カテゴリー「動物愛護」の2件の記事

2011年11月 7日 (月)

インドでは犬のことを「食った」という・・・     ・・・お座りをヒンディー語で特訓中の愛犬コロ

Dscf0149  私は青春時代にインドのカルカッタ(現コルカタ)に滞在してたので当時、生活環境はヒンディー語に囲まれてました。

 それはサーブァント(家事をする人)が数人いたからです。毎日、彼らとヒンディー語で生活していると行動を伴って繰返し覚えるからでしょう。今でも、使っていた言葉の殆どを忘れてません。

 当時、ヒンディー語でたくさん使ったのが「ガラム」「パ二ー」「パイサ」「タンダー」「カーナ」「ラルキー」などです。意味は順に暑い、水、お金、寒い、食べ物、女性 です。

 日本人にしてみると、面白いのが椅子のことを「苦しい」と言い、臍は「無い」です。犬のことは「クッタ」といい、人を食ったような話で驚きました。また、石鹸は「シャボン」で瓦は「カワラ」でした。分からないときは「イエ・キア・ハイ」(これは何ですか)と訊ねます。

 「ハムラ・クッタカ・ナーム・コロ・ハイ」の意味は、私の犬の名前はコロです。

 ところで、コロには可哀そうなことがあります。それは私があまり外部に散歩に連れ出さないことです。理由は裏庭で放し飼いだからです。スペースの長さは15mほどあり、細長く広いので運動には事欠きません。 ですから、猛スピードで数往復します。時々はジャンプが目にも留まらぬ速さです。デジカメのシャッターを押してもご覧の通りで、カメラがキャッチできません。

 それでも、よくカメラの中に収まりました。犬走りを走るので土のところを跨ぐように幅2mほどをジャンプします。こんなことから、たとえ、私が外部に連れ出しても、この速さに飼い主は対応できません。

 縄文時代から猟犬として日本で、ずっと人間とともに暮らしてきた純粋種なのでしょう。動作は機敏この上ありません。また、私にはとても人懐っこいです。来客があると教え、客に対しては神妙な顔をしても私がいると吠えません。時々顔を見せる娘のMarie Persimmon Marshとは仲がいいです。

 ところで、コロには今まで中国語で「チンツオ」と言ってお座りを教えたので、今ではすっかりこれが定着し日本語でお座りと言ってもキョトンとして座りません。このことから言葉とは一つの信号なのでしょう。その他、お手(ウォーショー=握手)や、待て(タン=等)も中国語でマスターしました。

 この三つは完全に覚えたので、今度はヒンディー語でお座りを教えるつもりです。それは「ボスン」です。多分覚えてくれるでしょう。私がボスンと言っては尻を叩いて、繰返し座らせれば身につくでしょう。

 平素、衛生面を考えて室内には入れません。私が生活する近くの縁側までは自由です。ここでチンツオなどを教えました。中国語とヒンディー語でお座りができるとしたら、日本中の犬の中でコロが1匹でしょう。

   たくさんいるレース鳩も舎外運動を終え鳩舎周囲を飛んでいたら、「ハウス」を連呼すると鳩舎に舞い戻り、餌が食べられる習慣を覚えました。こんなことから動物が人間の言葉を判断する学習は身体行動や餌と結びつけると覚えるようです。

 愛犬コロやレース鳩に負けず、これからも私は英語のボキャブラリー挑戦を続けたい。 

| | コメント (0)

2008年11月28日 (金)

供養してこそ、楽しいレース鳩飼育はある

3186  群馬県前橋市にある来迎寺境内には英文と対訳の石碑があります。日本の寺で英文の碑があることは珍しいでしょう。先日、寺の本堂においてレース鳩供養が行なわれ、住職から有益な説教を拝聴し、平素忘れかけていたレース鳩の生と死について、しみじみ考える機会を与えていただきました。

 The greatness of nation and its moral progress can be judged by the way its animals are treated. (国の偉大さ、道徳的発展は、その国における動物の扱い方で判る)

 私たち人間は太古の昔から動物とともに生活し、中でも犬は多くの人の身近な伴侶となり、狩猟に使われたり、人間が生きるため献身的に働いてくれました。大地震に見舞われた新潟県山古志村の実話を題材にした映画「マリと小犬たちの物語」や南極昭和基地で置いてきぼりとなったジロ、タロなど南極犬を考えても、私たちは犬とのつながりに涙することしばしばです。

 私の家には私が物心ついたときから「マル」という日本犬がいました。しかし、いつの間にかいなくなりました。当時、俗にいう「犬殺し」に連れて行かれたのだろう、と亡き母は言ってました。その後、小学校時代に猫を飼い、名は「コロ」や「マル」です。そして、ついに家に舞い戻る習性の魅力に取りつかれ、鳩飼育が始まったのです。それ以来、人生の大半をレース鳩と共に暮らすようになるとは当時まったく思いもよらぬことだったでしょう。不思議にも、今でも、当時の心境と全く同じで、「愛犬や愛鳩」との生活に心は満ちてます。

 ところで我が家の犬や猫はいつの時代も「マル」や「コロ」です。実は10年程前、14年間飼っていた四国犬の「マル」という犬が死んだ時のことです。可愛そうで今までこれほど涙がでたことはありませんでした。

 私の両親や妻が亡くなったときは悲しみのどん底でした。しかし、この「四国犬・マル」が死んだ時は、それまでの人生でどんなに辛かった時より、比較にならぬほど涙が出ました。どうしてでしょう。本当に止めどもなくです。特に市役所の方に引取りに来てもらったときの「最後の別れ」では、可愛そうで可愛そうで私は気が狂い、どうにかなってしまいそうでした。お酒を飲んで深夜に帰宅しても、いつも、しっぽを振って出迎えてくれたことなど思い出され大粒の涙涙でした。

