カテゴリー「私の経済展望」の37件の記事

2020年8月31日 (月)

暫くぶりに大宮に行く・・・群馬より暑い

147939111474557571179

 今日は所用で午前中から埼玉県大宮市まで電車で行ってきました。電車は空いてましたが、大宮に着いたら、人人人で大混雑です。しかも、群馬県より一段と猛暑で、マスクをして道を歩いていると呼吸困難になりそうです。

 それでも、目的地【以前に高崎にあった銀行で、統合で大宮支店になった】に着いて1時間ほどで用事が終わり、帰りの電車内でキオスクで買ったおにぎりを食べ、身体が休まりました。

 人間「今後のために頑張るときは頑張ると、後で必ずよいことがある」と思ってます。

 Today, I went to Omiya city, Saitama prefecture by train in the morning. The train was vacant, but when I arrived at Omiya, it was crowded with lots of people. Moreover, it is much hotter than in Gumma prefecture, and if I walk on the street wearing a mask against Covid19, I felt difficult to breath.

 Even so, I finished my work in about an hour at the bank that was situated in Takasaki-city before, and ate the rice ball I bought at the kiosk at the station on my way home and took a rest.

 Humans, when we work hard for the future, I think there will surely be good things to be happened.

 

| | コメント (0)

2020年8月29日 (土)

偶然、同時に・・・政治も私も大きな変容

Img_1165

 昨日の午前中、私は不動産、先進医療から身を引き、米国成長へと180°転換しました。その後、ニュースで安倍総理の辞任を知り、何という同時で偶然の大きな変容かと驚きました。

 私は体調管理のため、午後4時からウォーキングし、途中、倉賀野緑地で出合った欅の巨木に接し、もの凄く力強い枝別れの姿を見て、何事もこのように未来に向かって成長することが真の生命力と感じました。

 ところで、青い車TTは近々、1ヶ月点検です。未だ、走行距離は500Kほどです。これからも社会と経済の動きに注視し、精力的に生きていきたい。


 In the morning yesterday , I withdrew from real estate and advanced medicine and turned 180° into US growth. After that, when I heard about the resignation of Prime Minister Abe in the news, I was surprised at what coincidental and major changes at the same time with me.

 Not change the subject, but to maintain the physical condition, I walked from 4 pm, on the way, I touched a huge zelkova tree in the Kuragano Green Park and I saw a very powerful branching. I felt a true vital energy in this apperance that everything should grow toward the future like this.

 By the way, the blue car will be inspected for a month soon. The mileage is only 500km. I'd like to keep my eye on social and economic situations and move forward, furthermore I will live energetically.

 

| | コメント (0)

2020年6月23日 (火)

ナスダック10000超える

NASDAQチャート

 アメリカの株価ナスダックが日本時間の今朝10000を超えました。私が世界経済に興味を持ってから初めてのことです。アメリカ経済は日本経済に影響を与えることから、時間がかかっても回り回って私たちの経済もよくなることを期待したいです。

 これに連動してアメリカのダウ及び日経平均株価が上昇し、不動産関係もよくなるでしょうか。後は円安を期待するのみです。


 US stock price Nasdaq has exceeded 10,000 Japan time this morning. This is the first time since I became interested in the global economy. Since the American economy affects the Japanese economy, I hope that it will improve our economy in the future.

 Will the US Dow and Nikkei 225 stock prices rise in tandem with this result and the real estate relationship will improve? After that, I only expect the yen to depreciate.

 

| | コメント (0)

2020年5月25日 (月)

躍進が望まれる先進医療市場

Img_0680

 新型コロナウィルスの蔓延により、長期に亘り、国民は三密(密閉・密集・密接)を余儀なくされ、どこへ行っても人々のマスク姿の異様な光景があり、これは今まで体験したことのない社会の姿です。

 学校も3月~5月いっぱい休校中で、近所の幼い小学生たちは先の見えない生活に誠に疲弊しています。時々は彼らたちの気分転換を図ろうと、私は遊びを通して交流はするものの、それほど長く接触することはできません。

 同時に社会全体では商店街が閉店し、それに伴って経済が著しく滞り、見えない敵にいつ襲われるかもしれない不安から外食産業を中心に、外出禁止はかなりよく守られてます。また、2020オリンピック・パラリンピックは延期され、プロスポーツ界や文化芸術まで興業できず、こちらの経済も年頭には全く予想できなかった最悪の事態に陥ってます。

