カテゴリー「石楠花の手入れについて」の5件の記事

2016年4月28日 (木)

高貴な風格漂う「フィリスコーン」の魅力

P1010037 【西洋シャクナゲ・・・フィリスコーン】

 初めてシャクナゲの魅力に取りつかれたのは30年ほど前です。当時、日本シャクナゲと西洋シャクナゲの区別はもちろん、全般的にシャクナゲの種類や知識に乏しく、育て方については殆ど知りませんでした。

 ただ健気に咲く姿に取り付かれ、以来、埼玉県花園や前橋農協花木センターなど、あちこちの植木屋巡りをして、気に入った色彩のシャクナゲを2年に1本ほど購入し、合計15種類ほど手に入れましたが、育て方の無知により5本ほど枯らしてしまった苦い体験があります。

 今回、開花した写真のフィリスコーンは花弁の大きさといい、珍しくクリーム色した色彩といい、気品が満ち溢れ、この花のオーラについ見とれてしまいます。

 早速、気付かれた隣のTさんが庭に入って来られ「このシャクナゲは高貴ですね」と感心され、わざわざ奥様を呼びに行き、お二人でしばらく観賞されてました。

P1010026 【フィリスコーン・・・半日蔭に植えるのがコツ】

 ところで、日本シャクナゲの特徴は概して花の色彩が地味であり、最も大きな特徴は葉の裏が茶色です。シャクナゲ全体では種類が少ないです。しかし、深みある色彩は言葉で何とも表現できない美的魅力があり、心から惹きつけられます。

P1050086 【日本シャクナゲ・・・品種名は筑紫】

 一方、西洋シャクナゲは種類が豊富で、昔から人為的に交配がなされ、一見して華やかな色彩です。花弁の色は多種多様です。

P1000854 【西洋・・・4月上旬に満開、すでに散り、来春の新芽が出てる】

 シャクナゲを購入したら、先ず相応しい場所選びです。半日蔭を好み、土地が多少高めの所が水はけが良く生育しやすいです。真夏の直射日光を嫌い、特に暑い西日が当たらないことです。しかし、冬季は蕾が成長する時季であり、日当たりが良いところが適します。

 この矛盾の答えは簡単です。「比較的大きな落葉樹の下」に植えます。

P1000988【日本シャクナゲ・・・細葉】

 購入後、根回ししてあった袋や紐は土を崩さぬように取り除きます。遵守すべき注意は、「深植えしないこと」です。少し根元が見える程度です。掘った穴の周囲にはピートモス、腐葉土、赤玉土などを入れ、土がふわふわし空気が含まれてる状態が望ましいです。

 水遣りは根の最深部に届く感じにたっぷりです。肥料は5月にお礼肥、秋から冬にかけて蕾が膨らむので12月頃与えます。遠回しに油粕です。

P1000938 【すでに来春の新芽が出てる西洋】

 前述の通り、植木屋巡りは楽しく、気に入った植木との出会いは恰も人との出会いのようです。購入時の鉄則は開花の色彩を確認です。

 シャクナゲに限った事ではありませんが、蕾の状態で購入を決断すると開花したとき、がっかりする場合があります。色彩の確認は大切で、この花とどうしても離れられない心境が購入のポイントと感じます。

| | コメント (0)

2016年3月31日 (木)

一年間の世話が実り、西洋シャクナゲ大輪が開花

P1000854 【八分咲きになった西洋シャクナゲ大輪】・・・Enlarge please!

