カテゴリー「レース鳩持寄り前の調整法」の2件の記事

2012年4月16日 (月)

逆算して抱卵で挑むモザイク号・・・東日本稚内GN

469pxsatellite_view_of_japan_1999  5月10日はメインイベントである北海道稚内から群馬県高崎市の当舎まで1039Kを飛翔する東日本稚内グランドナショナルレースに満二歳【10年生】の「モザイク号」♂が挑みます。「モザイク号」の延べ飛翔距離は3000K以上。

 現在は持寄りに向け体調回復から次第に調整へと進んでます。700K翌朝帰りの疲れは抜けつつ、体内に残る見えない雑菌はほぼ消滅しつつあると推測してます。

 先般行われた700Kレースへの往路は下のトラックで運搬され、群馬県~仙台港~フェリー~室蘭~北海道・北吉原まで、3泊の長旅をコンテナの中で過ごし、レース鳩たちにとってはストレスがあったと想われます。

 現地・北吉原では北海道の皆さんが厳寒の中、早朝にも関わらず放鳩に立合って下さり感謝にたえません。未だお目にかかったことがないのに私たちの地区ナショナルレース放鳩に、ご尽力いただき本当に有難いことです。いつか、群馬の銘酒をお注ぎたい心境です。

Photo【デカ橋さんの掲示板より、北海道の皆さん】

 お陰様で、午前6時20分の放鳩後は旋回することもなく、一団で南下したとのこと。広大な内浦湾~津軽海峡~本州に入り青森県~群馬県へと自力でゴールを目指しましたが、「モザイク号」は距離717Kを翌朝到着。見た目に疲労はあまりなさそうでした。

P1020078_2 【鳩舎内からモザイク号がこちらを見ています。】

 ところで、若き日、ミュニイェ系で稚内を3回帰しましたが、その頃は特別な調整をしなかったです。

 しかし、今年は抱卵で挑みます。GNの持寄は5月6日(日)。あと20日間が飼育者にとって勝負です。抱卵での参加は日数が肝心で、今回、抱卵10日目で持寄る予定にしてます。果たして計算通りに行くでしょうか。持寄りまで静かな環境作りに専念します。

 一般的に交配してから2卵の抱卵が始まるのは7日~10日後と考え、今回5月6日が抱卵10日目になるには、逆算して4月18日に交配する必要があります。

 モザイク号は自身の巣房を持ち、交配♀を迎える準備は、すでにスタンバイの状態です。相手は以前に交配した♀です。

P1020067  交配予定日である4月18日の午前中、巣房の右側の巣皿があるところへ♀を入れ、少しの間、互いが見える興奮状態にしてから中の仕切りを開けます。後は自然の法則に任せ、2卵産み終えるのは4月26日前後と想われます。

 そして、モザイク号が午前9時から午後3時まで抱卵するとして、舎外運動は午前6時と午後3時過ぎの2回。天候次第ですが、5月1日、3日、5日の3回を早朝15Kほどの近距離訓練を単羽放鳩で予定してます。 【カッキー燃えてます。】

 餌は質の良いトウモロコシ、メイプル、ほんの少しの菜種が中心で、馬力があって軽く仕上げたいものです。3日に一度位、飲料水にビタミンを少量入れます。

 モザイク号♂の系統は父=はと鳩舎作翔ホープGN号。その名の通りGNを実現できるでしょうか。ホープGN号の母「GNⅢ号」は、たぶん弟鳩舎作翔で稚内GNを3回記録です。

 母=「スチール号×ジャンヌオルレアン号直仔」。「モザイク号」が稚内GNでスピードある飛翔を実現するため、飼育者は持寄り日まで頑張ります。

【追伸、モザイク号の配合♀は4月28日に第1卵を産んだので、持寄り時点では抱卵8日目となります。レース日は抱卵12日目です。】

| | コメント (4)

2010年4月 1日 (木)

室蘭~高崎間700キログランプリレースに抱卵で参加するシンクロ

  室蘭からの700キログランプリレースにスタンバイしてるシンクロ鳩は今春300キロ連合会マーク鳩レースで1位になった♀です。私は子供のころから真っ黒な鳩が好きでした。

P1000202  父親(写真上)は羽幌900キロ翌日帰還しましたが、その日、私は仕事で家にいられず、帰宅して夕刻に手動で記録したので、本当の帰還時刻が分からず順位も下がり、鳩に申し訳ないことをしたのです。帰還が午前中であった可能性もあります。系統は米国フランク・キタ鳩舎のブラックイーグル系です。肌触りは珍しくシルクタッチです。

 母親は茨城県の高塚鳩舎作・北関東5地区グランプリ総合優勝、9地区同時放鳩6776羽中最高分速の「グランプリキング号」の娘です。

 前述の通り、グランプリにスタンバイのこのシンクロ鳩は300キロが速かったです。今回、金田一500キロから室蘭700キロへ参加します。持寄り日に抱卵11日目と少々深抱き気味ですが、飼育者としては巣房への愛着がより強力になることを期待してます。日中は午前午後とも舎外させ運動不足解消に努めてます。

 卵そのものは調子のいい状態で産卵したので仮母に抱かせ、この鳩には偽卵を抱かせることも考えてます。しかし、まだ決めてません。というのは、ここにポイントが隠れているからです。

 【卵が孵る数日前からは卵内に起こる心臓の微妙な音を親鳩は必ず感じる筈です。これこそ親鳩の帰巣本能をくすぐる核心と考えられます。このため、偽卵を抱かせることは、せっかくのチャンスを台無しにし、帰巣本能が減じるのではないかと考えてます。】

