カテゴリー「我が家の菜園」の2件の記事

2008年9月11日 (木)

まるで日本庭園に変貌か

 この石は御巣鷹山へ行く途中の神流川で採掘された三波石です。推定重量1トン。当地では庭石として有名です。威厳を持って玄関の前に居座る姿は一つの魔除けであると同時に、私に揺るぎない精神を促してるかのようです。この石の景観がテーブルマウンテン荒船山にそっくりなので愛着があります。

 昨秋、群馬県西部を襲った台風9号通過後、サムュエル・トッドさんと荒れ放題の荒船山登山道をやっとのことでよじ登り、頂上で4羽の鳩を飛ばしたことは記憶に新しいです。

 ところで、今日は一日中、三波石の周囲をはじめ庭のすべてを草むしりしました。私一人では無理なので庭師で日本百名山を完登した経験をもつ近所のOさんがご覧の機械を使ってきれいにしてくださいました。彼に任せっきりでは失礼なので、私も一緒に草をむしったり、ゴミ袋に詰め込みましたが、庭が広いせいか(?)45リットルの袋20袋にもなりました。今晩ご苦労さん会をしたいところでしたが、奥様のご都合がつかないとのことで明晩行うことになりました。

 今年の夏は群馬県もことのほか猛暑に見舞われ、一方、豪雨もあり雑草にとっては繁茂の条件が整い過ぎ、草ボーボーでした。少しむしっただけでは焼け石。草の成長が早くて草むしりが成長の速さに負けてしまいました。

 その点、今日は一気にやりましたので、季節柄、もうそんなに繁茂することはないでしょう。これからは日本犬「コロ」を庭に放せるようにします。これによって犬が元気よ地面を蹴れば庭がある程度、きれいに維持できると考えてます。現在も裏庭で放し飼いにしてるので、これからは時折、表の庭に放してやるつもりです。今までも裏庭で走ってたので、これからは水を得た魚のごとく走り回るでしょう。レース鳩は大空を飛び回り、柴犬「コロ」は庭を駆け回り、鳩と犬は私の寂しさを吹き飛ばせてくれるでしょうか。

  草むしりをしながら、暫し考えました。庭が見た目きれいになることはいいですが、草だって無駄には生きてるだけではないのではないか。これは取りも直さず、我々人間が生きるために最も大切な酸素の提供者ではないかということです。私たちは草によって生かされてる事実もあるでしょう。

 内モンゴルの大草原に行ったときのことです。行っても行っても広大な大地は一面牧草で覆われてます。内陸であっても標高があるので空気が薄い筈ですが、呼吸が楽なのです。目に見えなくとも牧草によって酸素は満ち溢れ、身体が何とはなしに楽であってように感じました。

 しかし、私の庭には花梅や花桃など植え込みがありますので、そちらに光合成を頑張ってもらうことに内心思い、庭がきれいになりました。

  Oさん曰く、こんなにきれいになれば、訪れたくなる女性もいるのではないかと私の内心を先取りしてるようでした。

| | コメント (0)

2008年5月20日 (火)

忘れたいことを忘れさせてくれるか。

 内モンゴルへ飛んで行った鳩について、7回にわたり新聞記事をご紹介しました。如何だったでしょうか。その後、「中日友好号」の子孫は北京で活躍したと連絡をいただきました。また、台湾の新聞にも掲載され、記事が送られてきたことがあります。最後はトレードされて四川へ行ったと伝えられています。

   私はレース鳩と柴犬を飼い動物が好きですが、一方、花を楽しむ樹木を中心として植物をたくさん育てています。現在、庭は新緑で緑一色です。まるで森のようで樹木のトンネルをくぐって玄関へ行く感じになりました。家を取り巻く環境から少しでも二酸化炭素を減らしたいと思ってます。

 左は3月に満開となりました白梅しだれです。ご覧の通り、今年は豊作で数え切れないほど実がなっており、いくつかは落下し始めています。6月初めに収穫を予定してますが、収穫してもその実は近所に配るつもりで私は使いません。元々、花梅として植えてあるので開花を楽しむことができればそれで十分なのです。

 数年前にミョーガの苗を植えましたら今では5~6倍に増えてます。多年草ですから極論すると構わないでおいても毎年実がなります。ご存知のとおり、実を刻んでうどんなどの薬味に入れると香りがよく血行促進にいいようです。

 本当かどうか知りませんが「ミョーガは忘れっぽくなる」と昔からいわれてるようです。根拠はあるでのしょうか。忘れたいことに効けばいいですね。

 ところで、人間の心ほど不可解で不思議なものはありません。時間が経過すると物事に対する判断や対処の仕方に変化が起こったり、同じことでも時間が経つと感じ方は常に一定とは言えません。いろいろのことが絡み合って人の心は常に揺れ動いているもので、生活してると嫌なことも多々起こり、忘れたいこともあります。

