カテゴリー「レース鳩の馴致」の2件の記事

2015年5月18日 (月)

日中は展望台で生活させる・・・レース鳩の馴致

P1060677 【展望台で生活する雛】Click please!

 一般的に、鳥類ではレース鳩だけが人間の作った小屋に馴れる習性を持ってます。舎外運動で1時間ほど大空を駆け巡った後に戻ったり、レースとして何百km~1000kmと考えられない遠方より鳩舎へ戻る神秘性を持ちます。

 今春、誕生した雛が失踪なく鳩舎に馴れるには、遅くても生後27日~30日に、日中はずっと展望台の中で過ごさせ、第一に鳩舎周囲の景色を覚えさせ、大空に飛翔する他の鳥類を見せたり、また、自ら餌を啄ばんだり水を飲むことを覚えさせ、親からの自立を促します。太陽光が暑い場合は日陰に入れる構造にします。

 一方、夜間は止まり木のある鳩舎内で休ませる「二面性の生活」が雛の馴致に必要でしょう。

 この時期に飼育者がしてはならないことは、可能な限り雛をつかまないことです。鳩という動物は「人間に掴まれることを嫌います。」ましてや、雛を追い掛け回すことは最も慎まなくてはなりません。

P1060688【暑さ対策として展望台から舎内に少し入れる構造が望ましい】

 こんなことから雛を掴むのは、早朝の薄暗い時間帯にして、それも飼い主は早業で掴むコツを習得しなくてはなりません。サッと掴んで展望台に入れるだけです。夕刻になったら雛は自ら鳩舎内に入れる構造にします。

 雛には「落ち着いた生活をさせ、居心地の良さを感じさせる」ことです。驚かせることが最もいけないことで、最も安心できる「自分の居場所を確保」させることに主眼を置きます。

P1060685 【今日の稚内モザイク号】

 稚内モザイク号については、今年は2番仔まで雛を取る予定で、1番仔の2羽(写真下)は次世代の種にします。交配雌(2番仔を抱卵中)は「スチール号」の孫で香山鳩舎作です。同時にバルセロナ翔歴を持つ「デヨング89号」の孫です。

P1060683_2 【種となる1番仔】

 前回に記述しましたが、親鳩が雛に与える乳ビの栄養価を増すため、今年はサフラワ、菜種など栄養価の高い餌を混合飼料に混ぜて与えました。また、大腸壁に刺激を与えるためレンガを多めに含む鉱物飼料を与えたところ、比較的手持ちの良い雛になってます。来春はこの2羽から雛が生まれるので、レース鳩の世代交代は早いものです。

 一般論として、選手鳩を作るには比較的若い種の仔が望ましく、それは健康体に生まれる確率が高いからです。レース鳩は高齢化が進むのが早いです。このため、毎年、安定した作出に繋がるよう次世代の1000K用の種づくりを考慮したいものです。

P1060728  ところで、雛は展望台で5日~1週間ほど生活したら、曇りの日の午前中に餌は与えないで鳩舎の外へ出られるように扉や窓を開けます。カラスがいない時が良いです。決して大きな音をさせたり、その他、驚かしてはなりません。

 一回外に出て鳩舎の屋根で少し遊んでから展望台に入ったらその日は成功とします。これを繰り返して鳩舎内で餌を食べさせれば馴致ができます。

P1050205  近年は退職後にレース鳩飼育を始める方が多い半面、今まで活躍された方が体調を壊し飼育を断念せざるを得ない人も増えてます。レースマンはお互い「自らの循環器系や消化器系の健康維持を第一にし、レース成績は第二である。」の鉄則を守り、成績が良かった場合は日々への褒美と考え、レース鳩の趣味をいつまでも生涯の楽しみとして続けたいものです。

| | コメント (2)

2010年4月23日 (金)

今春生まれたレース鳩の馴致を開始

3607  優秀なレース鳩が早朝に北海道で放されると、津軽海峡を飛び越え、東北地方の山々を越え、その日のうちに群馬県へ帰還することは神秘なことです。

 しかし、遠方から帰還できるには雛のうちに飼い主が教育しなければなりません。それは適切な馴致です。

 卵から孵り30日ほど経過したら雛を親鳩から離し選手鳩鳩舎へ入れ、自ら餌や水を覚えさせ、独立心を養うとともに、レースの舞台となる選手鳩鳩舎の位置を記憶させることがレース鳩となる第一歩です。

 私は2年ほど前、写真のような展望台を作りました。これは国際鳩舎500キロを「天神1号」をもって全国優勝されたアルカディア鳩舎からヒントを得た構造です。鳩が天窓から出入りするものです。天窓が閉まったままの状態で、雛はこの展望台内で1週間ほど過ごします。夜間は鳩舎の中に入れる構造です。

