カテゴリー「神秘なこと」の3件の記事

2017年11月23日 (木)

自分の鼻の中の構造を初めてカメラで見る

P1020311【樹木は落葉し、何とはなしに侘しさ漂う晩秋】

 今年も残すところ、いよいよ39日です。今年は5月~6月にかけ、風邪をこじらせましたが、この一年は概ね健康で過ぎ去ることに感謝です。でも、何もないわけではなく、若いときからの鼻の調子はよくなくとも、洗浄を通して鼻腔内を清潔に保つ方法を生活に取り入れてます。
 
 一方、肺炎予防のため常に鼻呼吸を励行することが生活習慣になりました。30才のとき副鼻腔炎(蓄膿症)で手術をしました。しかし、医学的にも鼻のことは難しいらしく、手術して治るというものではなく、近くにあることもあり耳鼻科には今でも月3~4回は通院してます。耳鼻科でしてもらうことは主に洗浄です。そして霧状の薬の噴霧です。
 
 昨日は生れて初めて、かかりつけの耳鼻科で自分の鼻の中を鼻専用のスコープで見ることができ、ディスプレイに映し出される鼻腔内はピンク色の世界です。上下、左右、手前と奥と複雑な迷路状態です。医師により長い中鼻鏡で骨と骨の間を広げ、その中に電気がついてるスコープの先端を入れていきます。中は明るく照らし出されてます。どこに通じているのか直径4ミリ程の穴が開いており、おそらく副鼻腔につながってるのでしょう。
 
Img_802e71019ee30ef7df98629c86a9921
 
 ところで、鼻の臓器についておさらいです。先ず、私たちの顔面は皮を一枚剥ぐと眼球の他は鼻の臓器だらけと言えます。これは副鼻腔という部屋が4対あり、左右対称的に8部屋が存在し、鼻から吸った空気は瞬時にこれらの鼻腔内を通過し、空気に含まれる埃などを鼻の粘膜に貼り付け、残ったきれいな空気が肺に入ります。
 
 また、声を出したとき鼻腔内が清潔で健康であれば、快い共鳴となり、いわゆる「いい声」になります。次に、4対ある鼻腔の位置を確認します。
 
 上の図では位置が多少ずれてますが、前頭胴は額の下部にあり、脳の前に位置します。手術した体験では、前頭胴に入れたガーゼを医師が引っ張ったとき、額の中の広い部分が動いた記憶があります。この副鼻腔は高い位置にあり、頭の前が痛いときはここに膿が溜まってる可能性があります。でも、次第に下に出てくると考えられます。医師の話では鼻の入り口から遠いので、入口も先ず見えないとのことです。
 
 次に、左右のほっぺの中にあるのが上顎胴です。犬歯の上です。私の場合、上顎胴を手術したのは口の中からです。手術は全身麻酔中に行われましたが、少々目が覚めたときがあり、そのとき医師が口の中をいじってることに気が付きました。
 
 一方、平素、耳鼻科で治療してもらう個所は眼球と眼球の間にある篩骨胴です。これは正面に位置し、前述の長い中鼻鏡で軟骨を広げると中がよく見えるとのことです。医師はその空洞に溜まってる膿を吸引器で吸い出します。
 
 そして、最も奥で見えないのが、正面の奥にある蝶形骨胴です。蝶の形に似てるようです。ここは脳のすぐ下にあります。このため、蝶形骨胴こそ脳をクールダウンさせる役目を持つ臓器で、頭がはっきりしてるかどうかはこの蝶形骨胴に空気がよく通過するかどうかにかかっていると考えられます。
 
P1040316【鼻洗浄の器具と塩】
 
 鼻はかんでも奥の部分に溜まってる膿は出ないこともあり、私は一日一回自分で洗浄します。500ミリリットルの微温湯に小さじ一杯の塩を混ぜ、ぬるま湯を重力によって鼻腔に入れます。左から入れると右から出るので、交代しつつ洗浄します。洗浄する前に点鼻薬をつけてから洗浄すると良く洗えて効果があります。鼻の中がさっぱりするとともに、途端に、脳がクールダウンし、何んとはなしに頭の調子がよくなります。
 
 今回、生まれてい初めて耳鼻科で自分の鼻の中を奥深くまで覗いたので、その構造が把握でき、より鼻呼吸を徹底し、清潔な酸素を吸い込めるよう鼻の健康に努めます。
 
 

| | コメント (2)

2010年6月21日 (月)

やはり「虫の知らせ」はあった

 昨日は倉賀野中学校時代の友人K君の四十九日法要が九品寺で営まれ、私は法要に参列し、続いて納骨に立ち会いました。

 彼は温厚そのもので、しかも勉学に優れ、ニックネームはエースでした。その後、農業を本格的に研究され、県庁農政部に就職されたのは確か27才ぐらいであったと思います。もともと農家の長男であったことからより深く研究されてたのでしょう。