 群馬県の高校では音楽科の副教材として歌集「しゃくなげ」を使用してます。改訂を繰り返し、すでに50年も音楽の授業で使用されてきました。私も職業柄この歌集を教科書とともに使用しました。歌集の命名者は初版時の先輩教員の方々です。おそらくシャクナゲが群馬の山岳に咲く代表格と捉えたのでしょう。

P1000877_2  ですから私の現役時代には「シャクナゲ」という言葉が常に身近にありました。しかし、本来、植物であるシャクナゲについてはあまり知識がなく、恥ずかしい状況で、植木屋巡りをしていたある日、ピンクのシャクナゲを目にした瞬間、その美しさと品格に感銘し、これがシャクナゲかと驚き、以来、歌集シャクナゲより、本物のシャクナゲの虜となり、これが元で30年以上に亘り、種類の異なる8本のシャクナゲを育てています。

 西洋シャクナゲ5本、日本シャクナゲ3本です。実はブログ内での質問に、この二者の違いを問うアクセスが数多くあります。

P1000862  先ず、日本シャクナゲは【葉の裏側が茶色】です。葉は幾分か表から裏にかけて両端が丸みを帯び、花の色は一見、地味で、白っぽい中に薄いピンクが漂うものが多いです。しかし、色彩に純心さと深み、何よりその絶対的な品格は女王を彷彿させ、人間の心を捉えます。

P1050054 【日本シャクナゲ・・・2年前の写真より】

 一方、西洋シャクナゲは、概して色彩が豪華です。歴史的に交配が繰り返えされ、人為的に作られた品種であり、色彩は多種に亘ります。葉は一般の他の植物に似てます。葉の裏は緑系です。

 一般にシャクナゲと言えば、殆どが西洋シャクナゲであり、数でも圧倒的に西洋シャクナゲが多いです。その点、日本シャクナゲは稀少であり、植木屋巡りをしても出合うことは難しいです。

P1000857_2 【西洋シャクナゲ】・・・Enlarge please! 

 ところで、シャクナゲを育てるポイントは「植える場所」です。真夏の直射日光を嫌う性質から大きな木の下など半日蔭のところです。しかし、冬季には蕾を大きくするため太陽光が必要です。この矛盾に対する答えは簡単です。大きな落葉樹の下に植えることです。

 一方、植える場所は水はけが良いところです。高めの土地や、少々土盛りすればジメジメしません。しかしながら、年間を通じて水遣りは必要です。土の表面が乾いたら潤します。

P1000858【花びらの上に細かい点々がある】

 不思議なことに、花弁には上下があり、中の点々は花弁の上部のみにあります。これはスミレが猿の顔のように上下があるのと似てる現象です。

 肥料は年に2回で、5月にお礼肥、1月に寒肥えです。根から20㎝ほど離して油粕を与えます。

 庭にはこれから次々にシャクナゲが咲きます。家族がいないので私一人で眺めてはもったいない心境です。お近くの方は見にいらしてください。

| | コメント (0)

2012年1月 9日 (月)

心を鬼にして西洋シャクナゲ大輪の蕾を摘む

960  毎年5月10日前後に満開になる玄関前の西洋シャクナゲ大輪です。

 1月上旬の蕾はすでに大きくなって4ヶ月後の開花の準備です。しかし、毎年、平均してたくさん咲かせるためには、今の寒い時期にある程度、蕾を摘む必要があります。

 これは20年以上にわたるシャクナゲの手入れから知り得たことで、自然のままにしておくと翌年あまり咲かなくなり、何とも寂しい姿になります。

 理由は二つ考えられ、一つは、一つの枝で考えると前年に咲いた枝は原則的に翌年は咲かず、翌々年に咲きます。つまり、1年おきということです。2つ目の理由は一度に咲き過ぎると翌年は栄養不足に陥り、樹木全体の成長に影響を及ぼします。

 こんなことから、私は今年用の枝と来年用の枝に分けるようにし、この作業によって毎年、平均して大輪を咲かせるという目論見です。

 写真の如く、5月の開花は咲き誇るといった形容が相応しい大輪で、ピンクの開花と紅い蕾が調和して見事です。驚くことに花弁には必ず上下があり、上部には赤い点々が集合してます。私の知る限り、近郊ではこのような大輪シャクナゲを見るチャンスはありません。 