 もし、ミョーガに「忘れる作用」があるとすれば、事によっては素晴らしい効果があることになります。しかし、殆どはいろいろのことを覚えたいのですから、忘れたいことのみに作用するような上手い具合になるでしょうか。

 今年、石楠花の咲かせ方は成功しました。これは花の肥料を冬場に与えたことがはっきりしてます。例年に比べて鮮やかで楽しめましたので、これにヒントを得て、私の唯一の菜園であるミョウガにも本日、肥料を与えてみました。果たして収穫は高まるでしょうか。果たして忘れたいことが忘れられるでしょうか。

  ミョウガの間には草が生えますので、時々草を取ってやろうと思います。最近は写真のような「三角ホー」という道具を使ってます。これは植木職人に紹介されたのですが、草が良く取れ便利でお薦めです。

 今年の夏はうどんの薬味として思う存分ミョウガを摂取し、血行を良くしたいものです。でも、一人での食事はもう限界です。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

anti-aging | Anti-locomotive syndrome | anti-sarcopenia | anti-senile dementia | Audi TT Quattro | English pronunciation | facebook | My Soprano Saxophone | お薦めの散策コース | お酒の飲み方 | がん予防 | ご挨拶 | しだれ桃の世話 | インド生活の思いで | ウォーキングの効用 | エクステリア | エコの実践 | グルメ・クッキング | ゲーム | サイクリング | サマータイム | スポーツ | トキの野生化へ | ビール | ピアノの練習 | ファッション・アクセサリ | ブログについて | ホームコンサート | ボケない方法 | ボランティア―活動 | レース鳩 | レース鳩の世代交代 | レース鳩の交配 | レース鳩の訓練 | レース鳩の馴致 | レース鳩・帰還後の手当て | レース鳩持寄り前の調整法 | レース鳩梅雨時の管理 | レース鳩飼育者の健康維持 | 七夕について | 上毛新聞「ひろば」に掲載 | 上毛新聞に連載 | 二十四節気 | 交通安全 | 人命救助 | 人生 | 住まい・インテリア | 体脂肪率 | 倉賀野のすばらしさ | 倉賀野の七不思議 | 健康 | 健康的な夏の過ごし方 | 健康長寿 | 健康食 | 健康食品 | 内視鏡による検診 | 動物愛護 | 吹奏楽演奏会 | 国際交流 | 地球 | 地球環境 | 大腸の健康 | 天体 | 夫婦 | 夫婦の絆 | 季節の移り変わり | 学問・資格 | 安全な入浴法 | 家族 | 小学校の英語教育 | 心と体 | 心の温かさ | 恋愛 | 愛鳩の友に掲載記事 | 我が家の仕来たり | 我が家の菜園 | 持寄り前の調整 | 指揮法 | 携帯について | 携帯・デジカメ | 教育 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日中友好 | 日本の安全 | 日本シャクナゲ | 日本シャクナゲの育て方 | 日米関係 | 日記・コラム・つぶやき | | | 杉の木 | 柴犬「ころ」 | 植物の生態 | 次女Marie Persimmon Marsh | 歯の健康管理 | 母の思い出 | 比較文化 | 気候変動 | 気象 | 海外日本人学校 | 渡り鳥 | 火山の噴火 | 父の思い出 | 発声法の研究 | 発電所 | 登山 | 百日紅 | 目の健康 | 石楠花の手入れについて | 神秘なこと | 私のクリスマス | 私の経済展望 | 第九 | 筋トレ | 素敵な女性 | 経済 | 経済・政治・国際 | 経済講演会 | 群馬のいい所 | 群馬の日帰り温泉 | 群馬の秘湯めぐり | 群馬の自然 | 群馬県の世界遺産 | 群馬県民の声援 | 肉体の鍛錬 | 胃の内視鏡検査 | 自然 | 自然界の掟 | 自転車的生活 | 花木 | 花桃 | 花梅 | 若さの維持 | 英語のボキャブラリー | 英語の勉強 | 草花 | 落ち葉の再利用 | 蔵人 | 藤の咲かせ方 | 血圧対策 | 血流の促進 | 血液検査 | 西洋シャクナゲ大輪 | 親の役割 | 観葉植物 | 語学 | 谷川岳遭難救助の鳩 | 赤紫の藤 | 趣味 | | 車の運転心得 | 近所の交流 | 選手鳩鳩舎の構造 | 長寿について | 防災 | 集中力を高める | 音楽 | 音楽教育 | 頭の活性化 | 高崎のいい所 | 高崎市 | 高齢化社会 | 鳩レース | 鳩月刊誌ビクトリアル | 鳩舎の改築 | 鳩舎の構造 | 鼻の健康法 | 1年を振り返って | 1月1日の天文 | MRIによる検査