 結局、県内の農業試験場などを渡り歩き、県全体の農業における指導的な立場が職業となりました。研究や指導で東南アジアに行ったこともあります。この時、彼は私がインドに滞在してたことを思い出し、東南アジアの生活についてあれこれ訊いて行ったことが思い出されました。水が良くないので、日本のように生水は飲めないことを伝えるとともに、正露丸が必携であること、前もって、少しでもいいから現地語を勉強していくべきと話した気がします。

 近年、県職を退職され、しかも、来るべき選挙で市議会議員をめざしていたのです。大きな目標を逸し、多くの方々から惜しまれました。

 今回、四十九日法要が営まれた九品寺の本堂は昔、そろばん塾でした。小学生時代の彼と私は一緒にその本堂で級をめざして習ったのです。法要の最中、私はそのことを懐かしむと同時に、このことを何か不思議なことと独り感じていました。奥さまや子供さんたちはご存じないようでした。このことについてはお清めの席があったので、皆さんの前でご披露しました。それにしても生前の人徳がもの言うのでしょう。法要には50名ほどが集まりました。

 ところで、本題ですが、この世には確かに不思議なこと、神秘なことはあるものです。私は余りの偶然に殊のほか驚きました。

 というのは、1ヶ月半ほど前のある朝のこと。私は何気なく母校 倉賀野中学校五十年史を見ていました。表紙をめくると何枚かの歴史的写真が掲載されてあり、その中の一枚が何と私たちの年代の卒業式の様子が写っているのです。それを良く見ると15才という若かりし時代の私がはっきり写ってます。バスケットをしてたので、身長が高かったからです。そして、隣には仲の良かったK君が写っています。

 今までも50年史を見たことはありましたが、この日の朝、私はこの写真に初めて気が付き、これはいい記念になると思いました。この50年史を見た時間は午前7時頃です。

 そして10分後、今度は地元の「上毛新聞」を読み始めました。記事をいろいろ読んでるうちに「おくやみ欄」に目をやりました。「おくやみ欄」を見る直前、もしかしたら、今日は知ってる方が掲載されてるのではないかとかなり強く感じたのです。

 そして次の瞬間、目を疑うかの如くでした。何と紛れもなくK君が掲載されてるのです。あれっ!どうしたことだろう。先ほど50年史で見たK君ではないか。

 あと20~30年は生きなくてはならないのにと思いながら、私はすぐに自転車に乗り、10分ほどのK君宅を訪れました。そこは考えられない光景でした。奥さま、3人の子供さんに囲まれ、彼は無言で横たわっていたのです。「どうしたんかい!」と、しつぎに声をかけ、お線香を手向けました。

 そして、葬儀も終わり、四十九日が経過した昨日、納骨となったのです。

 もしかして、彼は私に「新聞より先に自分を思い出してほしい」と私に伝えたのかもしれません。この世には私たち人間には分からない不思議なことがあるものです。こんな誠に偶然なことは殆どないでしょう。

 親しき友人を亡くした私は彼の死を無駄にしないように、これから健康増進にますます力を入れ、「生きてるだけで大儲け」のつもりで、一日一日大切に生きていこうと心に誓いました。

| | コメント (2)

2009年4月23日 (木)

本日、私は三途の川を渡って来ました。

P1020217   私たちがこの世に生きてる時間は誠に短く、生まれる前、及びこの世を去ってからの時間は途方もなく長いことが想像できます。しかし、この途方もない長い時間も死後は1億年くらい、あっという間に過ぎ去るように思えてなりません。

 現在、世界の人口は62億といわれてますが、この世を去った後の世界、つまり、あの世を体験した人は誰一人としていないのですから不思議で、死後の世界について知る方法はなく、あれこれ想像するだけです。

 このため、昔から日本はもとよりギリシャ神話などでも、【この世とあの世の境には川が流れてる】という共通した民間信仰があることはおもしろいことです。日本では「三途の川」といい、ギリシャ神話では「ステュクス・アケロン」と伝えられます。

 ですから、いつになっても、どの国の人にとっても、一体あの世はどんな所なのか、世界中で生きてる人たちが知りたがってる共通なことと思われます。

 太陽が真東から昇り、真西に沈む春分の日と秋分の日を中心とした1週間を彼岸と言います。現世を此岸といい、あの世を彼岸というのも、その間に川が流れていることを想定しているからかもしれません。

 しかし、実際に亡き母から生前、聞いたことですが、「知人で死にかけた人が、たまたま生き返えり、川があったので渡ろうとしたら目覚めた。」という話をしてくれたことがあります。