 親離れすると早速、周囲の景色を覚える勉強を始めるので、「三つ子の魂100まで」はレース鳩の馴致にも当てはまります。

022  この展望台の中で日中のみ過ごし成長すると少し飛ぶ力もついてきます。1週間ほど経過したら、そっと天窓を開けます。

 初めて鳩舎外へ出るので驚かせることが最もいけないことです。驚かすと高く飛んで帰れなくなる場合があり、初めて外に出す日は飼い主の慎重さが必要です。

 私の経験では、馴致初日は腹5分目くらいの状態が良く、空腹により鳩舎から離れないと思います。また、その日の気象条件が大切で、強い風が吹いてたり、快晴の日は避けるべきです。何かの音に驚いたりして、もし高く飛び上がると鳩舎位置が分からなくなり、戻れない可能性があります。

 また、カラスが雛を目がけて来たり、それとは比較にできない恐ろしい鷹やハヤブサの飛来が脅威です。そんな天敵が来たら雛はパニックになり一目散にどこかへ飛び去ってしまいます。

 写真のように、初めて外に出す日はどんよりした曇りの日が危険性が少なく、それほど飛びたがらず馴致には最適な条件と考えます。

 2月上旬に飼い主が考えた親鳩と親鳩の交配(見合い結婚)により、卵を産み、雛に孵って、やっと鳩舎に馴らしてる段階で行方不明になっては、折角、今まで育てた努力が水の泡です。

 このようにして数日、鳩舎の外に出て遊ぶようになれば、鳩舎の周囲を飛んだり、上空ヘ舞い上がっても、殆ど帰って来るのでしめたものです。よそへ行かず舞い戻る姿はとても可愛く、飼い主は我が家の子の思いを実感するものです。

  現在、馴致してる雛は3月生まれの一番仔で、今月下旬には2番仔が、5月下旬~6月上旬には3番仔がそれぞれ誕生するので同様の馴致を繰り返すと、7月下旬には今春誕生したすべての雛が一団となって大空を飛翔します。

P1060813 【展望台に続く鳩舎内及び自動入舎装置】

 8月より当舎では午前5時~6時の涼しいうちに舎外運動させ、約80羽が一団となって、天高く群馬県倉賀野町上空を東西南北に行ったり来たり気持ちよさそうに飛翔します。飼い主の私は生まれてこの方、倉賀野町を上空から見たことがありません。それにもかかわらず、生まれて間もない雛たちは上空200mから倉賀野町を見下ろすので羨ましい限りです。私の生まれ故郷は空から一体どのように見えるのでしょうか。

 若鳩から一日一日成長し、夏から秋にかけ栃木県からの訓練に応え、最終目標の北海道から当日帰還できるレース鳩に成長してほしい。

| | コメント (8)

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia Audi TT Quattro English pronunciation facebook ISSからの景色 Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 イクステーリア インドの自然 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 ストレッチング スポーツ トキの野生化へ ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 一人暮らしの健康維持 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に連載 二十四節気 交通安全 人命救助 人生 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野の七不思議 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 先人の知恵 八重桜 内視鏡による検診 前立腺 創意工夫 助け合い 動物愛護 医師の一言 古代史 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 呼吸筋 国際交流 国際宇宙ステーション 地球 地球環境 多年草 大相撲 大腸の健康 天体 太陽太陰暦 夫婦 夫婦の絆 姿勢 季節の移り変わり 学問・資格 安全な入浴法 安全パトロール 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 小学校の英語教育 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の温かさ 心肺機能の強化 恋愛 惑星の動き 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 我が家の仕来たり 我が家の菜園 持寄り前の調整 指揮法 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 新みかぼフィル 旅行・地域 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 早朝の時間帯 星座 暦について 月の満ち欠け 杉の木 果物の木 柴犬「ころ」 梅の花 植物の植え替え 植物の生態 樹勢よくする方法 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康管理 母の思い出 比較文化 毛細血管 気候変動 気象 水分補給 決意 海外日本人学校 渡り鳥 火山の噴火 災害への備え 父の思い出 生活様式の変化 生活習慣病の予防 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 睡眠法 石楠花の手入れについて 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の経済展望 種鳩の管理 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済講演会 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 腰痛対策 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然散策 自然環境の保護 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音留意点 草花 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 血圧 血圧対策 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ大輪 親の役割 観葉植物 語学 谷川岳遭難救助の鳩 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足腰の鍛錬 車の運転心得 車検 近所の交流 道具 選手鳩鳩舎の構造 長寿について 防災 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の活性化 風邪対策 骨の検査 高崎のいい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 MRIによる検査