 実は昨年の今頃、余りにも蕾が付いていたので100個摘みました。摘むときはすごく可哀そうな気持ちになります。そのままにしておけば、必ず大輪が咲くからです。しかし、シャクナゲ全体のことを考えると摘まなくてはなりません。どの蕾の大きさもほとんど同じです。本当にもったいない感じで、申し訳なく泣く泣く摘みます。それでも多少でも小さい蕾を摘みます。

 これが摘まれた蕾で残念にも日の目を見ないことになります。今年は30個余りなので例年より少なくしました。ハサミで切りましたが、切り口がすでにピンクになってるものもあり、蕾の中は真冬のうちに咲く準備をしていることが分かります。

 動植物には淘汰が付きもので、その最たるものはライオンの子育てといわれます。生まれると目の見えない子供たちを崖から落とし、親の匂いを頼りに崖をよじ登って来た子供だけが生を受ける掟と聞きます。それによって手足の丈夫なもの、嗅覚が鋭いもののみが代々百獣の王となり、食物連鎖のトップに君臨できるのでしょう。

 これが西洋シャクナゲの現在の様子です。蕾は推定100個付いてます。 果たして、上の写真のように5月には大輪を見せてくれるでしょうか。手入れは年間を通して行なってると言って正しいです。

 それは晴れてる日の午前中に多量の水を与えます。また、大切なことは肥料です。これは失敗しないことが肝心です。与え過ぎたり、根元に近すぎると樹勢が弱ります。枯れることも起こります。年2回施し、咲いた後のお礼肥と寒肥です。私は鶏糞を遠巻きに与えます。

434 【クリックしてください。】

 ところで、今年の5月にはこのシャクナゲ大輪を観賞するために、前橋の「お菓子作りの会」の女性たちが15名ほど来訪予定です。果たして彼女たちを感動させられるでしょうか。私としては大寒を無事に過ごさせ、時々水を与えることで蕾の成長を促すだけです。

 我が人生に花は咲かずとも、西洋シャクナゲ大輪が咲き皆さんに喜んでもらいたい。

| | コメント (0)

2010年4月14日 (水)

平地でも見事に咲く日本シャクナゲ・いよいよ開花

Dscf0094  日本シャクナゲと西洋シャクナゲの違いは葉の形を見れば一目瞭然です。日本シャクナゲの葉は比較的厚めで硬く、表面が反ってる感じです。それに対して西洋シャクナゲは一般的に葉の厚さが薄く、他の植物に近い感じです。シャクナゲの開花として、次回はこれまた大輪の西洋シャクナゲのピンクをご覧いただけますので、今までご存じない方も日本シャクナゲと西洋シャクナゲの違いに気づかれると思います。

 タイトルに掲げましたように日本シャクナゲを平地の庭で育てるのは難しいとされてますが、基本中の基本である条件をクリアーしてあげれば、平地で咲かせることはさほど難しくないと体験上感じてます。

 その条件の一つは大きな落葉樹の下が適地です。すでに蕾を持ってる冬の期間、日光が十分に当たり暖かく過ごせるからです。夏は落葉樹の大きな葉が半日陰の状態をつくり、シャクナゲにとっては涼しく、葉が焼けず好都合です。特に新芽が出始める五月ころの強い直射日光は一日で小さな葉が萎れてしまいます。冬暖かく夏涼しくは私たち人間と同様です。

 その条件の二つ目は水はけのよい場所に植えることです。ですから、他の植物より少し高めの位置が良いと考えらます。それであっても、水は大いに大切で不可欠です。矛盾してるようですが、水は大切であっても、いつもジメジメしててはなりません。シャクナゲにとって水は人間と同様で、喉が渇いた時は飲みたいし、しかし、不要な時はさっぱりしていたいのでしょう。

358  この二点がクリアーしてれば、枯れることもなく開花が期待できます。前橋農協花木センターで手に入れた時は車のトランクに入った日本シャクナゲは今では枝周りの直径は4m程に成長し、住宅地での大きさとしては珍しくなってきました。このままあと10年もしたら倉賀野町の銘木になるかもしれません(言い過ぎか)。お近くの方は、是非いらして観賞してください。

