フォト
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

私のフェイスブック

日の出、日の入り時刻

現在の気象衛星映像

リアルタイム地球の姿

無料ブログはココログ

Persimmon Marsh  掲示板

カテゴリー「日中友好」の3件の記事

2023年9月27日 (水)

楽しかった動物との触れ合い

Img_4139_20230927072501
 
 馬の背に乗って動いたのは生涯に2回です。現代の日本ではなかなかそのような環境にはないので、いずれも海外でのことです。
 
 写真は後方に移動式の家「パオ」が見える通り、中国内モンゴル自治区でのことです。私が飼っていたレース鳩がこちらまで飛んで行ってしまい、中国から連絡を受けたのでその鳩に会いに行ったときです。パオの中にオルガンがあったので、私は「中国国歌」を弾いたら、皆さんが手拍子をしてくださり盛り上がり、楽しく日中友好が出来ました。音楽は世界共通であることを実感です。
 
 馬に乗ると目の高さがいつもより高く、景色が一変します。実は、ここでは生涯に一度の体験でラクダにも乗りました。ラクダに乗るとものすごく揺れるので、つい背中のこぶに摑まりたくなりますが、摑まったもダメです。あのこぶの中に骨はなく、油と言われます。ですから柔らかくて摑まりようがありません。
 
 もう一回、馬に乗ったのは世界の屋根と言われるインド北部のカシミールの山岳地帯でのことです。雪が降った後なので山の高い所へ行くのに登山道を馬に跨り、登ったのですが、こちらはゴツゴツした登り坂なので、やはり揺れましたが、その甲斐あって景色は抜群でした。インドは暑いと想われがちですが、北部インドでは雪が降ります。
 
Dear my overseas friends
 The simultaneous interpretation for you will be later, because from now on I will participate to the radio gymnastics held at the park and take a breakfast. Then I'll interpret into English for your understanding above mentioned contents.
 ・・・・・・・・
 
 I rode on the back of a horse twice in my life. In modern Japan, we don't really have that kind of environment, so all of these happened overseas.
 
 The photo was taken in the Inner Mongolia Autonomous Region of China, as you can see the mobile house named "Pao" in Chinese in the background. In fact, one of my racing pigeons that had strayed into Inner Mongolia, and I received a letter from China, so I went to reunion my pigeon. There was an organ in the Pao, so I played the Chinese national anthem, as the result, everyone clapped and got excited, and we had fun friendship between Japan and China. I realized that music is universal.
 
 When we ride a horse, our eyes are higher than usual, and the scenery changes completely. In fact, I even rode a camel here as well for a once-in-a-lifetime experience. When I ride a camel, it shakes back and forth so much that it makes me want to grab the hump on its back, but it's no good. There are no bones in their bumps, The inside is said to be oil. That's why it's so soft that I can't grab it.
 
 The other time I rode a horse was in the mountainous region of Kashmir in northern India, which is said to be the roof of the world. After the snow had fallen, I climbed up the mountain trail on horseback to get to the higher part of the mountain. It was a rocky climb, so I was still shaking, but it was worth because the scenery was outstanding beyond description. India is often thought of as extremely hot, but it snows in northern India.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/
 

2021年7月23日 (金)

サルスベリ 日中友好 懸け橋樹木

Img_2224
 
 私の家のシンボルツリー「サルスベリ」が東京オリンピックの開幕を祝うかの如く、今朝2分咲きになりました。豊かに枝を四方に伸ばし、大きな日陰を作ります。一般的にサルスベリは枝が切られてしまいますが、このように自然に任せると南国の樹木のようになります。これはサルスベリの原産地が中国南部の北回帰線付近であることに由来するからでしょう。
 
 樹木の成長に伴って古い樹皮が剥がれ落ち、新しいすべすべした感触の樹皮が表面に現れ始めています。今がその季節です。見た目にはつるつるして正に猿が滑りそうです。私の推測では1500年前頃の渡来人によって日本に持ち込まれたのではないでしょうか。これから約100日間、毎日楽しめるのですから、心より先人に感謝です。
 
 As if celebrating the opening of the Tokyo Olympic Games, the symbol tree "Crape myrtle" in my garden has bloomed for 20 percentage this morning. The branches are abundantly extended in all directions to create a large shade. Generally, the branches of crape myrtle are cut off, but if we leave it naturally like this, it will look like a tropical tree. This is probably because the origin of crape myrtle is near the Tropic of Cancer in southern China.
  
 As the tree grows, the old bark is peeling off and new smooth-feeling bark is beginning to appear on the surface. Now is its season. It looks so slippery that the monkey seems to slip. In fact, the monkey doesn't slip. The crape myrtle was brought to Japan by the Chinese migrant around 1500 years ago I guess. I am very grateful that we Japanese can enjoy it every day during about one hundred days.
 