 この中にあって、東北大震災直後と異なることは、流通に支障がないことからスーパーやコンビニから食料がなくなることはなく、これは私たち国民にとって本当に有難かったことで、不幸中の幸いです。

 しかし、未だ首都圏を中心にウィルスは収束しておらず、世界に目を向ければ、現在ブラジルで猛威を振ってると伝えられます。この状況下にあって、日本では本日、緊急事態宣言が解除されます。しかし、この決定は人間が決めることであり、ウィルス感染の広がりは依然として予断を許さない状況であることに変わりありません。

 ところで、私たちが生活する上で、健康と経済は両刃の剣です。どちらが欠けても生命に関わる重大な局面です。その中にあって、経済なくして生活は成り立たず、2月下旬に始まったパンデミックは、一人ひとりの国民の努力の甲斐あって、多少明るい兆しが見え始め、すでに5月下旬となり、この辺で日本政府が経済の立て直しに方向転換することは間違ってないと私は考えます。

Img_0683

 世界経済に目を向けると、年初来の安値を付けた3月23日から、世界を牽引するアメリカ経済はその後、回復を見せても、雇用状況は現在ボトムと伝えられてます。それでも、いくつかの州では経済活動再開の動きが見られ、5月下旬から加速するとの予想が出てます。これにより、雇用の復元が生じるのではないでしょうか。

 6月以降、アメリカ経済の回復が順調に進めば、アメリカ株式にとって更なる追い風になる可能性が考えられ、延いては日本においても経済が回復し、日経平均株価の回復が望まれるのではないでしょうか。

 ところで、今回のパンデミックなウィルス感染には、今のところ、それを撲滅するワクチンや薬品がないと言われてます。ですから、ここで期待されるのがヘルスケア関連株式です。

 元々過去を振り返って見た場合、ヘルスケア関連の収益は景気動向の影響を受けにくい傾向にあり、この背景にあるのは医療に対する恒久的な需要です。ぜひ、新型コロナウィルスに対するワクチンや薬品の研究が進み、この分野で成果が出ることを強く望みたいものです。

 ヘルスケア関連の目先は新型ウィルス収束に向けた取り組みであっても、中長期的には世界的な人口増と高齢化が控えており、先進医療ヘルスケアは底堅く成長していくものと考えられます。

 【以上は私の経済的見解であり、実際の運用成果を保証するものではありません。取引結果は投資家本人に帰属します。】 

 

| | コメント (0)

2020年3月26日 (木)

感染者数に呼応する株式市場

Img_0362

【右下は「源平しだれ桃」、上は「羽衣しだれ」・・拡大して下さい。】

 中国・武漢に始まった新型コロナウィルスの猛威が豪華客船「プリンセス号」の接岸により日本に広がり、現在はイタリアを初め、アメリカ含む世界各国に急速に拡散し、これに伴って、連日のようにアメリカ株式市場が乱高下し、一部新興国に対する懸念も一気に高め、グローバル経済は混乱の様相を呈しています。本日の日経平均株価も前日より700円程度下がってます。

 世界経済の動揺は、今後、新型コロナウィルスが鎮静化の兆しを見せるまで、暫くつづく可能性が高いと考えられます。一方、中国本土市場は新規感染者数の推移と、非対称的な推移を見せており、3月5日には年初来高値をつけるなど中国株式は回復を見せています。これは何を意味するでしょうか。

 これに対し、米国市場はほぼ1ヵ月遅れで、中国市場を追うような展開を見せており、今後の市場を見通す上で人口の多いインドやアフリカなどの新規感染者数の動向が一つのカギになると考えられます。

Img_0360

【平成元年に植えた親(プロフィールの写真)の種から生えた現在の羽衣しだれ桃】

 FRB米国連邦制度理事会は3月3日の0.5%の緊急利下げに続き、3月15日には更に1%利下げし、結果的に1ドル102円程度の円高・ドル安になった為替レートはその後、日本にとって回復を見せ、現在110円程度の円安に戻ってます。

 この間、トランプ政権は500億ドルの緊急対策を発表し、中小企業の資金繰り支援や学生ローンの利子支払い免除など、金融・財政両面から、足元の経済を下支えする姿勢を見せてます。このため、今後、一たび新型コロナウィルスが沈静化すれば、消費拡大に寄与すると考えられます。

