カテゴリー「小学校の英語教育」の2件の記事

2017年12月28日 (木)

英文音読は2~3語、先を見ながら

P1020238【群馬県北部・八ッ場ダム周辺の山】

 ピアノ演奏や管弦打楽器の演奏でも、余裕ある人は2~3小節、先を見つつ演奏するようです。時間の流れの中にある音楽はこのように読譜することで速い楽曲でもスムースな演奏に近づけるでしょう。似てることが英語の音読でも考えられます。両者に共通するのは時間の流れの中にある表現だからです。
 
 時々衛星放送の英語を聴いて感ずることは、一般的にスピードがあり、ネイティブ以外の人にとって聴き取るのは難しいです。それでも【話す人にとって、これが普通なのでしょう。】
 
 この話し方を聴くとき、読む人は原稿の先を見つつ、分かり切ってる余分な発音は省略し、関係ある語と語、熟語、英語独特の言い回し、音と音がつながるリエゾンなどポイントを大きく掴んで発音してるようです。
 
 一方、このブログの右にあるVOA Learning Englishもネイティヴが話してますが、その趣旨が、世界の人向けに英語の普及を図ることから実際のスピードの7割ほどの速さに感じます。こちらは私たち英語を外国語とする人にとって慣れてくると理解しやすいです。
 
 私たちが行う音読練習では、the, a, an, it, in, on, of, this, that, underなどは単語と単語の間にあり、これらに文章としてのアクセントはなく、これは音楽でいうリズムの裏拍のようなもので大切な音と音をつなぐ役目です。形容詞は前後の名詞と束で読み、副詞も前後の動詞と一つにして読むと意味がよく通じるとともに、結果的にスピードが増します。 
 
P1010857 【インド・カルカッタにあるヴィクトリアメモリアル】・・・小生が描いたもの
 
 ところで、従来の私たちの英語勉強法は和訳や文法中心でした。これらが基礎であり大切なことは不変です。以前にも記述した通り、最近の私は英作文がとても有効と考えるようになってます。これは自ら言いたいことが英語に変換できる力が備わるからです。しかし、外国の方とスムースなコミニュケーションを取るためには、スポーツを練習するかの如く、若いうちから日本語にない音の習得こそ極めて本質的な学習と考えます。
 
 小学校高学年では、今までも歌や遊びを通して口語英語に慣れてきましたが、 2020年度から小学校5,6年で英語が教科として開始され、将来、世界で活躍できる人材の育成とグローバルな生き方、考え方に対応できる教育課程をめざします。
 
 私の考えでは、英語は頭で考えるより、「音読の繰り返し」により、口で音声を習得し、関連する単語をまとめた読み方に慣れると意味が把握しやすく、従来よりスムースな音の流れになると思います。
 
2498【我が母校・・・倉賀野小学校】
 
 両言語の本質的な違いは、日本語の発音が母音中心とすれば、英語の発音は子音中心と言えるでしょう。子音の中の有声音と無声音を区別し、顎がパクパクする英語の母音も日本語の音と大きく異なります。日本語には子音のみが3音連続して発音されることはありません。
 
 英語の音の特徴の一つは「舌が前に後ろ(r)に動き、歯で舌や唇を挟んだりする(f,v, th )」ことから、基本的な舌の動きを小学生から身に付ければ、私たちが英語を学んだ時代より本格的な英音に近づくでしょう。
 
 英語の勉強法はいろいろの方法があり、自分に最もあった方法を捜すのも効果があります。それでも発音ポイントの一つは「音読の繰り返し」であり、英音に慣れる一歩と考えます。
 
 ★今年一年間、皆さまには拙いブログにアクセスを賜り、心底より感謝いたします。良いお年をお迎えください。
 

| | コメント (2)

2009年11月30日 (月)

とんでもない「事業仕分け」・・・・英語ノート廃止

 新学習指導要領で平成23年度より必修となる「外国語活動」の一環として、今年度より小学5、6年生に教科書代わりである「英語ノート」が無償配布されていました。これは英語を指導したことのない現場の教師にとって授業の道しるべであり、その活用度は大変に高いといわれます。

 ところが、今回の事業仕分けで、貴重な教材である「英語ノート」の廃止が決まり、現場教師からは困惑の声が殺到と伝えられています。肝心の子供たちの英語能力向上に大きくマイナスになることは否めないでしょう。