※上の拙い英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグして、コピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/
 

2010年2月11日 (木)

私のことが中国の本に掲載される

 先日、東京の小松様より下記の内容についてブログにコメントをいただきました。

【カッキー様。はじめまして。
 東京在住の小松と申します。このブログには関係無いかもしれませんが、人を探してます。手がかりは、群馬県高崎市鳩協会 沛召宏和香 先生です。内モンゴルの趙建軍さんから本を預かってます。もし、こころあたりがありましたらメール下さい。】投稿: 小松 |2010年2月 5日 (金) 21時56分     突然のことで内容についても驚きましたが、早速、小松様にメールを送りしましたら、写真の本が届きました。それにしても小松様はよくこのブログを探し当てアクセスしてくださいました。感謝この上もありません。

 たまたま私がブログの管理者であったことも幸いし、中国内モンゴルの趙建軍さん執筆による「草原鉄馬蹄声疾」という本が手元に届いたのです。

 表紙を1枚めくってびっくり、著者・趙建軍さんが私のことを日本の友人と書かれ贈呈とのことが手書きで書かれています。

 以前に飼育してた私の鳩が内モンゴルへ飛んで行ったことがあり、一人でその鳩に会いに行きました。内モンゴル政府の方などが歓迎パーティーを開いてくださり、その時、数名の新聞記者にお会いしたことがあります。あるいはその中に趙建軍さんが記者としておられたかどうかは定かでありませんが、当時、彼が私のことについて新聞記事を執筆され、広大な中国全土に報道されました。

 この本は彼が今までに執筆した新聞記事をまとめたものらしいです。この中で私に関係するページの題目は「中日友好号」です。実はこの名前を考えたのは私で、日本と中国の友好を考えたとき、これが鳩の名前に相応しいと考えました。それが元になって日本から飛んできた平和の使者「中日友好号」が新聞を通じて中国の方々に知れ渡ったことは大変名誉なことです。当時、内モンゴル放送局でもこの話題を取り上げてくださり、今でも録音テープを保存しています。

 下の写真は記事の一部です。日本の鳩が日本海を渡り、万里の長城を飛び越えて内モンゴルまで飛んできたことや、その鳩に会いに来た私の名前や住所の一部が書かれています。

 今回、まさか中国の本に私のことが掲載されてるとは知りませんでした。嬉しいやら驚きやらで胸がいっぱいです。今後も日中友好をしっかり心掛けなくてはならぬと改めて肝に銘じています。未だ内容のすべてを訳し理解してませんが、拙い中国語の知識で翻訳していこうと思います。

 ところで、以前にイギリスのレース鳩月刊誌「ビクトリアル」に三度も表紙に掲載されたことがあり、英語版のため世界57ヶ国の方々に読まれました。こう考えると日本では全く無名な私ですが、世界では私のことを知っておられる方々がいるのでしょうか。

 若き日、インドの日本人学校に勤務し、2年間滞在していたときインド人の友人も数多くいました。これが国際交流のスタートとなり、その気持ちは今でも変わってません。

 4回もこんなことが起こると英語と中国語に改めて鞭を打ちたくなるのですが、なかなか努力が伴いません。地球上の人々の98%が外国の方であることを考えると、語学をもっと頑張らねばと感じます。「レース鳩や音楽」を通じて、これからもチャンスを生かし、意義ある国際交流を深めたいです。 