 米国経済はこの感染症拡大により、数週間、あるいは数カ月は大きな影響を受けるものの、沈静後は需要が生じる可能性を持ち、元の成長軌道に回復するタイミングは早いのではないでしょうか。

 それは夏から秋にかけ、少なくとも、2020年下半期には回復に向かうであろうと展望します。

 FRBは一旦下げた政策金利を再度、年内に引き上げる可能性は低く、それにはアメリカ経済がインフレ上昇する確信が必要です。

 私たちは日々の株式市場の値動きに一喜一憂するのでなく、中長期的な視点に立つことが、現在は大事な局面と考えます。

 【以上は最近のニュースにより、私が独自に展望した経済であり、実際の取引に関しての結果は投資者本人の責任に帰することになります。】

 

| | コメント (0)

2020年3月10日 (火)

世界経済はリーマンショック級・・・新型ウィルス

Img_0217_20200310055901

 植物の芽が出ると春の到来を感じます。しかし、人間の世界は新型ウィルスに行く手を阻まれ、予想を超えて疲弊してきました。これに伴う世界経済は簡単に回復しそうにありません。リーマンショック級です。

 ところで、写真は赤の絞りの牡丹です。庭にはこの他、橙の牡丹があります。牡丹は花が大きく豪華なので、今度、埼玉県花園へ行って黄色と紫の牡丹を手に入れようと思います。今日は曇りから雨模様なので行ないませんが、植物に水を与えると生き生きし、目に見えて変化し、何より希望を感じます。経済の希望は遠い。


 Generally, we feel the coming of spring when the plant buds come out. However, the human world has been hampered by the new virus and has been exhausted beyond expectation. The global economy is unlikely to recover easily. I guess this economic situation is Lehman Brother's shock class.

 By the way, the picture is a peony with a red dapple. There is other orange peony in the garden. Peony' flower is big and gorgeous, so I'm going to get yellow and purple peony at Saitama Hanazono. It will be cloudy to rainy today, but when plants are watered, they come alive and change visibly. We feel hope above all. Economic hope is far away.

 

| | コメント (2)

2020年1月21日 (火)

一生勉強、一生青春、一生活気に満ちて

P1020010

 今月23日に高崎市で経済講演会が開かれます。タイトルは「人生100年時代の資産運用」です。高齢化社会での二つの大切な生活基盤は経済と健康です。学生になったつもりでしっかり勉強してきます。

 何事も自ら考えると共に、その道の専門家の考えを拝聴することは視野を広げるために刺激になります。今後も家に閉じこもらず、社会にどんどん出て行き、活気【カッキー】ある生活を心掛けます。


 An economic lecture will be held on January 23 in Takasaki-city, Gumma prefecture, Japan. The title is "Asset management for 100 years of life". In the aging society, two of the most important livelihoods are economy and health. I will study hard as if I were a student.

 Listening to the thoughts of the experts on its field, as well as thinking about everything by myself, is a stimulus to broaden my range of vision. From now on, I do not stay in my home, but I will go out to society more and more, and keep my life alive.

 

| | コメント (0)

2020年1月16日 (木)

ただの人間として懸命に生きる

P1050995_20200116061701

 若いころ想ってもなかったことが退職後ずっと続いてます。それは男の一人暮らしです。人生の行く末は誰にも誠に分からないものです。現職の時は職場に行けば多くの人と関わりを持ち、言葉を媒介にして意志を伝え合い、一日数回は笑いがあったり、仕事がうまく進まないことがあっても時間がくれば帰宅して一家団欒を過ごし、身体状況をあまり気にすることもなく、どうにか健康を維持し、思ったより早く現役が過ぎました。

 公務員であったことから特に経済に至っては殆ど心配することなく、決められた日に毎月給料が振り込まれ、一日一日が過ぎ、所謂、大船に乗って生活してたように思います。

 しかし、一旦、職場から離れ、同時に一人暮らしを余儀なくされてから、今まで何でもなかった洗濯、掃除、三度三度の食事の準備と食材の買い出しなど家事の一切を、孤独のうちにせざるを得なくなり、てんてこ舞いの生活がすでに5000日以上、今日まで続いています。

 このように書くと、家事に慣れてる女性に比べ、男の一人暮らしは大変なことのように感じられるでしょう。しかし、人間はその境遇が続き、慣れると次第に「平ちゃら」になるもので、生活方法を工夫をすることで、自らの状況に対し「哀れと感じる」ことはなくなりました。ましてや、一人暮らしは誰にも気を遣わず「何でも自由という名の天国」という見方もできます。