  それはやはり「三途の川」という川らしいです。一般的にはまさにこの世とは思えない恐ろしい川のようです。一方、極楽のように花が咲いていた所であったとも話したような気がします。この方は生前いい行いをした人で極楽へ行きそうになったのでしょうか。

 あるいは、教育上そうでない人は恐ろしい「三途の川」を渡らなければならないと、現世を渡る上での戒めであるかもしれません。

  この「三途」という言葉の由来は「地獄、餓鬼、畜生」の三つをいい、三悪道と考えられてきたようです。この川を渡りあの世に行くには大変な苦しみを伴うと考えられてきて、前述のように、この世を渡る上での教育の一つであったのかもしれません。

P1020219_2 【群馬県甘楽町の三途川端に建つ梵語の碑】

 いずれにしても、この世とあの世の境には川があると考えられてきたことは民間信仰であったとしても、現実的に最も恐ろしい川があるような気持ちになります。このことは仏教とは本来関係があるのでしょうか。

 青年時代、インド・カルカッタ日本人学校に勤務してた時、お釈迦様が仏教の悟りを開いたと伝えられるブダガヤ大聖堂に行きました。ここには多くのチベット人が参拝に来ていました。

 一方、ガヤという比較的近くにはガンジスの大河が流れており、多くの人々は川に入り、念仏を唱えながら沐浴していました。今でもヒンズー教徒は死後、灰にしてガンジス川に流されると10年ほど前にホームステイで来たインドの青年が話してました。

 ところで本題ですが、本日、私は「三途川」を渡ってきました。

 【えぇ~!カッキーあの世へ行ってみたの?】いやいや、この世にもありました。

P1020211  【上信越道高速道路が少し見えます。】

 三途川は、私の家から車で30分ほどのところの群馬県甘楽町を流れる河川で、近くには私鉄の上信線「新屋駅」があります。この川を国道254など多くの道が跨いでいますが、近年建設された高速道路「上信越道」もこの川の上を走っています。

 この川はあまり紹介されることもなく、地元の方以外には知られてないようです。珍しい名前なので早速、本日見学し、歩いて2~3回、橋を渡ってみました。その名が示す通り、雰囲気は何とはなしに寂しい佇まいで、夜中には一人で歩けそうにないです。何か出そうです。

P1020210    この川の上流まで行ってみました。次第に山間部に近づき、より寂しさが増した物悲しい場所に小さな橋が架かっていました。川の近くには細い一本道が遠くの山まで続いており、現世と来世の境の橋のようです。ご覧のように三途川の文字もはげて少々薄気味悪い雰囲気です。辺りには民家もなくこの地帯は夜は真っ暗でしょう。追剥が出そうな雰囲気で本当に怖くて歩けない佇まいです。私は夜は絶対一人で行きたくありません。

 皆さん、死後の世界は本当にどのような所なのでしょう。

 私の考えでは先祖が待っている所でも何でもないと思います。私たちが眠っていて何も夢を見ていない時間と同じではないでしょうか。爆睡すれば、すぐ朝になります。時間がこの調子で進むならば、最初に述べたように、地球の年齢である40億年くらいはあっという間に過ぎ去ることでしょう。

 この川を渡り、私は思いました。生きてる間に三途川をたくさん渡っておけば、本当の三途の川を渡るのは、ずっと先延ばしになるような気がしたのです。

 そうだ、生きてる間に健康で充実した生活を求め、会いたい人に会い、芸術に勤しみ、楽しい時間を過ごそう。何と言っても【あの世より、この世がいい】に決まってる。

Dscf6766  一方、群馬県にはもう1ヶ所「三途の川」があります。赤城山の頂上付近に小沼というカルデラ湖があります。この沼を南に下ったところに三途の川があります。

 また、付近には「血の池」という場所があり、薄気味悪いです。私は通りすがりに標識を見ただけで背筋がぞくぞくし身の毛がよだちました。

008  実は最近一人で血の池をめざしましたが、道は笹に覆われ道なき道を1000メートル進まなくてはならず、登山靴の用意をせずに行ったので蛇などに対処できず、100メートルほどのところにあった得体の知れない橋で折り返しました。

 しかし、地元の群馬県人であるからには、いつの日か勇気を持って血の池を覗いてみたい。だが、何か出そうで一人では近寄れそうにない。近未来、友人と行こう。

| | コメント (11)