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-cancer measure anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia anti-stroke antioxidant Audi TT Quattro Covid 19 English pronunciation facebook ISSからの景色 Marie persimmon Marsh Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone studying English pronunciatoin いすゞ117クーペ うっかりミス お気に入り喫茶店 お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 よい睡眠 イクステーリア インドの思い出 インドの自然 インドの言葉 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 ガーデニング グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 シャクナゲ ストレス解消 ストレッチング スピーチ スポーツ スマホ スムースな血流の促進 トキの野生化へ ハイビスカス パソコン ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 ロフト ロマン 一人暮らしの健康維持 一生勉強、一生青春 七五三 七夕 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に掲載 上毛新聞に連載 不思議なこと 世の中、捨てたものではない 世代交代 世界の指導者 世界の標準時 世界経済 両親に感謝 中国語 中生代 予防 二十四節気 五感 井戸水 交通安全 人との出会い 人命救助 人生 人生これから 人生の不思議 人生の基盤 人生100年時代を生きる 人間の喜びとは 人間の知恵 今日は何の日 会話の仕方 低体温を防ぐ 低栄養を防ぐ 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野のよい所 倉賀野の七不思議 倉賀野の歴史 倉賀野小 倉賀野小学校 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康的な春の過ごし方 健康的な秋の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 偶然性 備えあれば憂いなし 先人の努力 先人の知恵 先祖 全員必修の意義 八重桜 内視鏡による検診 再生可能エネルギー 初夏の花 初夏の過ごし方 前立腺 剪定 剪定の必要性 創意工夫 助け合い 動物愛護 動物愛護について 反省 収穫の喜び 口腔衛生 古代史 可能性を導く 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 味覚 呼吸 呼吸筋 和風住宅 国際交流 国際宇宙ステーション 国難のとき 地区とのつながり 地殻変動 地球 地球の動き 地球温暖化 地球環境 夏の星座 夏の花 夏季の花 夏至 夏至の天体 多年草 大切な栄養素 大相撲 大腸の健康 天体 天体のランデヴー 天体ショー 天敵 太陰太陽暦 太陰暦 太陽太陰暦 太陽系 夫婦 夫婦の絆 失敗から学ぶ 奇妙なこと 姿勢 子どもの交通安全対策 子供の頃の思い出 季節と黄道十二星座 季節の移り変わり 孤独感からの解放 学問・資格 学習に遅すぎることはない 孫娘たち 宇宙に浮遊してる私たち 宇宙は暗黒 安全な入浴法 安全パトロール 安全運転 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 寛大な心 小学校の英語教育 少子高齢化の結果 川柳 平和 平和の使者 庭いじり 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の弱さ 心の温かさ 心肺機能の強化 心配な雹によるダメージ 思い出 恋愛 恩師 情熱 惑星 惑星の動き 想像力 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 感染症 感染症対策 我が家の仕来たり 我が家の菜園 抗酸化作用 持ちつ持たれつつ 持寄り前の調整 指揮法 挑戦は続く 挿し木 換気の必要性 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 文章の力 文章を書く 料理法の改善 新たな発見 新みかぼフィル 新聞投稿文 旅行・地域 日の出、日の入り時刻 日ロ友好 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の未来 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日本文化 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 旧暦 早春 早朝の時間帯 早起きは三文の損 旬の野菜 昆虫 昆虫の生態 星座 星食 春の過ごし方 春への憧れ 時代の波に乗る 晩夏から初秋へ 晩秋から初冬へ 暦について 月の満ち欠け 月までの距離 朝の習慣 朝ドラ 未来ある子供の安全 本との出合い 杉の木 果実酒 果物の木 枝垂れ桃 柴犬「ころ」 柿の良さ 栄養価ある野菜 栄養素 梅の花 梅雨の健康管理 梅雨の過ごし方 梅雨の頃の花 植え替え 植物から学ぶ 植物の不思議 植物の天敵 植物の植え替え 植物の生態 植物の越冬 楽しい川柳 横隔膜 樹勢よくする方法 樹木の健康 樹木の剪定 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康 歯の健康管理 歯の渋 歴史 母の思い出 母の教え 比較文化 毛細血管 気候変動 気圧配置 気象 気象と健康 気象病 水分補給 決意 決断の時を知る 洗車 流星群 流通 海外日本人学校 海馬 渡りの習性 渡り鳥 温暖化 温活 源平しだれ 漢字を手書きする習慣 火山の噴火 火星の接近 災害への備え 烏川 父の思い出 牡丹 狂い咲き 環境衛生 生命力 生活の知恵 生活改善 生活様式の変化 生活習慣病の予防 異常気象 疲労回復 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 相互依存 相手の気持ちを考える 真冬から早春へ 睡眠法 石楠花の手入れについて 社会の変遷 社会生活の基本 祖父母の情熱 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の先祖 私の夢 私の家族 私の愛読書 私の料理 私の経済展望 秋の星座 秋の月 秋分の日 秋田犬 種鳩の管理 立春とは 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 筋肉維持 精神力 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済効果か、人間か 経済活性化 経済講演会 美肌効果 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬の高速道路 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肉体作業 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 脳の働き 腰痛対策 膝の健康 自分を変える 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然の脅威に対処 自然散策 自然現象 自然環境の保護 自然界の不思議 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 芸術性 若き日 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音 英語の発音留意点 草花 菊の美しさ 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 藤の花 虐待防止 蝉の一生 血圧 血圧の変化 血圧対策 血流 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ 西洋シャクナゲ大輪 見えない所での努力 親の役割 親の役目 親離れ、子離れ 観葉植物 言葉の重み 記憶力 語学 読売新聞に掲載 谷川岳遭難救助の鳩 豊かに発想 資源ごみ 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足の運動と手当て 足腰のトレーニング 足腰の鍛錬 車の安全運転 車の運転 車の運転心得 車検 辞書の使い方 近所の交流 迷信 道具 選手鳩鳩舎の構造 選挙 選挙の投票 野鳥の楽園 野鳥の生態 野鳥の飛来 長寿について 長寿会「お知らせ版」 防災 除草 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の切り替え 頭の活性化 風物詩 風邪対策 食事 食物繊維 香りを楽しむ 骨の検査 骨粗鬆症対策 高崎のいい所 高崎のよい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 高齢化社会を生きる 高齢者の運動 高齢者の運転 高齢者講習 鳩による国際交流 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 4月に咲く植物 MRIによる検査 SNS

カテゴリー