Img_0011

 それどころか、日本中には私と同じような環境の男性が、おそらく何十万人といることを考えると、また、今後このような状況になる人が目白押しの状況であることを考えると、最近では、その人たちの中で、今までの体験を通じて私は「最も恵まれてる日々を創り出そう」と思うようになってます。その一つが、「精神の充実」です。

 何をするにも、自分の考え一つで人と相談せず、遣り繰りします。例えば、生活の基盤である経済のことも自ら研究し、反対されることもなく、いくら投資しようと私の考えであり自由です。もちろん、これには銀行や証券会社の担当者から十分な情報や説明を受けたり、自ら専門家の経済講演会に出向いて情報を得たり、専門家に質問したりで納得の上でのことです。

 世界経済は「日本人が寝てる間に値動きする」事実を把握し、毎朝、もしかして経済のプロより先にリアルタイムな世界経済状況をキャッチするようになってます。ここにも今よりよい状況を創り出す夢と精神の充実さがあります。

 それに反し、退職し夫婦で暮らしている人でも、時には男性曰く、「内はお金のことはすべて家内任せ」という人にも出会います。しかし、これでは奥さまが経済の専門家であれば別ですが、男性は世界経済の現状など誠に無関心になりやすく、大切な経済に疎くなります。いつの時代も、男性は家の大黒柱なので、退職後も経済には敏感であるべきと思います。

 例えば、今朝の米国ダウが史上最高値であることや、1ドル110円手前で、「日本の投資家にとって断然有利であること」にも我関せずという折角の良い状況も見逃してることになります。今日の日経平均も最近にはない高値です。私は、経済を研究することは認知症対策に効果があると考えてます。

 人間は心配すること、悩むこと、不安なことなど、ストレスがなくなると脳が働かなくなると考えます。その中にあって、時に、期待感や嬉しいことが起こると脳が活性化し、生き生きしてきます。

 一方、私事でも、経済から離れても「今までの自分より上をめざす」ことに集中してると思います。たまたま、高校生時代から音楽と英語に興味があったことから、教員免許状もこの二つを取得し、青春時代からの興味関心は現在でも、この二つの分野でまあまあ燃えてると思います。

 例えば、ピアノ演奏や英単語ボキャブラリーなど二つの分野とも、いわば無限への挑戦であり、日々に新たなことに出合います。おそらく、生涯を通じてこの面で関心が薄れることはないと思います。

Img_0014_20200116090601

 とは言うものの実際、男の一人暮らしほど、不自然なことはなく、それは人間の特質である何気ない夫婦の会話ができないことです。

 一人は自由というものの、旅行が好きなのに、どこにも旅行に行けません。「旅は道ずれ」は正しいです。若ければ別ですが、一人で旅に行っても寂しさを改めて感じるでしょう。

 現在、何の社会的肩書も持たず、「ただの人として懸命に生き」、近所や周囲の子供たちが未来に希望が持てるよう、交通安全などのボランティアー活動、そして、時に子供たちとのおしゃべりなどに日々を過ごしてます。しかし、心から良い人との巡り合いを望んでいる自分もいます。

 

| | コメント (2)

2019年11月19日 (火)

連日最高値、NYダウ31ドル高、業績期待が押し上げか

P1060130

【熟し始めた柑橘類・・・経済同様、待つことが肝心】

 18日のアメリカ株式市場でダウ工業株30種平均は小幅に続伸し、前週末比31ドル33セント高の2万8036ドル22セントと前週末に続けて最高値を更新しました。

 米中の貿易協議の行方を見極めたいとして方向感に乏しい中にあっても、業績期待が高い銘柄を中心に買いが入り、株価を押し上げました。この結果は日本では今朝を分かったことです。

 このように世界経済は日本人が眠っている間に脈々と推移してる現実があります。故に、私たちは深夜や早朝に目覚めたら、米国経済の推移を見る習慣こそ大切で、それにより経済に対する構えがすでに違ってきます。

 為替レートが108円台から109円台を行ったり来たり推移し、年初より幾分か円安気味になりつつ現在、年末に向かって肝心な東証株価平均は果たして続伸するか、日本中が関心を寄せる年末を迎えます。

