍しいかもしれません。

 内緒ですが、あまりにも蕾がたくさんついたので実は2月下旬、3分の1ほど間引きしてみたのです。また、根元に腐葉土を与えたのが色彩の良さにつながったかもしれません。やっとポイントが掴めたか。

 左も日本シャクナゲで、じきに開花です。こちらは薄いピンクで艶やかさはありませんが、あたかも物静かな女性のような魅力です。山の中で見かける種類で高山を登ってる最中、小休止したところにそっと咲いてる感じの可憐な味わいを呈しています。

 我が家のシンボル「しだれ桃」はまだ蕾がたくさんあるので八分咲きの状態です。あと2週間は咲き続けるでしょう。写真では大きさが分かり難いですが、「羽衣」という品種名の通り、まるで天から羽衣が降りて来たようで、下の樹木の上に覆い被さるような枝振りは花の色と見事な対比をなしてます。

 珍しく下からシャッターをクリックしましたら、懐かしいインドの火炎樹のような雰囲気に見えます。火炎樹は高さがあるので、よく木の下から上を見上げたものです。インドは4月5月が真夏なので今の時期きっと炎のようにあちこちで咲いてることでしょう。青春時代思い出の樹木です。

 イギリスの鳩月刊誌「ピクトリアル」の表紙に鳩舎とともに三度も掲載されたこの「しだれ桃」はきっとイギリス人にとっては珍しい姿なのでしょうか、世界57ヵ国で読まれてるので、私としても掲載を誇りに感じています。これからも花の咲く庭木の育成と共にレース鳩飼育の尽きない喜びを求めていきたいと思います。そして花の大好きな運命の人と出会いたいです。

| | コメント (0)

2008年4月 6日 (日)

一年の成果がでるか、しだれ桃

337  昭和63年4月に植えた「我が家のシンボル」しだれ桃はこのところの暖かさで一気に蕾が膨らみ始め、一部咲きといったところです。まるで桜の開花からバトンタッチするかの如くで、しばらくは楽しめるでしょう。

 両親が他界し私の代になった記念樹で、品種は羽衣といい花は桃色です。旧暦の3月3日は新暦では今年は4月8日。昔の人が伝えるままに、ひな祭りである「桃の節句」に咲くのですから自然界は神秘的です。

 大昔から赤ちゃんは病気になることが多かったと推定されます。私たちの祖先は平安時代頃より、この時期に「ひな祭り」をして女児の健やかな成長と品位を願い、桃の木にその気持ちを託し育ててきたのでしょう。

 このしだれ桃の味わい方は、まず、黒い枝振りです。まるで四方八方に手を差し伸べるかの如く、特に末端のしだれるところに優しさが表現されてます。落葉する晩秋から春までの約半年間は一見寂しくても、曲がりくねった枝振りが品格を伝えています。冬季、この枝に10センチほど雪が積もると黒い枝に白い雪が乗り、奥ゆかしさはこの世のものとは思えません。

 しかしながら、一輪が直径4センチほどのピンクの八重は一面に咲くと、まさに天人が羽衣を着て降りてくるようで、羽衣という品種名もこの花に相応しく、想像性豊かな先人の命名でしょう。

 枝がしだれても見やすいように、土をたくさん盛り築山にして高い位置に植えました。これは一石二鳥です。根元をクレーターのようにして水が溜まりやすくし、井戸水をたっぷり与えます。一方、築山のため水はけがいいのです。

 この一見、矛盾したようなことが生育には大切で、水がたくさん必要でも、水はけがいいことが成長のポイントと思ってます。

 根から吸い上げられた養分は幹を通って常に上へ上へといくのでしょう。自然淘汰により年々下の枝が枯れ、代わって新たな枝が上部に生じて数年すると樹木全体の形が変化し、生き物であることが実感できます。。