 持寄り日まで飼育者は巣房の中を見ることを極力避け、鳩が抱卵に専念できる配慮が大切と思っています。

 飼育者の私は未だ北海道へは行ったことがありません。主人が行ったことのない室蘭から鳩は帰還をめざしているのです。幸い、私はネットを通じて著名なレースマン・北海道在住デカ橋さんに交流いただいてます。

035  いつの日か愛車「アウディーTTクワトロ黄色」を群馬から走らせ、デカ鳩さんをはじめ北海道の鳩友の方々にお会いし鳩談義できることを夢見ています。果たして北海道のお酒はどんな味でしょう。

 ところで、レース鳩が考えられない遠方から津軽海峡を飛び越え帰還する理由については、学問的にいろいろ説があり本当のところは分かりません。それでも、抱卵状態でレースに参加すれば、帰巣本能がより高まることは確かでしょう。

 レース鳩の卵は抱卵18日目に孵る関係から、あまり長い期間抱くと、体内に乳びが溜まり始めると考えられ、放鳩日が延期にならぬことを願ってます。今のままなら抱卵日数が丁度良いかもしれません。

 一方、内緒ですが、持寄り日の5日前から3日間、連続して訓練する予定です。距離は25キロある大間々の高台で海抜300メートルです。1羽ずつ5分おきに放します。

 果たしてシンクロは北海道室蘭から無事に津軽海峡を飛び越え、群馬高崎までの700キログランプリレースに素晴らしい飛翔を見せるでしょうか。予定は4月14日前後です。

| | コメント (8)

その他のカテゴリー

anti-aging | Anti-locomotive syndrome | anti-sarcopenia | anti-senile dementia | Audi TT Quattro | English pronunciation | facebook | My Soprano Saxophone | お薦めの散策コース | お酒の飲み方 | がん予防 | ご挨拶 | しだれ桃の世話 | インド生活の思いで | ウォーキングの効用 | エクステリア | エコの実践 | グルメ・クッキング | ゲーム | サイクリング | サマータイム | スポーツ | トキの野生化へ | ビール | ピアノの練習 | ファッション・アクセサリ | ブログについて | ホームコンサート | ボケない方法 | ボランティア―活動 | レース鳩 | レース鳩の世代交代 | レース鳩の交配 | レース鳩の訓練 | レース鳩の馴致 | レース鳩・帰還後の手当て | レース鳩持寄り前の調整法 | レース鳩梅雨時の管理 | レース鳩飼育者の健康維持 | 七夕について | 上毛新聞「ひろば」に掲載 | 上毛新聞に連載 | 二十四節気 | 交通安全 | 人命救助 | 人生 | 住まい・インテリア | 体脂肪率 | 倉賀野のすばらしさ | 倉賀野の七不思議 | 健康 | 健康的な夏の過ごし方 | 健康長寿 | 健康食 | 健康食品 | 内視鏡による検診 | 動物愛護 | 吹奏楽演奏会 | 国際交流 | 地球 | 地球環境 | 大腸の健康 | 天体 | 夫婦 | 夫婦の絆 | 季節の移り変わり | 学問・資格 | 安全な入浴法 | 家族 | 小学校の英語教育 | 心と体 | 心の温かさ | 恋愛 | 愛鳩の友に掲載記事 | 我が家の仕来たり | 我が家の菜園 | 持寄り前の調整 | 指揮法 | 携帯について | 携帯・デジカメ | 教育 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日中友好 | 日本の安全 | 日本シャクナゲ | 日本シャクナゲの育て方 | 日米関係 | 日記・コラム・つぶやき | | | 杉の木 | 柴犬「ころ」 | 植物の生態 | 次女Marie Persimmon Marsh | 歯の健康管理 | 母の思い出 | 比較文化 | 気候変動 | 気象 | 海外日本人学校 | 渡り鳥 | 火山の噴火 | 父の思い出 | 発声法の研究 | 発電所 | 登山 | 百日紅 | 目の健康 | 石楠花の手入れについて | 神秘なこと | 私のクリスマス | 私の経済展望 | 第九 | 筋トレ | 素敵な女性 | 経済 | 経済・政治・国際 | 経済講演会 | 群馬のいい所 | 群馬の日帰り温泉 | 群馬の秘湯めぐり | 群馬の自然 | 群馬県の世界遺産 | 群馬県民の声援 | 肉体の鍛錬 | 胃の内視鏡検査 | 自然 | 自然界の掟 | 自転車的生活 | 花木 | 花桃 | 花梅 | 若さの維持 | 英語のボキャブラリー | 英語の勉強 | 草花 | 落ち葉の再利用 | 蔵人 | 藤の咲かせ方 | 血圧対策 | 血流の促進 | 血液検査 | 西洋シャクナゲ大輪 | 親の役割 | 観葉植物 | 語学 | 谷川岳遭難救助の鳩 | 赤紫の藤 | 趣味 | | 車の運転心得 | 近所の交流 | 選手鳩鳩舎の構造 | 長寿について | 防災 | 集中力を高める | 音楽 | 音楽教育 | 頭の活性化 | 高崎のいい所 | 高崎市 | 高齢化社会 | 鳩レース | 鳩月刊誌ビクトリアル | 鳩舎の改築 | 鳩舎の構造 | 鼻の健康法 | 1年を振り返って | 1月1日の天文 | MRIによる検査