 すべての物の美しさはその形と色にあるというのが私の持論です。植物では枝ぶりも観賞の一つに入ります。松や盆栽などはその典型でしょう。一方、色彩を楽しむことも美を観賞する大きなポイントで、この点、シャクナゲにはいろいろの色が存在し、日本シャクナゲも例外ではありません。ましてや、西洋シャクナゲの色彩は無数というのが正しいです。

 毎年よく咲かせるため、この他の留意点としては蕾を間引くことです。今年たくさん咲いても、翌年あまり咲かないのでは寂しいです。冬の間に育ちの良くないものを中心に摘まみましょう。これにより根からの栄養分が残された蕾に行き渡ります。摘まんだところは翌年開花するので、間引きにより毎年開花が楽しめることになります。この冬、私は1本の西洋シャクナゲの蕾を100個摘みました。それでも、蕾が減った感じはありません。木が成長したからでしょう。

 また、肥料はあまり与えません。それでも、他の植物に与えるときシャクナゲにも少し施します。それは固められた油粕です。樹木の勢いを盛んにすると葉はピシッと伸び、花弁の色はイキイキしてくることを感じてます。 

| | コメント (4)

2008年5月 2日 (金)

近年にない見事な石楠花の開花

430  一年間待った甲斐がありました。写真は玄関前に植えてある大輪西洋石楠花です。多くの皆様にはブログの写真のみで、実物をご覧いただけなく残念です。お近くの方は是非いらしてご観賞下さい。

 何事もそうでしょうが、開花を夢見て不断の努力を続ければ、きっと見事な大輪が咲いてくれるでしょう。私はそう信じます。

 植物はきちんと応えてくれます。一年のうちで花の命は短くても、この大輪石楠花は2週間ほど咲き続け、心に潤いを与えてくれます。今年は特に色鮮やかに感じます。というのは冒頭に不断の努力と書きましたように、1年間、水やり、肥料の施し、日陰作りの工夫、根元の雑草とりなど頑張りました。明けても暮れても成育状況の観察です。

  今年の冬は根元に肥料として腐葉土や花の土を与え、また、異常な暑さであった昨年の夏は多量の水やりが欠かせませんでした。幸い井戸水を心置きなく与えられますので、井戸を掘って残してくれた亡き両親に感謝です。石楠花は花の好きだった両親によって今、鮮やかに開花してると言えます。

 ところで、一般的に平地で石楠花を育てるのは難しいといわれます。事実、私にも苦い経験があるのです。開花を楽しみにしていた2本を枯らしてしまったのです。この宿命的な平地での日本石楠花や西洋石楠花を鮮やかに開花させるポイントを、私は拙い経験から次のように考えてます。

 何と言っても、第一に土を高く盛り、水はけの良い所に植えることです。じめじめしてては育ちません。第二に枝振りの大きな落葉樹の下がいいです。夏の直射日光を嫌います。当たると葉が焦げてしまいます。一方、冬は温かな陽射しにより蕾が成長するからです。夏涼しく冬温かくです。

 大輪を含め10本の石楠花は個性ある彩りで一年の努力に報いてくれてます。植物はコツが分かると翌年に結果が出るようです。

 私にとってレース鳩は植物よりずっと難しいです。5月10日に北海道・羽幌から放される西関東チャンピオンレースに4羽が出場します。その距離、実に930K。津軽海峡を飛び越え、果たして無事に群馬県倉賀野まで帰還してくれるでしょうか。こちらも1年間の集大成レースです。