 これから約3週間ほど咲いてますので、咲き具合はブログに載せたいと思います。どうぞご覧ください。お近くの方はお出でください。今月20日には「近所の花見の会」が行なわれます。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

anti-aging | Anti-locomotive syndrome | anti-sarcopenia | anti-senile dementia | Audi TT Quattro | English pronunciation | facebook | My Soprano Saxophone | お薦めの散策コース | お酒の飲み方 | がん予防 | ご挨拶 | しだれ桃の世話 | インド生活の思いで | ウォーキングの効用 | エクステリア | エコの実践 | グルメ・クッキング | ゲーム | サイクリング | サマータイム | スポーツ | トキの野生化へ | ビール | ピアノの練習 | ファッション・アクセサリ | ブログについて | ホームコンサート | ボケない方法 | ボランティア―活動 | レース鳩 | レース鳩の世代交代 | レース鳩の交配 | レース鳩の血統 | レース鳩の訓練 | レース鳩の雛の餌 | レース鳩の馴致 | レース鳩・帰還後の手当て | レース鳩持寄り前の調整法 | レース鳩梅雨時の管理 | レース鳩飼育者の健康維持 | 七夕について | 上毛新聞「ひろば」に掲載 | 上毛新聞に連載 | 二十四節気 | 交通安全 | 人命救助 | 人生 | 住まい・インテリア | 体脂肪率 | 倉賀野のすばらしさ | 倉賀野の七不思議 | 健康 | 健康的な夏の過ごし方 | 健康長寿 | 健康食 | 健康食品 | 八重桜 | 内視鏡による検診 | 動物愛護 | 古代史 | 吹奏楽演奏会 | 国際交流 | 地球 | 地球環境 | 大腸の健康 | 天体 | 夫婦 | 夫婦の絆 | 季節の移り変わり | 学問・資格 | 安全な入浴法 | 家族 | 小学校の英語教育 | 庭の石の不思議さ | 庭作り | 心と体 | 心の温かさ | 恋愛 | 愛鳩の友に掲載記事 | 我が家の仕来たり | 我が家の菜園 | 持寄り前の調整 | 指揮法 | 携帯について | 携帯・デジカメ | 教育 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日中友好 | 日本の安全 | 日本シャクナゲ | 日本シャクナゲの育て方 | 日米関係 | 日記・コラム・つぶやき | | | 杉の木 | 柴犬「ころ」 | 植物の生態 | 次女Marie Persimmon Marsh | 歯の健康管理 | 母の思い出 | 比較文化 | 気候変動 | 気象 | 海外日本人学校 | 渡り鳥 | 火山の噴火 | 父の思い出 | 発声法の研究 | 発電所 | 登山 | 百日紅 | 目の健康 | 石楠花の手入れについて | 神秘なこと | 私のクリスマス | 私の経済展望 | 第九 | 筋トレ | 素敵な女性 | 経済 | 経済・政治・国際 | 経済講演会 | 群馬のいい所 | 群馬の日帰り温泉 | 群馬の秘湯めぐり | 群馬の自然 | 群馬県の世界遺産 | 群馬県民の声援 | 肉体の鍛錬 | 胃の内視鏡検査 | 自然 | 自然界の掟 | 自転車的生活 | 花木 | 花桃 | 花梅 | 若さの維持 | 英語のボキャブラリー | 英語の勉強 | 草花 | 落ち葉の再利用 | 蔵人 | 藤の咲かせ方 | 血圧対策 | 血流の促進 | 血液検査 | 西洋シャクナゲ大輪 | 親の役割 | 観葉植物 | 語学 | 谷川岳遭難救助の鳩 | 赤紫の藤 | 趣味 | | 車の運転心得 | 近所の交流 | 選手鳩鳩舎の構造 | 長寿について | 防災 | 集中力を高める | 音楽 | 音楽教育 | 頭の活性化 | 高崎のいい所 | 高崎市 | 高齢化社会 | 鳩レース | 鳩月刊誌ビクトリアル | 鳩舎の改築 | 鳩舎の構造 | 鼻の健康法 | 1年を振り返って | 1月1日の天文 | MRIによる検査