 悲しいかな、可愛い動物を飼っていると必ず死に出合います。現在、私は100羽以上のレース鳩を飼育してます。すごく楽しく充実してます。しかし、生物である以上、死は避けて通れません。レース鳩の場合、天敵である鷹・ハヤブサなど猛禽類の餌食になる危険性が常について回ります。

 食物連鎖による自然界の掟であっても、可愛いレース鳩まで、この掟から逃れられず、いつかは空中で捕らえられるのです。しばしばそのような光景を目にしたとき、残酷この上なく、その日は一日中憂鬱になります。我が家で生まれ育ち、美しい姿を見せてくれ楽しませてくれた鳩が捕らえられるのです。本当に可哀想です。毎日の舎外運動、厳しい訓練で頑張り、私についてきてくれたかと思うとただただ感謝し、合掌です。

 私は運良く「来迎寺」の住職である「はとさん」と知り合いです。このため過日、レース鳩の供養を鳩友と共にお願いしました。精神を統一して書いた写経や読経を初めて経験しました。そしてお線香を手向けました。

 レース鳩のお陰で毎日の生活に潤いがあることを再認識。これからも、新鮮な水、新鮮な餌、鉱物飼料、舎外運動、清掃に精を出し、今後も大切に飼育することを誓いました。

 10才からよくも続いてきたレース鳩飼育に改めて感謝する機会になり、鳩の霊に心から供養し、静かな時間を過ごすことができました。「来迎寺」の住職さまには、このような機会をつくって頂き感謝この上もありません。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

anti-aging | Anti-locomotive syndrome | anti-sarcopenia | anti-senile dementia | Audi TT Quattro | English pronunciation | facebook | My Soprano Saxophone | お薦めの散策コース | お酒の飲み方 | がん予防 | ご挨拶 | しだれ桃の世話 | インド生活の思いで | ウォーキングの効用 | エクステリア | エコの実践 | グルメ・クッキング | ゲーム | サイクリング | サマータイム | スポーツ | トキの野生化へ | ビール | ピアノの練習 | ファッション・アクセサリ | ブログについて | ホームコンサート | ボケない方法 | ボランティア―活動 | レース鳩 | レース鳩の世代交代 | レース鳩の交配 | レース鳩の訓練 | レース鳩の馴致 | レース鳩・帰還後の手当て | レース鳩持寄り前の調整法 | レース鳩梅雨時の管理 | レース鳩飼育者の健康維持 | 七夕について | 上毛新聞「ひろば」に掲載 | 上毛新聞に連載 | 二十四節気 | 交通安全 | 人命救助 | 人生 | 住まい・インテリア | 体脂肪率 | 倉賀野のすばらしさ | 倉賀野の七不思議 | 健康 | 健康的な夏の過ごし方 | 健康長寿 | 健康食 | 健康食品 | 内視鏡による検診 | 動物愛護 | 吹奏楽演奏会 | 国際交流 | 地球 | 地球環境 | 大腸の健康 | 天体 | 夫婦 | 夫婦の絆 | 季節の移り変わり | 学問・資格 | 安全な入浴法 | 家族 | 小学校の英語教育 | 心と体 | 心の温かさ | 恋愛 | 愛鳩の友に掲載記事 | 我が家の仕来たり | 我が家の菜園 | 持寄り前の調整 | 指揮法 | 携帯について | 携帯・デジカメ | 教育 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日中友好 | 日本の安全 | 日本シャクナゲ | 日本シャクナゲの育て方 | 日米関係 | 日記・コラム・つぶやき | | | 杉の木 | 柴犬「ころ」 | 植物の生態 | 次女Marie Persimmon Marsh | 歯の健康管理 | 母の思い出 | 比較文化 | 気候変動 | 気象 | 海外日本人学校 | 渡り鳥 | 火山の噴火 | 父の思い出 | 発声法の研究 | 発電所 | 登山 | 百日紅 | 目の健康 | 石楠花の手入れについて | 神秘なこと | 私のクリスマス | 私の経済展望 | 第九 | 筋トレ | 素敵な女性 | 経済 | 経済・政治・国際 | 経済講演会 | 群馬のいい所 | 群馬の日帰り温泉 | 群馬の秘湯めぐり | 群馬の自然 | 群馬県の世界遺産 | 群馬県民の声援 | 肉体の鍛錬 | 胃の内視鏡検査 | 自然 | 自然界の掟 | 自転車的生活 | 花木 | 花桃 | 花梅 | 若さの維持 | 英語のボキャブラリー | 英語の勉強 | 草花 | 落ち葉の再利用 | 蔵人 | 藤の咲かせ方 | 血圧対策 | 血流の促進 | 血液検査 | 西洋シャクナゲ大輪 | 親の役割 | 観葉植物 | 語学 | 谷川岳遭難救助の鳩 | 赤紫の藤 | 趣味 | | 車の運転心得 | 近所の交流 | 選手鳩鳩舎の構造 | 長寿について | 防災 | 集中力を高める | 音楽 | 音楽教育 | 頭の活性化 | 高崎のいい所 | 高崎市 | 高齢化社会 | 鳩レース | 鳩月刊誌ビクトリアル | 鳩舎の改築 | 鳩舎の構造 | 鼻の健康法 | 1年を振り返って | 1月1日の天文 | MRIによる検査