その他のカテゴリー

anti sarcopenia | anti-aging | anti-constipation | anti-heat stroke | Anti-locomotive syndrome | anti-sarcopenia | anti-senile dementia | Audi TT Quattro | English pronunciation | facebook | ISSからの景色 | My Soprano Saxophone | New Year's resolutions | お薦めの散策コース | お酒の飲み方 | がん予防 | ご挨拶 | しだれ桃の世話 | イクステーリア | インド生活の思いで | ウォーキングの効用 | エクステリア | エコの実践 | グルメ・クッキング | ゲーム | サイクリング | サマータイム | サルスベリの育て方 | スポーツ | トキの野生化へ | ビール | ピアノの練習 | ファッション・アクセサリ | ブログについて | ホームコンサート | ボケない方法 | ボランティア―活動 | レース鳩 | レース鳩の世代交代 | レース鳩の交配 | レース鳩の夏の健康管理 | レース鳩の血統 | レース鳩の訓練 | レース鳩の雛の餌 | レース鳩の餌 | レース鳩の馴致 | レース鳩の高度ある舎外 | レース鳩・帰還後の手当て | レース鳩持寄り前の調整法 | レース鳩梅雨時の管理 | レース鳩飼育者の健康維持 | 一人暮らしの健康維持 | 七夕について | 上毛新聞「ひろば」に掲載 | 上毛新聞に連載 | 二十四節季 | 二十四節気 | 交通安全 | 人命救助 | 人生 | 住まい・インテリア | 体脂肪率 | 倉賀野のすばらしさ | 倉賀野の七不思議 | 健康 | 健康的な冬の過ごし方 | 健康的な夏の過ごし方 | 健康診断 | 健康長寿 | 健康食 | 健康食品 | 先人の知恵 | 八重桜 | 内視鏡による検診 | 前立腺 | 動物愛護 | 古代史 | 君子蘭 | 吹奏楽演奏会 | 呼吸筋 | 国際交流 | 国際宇宙ステーション | 地球 | 地球環境 | 大腸の健康 | 天体 | 夫婦 | 夫婦の絆 | 季節の移り変わり | 学問・資格 | 安全な入浴法 | 安全パトロール | 室内楽の楽しみ | 害虫 | 家族 | 寒中の過ごし方 | 小学校の英語教育 | 庭の石の不思議さ | 庭作り | 心と体 | 心の温かさ | 恋愛 | 愛車の手入れ | 愛鳩の友に掲載記事 | 我が家の仕来たり | 我が家の菜園 | 持寄り前の調整 | 指揮法 | 携帯について | 携帯・デジカメ | 教育 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日中友好 | 日本に関する英文表記 | 日本の安全 | 日本シャクナゲ | 日本シャクナゲの育て方 | 日米関係 | 日記・コラム・つぶやき | 星座 | | | 杉の木 | 果物の木 | 柴犬「ころ」 | 植物の生態 | 樹勢よくする方法 | 樹木の天敵 | 次女Marie Persimmon Marsh | 歯の健康管理 | 母の思い出 | 比較文化 | 気候変動 | 気象 | 決意 | 海外日本人学校 | 渡り鳥 | 火山の噴火 | 災害への備え | 父の思い出 | 生活習慣病の予防 | 発声法の研究 | 発電所 | 登山 | 百日紅 | 目の健康 | 石楠花の手入れについて | 神秘なこと | 私のウォーキング | 私のクリスマス | 私の経済展望 | 種鳩の管理 | 第九 | 筋トレ | 素敵な女性 | 経済 | 経済・政治・国際 | 経済講演会 | 群馬のいい所 | 群馬の日帰り温泉 | 群馬の秘湯めぐり | 群馬の自然 | 群馬県の世界遺産 | 群馬県民の声援 | 翻訳 | 肉体の鍛錬 | 胃の内視鏡検査 | 背骨の運動 | 背骨を鍛練 | 腰痛対策 | 自然 | 自然界の掟 | 自転車的生活 | 花木 | 花桃 | 花梅 | 若さの維持 | 英作文 | 英語のボキャブラリー | 英語の勉強 | 草花 | 落ち葉の再利用 | 蔵人 | 藤の咲かせ方 | 血圧対策 | 血流の促進 | 血液検査 | 血糖値を下げる | 西洋シャクナゲ大輪 | 親の役割 | 観葉植物 | 語学 | 谷川岳遭難救助の鳩 | 赤紫の藤 | 超音波による検診 | 趣味 | 足腰の鍛錬 | | 車の運転心得 | 近所の交流 | 選手鳩鳩舎の構造 | 長寿について | 防災 | 集中力を高める | 雨水の有効利用 | 青春真っ只中 | 音感 | 音楽 | 音楽会 | 音楽教育 | 頭の活性化 | 骨の検査 | 高崎のいい所 | 高崎市 | 高齢化社会 | 鳩レース | 鳩月刊誌ビクトリアル | 鳩舎の改築 | 鳩舎の構造 | 鼻の健康法 | 1年を振り返って | 1月1日の天文 | MRIによる検査