 しかも、事業仕分けでは深い論議もなく30分程度という短さで廃止を決め、将来の日本を担う小学生の語学の芽を潰してしまうとんでもない判断が簡単にされてしまいました。何と末恐ろしいことでしょう。委員の中には、小学校での英語教育の必要性を否定する「そもそも論」も飛び出したと伝えられます。

 近年、中国・韓国はもとよりアジア諸国では、国際語である英語を小学生から重点的に教育し、未来に世界で活躍できる人材の育成に力を注いでいるといわれます。今や英語力において日本はアジアにおいてきぼりです。

 ある東南アジアで行われた若者による交流会でのこと。アジア諸国の青年は今後の世界のあるべき姿を英語で堂々と発言していても、日本から参加した若者はその論議に全く参加できず終いであったといわれます。

 この姿を直視した大手商事会社の責任者は「アジア諸国の若者と日本の若者の英語能力のあまりの格差」に呆然となり、国際社会にあって日本の未来に深く危惧したという話を聞いたことがあります。

 英語の聞き取りは五感の一つである聴覚に深く関係し、柔軟な小学生時代こそ効果があるといえます。当たり前のように長く行われてきた中学生からの英語ではアジア諸国に全く太刀打ちできません。

 【結果が次代に出てくる教育に関することを事業仕分けで論ずること自体】、新政権の判断は未来に逆行しています。

 【以下は以前にブログに記したものです。手直しして再度発信いたします。】

 私たちの予想を遥かに越える可能性を持つのは小学生でしょう。この貴重な年代に大人たちは最大の教育環境を整えてやる責任があります。私たちは多くの分野で考えられない能力を発揮する小学生を見ることがあります。

 例えば、珠算の読み上げ算を英語で聞いて計算し英語で答えます。しかも、その位が億も含みます。このような能力は殆どの大人は不可能でしょう。指導力のある教師がいて、親が良い環境を整えてやることができれば、目を見張る能力の開花が可能です。開花の下地は子供でなく大人の責務です。

Dscf0444  現在では、小学生から英語に親しませることにおいては、日本よりアジア諸国の方が先進国です。独自の文化の伝承を第一にしながら英語に力を入れてるようです。英語の時間を増やすと基礎である国語など他の教科が遅れると危惧する意見がありますが、英語を学習することは日本語を客観的に見ることにつながります。

 使える英語が身につかないのは始める時期が遅過ぎたことが一因で、音声による英語は「直感的に脳に働きかけるので」脳の柔軟なうちが勝負です。「鉄は熱いうちに打て」が当てはまります。小学生時代にネイティブの人の口元を見たり、顔の表情に接しながら正しい抑揚に親しみ、コミュニケーションとることは、どれほど有益か計り知れません。柔軟な脳、スムースに吸収できる素質がある年代に正確な発音を経験させたいものです。

 振り返って、私たちが英語を学習したのは音声からではなく、文字から入り、正しい発音や抑揚、アクセントを学ぶ機会はありませんでした。

 現在はALTと呼ばれる英語圏出身の先生から直接教わるチャンスがあり、夢のようで羨ましい限りです。もし、私が小学生時代にこんな環境にいれば今頃どうなっていたでしょう。生まれ変わりたいほどです。

  今や世界はますます一つになりつつあります。未来に生きる子どもたちは日本語で考えたり、英語で考えたりする能力が等しいことが究極なことです。

 【写真の右下は私の出た倉賀野小学校、中央に一本杉と共に大きな三角屋根が私の家です。】

| | コメント (2)