 結果的に投信もこれに続き、私が関心を寄せてる「先進医療インパクト」は設定以来、1年間以上も長いこと足踏み状態でしたが、今月は今までの暗闇から脱却する気配が感じられ、年末に向かって期待してます。結果は今宵11時に判明です。

 ところで、このファンドは「株価に殆ど連動せず、独自に上昇を続ける傾向」と説明を受けましたが、実際は、世界経済の中心である日米を中心とした為替レートや株価の波に翻弄され、期待とは裏腹な値動きが1年間続き、投資家は息を凝らしてじっと値上がりを待つしかない期待外れの感がありました。

 けれども、今度こそ、コップの上が表面張力で微かに膨らんだ水の如く、直に水が溢れ出るかもしれない状況になってます。

P1060131

【よく見ると、左の柿の下でメジロが柿を食べてる】

 リーマンショックをもろに受けた私の拙い投資体験でも、投資とは、世間が何と言おうと「見ざる、聞かざる、売らざる」の強い心と持続性も長い期間では必要なことが多く、「目先の相場悪材料に振り回されず、長期間持ち切れるような投資をめざした方がよいとも言えます。

 「歴史と相場は繰り返す」ように、過去に起こった相場の出来事は同じような原因と経緯で未来に繰り返されるものであり、この点からしても、一喜一憂せず、猛禽類がその機を待って獲物を狙う如く、チャンス到来時に全筋肉が活躍する心身ともなる跳躍力、飛翔力を維持しておく精神力と健康な肉体の維持こそ欠くべからざる日々の経済的心構えと言えるでしょう。

 経済とはこんなものであり、投資とは「辛いとき、我慢できるかどうか」にかかってることも事実です。経済のことわざの一つ「鳴かぬなら、鳴くまで待とう長期投資」とあるように、投資家は長期投資を始めたなら、短期的な相場変動に一喜一憂せず、じっくり待つ必要があります。

 ※多くが興味を持つ頃はその対象はすでに落ちぶれ始めてます。この逆で、多くが興味を持たない対象で潜在能力のあるものを見出す洞察力こそ投資家の真髄ではないでしょうか。

【上記の文は私の拙い経済観念であり、実際の投資においては、その結果は投資家本人に帰属します。】

  

| | コメント (2)

2019年1月21日 (月)

揺れ動く世界経済・・・過去の亥年は良好だった

P1070248【膨らんできた花梅の蕾・・・思いのまま】・・・経済も膨らむか

 年末に乱高下した世界株価と為替レートの影響を受け、日経平均株価は一時暫くぶりに2万円を割りました。多くの投資家はハラハラドキドキの年末年始を経験し、これは大きな要因として、トランプ大統領の中国関税政策に対する警戒感が背景にあるでしょう。日経平均株価も亥年になって少々持ち直してきた感があり、現在は一息ついてます。経済はもとより、世界にとって明るい一年を願ってやみません。
 
 一方、現実の世界情勢は、アメリカのみならずヨーロッパ各国でも、EUからの離脱期限が近づくイギリスや、ドイツでは難民受け入れ政策への不満を背景に、メルケル首相の基盤が揺らいでおり、また、近年では珍しく、フランスでは燃料増税への抗議デモが日々激化し、マクロン大統領の支持は低下しつつあると伝えられます。イタリアでは、緊縮財政を求めるEUとの対立が続いてます。
 
P1070255【柊南天の蕾】・・・ 何故か、葉が紅色になってる
 
 2018年「ねじれ状態」になった米国議会において、トランプ大統領の追加減税案は下院民主党による反対が予想されるなか、実現困難な状態にあり、就任当初、良好であったが、米国経済の先行きに対する期待感がいつになっても高まりません。
 
 トランプ大統領は2020年の大統領選挙へ向けた目玉政策として、議会の承認なしに決定できる関税政策を推し進めようとしており、これによっても米国経済の不安が再び高まってます。
 
 対外的には、昨年末、開催された米中首脳会議は米国の追加関税の一時棚上げで合意され、続いて行なわれた米中通商会議は今後に向け進展が期待されても、米国側の要求を中国側がすべて受け入れる可能性は低く、今後も、両国の摩擦問題は続くと考えられます。
 