 しかし、植物やレース鳩とは比較にならいほど、私にとって深遠なものは乙女心です。これが理解できれば人間として大輪の開花と言えるでしょう。今日は暫らくぶりに「乙女の祈り」を弾いてみようか。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

anti sarcopenia | anti-aging | Anti-locomotive syndrome | anti-sarcopenia | anti-senile dementia | Audi TT Quattro | English pronunciation | facebook | My Soprano Saxophone | お薦めの散策コース | お酒の飲み方 | がん予防 | ご挨拶 | しだれ桃の世話 | インド生活の思いで | ウォーキングの効用 | エクステリア | エコの実践 | グルメ・クッキング | ゲーム | サイクリング | サマータイム | スポーツ | トキの野生化へ | ビール | ピアノの練習 | ファッション・アクセサリ | ブログについて | ホームコンサート | ボケない方法 | ボランティア―活動 | レース鳩 | レース鳩の世代交代 | レース鳩の交配 | レース鳩の血統 | レース鳩の訓練 | レース鳩の雛の餌 | レース鳩の馴致 | レース鳩の高度ある舎外 | レース鳩・帰還後の手当て | レース鳩持寄り前の調整法 | レース鳩梅雨時の管理 | レース鳩飼育者の健康維持 | 七夕について | 上毛新聞「ひろば」に掲載 | 上毛新聞に連載 | 二十四節気 | 交通安全 | 人命救助 | 人生 | 住まい・インテリア | 体脂肪率 | 倉賀野のすばらしさ | 倉賀野の七不思議 | 健康 | 健康的な夏の過ごし方 | 健康長寿 | 健康食 | 健康食品 | 八重桜 | 内視鏡による検診 | 動物愛護 | 古代史 | 吹奏楽演奏会 | 国際交流 | 地球 | 地球環境 | 大腸の健康 | 天体 | 夫婦 | 夫婦の絆 | 季節の移り変わり | 学問・資格 | 安全な入浴法 | 家族 | 寒中の過ごし方 | 小学校の英語教育 | 庭の石の不思議さ | 庭作り | 心と体 | 心の温かさ | 恋愛 | 愛車の手入れ | 愛鳩の友に掲載記事 | 我が家の仕来たり | 我が家の菜園 | 持寄り前の調整 | 指揮法 | 携帯について | 携帯・デジカメ | 教育 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日中友好 | 日本の安全 | 日本シャクナゲ | 日本シャクナゲの育て方 | 日米関係 | 日記・コラム・つぶやき | 星座 | | | 杉の木 | 果物の木 | 柴犬「ころ」 | 植物の生態 | 次女Marie Persimmon Marsh | 歯の健康管理 | 母の思い出 | 比較文化 | 気候変動 | 気象 | 決意 | 海外日本人学校 | 渡り鳥 | 火山の噴火 | 父の思い出 | 生活習慣病の予防 | 発声法の研究 | 発電所 | 登山 | 百日紅 | 目の健康 | 石楠花の手入れについて | 神秘なこと | 私のクリスマス | 私の経済展望 | 種鳩の管理 | 第九 | 筋トレ | 素敵な女性 | 経済 | 経済・政治・国際 | 経済講演会 | 群馬のいい所 | 群馬の日帰り温泉 | 群馬の秘湯めぐり | 群馬の自然 | 群馬県の世界遺産 | 群馬県民の声援 | 肉体の鍛錬 | 胃の内視鏡検査 | 背骨の運動 | 腰痛対策 | 自然 | 自然界の掟 | 自転車的生活 | 花木 | 花桃 | 花梅 | 若さの維持 | 英語のボキャブラリー | 英語の勉強 | 草花 | 落ち葉の再利用 | 蔵人 | 藤の咲かせ方 | 血圧対策 | 血流の促進 | 血液検査 | 血糖値を下げる | 西洋シャクナゲ大輪 | 親の役割 | 観葉植物 | 語学 | 谷川岳遭難救助の鳩 | 赤紫の藤 | 趣味 | | 車の運転心得 | 近所の交流 | 選手鳩鳩舎の構造 | 長寿について | 防災 | 集中力を高める | 雨水の有効利用 | 青春真っ只中 | 音楽 | 音楽教育 | 頭の活性化 | 高崎のいい所 | 高崎市 | 高齢化社会 | 鳩レース | 鳩月刊誌ビクトリアル | 鳩舎の改築 | 鳩舎の構造 | 鼻の健康法 | 1年を振り返って | 1月1日の天文 | MRIによる検査