その他のカテゴリー

anti sarcopenia | anti-aging | anti-constipation | anti-heat stroke | Anti-locomotive syndrome | anti-sarcopenia | anti-senile dementia | Audi TT Quattro | English pronunciation | facebook | ISSからの景色 | My Soprano Saxophone | New Year's resolutions | お薦めの散策コース | お酒の飲み方 | がん予防 | ご挨拶 | しだれ桃の世話 | イクステーリア | インド生活の思いで | ウォーキングの効用 | エクステリア | エコの実践 | グルメ・クッキング | ゲーム | サイクリング | サマータイム | サルスベリの育て方 | スポーツ | トキの野生化へ | ビール | ピアノの練習 | ファッション・アクセサリ | ブログについて | ホームコンサート | ボケない方法 | ボランティア―活動 | レース鳩 | レース鳩の世代交代 | レース鳩の交配 | レース鳩の夏の健康管理 | レース鳩の血統 | レース鳩の訓練 | レース鳩の雛の餌 | レース鳩の餌 | レース鳩の馴致 | レース鳩の高度ある舎外 | レース鳩・帰還後の手当て | レース鳩持寄り前の調整法 | レース鳩梅雨時の管理 | レース鳩飼育者の健康維持 | 一人暮らしの健康維持 | 七夕について | 上毛新聞「ひろば」に掲載 | 上毛新聞に連載 | 二十四節季 | 二十四節気 | 交通安全 | 人命救助 | 人生 | 住まい・インテリア | 体脂肪率 | 倉賀野のすばらしさ | 倉賀野の七不思議 | 健康 | 健康的な冬の過ごし方 | 健康的な夏の過ごし方 | 健康診断 | 健康長寿 | 健康食 | 健康食品 | 先人の知恵 | 八重桜 | 内視鏡による検診 | 前立腺 | 動物愛護 | 古代史 | 君子蘭 | 吹奏楽演奏会 | 呼吸筋 | 国際交流 | 国際宇宙ステーション | 地球 | 地球環境 | 大相撲 | 大腸の健康 | 天体 | 夫婦 | 夫婦の絆 | 季節の移り変わり | 学問・資格 | 安全な入浴法 | 安全パトロール | 室内楽の楽しみ | 害虫 | 家族 | 寒中の過ごし方 | 小学校の英語教育 | 庭の石の不思議さ | 庭作り | 心と体 | 心の温かさ | 恋愛 | 愛車の手入れ | 愛鳩の友に掲載記事 | 我が家の仕来たり | 我が家の菜園 | 持寄り前の調整 | 指揮法 | 携帯について | 携帯・デジカメ | 教育 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日中友好 | 日本に関する英文表記 | 日本の安全 | 日本シャクナゲ | 日本シャクナゲの育て方 | 日米関係 | 日記・コラム・つぶやき | 星座 | | | 杉の木 | 果物の木 | 柴犬「ころ」 | 植物の生態 | 樹勢よくする方法 | 樹木の天敵 | 次女Marie Persimmon Marsh | 歯の健康管理 | 母の思い出 | 比較文化 | 気候変動 | 気象 | 決意 | 海外日本人学校 | 渡り鳥 | 火山の噴火 | 災害への備え | 父の思い出 | 生活習慣病の予防 | 発声法の研究 | 発電所 | 登山 | 百日紅 | 目の健康 | 石楠花の手入れについて | 神秘なこと | 私のウォーキング | 私のクリスマス | 私の経済展望 | 種鳩の管理 | 第九 | 筋トレ | 素敵な女性 | 経済 | 経済・政治・国際 | 経済講演会 | 群馬のいい所 | 群馬の日帰り温泉 | 群馬の秘湯めぐり | 群馬の自然 | 群馬県の世界遺産 | 群馬県民の声援 | 翻訳 | 肉体の鍛錬 | 胃の内視鏡検査 | 背骨の運動 | 背骨を鍛練 | 腰痛対策 | 自然 | 自然界の掟 | 自転車的生活 | 花木 | 花桃 | 花梅 | 若さの維持 | 英作文 | 英語のボキャブラリー | 英語の勉強 | 草花 | 落ち葉の再利用 | 蔵人 | 藤の咲かせ方 | 血圧対策 | 血流の促進 | 血液検査 | 血糖値を下げる | 西洋シャクナゲ大輪 | 親の役割 | 観葉植物 | 語学 | 谷川岳遭難救助の鳩 | 赤紫の藤 | 超音波による検診 | 趣味 | 足腰の鍛錬 | | 車の運転心得 | 近所の交流 | 選手鳩鳩舎の構造 | 長寿について | 防災 | 集中力を高める | 雨水の有効利用 | 青春真っ只中 | 音感 | 音楽 | 音楽会 | 音楽教育 | 頭の活性化 | 骨の検査 | 高崎のいい所 | 高崎市 | 高齢化社会 | 鳩レース | 鳩月刊誌ビクトリアル | 鳩舎の改築 | 鳩舎の構造 | 鼻の健康法 | 1年を振り返って | 1月1日の天文 | 1月1日の天文学上の意味 | MRIによる検査