 また、三月にベトナムで開催予定の米朝首脳会談の成り行きも、非核化とその見返りなど、世界情勢を左右する要因になるでしょう。
 
P1070254【貴重な日本シャクナゲも今年は多くの蕾を持っている】
 
 今年の世界経済は暗雲立ち込める状態で始まり、今後の推移は見通しがつきません。ところが、先日、某週刊誌に目をやると、日本経済に限ってはマイナス要因があまり見当たらないと考える専門家もいます。
 
 それは、昨年末、「特定技能」の在留資格で外国人労働者を受け入れる出入国管理法の改正案が成立し、未だ雇用に対する問題点はあっても、この法律によって不足する雇用について外国人労働者が入りやすくなり、手が足りない多くの企業にとってどれ程かプラスになることでしょう。これは日本経済にとって大きな前進と言えます。また、前述の米中の経済対立の中、日本が漁夫の利となりうることも指摘されてます。
 
P1070252【アセビの蕾も膨らむ】
 
 2019年の日本経済を動かす要因は多くあり、10月に始まる消費税率の引き上げを筆頭に、7月の参議院選挙、その中にあって5月1日から新元号となり、国民は平和を求め、政治的に健康上も新たな前途に期待するものです。
 
 果たして元号名に国民の多くが期待する「安」の字が入るでしょうか。
 
 私個人としては先進医療が益々進み、人生100年時代が実現するよう医療革新と経済に注視すると共に、自らも健康は創るものとの考えから、日々身体を動かすことに邁進したい。一人暮らしを余儀なくされてる身として、人生の基盤は、先ず確実な経済と健康であり、それに加えて「人との愛」であることを今更ながらしみじみ思う大寒の日々です。
 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-cancer measure anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia antioxidant Audi TT Quattro English pronunciation facebook ISSからの景色 Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone studying English pronunciatoin お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 イクステーリア インドの自然 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 ストレッチング スポーツ トキの野生化へ ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 ロマン 一人暮らしの健康維持 一生勉強、一生青春 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に掲載 上毛新聞に連載 予防 二十四節季 二十四節気 交通安全 人命救助 人生 人生100年時代を生きる 人間の喜びとは 人間の知恵 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野の七不思議 倉賀野の歴史 倉賀野小学校 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康的な秋の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 先人の知恵 八重桜 内視鏡による検診 前立腺 剪定 創意工夫 助け合い 動物愛護 古代史 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 呼吸筋 和風住宅 国際交流 国際宇宙ステーション 国難のとき 地球 地球環境 多年草 大相撲 大腸の健康 天体 太陽太陰暦 夫婦 夫婦の絆 失敗から学ぶ 姿勢 季節の移り変わり 学問・資格 宇宙に浮遊してる私たち 安全な入浴法 安全パトロール 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 小学校の英語教育 平和 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の弱さ 心の温かさ 心肺機能の強化 恋愛 恩師 情熱 惑星 惑星の動き 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 感染症 我が家の仕来たり 我が家の菜園 持寄り前の調整 指揮法 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 新みかぼフィル 新聞投稿文 旅行・地域 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 早朝の時間帯 旬の野菜 昆虫 星座 星食 春の過ごし方 暦について 月の満ち欠け 朝の習慣 未来ある子供の安全 杉の木 果実酒 果物の木 柴犬「ころ」 栄養価ある野菜 梅の花 植物の植え替え 植物の生態 横隔膜 樹勢よくする方法 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康 歯の健康管理 母の思い出 比較文化 毛細血管 気候変動 気象 水分補給 決意 海外日本人学校 渡り鳥 源平しだれ 火山の噴火 災害への備え 父の思い出 牡丹 狂い咲き 環境衛生 生活様式の変化 生活習慣病の予防 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 相互依存 睡眠法 石楠花の手入れについて 社会生活の基本 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の先祖 私の経済展望 種鳩の管理 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済講演会 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 腰痛対策 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然の脅威に対処 自然散策 自然環境の保護 自然界の不思議 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 若き日 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音 英語の発音留意点 草花 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 血圧 血圧対策 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ大輪 親の役割 観葉植物 言葉の重み 記憶力 語学 谷川岳遭難救助の鳩 資源ごみ 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足の運動と手当て 足腰の鍛錬 車の運転心得 車検 近所の交流 道具 選手鳩鳩舎の構造 選挙の投票 野鳥の楽園 長寿について 防災 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の活性化 風邪対策 食事 骨の検査 高崎のいい所 高崎のよい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 高齢者の運転 高齢者講習 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 MRIによる検査